CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
母校の上北沢自動車教習所が閉校していた
私が自動車の運転免許を取得したのは昭和49年、1974年のことだった。大学生の時である。
当時は自動車ブーム真っ盛りで、デートカーという言葉もあった。デートに最適なかっこいい、女の子が乗りたくなる自動車という意味である。自動車やましてや運転免許を持っていない男は疎まれ蔑まされた。女の子の靴の擦り切れ具合を見れば、カレシが車を持っているかいないかがわかるとも言われていた。
つまり、当時の男にとって自動車運転免許は必須アイテムだった。

私は父が建築工学科に行かせていたので「(建築工事)現場に行くには車が必要だ」と、デートとは違う理由で運転免許を取りにいかされた。それが上北沢自動車教習所だった。
ところが、今回調べてみると7月末に閉校していた。

DSC02841.jpg

おそらくは新型コロナウィルスの影響ではないか。もともと子供の数が減り、さらに若者の車離れで運転免許を取る人が減っていた背景はあるだろう。コロナ自粛で休校で、新規の入校を止めていたなかでの閉校だったらしい。
教習途中の人はどうしたのだろう。

DSC02839.jpg

今日、教習所に行くと車もバイクもなく、広々としていた。

DSC02836.jpg

地方の教習所が閉校になるのはよくある。ローカル線の車窓から草ぼうぼうの教習所を見たのは一度や二度でない。

DSC02850.jpg

今回、自分の母校を調べたのは、フェイスブック友達のおねいさんが、37歳にして普通自動車運転免許を、それもマニュアルで取得した書き込みを読んだからだ。彼女の家には車がなく、東京だからなくても困らずそのまま無意識に過ごしてきたのだが、仕事がら必要性を感じて一念発起、合宿で免許を取得したそうだ。エライ。

DSC02854.jpg

私はもう30年以上、マニュアル車は運転していないのではないか。たまには運転してみようか、レンタカーで一日乗るのはしんどいが教習所でコースを借りて1時間ほど乗ってみようかとホームページを見たら、閉校していたのだ。

DSC02855.jpg

彼女の奮闘記を読んで、自分の時のことが思い出された。当時はまだ免許を取る若者が多かったので、教習員は横柄そのもの。先輩の中には教習員とケンカして途中で辞めてしまった者や、逆にビール券をあげてちゃっかり合格した者までさまざまだった。
この教習所は駅から20分以上歩くので駅前から送迎バスが出ていた。あるとき送迎バスがタッチの差で出てしまい、急いで家に戻って自転車で行って間に合ったこともあった。

DSC02858.jpg

私は学科は問題ないのだが、実技がダメで規定の6カ月を過ぎようとしていた。
友達も同様で「あれはわざと遅らせて金をとっているんじゃないか。教習カードの欄外に記号が書かれているけど、あれでそういう人間だとわかるような暗号じゃないか」といぶかしがった。
時限ごとの終了印を押す用紙は追加されるほどだった。

DSC02862.jpg

真偽は定かでないが、とにかく年が明けてようやく普通自動車運転免許を取得した。
以後、40年以上にわたり無事故無違反とは言えないが、大きな事故もなく、日本全国はもとより海外でも快適なドライブを楽しんだ。
この教習所は息子も習い、息子の時はすでにオートマ限定もあったしうちの車は当然ATだったけれども、あえてマニュアルで取得させた。安易に楽なほうに流れるのではない、という信念だ。
息子もカナダやアメリカで上手に運転してくれた。
私は50歳を過ぎて2007年に普通自動二輪免許、バイクの免許を取得したけれども、それは勤務先近くの日の丸自動車学校である。

