CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
切手コレクション 郵趣趣味
レイルウェイ・ライター種村直樹氏は子供時代から特殊切手、一般には記念切手と呼ばれているが、それを集めるのが趣味だった。
切手を集める趣味は、半世紀前はごく普通の子供たちがやっていたし、大人たちでも珍しくなかっただろう。

なにより郵便が身近だったことだ。遠方の人との連絡は手紙がメインだった。電話も普及していたが、長い話を伝えるのは手紙のやり取りだった。

貯金も、銀行はあったが国家事業の郵便は絶大な信頼があり、郵便貯金は誰もがごく普通に預けており、利率の良い定額貯金は10年預けると福利で倍に増えた。10万円を預けると10年後に20万円になっていたので、これはおいしかった。

種村氏は団地の向かいにできたマンションの購入資金にするため、記念切手の多くを売ったというが、それでも事務所にはまだ多くの特殊切手がシートのまま保存されている。

IMG_0266.jpg

これらはいずれは処分されるのだろうが、私も小学生の頃は記念切手を集めていた。
そして友達同士で切手カタログを見て、いくらになったか調べて計算していた。

そんな切手帳が押し入れの奥から出てきた。

DSC06891.jpg

ただし、切手カタログの値段はシートになっているものの1枚の金額で、バラになっていたら二束三文という話をいつの日にか聞かされた。あるいは切手商が販売する上代価格でもあった。
小学生の小遣いでシートが買えるわけがなく、郵便局でばら売りされていたものを1枚2枚と買っていただけだ。あるいはデパートの切手展などで即売されていた昔の記念切手をなけなしの小遣いをはたいて買い、いくらになっているか楽しみにしている子供の夢を奪うような衝撃の事実だった。

中にはシートの切手も出てきたが、いくらなのだろう。高校生以上になればシートでも切手を買えた。
とはいえ、査定することも、ましてや増税や郵便料金値上げでちょっと前の切手との差額に使うことも考えられない。

DSC06890.jpg

今も郵便局に行けばさまざまな記念切手が売られている。中にはシール状で剥がして貼ればいいだけの切手もある。

私は種村氏の影響で普段の郵便物に記念切手を使っている。受け取った人がほっこりすればいいなと思っている。
| 日記・つぶやき | 22:52 | comments(0) | - |


夕日に向かって走る電車を撮り鉄
岳南電車に撮り鉄に行ったらことのほか楽しかった。
そりゃそうだ、鉄道×写真はどちらも私の趣味なので、ついに行きつくところに行きついてしまったかという感がある。

18日の夕方、出かけるので駅に行ったら特急ロマンスカーが夕日に向かってほぼ一直線上にあったのだろう、白い車体が輝いて神々しく見えた。
そうか、写真は太陽光線(スタジオではライティング)でさまざまな表情にかわる。この太陽と電車の位置関係(角度)はこの季節の夕方でないとあり得ないので、19日20日の夕方にカメラに望遠レンズをつけて、入場券でホームにあがり、撮影を試みた。夕方までほぼ太陽が出ている日だった。
444枚撮影した中から、これはどうかなぁという写真をお見せします。

夕日を受けて反射するレール自体が美しい。

DSC_3069.jpg

列車の屋根のカーブにちょうど夕日が反射する。高速ドライブモードでシャッター速度優先にして1/1000秒から1/1250秒での撮影だ。夕方なのでISO感度はオートだが1000〜4000くらいになった。通常の10倍の高感度だ。そうでないと高速シャッターが切れなくなる。

DSC_2968.jpg

ロマンスカーのほうが丸みを帯びて夕日の輝きが美しい。

DSC_3060.jpg

小田急アプリで次にどんな列車が来るかわかるので、それを見ながらカメラを構える。

通勤電車はパンタグラフを入れると変化が付く。連写だがなるべく目的の被写体がくるときにシャッターが切れるようにしているつもりだ。

DSC_3119.jpg

夕日が傾いてくると、太陽との位置関係も変わるから反射による輝きも違ってくる。

DSC_3146.jpg

電車の壁は凸凹しているから、影の出方も違って、機械的ではあるが、それなりに美しい。

DSC_3159.jpg

車体は平面のようで実際は凸凹しており、輝いたレールがボディに反射して、面白い模様を浮き出している。

DSC_3175.jpg

ロマンスカーが火矢のように赤く光って小田原方面に突き進んでいく。住宅地だし電車だから電柱や家が映るけれども、そういう環境にあるわけだから、北海道の大平原を走る列車とはおのずと差別化を図り、電柱などはシルエットで見せるようにしている。

