CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
3週連続でセミナー講師をする
セミナー講師を時々やらせていただいているが、今回は3週間連続でセミナーがあった。

SNSをやりたがる人、活用したがる人はますます増えているようで、まず初回はフェイスブックについて。

IMG_7330.jpg

フェイスブックの仕様は毎回変わっており、レジメはそのつど修正し、補っている。初心者に一番難しいのはアカウントを取得すること、そして友達申請をすることではないかと思う。

二週目はブログとインスタグラムについて。

IMG_7397.jpg

ブログは「テーマを決めよう」「読者のためになることを書こう」などと言っているが、このブログを見てごらんの通り、支離滅裂であり、「とは言うものの、気楽に考えてください」と、継続こそ力であることを訴えている。
インスタグラムは急速に人気が高まって、今回はじめての講座だったのでこちらも軽く流す程度だったが、いずれ、スマホによる写真の撮り方講習などもしてみたい。

そして今日は場所を移してSNSのみならず、広告全般について。

IMG_7529.jpg

超久しぶりに「テレビ広告とは」「新聞広告の特徴」「ラジオ広告の手順について」「Google広告の流れ」「LINE@について」「SEO対策について」などを話した。昔なつかしの東京トヨペッ〜〜トのラジオ広告も聞いていただいた。

最近はインバウンドばかりで広告からちょっと離れていたけれども、やはり最後は立て板に水で、まだ衰えていないなと思った。
「今日15日は年金支給日だからそれなりの広告コピーがあるはず」「12月のお金の要る時期も、それなりのコピーがあるはず」と、その場で思いついて話すんだけれど、

「SEO対策の業者からよく電話がかかってくるんですが、どんな業者がいいですか?」と質問をいただき、
「無料でやりますので、成果が上がったときだけお金を払ってくれという業者がいますが、その業者はたぶん何もしないんですよ。たまたまあがったら成果があったからとお金をもらう」「やはり実績を示せる業者がいいですね。それもあいまいなものでなくて、自分でもキーワードを入れて検索して試してみる。」
HTMLのソースを見てみるのも、一手法だけれど、SEOがわかっていなければそれはムリだろう。

と、かなり高度な内容だったけど、お分かりいただけたでしょうか。とにかくインターネット広告は自分でできるので、試してください。
どうもありがとうございました。

これで今年の仕事はすべて終わった。
着る服もないので、これでヨシとしよう。
| 日記・つぶやき | 22:58 | comments(0) | - |


東京観光情報センターと全国観光PRコーナー
新宿西口、都庁方面に所用あり。
久しぶりに都庁第一本庁舎1階の「東京観光情報センター」に行ってみた。
東京都のやっている観光情報センターは5箇所あり、都庁のほか、バスタ新宿、京成上野駅、羽田空港、立川にある。

IMG_7475.jpg

かつては私が作ったパンフレットも置かれていた。東京の区部、市部、島嶼部を含めて、東京の観光情報が一堂に集まっており、多数のパンフレットのほか、動画などでのPRもおこなわれている。
都庁展望台入り口の脇にあるので、大部分は外国人観光客が利用しており、まさに東京のインバウンドの要、エリアプロデュースになっている。
当然ながら多言語での案内が可能で、おねいさま、おばさまが外国人観光客のお相手をしていた。

入り口をはさんで反対側にあるのが、全国観光PRコーナーだ。

IMG_7476.jpg

こちらは北海道から沖縄県まで47都道府県の観光PRセンターでパンフレット類が主体だ。ここでいきなり長崎県の対馬についての観光情報が得られるのだろうか。壱岐のパンフレットはあったけれど、対馬はなかった。5月に行く予定が、壱岐で果てた苦い記憶があり、あれはなかったことにしたい。あのときから自分の人生観が変わってしまってなかなか元に戻れず、胸が痛んでいる。

ところが午前中、壱岐から電話があって「近々おいでになりますか?」と聞かれたけれども、博多ならともかく、壱岐までは行く機会がなくて、おそらく一生ないと思って、申し訳なかった。壱岐のパンフレットをいただいてきた。
この「実りの島、壱岐」のパンフレットのデキがすごくいい。

