CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
田町のディナー:晩翠はなれ 焼肉
新婚新妻美女と久しぶりのデート。
場所は田町駅西口から慶応仲通りを入った路地にある晩翠はなれ。晩翠という店も近くにある。

とある事情で一時的にベジタリアンになっている彼女。酒も飲めないがサラダを食べるのでこの店でよいと言う。

IMG_4258.jpg

なのでチョレギサラダとキムチを注文するが、これがおいしい。

IMG_4261.jpg

この店は個室で、通常予約が必要だけれども急きょ場所がえをしてこの店に飛び込んだら、部屋が開いていた。
私だけ肉を食べて申し訳ないが、カルビ。

IMG_4263.jpg

たれが3種類あり、右からレモン、焼肉のたれ、わさび醤油だ。

IMG_4266.jpg

晩翠極ロース。

IMG_4264.jpg

なんとスモークの演出がある。これで+1000円は高くなっているのだろう。
カルビもロースも極薄で、とろけるようにおいしい。
焼きすぎに気を付けましょう。

IMG_4268.jpg

きのこ盛り。もっぱら彼女は野菜になる。しいたけをもらった。

IMG_4267.jpg

さきほどの極ロースは卵でも食べるが、この黄味が箸でもつまめる黄味。わざと崩して、第4のたれとして扱うこととした。

IMG_4272.jpg

野菜の盛り合わせ。

IMG_4274.jpg

彩りがよいが、焼肉屋で野菜がメインになるはずがなく、バカ話に夢中になって野菜のいくつかは真っ黒になってしまった。とても文字にできるハナシではありません。

IMG_4275.jpg

なんとなく物足りなさを感じて、カルビクッパとわかめスープ。
どちらもダシが効いているおいしい料理。カルビクッパはとても辛そうだったけれども、ほどよい辛さで奥行きのある味わいだった。

IMG_4282.jpg

お互いに衝撃の告白をして、それは二人のひ・み・つ。
それぞれの道で幸せになりましょう。
| グルメ | 23:24 | comments(1) | - |


お茶の水のランチ:ぎょうざの萬里本店 中華料理
天気がいいうえに、春節(旧正月)で中国人がうようよしているだろうから見に行こうと、秋葉原方面まで足を延ばした。

実はもう一つ理由があって、とんかつ冨貴が閉店したとネットの書き込みを読んだからだ。
女性だけで運営している店で愛想がよく、とんかつも厚くておいしかった。いろいろなとんかつを食べたかったがいつもロースかつばかり食べていた。

IMG_4238.jpg

2016年9月28日閉店だったらしいが、9月は5日しか日本にいなくて、まったく気が付かなかった。残念である。
さて、周囲を見渡すと、ぎょうざの萬里本店が目に留まったので入ってみる。

IMG_4239.jpg

カウンターが開いていたから一人で座る。

IMG_4241.jpg

ランチメニューもあり、かなりの客がここから選んでいたが…

IMG_4246.jpg

餃子定食を頼んだ。650円。
おじさんが「ちょっと待ちます」と言ったので覚悟をしたけれども、まったく待たずに普通に出てきた。中華なので早いのが取り柄なのだろう。

IMG_4242.jpg

アキバヲタクが大勢いるかと思ったら、案外フツーで、地元の会社員のような人たちでにぎわっていた。

IMG_4243.jpg

餃子はたったの3個。しかしとても大きい。これが特徴なのだろう。3個だけれども7個分くらいのボリュームだ。

IMG_4244.jpg

ラー油、醤油、酢でタレを作り食べてみたら、おいしい。大きいから1個を3口で食べるほどだが、大きいだけの味も大味のこの手の料理と比べれば、まったくそのようなことはなく、おいしい大きな餃子だ。
付けあわせの豆もやしもユニークで、きゅうりのしば漬けのような漬物ともども口休めになる。

