CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
リオ五輪総括 たゆまぬ努力・よき指導者・よきライバル・よき仲間
リオオリンピックが終わった。スポーツ中継は趣味ではないのだが、日本人選手が絡む試合を中心に早朝から観ていた。

いくつか思ったことがあるので忘備録的にまとめておく。
これは受験や仕事、サラリーマンの資格試験にも言えることだと思う。

●たゆまぬ努力
選手一人ひとりの想像を絶する練習や研究はすべての競技に言える。運動能力はもともとあるレベル以上の才能が必要だ。親から受け継いだ遺伝と言ってもいい。最近のアスリートは親も選手だったケースが多い。親が練習を「強いる」こともあるだろうが、もともとの身体構造が違う。私など、いくら努力しても体を壊すだけでまったく進化がない。
しかしそういう才能に恵まれた選手であっても、人並みの努力ではクラスの人気者にはなれるかもしれないが、オリンピックには出られない。人の数倍の努力、言い換えれば「好き」であることが勝利につながる。

●よき指導者
シンクロナイズドスイミングが良い例だが、井村雅代ヘッドコーチが中国選手団のコーチをして日本を離れているとき、日本選手たちは低迷していた。しかし2014年から再び井村コーチが就任してから、選手たちはめきめきと進化し、メダルへとつながった。

IMG_0041.jpg

男子柔道もそうだ。井上康生監督は金メダルも敗北も知っている。彼にこれだけの指導力があったのかと感服するが、男子は全階級でメダルを得た。がむしゃら、自己流ではもはやダメなのだ。正しい指導、その指導者を信じて付いていく姿勢。それが良い結果を生む。

IMG_0040.jpg

●ひたすら続けるあきらめない気持ち
カヌーのような日本でマイナーなゲームにひたすら取り組んでメダルを得た羽根田卓也もそうだし、女子柔道も金メダルラッシュだったが、最後の数秒で逆転で勝っている。
最後まであきらめず、勝つまでやった者のみが勝つ。あきらめずにやり続けるこそが勝利への道だ。

IMG_0042.jpg

●よきライバル
水泳の萩野公介と瀬戸大也は小学校以来のライバルだった。体操だって陸上だって、個人戦はライバルになる。だが、互いに切磋琢磨して互いに伸びていくことが速い上達につながる。独学独習は効果が低いと思う。

IMG_0038.jpg

●高い目標

女子レスリングで吉田沙保里に勝ったマルーリスはYOSHIDAにあこがれてレスリングを続け、吉田と対戦して勝つことを目標にして吉田を破った。目標を持つことはどんな物事でも必要であり、目標とされる選手にまで上り詰めるのが究極の目標と言える。

IMG_0053.jpg

●よき仲間
スポーツは個人戦もあれば団体戦もある。卓球女子や男子400mリレーを見ていると、個人個人よりも団体になったほうが力を発揮する種目があった。

IMG_0045.jpg

時にライバルになるが、やはり仲間なのだ。特にリレーのバトンの受け渡しは神業で、それが勝利につながっている。お互いに励ましあい信じあって勝利をつかむのは美しい。

IMG_0054.jpg

●見事な閉会式でのTOKYOプレゼンテーション

閉会式では次期開催地のTOKYOがプレゼンをした。渋谷にドラえもんが土管を設置し、マリオに扮した安倍首相が土管をくぐって地球の裏側のリオに行く演出だった。体操や音楽、ARのパフォーマンスも秀逸だった。
あの、新国立競技場やエンブレムの騒動はなんだったのかと思った。つまらぬコンペよりも力のあるクリエイターの作品も、もう一つのオリンピックだった。

IMG_0052.jpg

そして4年後はわが東京でオリンピックが開催される。1964年に続いて、私はあの興奮の中にいられるのだろうか。

  
| 日記・つぶやき | 20:24 | comments(0) | - |


田町のランチ:レイヨンヴェール・カフェ セレスティンホテル
都内某所にクルマでおでかけ。自爆テロ犯みたいにさせられた。
その後、田町の美女が昨夜の電話でぜひ会いたいと言うので田町まで。滅多に車で都会にはいかないのだけれど、車ってショートカットできるので公共交通機関よりも早いですね。