DSC02863.jpg

推測するに、あの教習所は50年以上にわたって地域の人たちに安全運転を教えてきたのではないか。
どうもありがとう。ご苦労様でした。
2017年の記事 事故率0%

私はそろそろ運転免許を返納したほうがいいですかね。運転免許認知機能検査はどこで受ければいいのだろう。

  
| 日記・つぶやき | 18:08 | comments(0) | - |


梅ヶ丘のランチ:支那蕎麦 世田谷磯野
べちょべちょの雨の中、所用があり梅ヶ丘まで行く。
用事を済ませてから、商店街の果てまで歩くと、支那蕎麦世田谷磯野がある。

DSC02824.jpg

並んでいるときもあるようだが、今日は店の前に人はいなかった。メニューをチラ見する。
あっさりとこってりがあるようだ。あっさりにしておこう。

DSC02825.jpg

店内に入ると、L字カウンターは空席があったけれども、券売機の脇の待合の椅子に座っている人がいたので聞くと、店主の指示らしい。

DSC02827.jpg

先に券売機で「醤油支那そば800円」を購入して待つ。

DSC02826.jpg

先客が呼ばれ、しばらく待つと客が出ていき、私が呼ばれた。
コロナの密を避けるためにこうしているのだと思うが、オヤジ一人で切り盛りしているので、キャパシティの問題もあるのかもしれない。

カウンターの席の前には原料の能書きがあるので、読んで待つ。

DSC02829.jpg

他には、水と調味料類。

DSC02830.jpg

さほど待たずしてラーメン着丼。

DSC02831.jpg

実にきれいなラーメンだ。スープはチキンベースで、チャーシューはチキンではないか。

DSC02832.jpg

味は濃くなく薄くなく、さっぱり感もあって複雑な味が舌に残る。
麺はプチプチと切れる、やや細めの麺。

DSC02833.jpg

スープはきれいに澄んでおり、醤油も特製らしい。

とてもおいしい上品なラーメンで気に入った。
鶏白湯スープもあるし、ビールのつまみ類もあり、夜もやっている。


| グルメ | 20:20 | comments(0) | - |


Wi-Fi中継器を買う 無線LANでビデオのお部屋ジャンプリンクが使えない
我が家のインターネット回線(光ファイバー)は2階に入っているので、ルーターや無線LAN親機は2階にある。しかし書斎を一階に移動したので、メインのパソコンには30mのケーブルで有線LANにした。
テレビやビデオは、二階は有線LANでつないでいたが、一階では無線LANでつないでいる。

ところが、一階に設置したビデオの「お部屋ジャンプリンク」が使えなくなった。この機能はパナソニックの対応機種で、別の部屋でビデオに録画した番組が視聴できる機能。結構便利でよく使っていた。

これは無線LANの電波が弱いからだろうと、Wi-Fi中継器を買った。
BUFFALO WiFi 無線LAN中継機 WEX-1166DHPSである。

DSC02790.jpg

ノジマ電気のリアル店舗よりAmazonのほうが1000円安かった。

この機械はコンセントに差し込んで据え置きの状態で使う。有線LANの穴も開いている。

DSC02792.jpg

一度、無線LAN親機の近くで設定作業をする。
コンセントに差し込んで、機械が安定したら、WPSのかんたん設置ボタンを押す。
ちなみにこのコンセントには電話のモジュラージャックの穴が付いている。家を建てた30年前は電話回線でインターネットというかパソコン通信にピーギャーというモデムでつなげていたので、最先端で各部屋にモジュラージャックを付けた。今は全く使っていない。

DSC02794.jpg

無線LAN親機は左側の立っている機械。右の二つは<ガラポンTV>という、4か月分のテレビ番組を録画している機械だ。

DSC02795.jpg

Wi-Fi親機のうしろにあるWPSボタンを押すと、自動設定してくれる。

DSC02796.jpg

互いに連携できたら、Wi-Fi親機と使いたい機器の中間位置のコンセントに中継器を差し込めばよい。

DSC02801.jpg

あくまで中継器なので、機器側のWi-Fi設定は替えなくてよい。あたかも二階のWi-Fi親機がそこにあるようにふるまう。ただし、固有のSSIDやパスワードも持っている。これについては確かに電波を拾っているが、この設定はしなかった。
コンセントはたいてい2口あり、下につけても上のコンセントが使える設計になっている。

