CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
さいたま市の浦和駅から埼玉県庁に行ってきた
小さな旅です。このところ埼玉づいています。

JR浦和駅西口から埼玉県庁に行ってきました。

IMG_5664.jpg

行くのはやはり観光課ですね。お世話になります。

IMG_5659.jpg

JR浦和駅は工事中で、西口はフェンスで覆われていました。これはこれで絵になるか。

IMG_5677.jpg

西口には交番があり、いまどき珍しい伝言板がありますが、チョークなどは置いておらず、実際には使えません。
伝言板は携帯電話の普及ですっかり姿を消しましたが、これは固定のためどけられないんですね。伝言板を知らない人も出現したでしょう。

IMG_5679.jpg

豊丸という激安の居酒屋があり、すでに開店していましたが客はまだ入っていませんでした。誰かと一緒ならハッピーアワーでビールを飲んでいたかもしれません。家に帰って家飲みしました。そういえば豊丸ってAV女優にいましたね。彼女を知る人も少なくなったでしょう。

ニュージーランドスタイルカフェの前では女の子がチラシを配っていました。ニュージーランドは行ってみたい国で、どんなカフェなのかな。

IMG_5673.jpg

蔦のからまる文房具屋。営業しています。電卓を売っていましたが。

IMG_5668.jpg

立派な門が前の蕎麦屋。蕎麦を食べてみたい気にもなるが、辞めておきます。
その向かいは蒲焼と看板の出ているレトロな店。さすがに県庁所在地で歴史があるのがわかります。

IMG_5665.jpg

県庁第二庁舎は県警本部で焦りました。しかしよい子はPRコーナーで昔の警官の制服などを懐かしく観ることとしました。

IMG_5662.jpg

埼玉はB級グルメの宝庫でもありますね。すっかり食べるのをご無沙汰していますが、B級グルメを食べたいです。

IMG_5660.jpg

JR浦和駅の東口にはパルコがそびえていました。しかし西口のほうが味がありますね。
埼玉県はSAITAMAプラチナルートと称して県西部の山のほうを観光PRしていますが、県都もなかなか捨てたものではありませんでした。

| 日記・つぶやき | 21:12 | comments(0) | - |


JR東海 会社発足30周年記念「君の名は。」TOICAが届いた
帰宅すると大きめの書類封筒が2通届いていた。
1月に申し込んだJR東海 会社発足30周年記念「君の名は。」TOICAだった。

IMG_5424.jpg

コンビニで申し込んで支払いは現金のみ。そのためApple Payなどが使えず、銀行でお金をおろしてコンビニで支払ったのだ。
それが忘れた今頃に届いたが、たしか発送は4月と書いてあった。

IMG_5413.jpg

封筒が二つなのは「在来線タイプ」と「新幹線タイプ」の2シリーズ計3枚があるからだ。
開けると、プチプチに包んだTOICAが出てきた。

IMG_5425.jpg

プチプチを剥いて、台紙に載せる。台紙には挟み込まれていない。

IMG_5423.jpg

新幹線タイプは、牧瀬理穂のシンデレラ・エクスプレスと「君の名は。」の東京駅のN700A。牧瀬理穂は目をつぶっているポーズで、ヘンな顔だ。
在来線タイプは飛騨古川駅の気動車。

挨拶状には<中央新幹線>についても言及してあった。

IMG_5426.jpg

国鉄がJRになって30年。
JR北海道のようなどうしようもない会社と、JR東海のような儲かってリニアに9兆円の投資を自社でする会社と、30年の生き方は悲喜こもごもだった。

で、このTOICAは使うの? なんだか貧乏になってしまったので、いずれ使ってしまうと思う。お金をチャージすればいいけど、処女でなくなる。
| 日記・つぶやき | 21:48 | comments(0) | - |


東京の桜、散り始め
今年の東京の桜は、3月23日に開花したと思ったら、急に冬に戻ったような寒い日になったり、冷たい雨が降ったり、とても暖かくなったりと、ヘンな天気で散々だった。しかも4月8・9日の土日は雨で花見どころではなく、桜の木を眺めても、これから咲くのか、それとも散り始めたのかわからない状態である。