IMG_4245.jpg

餡の具合もいい。辛くなく甘くなく、食感歯触りもよく、餃子の皮も大きいサイズだけれど程よい厚みで厚すぎない。ごはんは若干固めだけれど、大きな餃子とマッチしている。

これはほかのメニューもおいしいだろう。とんかつ冨貴が閉店したのはさびしいが、代わりによい中華料理店を見つけた。

さて、そもそもの中国人観光客だが、観光バスは止まっていたものの中国人の姿を見かけることはなく、平和な秋葉原だった。

IMG_4247.jpg
| グルメ | 20:54 | comments(0) | - |


ゴールデンカムイ 野田サトル 日露戦争帰還兵とアイヌ少女の冒険マンガ
最近はめったに漫画は読まないのだが、試読したらあまりにすばらしいのでAmazonKindleで全9巻を買ってしまった。3月に10巻目が発売される。

ゴールデンカムイは野田サトルの週刊ヤングジャンプに連載されているマンガ。マンガ大賞2016受賞だ。

golden-2.jpg

舞台は気高き北の大地・北海道。時代は、激動の明治後期。
日露戦争という死線を潜り抜け『不死身の杉元』という異名を持った元軍人・杉元佐一は、死んだ戦友の妻の病気を治す為に大金を欲していた…。
一攫千金を目指しゴールドラッシュに湧いた北海道へ足を踏み入れた杉元を待っていたのは…網走監獄の死刑囚達が隠した莫大な埋蔵金への手掛かりだった!!?
雄大で圧倒的な大自然! VS凶悪な死刑囚!! そして、純真無垢なアイヌの美少女アシパとの出逢い!!!
莫大な黄金を巡る生存競争サバイバルが幕を開けるッ!!!!


golden-1.jpg

作者の野田サトル先生は北海道北広島市出身で、アシスタント生活を経てデビュー。北海道を舞台とした北海道ならではの、アイスホッケーを素材にした作品を描いたが、読者の反応は鈍かった。
その後、約1年間の構想を経て、屯田兵として日露戦争にも従軍した曾祖父の人生に狩猟を融合し骨格を作り、読者受けを狙ってアイヌの少女を登場させるなどの構成を組み立てた。

取材は徹底的で、アイヌの言葉や民具などもできる限り忠実に再現したという。だから作品の迫力はすごく、絵から雪山の厳しい風吹が顔にあたるような臨場感がある。作品に登場するアイヌ料理や狩猟料理の繊細さから、アイヌ料理の人気が出ているらしい。

golden-3.jpg

iPadに取り込んだので、ヒマになったら読みます。いつヒマになるんだ。

  
| 読書 | 16:41 | comments(0) | - |


JCB THE CLASS特典、プライオリティ・パス会員カードが届く
JCBの招待制ブラックカード<JCB THE CLASS>の特典の一つである、プライオリティ・パス会員カードが届いた。

IMG_4230.jpg

世界120カ国400以上の都市や地域で、900カ所以上の空港ラウンジが無料で利用できる会員制サービスだ。これはプライオリティ・パスの中のプレステージという最上位クラスと同等の特典であり、399USD(約45000円)の会費がかかるが、それがTHE CLASSの年会費54000円で賄える計算だ。しかもプレステージは同伴者は27USDだが、THE CLASSは一人まで無料だ。つまり、JCB THE CLASSの特典プライオリティ・パスのほうが、よほど有利なのだ。

昨日、簡易書留で届いたのでさっそく開封してみた。

IMG_4223.jpg

分厚い封筒で、中は挨拶状とカード、そして空港ラウンジの一覧リストが入っていた。

IMG_4224.jpg

プライオリティパスは、さまざまなカード会社の上級クレジットカードの特典に使われており、中でもリーズナブルなのは年会費10800円の楽天プレミアムカードだ。

こちらはJCB THE CLASSのロゴが入った挨拶状になっている。

IMG_4225.jpg

IMG_4231.jpg

ラウンジガイドは、観ているだけで海外旅行の夢が膨らむ。こんなところに空港があって、こんな設備なのかと知る。

IMG_4227.jpg
IMG_4229.jpg

実際は、私の場合は日系のANAJALの利用が大部分であり、これらは上級カードを持っているので、空港ラウンジは無料だ。

JCB THE CLASS
JCB ANA スーパーフライヤーズゴールドカードJCB30周年特別デザイン
JAL グローバルクラブCLUB-Aカード(Master)
プライオリティ・パス会員カード