DSC02802.jpg

この中継器のおかげで電波状態が改善された。

DSC02804.jpg

スマホの設定アプリで調べても、電波状態は良好だ。

DSC02805.jpg

だが、肝心のビデオは無線LANだとお部屋ジャンプリンクが出来なかった。YOUTUBEにはつながるので、インターネットそのものには反応しているわけだ。
そこで有線LANでつないでみたら、お部屋ジャンプリンクが使えるようになった。

DSC02806.jpg

念のため、二階のもう一台のDIGAの有線LANケーブルを外して無線LANにしてみると、同じくお部屋ジャンプリンクが使えず、YOUTUBEなどのインターネットにはつながっていた。

つまり、うちの無線LANはDIGAのお部屋ジャンプリンクには使えないということだ。これは想定外。何らかの設定がお部屋ジャンプリンクを阻んでいるのはわかったが、それが何でどう設定を変更すればいいのかわからない。

中継器はスマホなどを含めて電波が強いほうがいいので、これは買ってよかったと思っている。

-------------

散々調べて、いろいろ教えていただき、無線LAN親機の背面の動作切り替えスイッチを切り替えなければならないことが分かった。

DSC02834.jpg

一番右の<ルーター>になっていたのだが、これでは「二重ルーター」になるらしく、一番左の<アクセスポイント>に替えたら、お部屋ジャンプリンクが反応するようになった。
これで30mのLANケーブルを買い増ししないで済んだ。ありがとうございます。

  
| 家電・AV | 18:30 | comments(0) | - |


マイバスヨーロッパ フランクフルトのバーチャルツアーに参加
新型コロナウィルスの全世界的蔓延で、旅行業は大打撃を受けている。
しかし時代はデジタルで、オンラインツアーという新しい旅行形態が生まれた。
コロナで仕事がなくなった現地ガイドさんたちが、海外現地の様子をオンラインのライブ配信で紹介するツアーだ。お客様はZOOMなどのオンライン会議システムで配信された現地の映像とレポートを、家庭のパソコンやスマホでその様子を眺める。
テレビ中継と違うのは、こちらが質問できること。
現地ガイド
現地カメラマン
コーディネーター
(どこにいてもいい)
の三人のスタッフででき、視聴者のチャットで寄せられた質問はコーディネーターが話を振る。

JTBのヨーロッパのランドオペレーター<マイバス・ヨーロッパ>は、平常時なら現地発着の日本語バスツアーを催行しているが、フランスやイタリアは再び外出禁止になるほどの事態で、ヨーロッパ旅行がいつできるのか、まったく定かでない。
そこで「おうちでヨーロッパ」というバーチャルツアーを始めたので、初回無料とのことで参加してみた。

行先はドイツのフランクフルトだ。
かつてはJTBの支店があったけど、まだあるのかな。

DSC02750.jpg

フランクフルト市庁舎の前からの中継だ。

DSC02749.jpg

現地ガイドの緒形さんは、フェイスシールドをしている。マスク着用が義務付けられているらしいが、後ろを歩く人を見る限り守っているのは半数程度。

DSC02755.jpg

市庁舎には3旒の旗が掲げられているが、「どこの旗ですか」という質問に、EU、ドイツ、フランクフルト市と答えが返ってくる。普通にバスツアーをしていて、バスの客からの質問にガイドさんが答えるノリだ。

ZOOMの機能でクイズも出せる。

DSC02761.jpg

市庁舎のバルコニーに立った日本人は?という問題。四択で、
明仁上皇(天皇在位中)、福沢諭吉、長谷部誠、サンドウィッチマン
正解は、明仁上皇と長谷部選手。正解が複数あるクイズが出題できる。

お店の中にも入って中継。オリジナルマスクを売っています。どこも同じです。

DSC02765.jpg

店の前にビール缶が展示されているけど、これは何?