昔のよしみで無料コンサルティングをして、セレスティンホテルの駐車場に車を止めたので、ここでランチを食べれば駐車料が無料になるかとの考えで、1階のレイヨンヴェール・カフェに。格別のご配慮でもう一人美女をお誘いいただいた。

12時になったばかりなのに広い店内は満席でちょっと待った。
しばし待って席が空く。
ランチプレートは4品あるようで、ポキ丼にした。マグロとアボカドの丼。

IMG_0020.jpg

ポキ丼って、初めて聞いた。マグロとアボカドの丼をこういうらしい。今ネット検索をしたら普通に出てきた。ハワイで食べられているらしい。

IMG_0021.jpg

1300円するだけあって、量は少ないけれども盛り付けは美しい。
醤油が卓上にないし、おねいさんも持ってきてくれないので、そういう流儀なのだろう。

IMG_0022.jpg

たれはごま油がベースだと思うが、なにもかけないでも大丈夫。
しかもごはんは黒米だ。

IMG_0023.jpg

お客のほとんどが女性なので、量もこのくらいでよいのだろうし、やや高級目のホテルのラウンジだから、値段も相応なのだ。

美女二人は入社時から知っているからほんとうにかわいくて、昔は彼女たちとあれこれ頭を悩ませながら仕事をしていた。
今も仕事で絡んでいるし、僕が前より数倍忙しくしているのも認識してくれていて、褒められているのか憐れんでいるのか。二人はとてもしっかりしていて、頼もしいしほほえましい。

IMG_0027.jpg

マグロとアボカドの丼はほかでも食べたことがあり、その相性はよくて、よくぞ見つけたと思う。

1300円だけあって、食後の飲み物が付く。レモンティーにした。

IMG_0024.jpg

これはおかわりOKなので、積もる話でお代わりした。
さらにゴマのアイスまでついた。

IMG_0025.jpg

さすが1300円で、これは満足。
幸せな気分で田町を後にした。

| グルメ | 19:08 | comments(0) | - |


御茶ノ水のランチ:鉄板王国 ステーキ&ハンバーグ
台風九号が首都圏を直撃した。未明から激しい雨で、ベチョベチョで出勤。休んだ人もいたくらいだ。
昼に雨は止んだ。どうやら台風の目に入ったみたいだった。
いちおう、傘を持って出る。仕事の進行で頭にきたことがあったので、ハンバーグを食べることにする。なんでハンバーグ?

あまりおいしいとは思えないのだが、ボリュームだけはある鉄板王国

IMG_0017.jpg

ハンバーグは140g787円とハンパ。税込でも849円で、これは850円なのだろうけれどお釣りは1円単位で出る。律儀と言えば律儀。

IMG_0016.jpg

ごはんとスープはセルフで食べ放題のため、ハンバーグが来るまでにカレーライスを食べる。カレーには具は入っていない。あまりおいしいとは言えないカレーだが、辛いので食べられる。

IMG_0010.jpg

鉄板はジュージューだから紙製の覆いがついてやってきた。

IMG_0014.jpg

ソースをかけるとさらにジュージュー。かなりはねます。

IMG_0015.jpg

ハンバーグは楕円扁平形。あまりおいしいとは言えないが、ときどき食べたくなるハンバーグ。吉野家の牛丼とは違う、懐かしい味だ。

IMG_0012.jpg

コーンは生だったが、そのうちちゃんと温まり柔らかくなった。
ごはんはお代わりして、こんどはカレーをかけないでハンバーグと食べた。

出たら、雨が降り出していた。目を抜けたのだ。午後もひとしきり激しい雨となり、夕方に止んだ。台風は北上したのだった。

| グルメ | 22:02 | comments(0) | - |


KnockOutノックアウト 競技クイズ日本一決定戦 ファミリー劇場
CSのファミリー劇場はウルトラクイズの再放送など、昔ながらのクイズ番組に力を入れているが、8月20日はついにオリジナルの「KnockOut〜競技クイズ日本一決定戦〜」を放送した。