DSC_3252.jpg

いよいよ太陽が傾いてきて、より赤く輝いてきた。
シャッター速度優先のオートだけれど、ときどき露出補正で+0.3くらい明るめにしているが、ほとんど関係ないみたいだ。

DSC_3272.jpg

フォトショップでは写真を縮小するだけで色味は特に修正を加えていない。RAW現像というのがあるそうだが、フォトショップで色補正するのと、どう違うのかよくわからない。

この日は17時28分が日没で17時11分ごろのロマンスカーが、輝く撮影対象の最終ではないか。

DSC_3289.jpg

下りホームで夕日を背景にして映してみたが、太陽は雲か山にすでに沈んでしまった。

DSC_3338.jpg

引き上げようと思ったら、スマホを持った女子がホーム端から沈んだ夕日の撮影をし始めた。

DSC_3347.jpg

彼女が鉄道写真を撮ろうとしたのか夕焼けを撮ろうとしたのかわからないが、撮り鉄の市場はずいぶん広いと実感した。

※自分のためのメモ
2月20日前後。16時30分から17時40分ごろまでが夕日に向かう電車の撮影時間。日没は17時38分。
ニコンD5300に55mm〜200mm望遠ズームをつけて、シャッター速度1/1000〜1/1250秒またはスポーツモードで高速ドライブで撮影。ISO400以上のオート。スポーツモードはシャッター速度1/1000以上になる。
絞りが開放気味になるため、ピントの合う範囲が狭いのでアップで撮るときは注意。
真横での撮影は1/1000秒でもブレることがある。
| 写真 | 21:34 | comments(0) | - |


新規事業 立体造形作家を売り出す
2006年の出来事。
私は家庭では子育て、会社では第一線で働いていた。そして夏は北海道、冬は志賀高原にスキーに行き、日々充実した暮らしをしていた、はず。

仮にFNW社としておこう、印刷会社の子会社の企画会社で、私は仕事を頼む反面、新規事業の相談に乗っていた。
社長は印刷会社の創業者の甥で、頼まれたらイヤと言えない性格の上「エエかっこしぃ」で自分をよく見せようとする人だった。自分自身を「カリスマ経営者」と呼んで周囲からあきれられていた。

社長が世話になっている人から、ある立体造形作家をなんとかしてくれと頼まれたらしい。その人はすでにテレビのニュースやバラエティで政治家やタレントの似顔絵立体造形を作っている人だったが、いわゆるコミ障でせっかくの仕事も継続的な受注につながらず、生活も苦しいらしい。

スライド1.jpg

社長は二つ返事で引き受け、私に造形作家の生活のために仕事を与えてほしいと言ってきた。
弊社が請け負う広告の仕事でそれがうまくはまるものがあればいいが、あっても一時的なもので長続きしないだろう。むしろFNW社が作家の営業窓口となりマネジメントをして、作家とFNWが継続的なwin-winの関係になるほうが得策だ。

そして作家なのだから展示即売会みたいな方法で作品が売れれば一番いい。
特徴的な動物のキャラクターはとてもいいと思った。FNWが持ってくる新規案件の中では一番的を射ていると思えた。

DSC07180.jpg
(写真はイメージです)

頒布会の企画を考えて、取引のあるデパートやショッピングセンターに聞いてみると、いくつかの方法があるものの、売り上げの何%かを収めるのは当然となる。



また、販売するのにどのような流通チャネルがあるかも考えて調べた。

スライド8.jpg

画廊ルート、バラエティショップルート、マスコミルート、ノベルティルート…。
出版社にもあたった。作品集を出してもらうためだ。
展示会イベントも考えた。
立体造形のキャラクターが登場するゲームソフトも考えた。
クレーンゲームの景品にするためぬいぐるみ会社も訪問した。
食玩業者にもあたった。
ガチャガチャはいい線まで話がいった。

DSC07175.jpg
(写真はイメージです)