DSC02767.jpg

缶の中は靴下らしい。お土産にいいですね。

DSC02770.jpg

1時間のフランクフルトツアーだったが、冒頭、デモ隊のおかげで電波が乱れて中断するハプニングがあったけれども、いっそうライブ感が出た。

最後はマイバスヨーロッパの宣伝。

DSC02771.jpg

5ユーロ程度でオンラインバーチャルツアーができるそうです。

DSC02774.jpg

さらに、個人的に「行きたいところ」を案内するプライベートツアーも。

DSC02775.jpg

これは私が「代理旅行」として企画を考えたもの。現実にあるのか。

最後はZOOMの機能で、総合的なアンケートがありました。

DSC02776.jpg

初めてのバーチャルツアーだったが、いつも会議でZOOMは使っているけれど楽しめた。
ポイントは、
画質をよくする
お客様が楽しめるように、リアルな旅行とは違った下調べや構成を考える
クイズやアンケートを適宜利用する
チャットの質問を有効に受け付ける(コーディネーターがさばく)
そして、練習が必要。


屋外からのライブ配信機材は、スマホで撮影して中継するのがもっとも楽だが、画質がよくない。
家庭用でいいのでビデオカメラをHDMIでノートパソコンにつないで、SIMカードを入れて中継するのがいいと思う。屋外からのライブ配信は研究してみたいと思います。

  
| 旅行・鉄道 | 21:17 | comments(0) | - |


ソーラー電波時計が止まるとき
最近は腕時計をしない人が増えたらしい。たいていはスマホの時計機能を使って時刻を知る。そのためしょっちゅうスマホを出したりしまったりしていてせわしない。

私は昔の人間なので、中学校に入学した時に父に記念で買ってもらったセイコーの自動巻きの腕時計を今も保存している。自動巻きとは腕を動かすと時計内部の振り子が動いてネジを巻く仕組みだった。だから電池は不要だ。精度は今のデジタルとは比べ物にならないが、いまだに動くというのがすごい。
しかもベルトにはめるカレンダーを付けたままだ。35年前にCMを担当していた東京トヨペットからもらったものだ。



デジタル式の腕時計が出た時はすぐに買った。それも世界時計のような付加価値のある時計だった。しかしマレー半島横断の旅で寝台車に置き忘れてしまった。その後もいくつも買ったが、カシオのGショックっぽいプロトレックは愛用していた。
あるとき、出してみたら画面が消えている。ソーラー電波時計なのでしばらく太陽光にあてれば復活すると思っていたが、まったく復活しない。ヨドバシカメラに修理に持っていったら、内部に記録用の電池があって、それがヘタってしまったとのこと。それではソーラーの意味がないじゃないか。



捨てるに忍びなく保存しており、新しい機種に買い替えた。7万円した。

もう一つ、フォーマル用と称してアナログ式のソーラー電波時計を持っている。これもカシオ製だ。
コロナでまったく外出する機会がなく、あってもフォーマルな機会はなく、そのまま籠の中に放置して3カ月ぶりくらいに取り出したら止まっていた。たぶん、ソーラー部分が裏返しになっていたのだろう。

DSC02027.jpg

0時0分を指しているのは律儀だ。最後の電池が亡くなる直前に0時0分へくるりと針が動いて止まるのだろう。
これも捨てるに忍びないので、ヨドバシカメラに持っていった。
修理をするとなると1万円近くするらしい。確か1万円ちょっとの腕時計だった。
しかし受付のおねいさんは「1週間くらい太陽光に当てると復活することがあります」と、呪文を唱えてくれた。

それで二階の日当たりのよい部屋に置いていたら、なんと復活した!

DSC02184.jpg

一度動いても油断したら駄目で、充分に充電できるよう1週間くらい置くのだそうだ。
これで買い替えずに済んだ。
このご時世に腕時計を買い替えるのはどうにもばからしい。買っても5000円しない腕時計があるから、いい年こいてそんな腕時計をはめるしかない。

最近はスマホとBluetoothで連動させるスマートウォッチが流行っているらしい。これまではiPhoneと連動するアップルウォッチ(商標が取られていたのかiWatchと言わない)が一強だったが、中国製の安物やソニー製のものも出てきた。時刻のほかにSuicaなどの電子決済やメールの着信、歩数計などになるらしい。
一瞬欲しいと思ったが、そんなに使わないと思うので買っていない。