IMG_4237.jpg

ANAのスターアライアンス、JALのワンワールドに加え、3つめの航空会社連合にスカイチームがあるが、乗る機会はあまりなく、乗ったらこのプライオリティ・パス会員カードで空港ラウンジが使えるので、何もスカイチーム用の上級カードを持つ必要がなくなった。昨年9月、アメリカのソルトレイクシティ国際空港でデルタ航空を利用したが、この時プライオリティ・パスがあればラウンジが使えたのかと思ったが、ソルトレイクには使えるラウンジがなかった。

今年もいろいろなところに行きたいが、果たしてどうなることでしょう。
| 日記・つぶやき | 19:21 | comments(0) | - |


SNS講座の講師をする
年に2回、初心者向けのSNS講座の講師をしている。

IMG_4141.jpg

ツイッター、ブログ、フェイスブックについて、概要、楽しみ方、登録の仕方、記事投稿のやり方、WEB内での"交流"のやり方、注意しなければならない点などを、各回1時間半、パワーポイントとホワイトボードを使いながら説明している。

とても人気の講座らしく、申し込んでもなかなかチケットが取れないらしい。ありがとうございます。

この講座は5年以上前からやっているけれども、その都度レジメは作り直して、変わりゆくSNSに対応しているつもりだ。

受講生の方はほとんどが私より年上だが、たいへん熱心で毎回思いもよらないご質問をいただく。

IMG_4222.jpg

「アンチウィルスソフトは何がいいですか」
「間違ってフェイスブックを2つ登録してしまったけれども、どうすればいいですか」
「フォローしないで相手の記事を読みたい」
「自分の顔写真を登録する方法は?」


私がSNSに登録したのはかなり前であり、どういう操作をしたかよく覚えていない。それでもネットで検索して、最近のやり方を調べているが、SNS自体がどんどん変わるため、レジメと実際の画面デザインなどが違ってしまい、戸惑われるのではないかと、気にしている。

レジメもともかく、わかりやすいしゃべり方、適度なジョークの入れ方、反応を見ながらの時間調整など、とても勉強になる。
来年度は3回やってくれとのご依頼があった。うれしい限りだ。
こちらも日々研鑽で、積み重ねているので、今後ともよろしくお願いします。
そして、SNSを楽しんでください。

  
| 日記・つぶやき | 18:47 | comments(0) | - |


仙台のディナー:ロッケンキッチン 東北六県「おいしいもの」レストランバル
仙台出張。
仕事はまぁ、こんなもんか、自分でも気になっていたところを指摘された。さすがだな。

夜は仙台の美女に、仙台駅のエスパル東館3階のロッケンキッチンをご案内いただいた。
先週も会ったばかりで、遠距離恋愛のカップルでもこんな頻度で会わないのではないか。

IMG_4190.jpg

東館は新しくできたばかりのようで、きれいだしお店もしゃれている。新幹線改札まですぐのため、ギリギリまで飲んで食べていられるので、ここをチョイスした由。
できれば泊まっていきたかったが、明日はさいたま市でセミナー講師のため、帰らざるを得ないのだ。泊まって朝7時の新幹線で大宮に行けないこともないが、元気がない。