IMG_7477.jpg

全世界数千冊の観光パンフレットを見てきた私が言うのだから間違いない。行かなくてはわからない魅力が伝わってくる。壱岐に行きたくなった。

IMG_7478.jpg

東京には各県のアンテナショップや観光情報センターがあるので、とても便利だからちょくちょく利用したい。
運営している人はたいへんだろうが、がんばってくださいとしか言いようがありません。

| 日記・つぶやき | 18:42 | comments(0) | - |


血圧測定をやめることにする
8月も終わりです。
夏休みは、最近は短くなっている学校もあるらしいけど、私が小学校のころの東京は8月31日までが夏休みだった。7月末なんて、夏休みは無限にあるのでは?と勘違いしていたが、本当に勘違いで学年を減るごとに夏休みはすぐに終わってしまった。

さて、5月中旬から家庭用の血圧計で朝晩の、起床直後・就寝直前の血圧を測り、医者からもらった血圧手帳や、スマホの血圧管理アプリに入力をしていたが、このところ安定していて、測定してもその数値をメモるのを忘れてしまうことが何回かあった。測定を忘れることはあっても、測定したらすぐそばに血圧手帳があるのだから、記録を忘れるのは血圧測定どころではない、別の病気を心配したほうがいいのではないか。

IMG_6313.jpg

なにか、「しなければならない」ことをたくさん持つのは、いい面と悪い面とがあると思う。3ヵ月半測定してきて、多少の乱高下はあったにしても、その結果には大きな問題がない気がする。むしろ、メモを忘れて落ち込むくらいなら、最初から測定しなければいい、と思うようになった。

上が100を下回ったり、酒を飲むと下がったり(血管が拡張するから)があっても、胸苦しかったり心臓がバクバクしたりもないのだから、とりあえずは測定を勝手にやめることにした。

医者に血圧を測ってもらうと緊張して高い数値が出る人が多いらしい。実は私も医者に測ってもらうと高い数値が出て、それで医者に家での測定を勧められたのだが、とりあえず大丈夫です。

ちなみに、風呂に入る前に体重計(体組織計)で体重や体脂肪も測定して、これもスマホの管理アプリに入力している。風呂場にスマホを持っていくダンナもいるらしいが、これは妻にメールやLINEなどを見られたくない後ろめたさがある人で、それはない私は体重を記録するためにスマホを脱衣所まで持っていっているのだが、これはほとんど忘れないし、忘れても取りにもどればいいだけのことだ。

血圧測定は気が向いたらするかもしれないが、メモはしばらくしないでおこうと思う。

  
| 日記・つぶやき | 22:07 | comments(0) | - |


最後の鍼灸院通院
この数年お世話になっていた鍼灸院がたいへん惜しまれつつ9月中旬に閉院することになり、最後の通院に行ってきた。前を通ることはもう1回くらいあると思うが。

IMG_6294.jpg

2012年の夏、マウスを多用するパソコン作業をして右腕を痛めてしまい、右腕の機能マヒに陥ったとき、まめぞうさんに紹介されて行って以来の鍼灸院だ。

その後快方に向かい、しかしもともと肩がこったり腰が痛くなったりの体質のため、ことあるごとに通っては施術してもらっていた。
バイクで行ったこともある。電柱と建物の間にうまい具合にバイクが止められた。冬は駅からの道が寒くて難儀した。時間が合えばバスならばバス停からのほうが近かった。駐車場が満車でグルグル回りを回ったことや、仕事帰りで遅くまで待っていただいたこともあった。

2016年の11月は中国出張で重いパンフレットを運んで腰痛になり、広州からのANAで車椅子で帰り、もしかして一生車椅子かと思ったけれども、何度か通って事なきを得た。

IMG_2920.jpg

今回もマウス多用の右腕の痛みと、最近よく足が攣るようになって特に左足が痛んだり痺れたりするので、それを口実に行ってきた。

IMG_6295.jpg

鍼とお灸をしてもらった。



ゴッドハンドであるのみならず、先生との会話が楽しくてそれで行っていたのも事実だ。先生の旅行は主に登山だったが、私の鉄道旅行・海外出張のハナシとうまく絡めて、施術中にとりとめもない話をしていた。
このところ、急速に旅行熱が冷めてしまっていろんなやる気が失せているけれども、勇気も貰っていた。

だから今日は気分が少し晴れやかになった。

先生はこの仕事が好きで、この場所がご本人の生きる糧でもあったとのことで、それならば、という気がするけれども、当面は遠く離れた場所で、違うことにチャレンジするそうだ。