これは時計ではないが、庭の照明にソーラー電池式の安物を買った。暗くなると明かりが灯る。まずは日当たりのいいベランダで太陽光にさらして充電し、庭に差したら16時54分に灯った。庭は日当たりが悪いので、明日から太陽光を蓄電するか、心配だ。

DSC02743.jpg

  

| 日記・つぶやき | 18:24 | comments(0) | - |


本の補修用ブックテープ
本や地図が破れたらたいていの場合セロハンテープで貼り付けて補修する。
しかし司書の先生に言わせると、セロテープを使うのはもっとも忌み嫌われており、決してしてはいけないことだそうだ。

それはセロテープがすぐに劣化するから。

DSC01916.jpg

これはよしだたくろうのアルバム青春の詩のライナーノーツである。何度も何度も何度も読んで、観ながらギターを弾いていたのでいつの間にかボロボロで、綴じているのが取れてしまいセロテープで補修した。
しかし、セロテープがパリパリになってはがれただけでなく茶色くシミがついてしまった。

またセロテープで貼っても何年後かには同じくパリパリになる。
そこで図書専用の補修テープがあるのを知っていたのでAmazonで調べたら何種類も出ていた。

そのうちの絵本補修テープが安かったので求めた。

DSC01917.jpg

見た目は幅広のセロテープだ。使い方も同じ。

DSC01918.jpg

ただしこの作業をするには腕(手)が4本あったらやりやすいと気付いた。
つまり、本をしっかり押さえる2本の手と、テープを貼る2本の手だ。
しかし私は2本しか手がないので、足も使ってなんとか貼ってみた。

DSC01919.jpg

茶色いシミの上から透明のテープを貼る。手が2本しかないのでちょっとずれた。
しかし綴じ代部分の折られるところも何とか貼れた。

DSC01920.jpg

もう一冊は本だ。ちなみに「クイズ入門」。それなりの厚さがあるが落としてつかんでつかみどころが悪く、真っ二つに割れてしまった。

DSC01921.jpg

紙が複雑にちぎれているので、これを上手に張り合わさなければならない。

DSC01922.jpg

とりあえず思い切って分解してみる。

DSC01923.jpg

スティック糊も利用して、敗れたところをくっつける。

DSC01926.jpg

幅広のテープのため、扱いやすいがシワシワにならないように気を付ける。

DSC01924.jpg

二本の手で貼っていく。

DSC01925.jpg

やはりちょっとずれてしまった。手は4本あるといい。

DSC01927.jpg

なんとか収まりました。

DSC01928.jpg

特に大事な本は表紙回り全体を覆うカバーフィルムを最初から貼り付けておくといい。

この絵本テープは使ったばかりだが、数年後にどうなっているのか確認できていない。
生きていたら確認します。

  
| 日記・つぶやき | 18:55 | comments(0) | - |


汝の敵、日本を知れ KNOW YOUR ENEMY-JAPANをNetflixで観る
8Kテレビにネットフリックスの設定をした。

DSC02724.jpg

リモコンにNetflixのボタンがあり、一押しでネトフリが見られる。
たいていの人は鬼滅の刃とか愛の不時着を観るのだろうが、私は検索して「汝の敵、日本を知れ KNOW YOUR ENEMY-JAPAN」があったので、これを観た。

DSC02673.jpg

この映画は1945年8月にアメリカで公開された反日感情を植え付け、戦争遂行を正当化するためにアメリカが作ったプロパガンダ映画である。これまで断片的に情報バラエティなどで見たことがあるが、全体を通してみたのは初めてだ。
YOUTUBEでも見られる。約1時間。



いかに日本人が野蛮で残酷でバカで狂信的なのかを、いくつもの事例を挙げて説明し、アメリカ国民に知らしめる映画だ。

DSC02678.jpg

狂信の象徴はヒロヒト。そして八紘一宇の掛け声で、世界征服を企んでいる人種と説く。

DSC02679.jpg

八紘一宇は日本書紀にある表現だが、軍部はこれを世界を日本が統一するという意味で国民に教え込んだ。
その日本はいくつもの民族の集まりだ。アイヌ、モンゴリアン、満州族、マレー人。