しかし例えばぬいぐるみはクオリティ的に作家がOKと言わないと作れない。逆にこっちが是非と思っても先方が諸般の事情でダメな場合もある。3Dスキャナーやプリンタはまだこの世にないので、同じように造作するのは大変だった。

結局、いいところまで行くものの、いずれも契約成立まではいかなかった。

社長は紹介者への顔があるので、月30万円で6か月だけ世話をすることにした。これは現在であってもとてもいい条件だ。たぶんFNWの仕事ならサブスクで頼むのだろう。

その後、ガチャガチャに採用された話を聞いた。あの時の売り込みが功を奏したのか、別のガチャ会社なのか、知らない。また、ネット検索をしたら今は彼はそれなりに活躍しているようでご同慶の至りだ。彼を売り込んだ会社のほとんどは検索されなかったのでつぶれたか。

社長は人気プロレスラーを使って映画(Vシネマ)も作ったし、ロシア人女優を使ってエロビデオも制作したし、孫の油彩肖像画も書いてもらったし、やりたい放題をしてこの世の春を謳歌したことだろう。
で、放漫経営の結果としてFNWは2008年に負債を抱えて倒産した。債権者集会には「よぉっ」と出てくる始末で、それはひどいものだったらしい。社長は自己破産をした。

営業担当のエロ鈴木は一足早く2007年に退社して青山の似て非なる会社に勤めたので、また一緒に仕事をした。
しかし目黒の会社を離れたらパタッと音沙汰がなくなった。そういう人間でないと思っていたのに、がっかりした。
もう8年ほど交流がない。その青山の会社も今はない。

| 経営・マーケティング | 18:58 | comments(0) | - |


新規事業 写真から肖像画を画家が描き起こすサービス
2006年のできごと。
仮にFNW社としておこう、印刷会社の企画部門が独立した会社で、新規事業の相談を受けることがあった。

営業のエロ鈴木があきれたような顔をしてもってきた案件は
写真をもとにプロの画家が油絵に描き起こすサービス
をやりたいので市場導入案を考えてくれというものだった。

肖像画と聞くと、政治家や叙勲したじいさまが頭に浮かぶ。
需要が一定の市場に、企業が参入して商売になるのだろうか。
いや、安価にできる強みで一般ピープルにも油彩の肖像画を楽しんでもらう市場開拓精神は素晴らしい。

どうやら社長が拾ってきた案件のようだ。聞いてみると、いわゆる婚礼印刷と呼ばれる招待状や式次第を作っている会社とコラボしたいらしい。

ブライダル市場は少子化に伴ってどんどん縮小しており、それに伴い婚礼印刷の売り上げも減っていた。それを底上げするのに結婚式の記念写真にプラスして肖像画サービスを導入したい由。

スライド3.jpg

ビジネスの流れをまとめると、有名な婚礼印刷会社を販売窓口にして、FNWは総代理店となり、一手に仕事を請け負う。油彩画を書くのはまた別の会社になるという構図だ。

スライド2.jpg

営業のエロ鈴木が難色を示しているのは、社長だけが気に入ってすでに孫の写真などを渡してテストと称して油彩画に描き起こしてもらっているのであった。

その油彩画を書くのは美大を出たちゃんとした画家であったが、無名で将来も値が出るものではなかった。しかもフィリピンの画家という。そのため5万円程度で絵にしてもらえるとのこと。そういうカラクリがあったのか。その発想はすごい。

スライド5.jpg

私はメリットとして、
人物やペットの写真を元に、プロの画家が油彩画を仕立てる画期的なサービス。
画家のもとに赴くことも、画家を家に呼ぶこともなく、写真を送るだけで油彩画になる。
そのため自身の時間が拘束されることはない。
プロに描いてもらうが、1点5万円からと格安。
基本は世界で1枚だけの油彩画。


を揚げ、一方でデメリット(ネガティブ意見)とそれに対する反論を
油彩画にするのは、フィリピンの画家(フランスやイタリアと違って芸術イメージは低いが、画家はすべて美大卒のプロ)。
納期は約1ヵ月半かかる(日本の画家に描いてもらっても3週間近くかかる)。
無名画家で将来値上がりする可能性もなく、投資対象にはならない(あくまでオンリーワンの記念として捉えていただく)。
写真が元になるので、絵の仕上がりは写真の写り具合に左右されやすい(式場の写真館の写真を元にすれば、スナップ写真とは違うのでこの懸念は低い)。