IMG_4193.jpg

東北六県のおいしいものを集めたレストランバルで、名物をおしゃれにアレンジしている。

ビールは地ビールで松島(宮城県)と月山(山形県)。

IMG_4194.jpg

どちらも軽い軽い。地ビールと言えば苦みが強いものが多かったが、あれは過去の産物のようで、いろんな味を出せるようになっていた。

IMG_4196.jpg

石巻のロメインレタスのシーザーサラダ

IMG_4199.jpg

大きな葉のままで、ナイフでざっくり切って食べる。チーズが効いており、シャキシャキした歯ごたえが何とも言えず、いい。

牛タンのカツレツ。牛タンをこのようにして食べるのは初めてで、焼肉よりも厚めに切ってあるため、こちらも歯ごたえが通常と違って、何ともいえず、いい。

IMG_4200.jpg

専門店の牛タン
これは通常の牛タン焼肉で、柚子胡椒をつけて食べるとおいしい。キムチと思ったのはラタトゥーユだった。

IMG_4201.jpg

不思議な美女。以前はそれほど付き合いはなかったのに、離れてから付き合いが深まった。
インテリジェンスで仕事ができて情熱があって気が利いて、それ以上の付き合いが今のところできないのが残念だ。



旬魚と秋田のきりたんぽのフリッター
これはちょっと考えすぎかな。きりたんぽの上下に魚でフタをしてフリッターにしたもの。きりたんぽは固く、やっぱり普通に鍋にしたほうがおいしい。

IMG_4202.jpg

南部せんべいのグラタン。せんべい汁があるのでそれの亜流だと思う。マカロニの代わりに南部せんべいだが、これもせんべいとして食べたほうがおいしいのではないか。

IMG_4203.jpg

最後に、黒こしょうのハイボール
ウィスキーに黒こしょうの香りをつけたもの。ニッカ仙台工場のウィスキーだろうか。

IMG_4205.jpg

この店のコンセプトは明快で、東北のおいしいものをこれまでにない調理でアレンジしたレストラン。
全般的においしくて珍しくて、サービスもよかった。

IMG_4214.jpg

余裕で新幹線に間に合って帰宅した。
仙台はこれから通えるようになるのだろうか。美女と毎月のように会えるのだろうか。

| グルメ | 23:07 | comments(0) | - |


JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)と、ANAJCBワイドゴールドカードのポイントとマイル
JCBのブラックカード、JCB THE CLASSの会員になったけれど、まだ使う機会がなかった。
ようやく、出張のJRの切符を買うのに、窓口で使った。

JCB THE CLASS

駅の係員はしげしげと券面を観ていたので、多少なりともTHE CLASSの威力があったのではないか。

ところで、ANAスーパーフライヤーズカードも持っている。これはANAに搭乗するときに搭乗ゲートにタッチするだけで乗れるし、以前から使っているのでポイントの貯まり具合が割り増しされる。「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」のスターαで、20%割り増しになるのだ。

IMG_4031.jpg

JCBのokidokiポイントは1000円の買い物で1ポイント付くのだが、ANAのマイルに交換する場合、

ANASFCは1ポイント10マイル
THE CLASSなどのANA提携カード以外は1ポイント3マイル
しかつかないのだ。
しかも、ANA提携カードは毎月マイルに交換できるが、提携カード以外は500ポイント(50万円の買い物)からの交換となる。

つまりこれからもカード利用でマイルを貯めたいのなら、JCB THE CLASSを熱心に使うよりも、ANASFCのほうがよほど効率よくマイルが貯まって行くのだ。

そのため、JCB THE CLASSを使うときは、店員と対面で買うときとか、美女とお食事をして見栄を張るときとかになる。
それ以外や、特に通販みたいな対面でない場合は、ANASFCを使ってマイルを貯めることとする。

なかには、THE CLASSは54000円の年会費を払っているのだから、それで特典を享受すればよく、買い物はすべてANASFCという考えもあるだろう。私はそこまでドライに考えられず、多少の買い物はTHE CLASSを使わないとJCBに申し訳ないと思ってしまう、小心な性格なのだ。

だから、せめて見栄を張れるときにはJCB THE CLASSを使うこととします。

| 日記・つぶやき | 20:10 | comments(0) | - |


| 1/803PAGES | >>