DSC02683.jpg

そして日本の歴史を神武天皇から説明する。江戸時代のサムライ、ハラキリの精神が日本兵に息づいている。日本の時代劇映画をパクッてうまく作っている。

DSC02684.jpg

1549年、日本に新しい文化がやってきた。それがキリスト教だ。しかし武士はキリスト教の教義を武家制度に反するものとし、戦中の日本も平和や隣人愛を説くキリスト教を邪教とした。

DSC02685.jpg

そして200年に渡る鎖国。この間に世界の文明は驚くべき進歩を遂げて、日本は出遅れた。

DSC02686.jpg

だが日本は遅れた農業国。

DSC02692.jpg

人と同じことをする教育を受けており、創造性や独自性はない。

DSC02701.jpg

日本には危険思想が多くあり、田中義一の田中覚書は八紘一宇の掛け声のもと、まずはアジアから手に入れて、オセアニア、ロシア、アメリカを掌中に収めれば、アフリカやヨーロッパはおのずと従うという。

DSC02727.jpg

※のちの研究で田中上奏文は偽書で中国語で4万字、日本語の原書は見つかっていない。

黒龍会という殺人会社があり、リーダーは頭山満(とおやま・みつる)だ。

DSC02699.jpg

※黒龍会は国粋主義団体。大アジア主義を掲げた。頭山は右翼の巨頭だが共産主義者とも交流があり、かなりの人物だったようだ。

だがアメリカはこんな日本をどんどんやっつけている。
フィリピンや硫黄島だって手に入れた。

DSC02707.jpg

勝利は目前だ!。

というような内容である。
もっとも公開した時にはすでにアメリカが勝利していた。

この種の映画や番組はよくあることであるが、さすがのアメリカだと思った。人心を掌握し、ある方向の考えを植え付けるのは映画やテレビがインターネットの時代であってもとても効果があるからだ。いわゆる印象操作もその一つ。
間違っていることもあるが、昔の時代劇のフィルムなども活用して日本の歴史やそこから生まれた日本人の精神構造をわかりやすく恐怖心を抱かせながら植え付けている。

一方の日本も鬼畜米英のスローガンでアメリカ人イギリス人の残虐性や愚かさを鬼畜という言葉で表した。だがアメリカ人やイギリス人について歴史や文学、宗教などの観点を含めて国民に解いてはいない。それどころか、英語は敵性語として教育は禁じられ、言葉を使うことも憚られた。レコードは種板、野球のセーフはよし、アウトはダメと言い返させられた。
アメリカは逆に日系人を中心に日本語教育に力を入れた。おそらく当時は英語が喋れる日本人は日本語がしゃべれるアメリカ人よりもはるかに多かっただろうが。

日本語教育によって捕虜の尋問や暗号解読に役立ち、勝利への近道となった。

つまりはマーケティングでいうところの「3C分析」のうちの「競合分析」である。
※1. Customer(市場・顧客) 2. Competitor(競合) 3. Company(自社)の3つを分析して、自社の強みを活かして競合を上回る市場に受入らえる製品を提供する。

それを日本は、自社の力を過信し、劣勢になるとそれをごまかし目をそらせ、競合を侮ってばかりいた。
マーケティングの概念はむしろ戦争の戦術戦略から生まれたものが多いから、マーケティングが後からついてきたわけだが、マーケティングで物事を考えれば、だいたいが正解を得られる。

※例としてランチェスター戦略。兵隊や戦闘機や戦車などの兵力数と武器の性能が戦闘力を決定づける。そのため企業は営業マンを増やしたりデジタル化を急ぐ。

「汝の敵、日本を知れ」は反日感情を植え付ける素材で、日本人からすればいかがなものかと思う反面、よく研究してアメリカ人を扇動するにはよくできていた。
それと同じようなことを、中国や韓国がおこなっており、日本にも日教組や一部の野党が、日本人に対して反日をあおっているのを忘れてならない。

  
| 映画・テレビ | 20:19 | comments(0) | - |


| 1/1129PAGES | >>