とした。

実際に社長の孫の絵を見せてもらったが、元の写真が単なるスナップ写真であったからでもあるが、なんだかなぁというのが率直な感想である。
だが、事業化を考えるのが私の仕事で、GOか撤退かは社長の意思決定である。

スライド6.jpg

私は絵のクオリティや顧客の満足度が第一なので、テストマーケティングをして市場導入の可否を判断するよう提案した。
いくつかの式場と組んで、プロモーション価格で結婚式の記念写真を油彩画にしてもらい、客の反応を見るのだ。
当時、ようやく普及し始めたインターネット通販の仕組みも取り入れて、営業コストの低減化も図った。

だが結局このビジネスは動かなかった。
理由はわからない。商売にならないと思ったのかもしれないし、フィリピンの画家たちとつなぐ人がどうかなったのかもしれない。

FNW社は「お風呂で読む本」も市場化されなかった。社長は気前良くふるまうのが好きな人で自らを「カリスマ経営者」と呼び、これは本人がそう言っていただけなのだが、どこからか頼まれごとがくるとイヤと言えず、なんとか事業化しようとした。
社長のポジティブな姿勢は買うべきだろうが、結局はずさんでルーズで金には放漫で、2008年に自己破産する。

今でもこのビジネスはあり得ると思うのだが、どこかでやっていないだろうか。
世田谷区役所の名誉区民の肖像画は写真をもとにして書いているのでは、と思う。



アプリが写真を加工したり、クラウドワーキングみたいな手法でデフォルメしたイラストにする事業はあるから、油彩画もあり得るハナシだ。
| 経営・マーケティング | 18:01 | comments(0) | - |


秋葉原のディナー:リトルTGV カフェ・鉄道居酒屋
昨日のたん清の二次会は秋葉原の路地裏にあるLittle TGV(リトルティージーヴイ)で飲み直しをした。

DSC07099.jpg

メイド喫茶が林立して、マッチ売りの少女みたいに客引きの女の子が列をなしている中で、2008年2月にオープンしたので開業12周年とはすばらしい。ちゃんとブログ記事を書いています。

DSC07101.jpg

もはやレトロを通り越した骨とう品エレベーターで4階へ。

DSC07102.jpg

なぜ12年も続いているのか。
日高三股氏と考えるに、鉄道に特化したところが受け入れられたのだろうと。単なるメイド喫茶なら競合はいくらでもある。
この店はメイド喫茶とは言い難いのでいかがわしい雰囲気はまったくなく、子供連れもやってくるという。

ほぼ半数以上の卓が客で埋まっていた。われわれは昔の客車の直角シート座席(ガムテープで補修あり)に着座する。

DSC07103.jpg

乗務員(ホールスタッフのおねいさん)がにこやかにお出迎え。車輪の形をしたマカロニパスタがつきだしである。

DSC07104.jpg

メニューは鉄道にちなんだカクテルが。人気車両のボディカラーにちなんでいるらしい。

DSC07105.jpg

カクテル以外も鉄道ネタ全開。

DSC07106.jpg

新幹線型のおにぎりがあるなど、いろいろ凝っている。

DSC07107.jpg

我が小田急線があったので、一両たのむ。日高三股氏は千代田線がなかったので山手線だ。

DSC07118.jpg

小田急線はカルーアと牛乳のカクテルで、カルーアはコーヒーから作られたお酒らしくまさにコーヒー牛乳。酒の感じはまったくしなかった。

カルーア、カルーア…どこかで飲んだ気がしてブログを検索したら、2月1日の品川の新年会で飲んでいた。

バカだねぇ。3週間前のことも覚えていないのか。
しかし小田急線がカルーアだったので仕方ない。この色合いはロマンスカーEXEαなのかな

DSCF0276.jpg

ところでTGVはフランスの新幹線だが、リトルティージーヴイって英語じゃん。フランス語ならpetit TGV=プチテェジェヴェだ。
TGVが走り出したとき、レイルウェイ・ライター種村直樹氏と乗りに行った。その時から種村氏が「テェジェヴェ」と発音していたから、その呼び名になじみがある