どこにいても互いに元気に過ごせるように祈るや切。またどこかでお会いできるでしょう。
どうもありがとうございました。

| 日記・つぶやき | 21:54 | comments(0) | - |


靖国神社に参拝する
今日は平成最後の終戦記念日である。
1945年(昭和20年)8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、敗戦を決めた。多くの犠牲が出た。なにも得るものはなかった、というか、無駄なことをしたという反省を得たのだと思う。

靖国神社にはこの戦争を含め、幕末以降の戦争で亡くなった軍人・軍属などをを祀っている。

IMG_6141.jpg

しかしながらやはり最後の戦争である第二次世界大戦で亡くなった人々への思いが鮮烈である。幸いにも祖父や父、身近な親戚で祀られている人はなく、特定の人を思っての参拝ではない。

IMG_6132.jpg

三時過ぎに行ったらまさに逆光で、暑く、それでも大勢の人が参列していた。それも朝日新聞がプロパガンダで取り上げるような「いかにも」の人はなく、まったく初詣の人々と同じ様相だ。

IMG_6134.jpg

20分以上並んで、ようやく参拝の順番が回ってきた。

IMG_6136.jpg

もう二度と戦争はしません。戦争はこれが最後です。紛争の解決方法ではありません。
と祈った。

IMG_6140.jpg

昭和は遠くなりにけり」
という言葉がある。もともとは、
「降る雪や 明治は遠く なりにけり」という中村草田男の俳句である。
昭和6年、1931年の作で、明治が終わって20年後の雪の日に、かつて通っていた小学校の脇を通って、在校生たちの姿を見ての句だという。

「セミしぐれ、昭和は遠く なりにけり」

| 日記・つぶやき | 18:18 | comments(0) | - |


今日は誕生日。64歳になりました。
今日は誕生日で、あちこちからオメコメをいただきました。
ありがとうございます。

なんと64歳になりました。いまどきのフツーの会社は60歳でいったん定年になり、再雇用で65歳までいられるらしいですが、それならあと1年で再雇用定年になるわけで、自分でもそんなに歳をとったのかとしんみりします。

子供たちから高級折りたたみ傘をプレゼントされ、傘をささなければならない雨はキライだけれど、さしてみたい気分です。

IMG_6047.jpg

64歳は特に節目の歳ではないけれども、これまでの4歳、14歳、24歳、34歳、44歳、54歳の写真を並べてみました。

20180806.jpg

馬鹿は死ななきゃ治らないというのは、この写真を見るとよくわかります。



仕事や暮らしの環境は変わりましたが、それでも仕事を続けており、これまでと違う新しい仕事もこなして、ありがたいことです。
それにしても、ひいきの美女たちは結婚したり出産したりで、もうお食事にお誘いするどころではないし、暇になったら一緒に旅行に行こうと思っていた、馬場浩士君も小室周也さんも亡くなってしまったし、生きる楽しみが急速に失われているます。

だからこれからどうしていこうか、本当に迷っています。
そして、若い人たちの訃報も耳にして、自分もどうなるのか不安にかられてます。

誕生日が楽しいと思うのは若い証拠なのでしょうか。

| 日記・つぶやき | 18:05 | comments(0) | - |


1か月ぶりの丸1日お出かけ
7月以来、ダラダラと過ごしていたが、今日は酷暑の中、朝から夕方までお出かけしてしまった。
某社の会議の記録掛である。数年ぶりに業界用語や固有名詞を聞いて懐かしかった。

DSC_8428.jpg

幸いにも会議室の中は冷房が利いていたので事なきを得たが、靴を履いたり(いつもはサンダル)、ズボンをはいたり(いつもは短パン)、ブレザーを羽織ったり(いつもはTシャツ1枚)、行って帰っただけで疲労してしまった。帰りの電車も暑かった。強冷房車が欲しい。

ついこの間までスーツを着て満員電車に乗って朝から晩まで出かけていたなんて信じられない、というかよく耐えていたと思う。
今日は疲れた、本当に疲れた。眠たい。

ただし今回のお仕事はこれは前哨戦で、実はこの後処理がきわめて大変。聞いていた話と違ったし、ありがちだけれど、どうやってやればいいのか、考えないと。

  
| 日記・つぶやき | 20:37 | comments(0) | - |


| 1/111PAGES | >>