IMG_9991.jpg

雑誌Quiz Japanの大門弘樹編集長が企画して、矢野了平氏が構成した。

司会のやついいちろう氏を初めて知った。

IMG_9992.jpg

端的に感想を言うと、一般受けしないマニア向けのCSならではの番組である。かといって頭脳王やかつての高校生クイズのような、奇人変人大会みたいな難問を答える姿をたたえる番組とも違う。クイズそのものを楽しむ番組だ。

予選を勝ち抜いた8人の挑戦者が難問に取り組み勝ち抜いていく。

IMG_9993.jpg

しかし、いくつかあるクイズ形式はいずれも1対1でセットの切り替えがなく、テレビ画面も単調で暗い。予算の都合だけでなく、最初からかなり考え抜いての形式や演出なのだろうが。

IMG_0001.jpg

そもそもが「競技クイズ」って何?早押しクイズとか三択クイズとは違うのか。
クイズをスポーツや格闘技に見立てる番組はいくつかあったが、純粋にクイズの勝ち負けを競う、クイズサークルなどで行われている、テレビ局などに頼らない草クイズ大会のこと。1980年代後半から各大学クイズ研究会やパソコン通信のFQUIZなどで行われてきた。問題を作るのも回答するのも仲間たちで、だ。

IMG_9999.jpg

出場者たちはテレビのクイズ番組が一巡してしまった後からの人なので、出場経歴は名のあるクイズ番組はほとんどなく、その点からも一般受けしない。

優勝したのは奥畑薫女史で、これまで何回かいわゆるクイズ王戦に出場してきた、クイズマニアだった。

これが民放なら宮崎美子やロザン宇治原を入れて解説させたり、家族を招いてお涙ちょうだい的な演出もあるだろうけれども、いっさいなし。そもそもが競技クイズなのだ。そのかわり、控室の他の出場者たちの「つぶやき」というか「解説」が入る。「ここで押すか〜」。

IMG_0008.jpg

この番組の狙いは、冒頭で司会者に言わせた「クイズブームを起こしていこう」に尽きるだろう。

IMG_9995.jpg

その意味ではQUIZ JAPANはメディアミックスを通じて、着実にクイズブームの再来を狙っていっている。それが好結果につながればよいと思う。

  
| クイズ | 18:25 | comments(0) | - |


大創出版の100円地図帳は秀逸
100円ショップのダイソーで大創出版の「全日本道路地図」と「世界地図」を売っている。もちろん100円(税抜)だ。A4サイズ。

IMG_9982.jpg

全日本道路地図」は80万分の1で、日本全域の道路を網羅。
全日本の道路を網羅した一冊です。サイズも大きく、オールカラーで見やすいため、ちょっと調べものをしたいときなどに重宝します。軽くて薄いので、持ち運びにも便利。高速道路の渋滞状況や交通規制などがわかるテレホンガイド一覧も掲載されているので、より詳しい情報を入手したいときにも役立ちます。

IMG_9983.jpg

世界地図」は世界各地の場所・地形・地名がわかる。
世界各地の場所・地名・地形を一冊にまとめました。サイズも大きく、オールカラーで見やすいため、ちょっとした調べものをしたいときなどに重宝します。地図以外にも各国の首都、面積、人口、通貨単位、国旗などの一覧も掲載され、情報も満載です。勉強に、趣味に、ビジネスにと、一家にひとつは常備しておきたい一冊です。


IMG_9985.jpg

今まさにオリンピックが開催されているから、失礼ながら聞き覚えのない国、どこの位置にあるかよくわからない国を、簡単に調べられる。国旗一覧もある。

IMG_9984.jpg

100円だから2〜3冊買っても懐が痛まず、1冊は旅行の思い出の地を書きこんだり、1冊はリビング、もう1冊は書斎に置くなども気にならない。

特に位置関係、どの地名が西で、どの地名が南かなどを調べるのに便利だ。

IMG_9986.jpg

地図を見ながら旅程を立てるのに便利なのが地図用のマップマーカーだ。本来はこういう多色刷りの地図ではなく25000分の1地形図のような、白い紙に印刷された地図用なのだが、マークして数時間で消えてしまうという最大の特徴がある。
だから、地図を何度でも使える。