そんな突込みやら、昔乗ったTGVの写真を自慢げに見せるおっさん。



TGVがモンサンミッシェル最寄りのレンヌ駅に入線するシーンの動画。


だが乗務員(ホールスタッフ)はイヤな顔一つせず聞いてくれている。そんなオヤジが山のように来店しているのではないか。

そしたら
「TGVはイヌイに名前が変わるんです」
とワケのわからんことを言う。乾、犬井、戌井、イヌイット…。
やむなくネットで調べると、2017年に「inOui(イヌイ)」に列車愛称を変更したる由。「前例がない、驚くべき」の意味らしい。TGVは「Train à Grande Vitesse」の頭文字で、超速い列車を意味するが、フランス国鉄SNCFはYESを意味するOui(ウィ)をブランド名に使うようにしており、それに倣った由。ためになるリトルTGVである。

で、卓上の箸袋を見たら「鳥鉄」とあるのを発見。

DSC07123.jpg

鳥取県観光交流局がわざわざ来店してタイアップをしている由。
役所から市民権を得ているとはすごい。

「鳥取行ったことがないんですぅ」と乗務員。島根県の出雲大社と抱き合わせで行ってくるとよいとお勧めしておきました。鳥取温泉観水庭こぜにやに泊まるのを勧めるのを忘れた。

店内には鉄道模型も走っていたし、いかにもの風体のオヤジの一人客がいっぱいいたし、リトルTGVはすごいです。
| グルメ | 20:23 | comments(0) | - |


秋葉原のディナー:たん清 炭火焼肉
超久しぶりに日高三股氏との逢瀬。
場所は秋葉原の炭火焼肉店たん清だ。昭和通り口を降りて左に進み、通りを越えて不動産屋の狭い路地を入った先の右角。

DSC07072.jpg

重い扉を開ける。

DSC07075.jpg

そして階下へ。
DSC07076.jpg

さほど広くない店内だが、6時からの回だけどすでにかなりの席で客が食べていた。

DSC07080.jpg

日高三股氏が到着するまでメニューを研究する。
まずはよく焼くようにお達しがある。箸で生肉をつかまず、トングを使うとのこと。

DSC07077.jpg

焼肉のお勧めセット5800円は単品で頼んでも5800円で割引ではなかったので、好きな単品を頼むことにした。

DSC07078.jpg

酒のメニューが豊富だ。

DSC07079.jpg

条件反射で生ビールを頼んでしまいがちだが、オリオンビールがあったのでそれを頼む。言わずと知れた沖縄のビール。今はアサヒビールの傘下で、東京でも比較的フツーに飲める。

DSC07082.jpg

本日のおすすめメニューがホワイトボードにあり、タンの煮込みが人気で在庫もあまりないらしいので、それを一つ。

DSC07083.jpg

これはタンであろうがなかろうが、おいしい。味噌で煮込んであるからとかくしょっぱくなりがちだがそんなことがない。この店のレベルがわかるというものだ。

キムチ盛り合わせ。こちらもあっさり目のおいしいキムチ。

DSC07084.jpg

牛タン塩。これは二人別々の皿に盛ってもらった。ケンカをしないで仲良くね。というか自分のペースで食べられるのだ。

DSC07086.jpg

トングを使ってよく焼きます。肉厚で思った以上に柔らかく、これはおいしいタン。

DSC07088.jpg

グリーンサラダ。かなりのボリュームでごま油のドレッシングがおいしい。

DSC07085.jpg

生レバー。味噌だれです。これはよく焼かないといけません。

DSC07089.jpg

プリプリで柔らかく、これもおいしい部位だった。

DSC07090.jpg

タンが飽きたので残りを日高三股氏にお願いし、カルビを注文。
きれいな肉で丁寧に下ごしらえがしてある。

DSC07092.jpg

さらに小ライスを頼む。やはり御飯が恋しい。おいしい焼肉はビールで流し込むようなことをせず、ご飯と味わいたい。

DSC07093.jpg

カルビはいつもは半生焼ですが、よく焼きました。

DSC07094.jpg

総じてとてもおいしい焼肉屋で、久しぶりに満足度の高い外食だった。

DSC07095.jpg

8時の回で入替え。常にほぼ満席の人気店だが、食べればそれがうなづけました。

DSC07097.jpg

日高三股氏は今年が転機の年で、それは私も同じ。
2015年に秘境駅の北海道の小幌駅をともに訪れたことがあり、今度は深名線跡を訪ねる話がでました。ぜひお願いします。
そして互いに新天地でがんばりましょう。

| グルメ | 23:06 | comments(0) | - |


お風呂で読む本の市場導入策 企画倒れ
今から15年前、2005年のことである。
仮にFNWとしておこう、印刷会社の子会社の企画会社があった。
その印刷会社は前の会社で取引があったが転職してからも営業の鈴木君と個人的な付き合いが続いていた。そのため、私の担当の小さな仕事の印刷物などをお願いしていた。

2005-0261.jpg

鈴木君とは同い年で人懐っこい性格のため馬が合い、たいていは仕事以外の、主にエロ話に花が咲いた。鈴木という人は何人もいたからエロ鈴木と呼んでいた。

彼に仕事を出すだけでなく、彼からFNWのさまざまな新規事業の相談をされ、それに乗ったことも一度や二度でない。
その一つに「お風呂で読む本」というアイデアがあった。

FNWの取引先の会社が、耐水性のポリ塩化ビニールをシート状にしたものに印刷し、水に濡れても大丈夫な本を作るノウハウを持っているので、FNWがそれを販売するストーリーである。
つまり塩ビなので水にぬれても破れたりふやけることがなく、何度でも読めるのだ。
その本の市場導入策を考えてくれと言われた。

試しにと、その本を借りてきて風呂で使ってみたが、塩ビなので重たく大きく、濡れるとページ同士がくっついて読みにくく、とてもまともに扱える商品ではないなというのが率直な感想だった。残念ながら写真を撮っていなかったようだ。

ネガティブな印象を持ったが、それでは商売にならない。

もっともらしくSWOT分析をして、弱みはFNWの営業力で乗り切るという、昔の日本軍のような考えである。

塩ビ本プリントワン.jpg

そして本はお風呂で読む本のみならず、キャンプやスキー・釣り、台所回りと、水にまつわるところで読む本に話を広げ、それぞれの販売チャネルを攻略するとした。

塩ビ本プリントワン9.jpg

さらには本の内容のアイデアも出した。温泉(入浴)美容の本などがあり得る。

塩ビ本プリントワン12.jpg

だが、私の想像通りこの本は全く売れなかった。ワイドショーなどで取り上げられるPR戦術も提案したのだが、まったく話題にならなかった。

今ネット検索をすると、風呂で子供相手に見せるカード大の紙芝居を出したらしい。内容は古今東西の童話で、知名度が高く著作権が切れているものばかりで安く作れただろう。
だがそれも売れなかったようで、製造元はほどなくつぶれた。
FNW社もこれ以外にも「いかがなものか」という事業に手当たり次第手をだした乱脈経営がたたって2008年に倒産し、社長は自己破産をした。

この、お風呂で読む本のアイデアは現代に生きている。それは防水タブレットの登場である。

bmdxxduh.jpg

先日、ある女の子が「お風呂でずっとタブレットを見ていて1時間くらい入っているんです」と話していたので、「お風呂で読む本」を思い出した。1時間は長いが適切な入浴方法であれば美容にもなっており、時代の進化を実感した。Wi-Fiでテレビやビデオを見たり、Amazonプライムやネットフリックスなどのネットテレビを見ているのだろう。あるいはAmazonkindleで本を読んでいるのかもしれない。
タブレットなら薄くて済むし、どれだけの作品を読もうと見ようと、場所を取らない。需要を満たす"競合商品/代替商品"が出来てしまったのだ。

e1e89zzd.jpg

つまり、お風呂で読む本は需要はあったのだが、商品内容が伴わなかった。
青空文庫の著作権の切れた古臭い文字ばかりの小説は読む気にならないだろうし、なにしろ重くて大きくて厚かったので、扱いづらかった。
流通も、書店で売るのか赤ちゃん本舗で売るのか、チャネル開拓にも時間と手間がかかり、さほど売れると思われなかったので、店頭化が難しかった。今ほどネット通販が市民権を得ていたわけでもない。

昔の企画書を見ていると、水子のようなボツネタが多くて、どれかが当たっていればもっといい暮らしが出来ていただろうと思う。

  
| 経営・マーケティング | 18:57 | comments(0) | - |


| 1/1077PAGES | >>