IMG_9987.jpg

ダイソーの欠点は、商品を長続きさせないで、あるロットで製造を打ち切ってしまうことだ。かつては分県地図を100円で売っていたが、いまはなくてこの地図帳だ。あるいは漫画も1,2巻出して続編を出さない。たかが100円と侮っているのは自分たち自身ではないのか。ファンがいるのだから、ロングセラーにしてほしい。

  
| 読書 | 20:02 | comments(0) | - |


御茶ノ水のランチ:田幸 居酒屋・和食
15,16日のお盆はランチ休業だった田幸。いくらなんでも今日はやっているだろうし、金曜日はハンバーグだろうからと、早めに行ってみたらやっていたしハンバーグだった。

IMG_9970.jpg

まだ席は空いており、すぐに座れた。
ハンバーグしかメニューを確認していなかったけれど、チキン南蛮もつくらしい。

IMG_9973.jpg

ハンバーグはおろしポン酢ハンバーグ。煮込みハンバーグやトマト煮込みハンバーグが多い中で、今回も煮込みハンバーグだが普通のです。

IMG_9972.jpg

チキン南蛮は揚げたてをおばさんが包丁でザックザックと3つに切る。最初のほうが細くて、残りは幅がある。それにタルタルソースをかけてネギを散らす。ん〜、タルタルはもうちょっと多めのほうが良かったな。

IMG_9971.jpg

久しぶりだが味は文句なし。それに、ナムルと玉子焼きまでついている。あれもこれもと、ここまで盛らなくても良いと思うほど。

ちなみに味噌汁も日替わりで、今日はなめこと豆腐の味噌汁。赤だし合わせ味噌でもちろんおいしい。

IMG_9974.jpg

それに漬物も秀逸だ。いい味出している。

こうして久しぶりの田幸だったが、やっぱりおいしかったです。
ちなみに、ものすごい処理速度で仕事を並行して5つこなしています。
さすがに夕方はどっと疲れて、早く寝たかった。

| グルメ | 20:47 | comments(0) | - |


東京入管横浜支局がムスリムに豚肉食わせる
私の最近のミッションはムスリム旅行者の受け入れ環境整備で、首都圏については「任せてもらっている」。
けれども、NHKニュースによると、東京入国管理局横浜支局が、パキスタン人のムスリムの収容者に豚肉のハムを出していた。

IMG_9957.jpg

いうまでもなく、ムスリムは豚肉を忌避して食べない。豚由来のラードや、豚の毛を使ったブラシも使わない。

IMG_9958.jpg

理由は「コーランにダメって書いてあるから」。
豚は雑食だし、肉には菌があり、牛肉や鶏肉が時に生でも食べられるのに対し、豚肉はよく焼いて食べろと、日本でも言われている。

IMG_9959.jpg

入管は「遺憾に思う。原因を早急に調べたい」と言うが、ようは職員がバカでムスリム対応ができていないからである。おそらくは何も考えずに普通に仕出し弁当を注文してしまい、弁当屋もムスリムが食べるとはわからず普通に豚肉素材を詰めてしまったのだろう。
最近は、ハラール弁当という、ムスリムに許された食材や調理方法で作る弁当もある。そこまでは厳しくても、少なくとも豚肉抜きの食事は作れるだろう。

入管に収容される人物には当然ムスリムもいる。おそらくはムスリムは豚肉を食べない、1日5回の礼拝をすることくらい、最低限の知識として知っていただろうから、「うっかり」なのかもしれないが、遺憾である。

これがNHKニュースになったのは人権団体が騒いだのだろうけれど、イデオロギー抜きで、ムスリム旅行者のおもてなしの基本として、知っていてほしい。

IMG_9960.jpg

入管にセミナーしてやるか。

  
Check
| ニュース | 22:55 | comments(0) | - |


| 1/773PAGES | >>