IMG_5409.jpg

神田明神脇の公園では、まだ花見をしようと思えばできるレベルだ。

IMG_5406.jpg

今日は暖かな日だったので、太陽光線を受けて花びらが輝いていた。

IMG_5407.jpg

なぜか紅葉と桜のコラボレーション。

IMG_5408.jpg

散り始めた花びらだらけの公園で、あんちゃんが写真を撮っていた。

IMG_5405.jpg

今年の桜は不完全燃焼だった。来年の満開を祈るや切。
| 日記・つぶやき | 21:41 | comments(0) | - |


祖父の命日に墓参 余命あと1年の過ごし方
祖父の命日なので、恒例の墓参に行ってきた。
朝からしつこい雨だったが15時に止む予報で、それを待って行ってきた。予報通りだった。

東京はせっかくの土日が雨で、地面はぐちょぐちょ、桜は散ったのかまだ咲かないのか、中途半端な様相だった。

IMG_5331.jpg

祖父が亡くなった年齢は、今の私より1歳多い。祖父も私も8月生まれのため、私が祖父ならあと1年しか生きられないことになる。

つまり、余命1年なのだ。
余命を宣告されている人はたくさんいると思う。もし私がそうならば、残り1年をどう生きればいいのか、生きるのか。

馬場ちゃんはじめ、親しい人が次々と亡くなって、自分の余命や死をいやでも考えてしまう状況だ。

何をして、何を残して、何を捨てるのか。

IMG_5332.jpg

祖父は急死だったから、本人も周囲も何も準備はしていなかった。
死の瞬間は死を認識したのだろうか。
かわいい孫の私のことを考えたのだろうか。
しまったと思ったのだろうか。

祖父は、もし、あと1年しか生きられないと知っていれば何をしただろうか。
孫の私をさらに溺愛したか。おもちゃやお菓子を山のように買い与えたのか。
わからない。どう過ごしたのか推測できない。

1954-019.jpg

そして私だが、仕事は、目標に向けてまい進すること。それはすなわち後継へ道を作ること。
家では、パスワードをメモしておこうか。自分でもわからなくなっているからな。

しかし私の心の中には神様になった馬場ちゃんがいて守ってくれているから、あと10年は生きられると思う。

| 日記・つぶやき | 18:17 | comments(0) | - |


馬場浩士クンの墓参をする
あいにくの雨だが、昨年12月21日に急逝した馬場浩士クンの墓参に行ってきた。

DSC_0980.jpg

まずはご実家に伺い、仏壇ならぬ神檀に挨拶。
なんで死んだんだよぅ。父上の三年祭が終わって、50歳になったばかりで、この4月からは一般社団法人松戸市観光協会の職員に雇用されるはずだったのに。一番のいい時に死んだとは、運が悪いだけでは片づけられないものがある。

DSC_0944.jpg

昨年10月から一緒に取り組んでいた東京や横浜のムスリムガイド、そして馬場君の紹介で作った松戸市の多言語生活ガイドブックを、花と共にささげた。

DSC_0950.jpg

そして母上や妹さんと知られざる馬場ちゃんの話をした。

馬場ちゃん=いい人

誰もがこの公式を信じて疑わなかった。それは学生時代からそうだった。そういう人に育てたお母さんはエライ。

前から気になっていたのがパソコンや彼のSNSだ。ノートパソコンが3台あったが、そのうちの一番新しいOSのwindows8のマウスコンピュータを最後まで使っていただろうとの推察で、開いてみた。

DSC_0955.jpg

当然だがパスワードがかかっている。心当たりの文字列を入力すること数回、ちゃんと開きました。なんで人のパスワードがわかるんだよぅ。
このマウスコンピュータも私が買うように勧めたものだ。

DSC_0958.jpg

すると、3月に開催されるはずだった写真展の企画書が出てきた。

DSC_0960.jpg

「松戸の桜」をテーマに、写真を選んでいた。

DSC_0961.jpg

実際はこのテーマではかなわず、前年に開催した「松戸の四季」の写真パネルがそのまま残っていたので、それで追悼写真展を開催したのだ。
松戸の桜なら、こういう写真が会場を飾ったのだろう。

DSC_0963.jpg

その後、近くの霊園に墓参。
目の前が用水沿いの桜並木だ。父上が手入れのボランティアをしていたとのこと。
お参りは出雲式なので、二礼四拍手らしい。

DSC_0979.jpg

これから馬場浩士君は桜並木を見ながら春を過ごす。それもいい。

それはともかく、母上たちも、なんで馬場ちゃんが死んだのか、これからの時の突然の死というあまりの運のなさに愕然としていた。
馬場ちゃんの死は神が見放した運だったのだろうか。

馬場ちゃん=いい人。

いい人すぎる馬場ちゃんは、身代わりで死んだのだ。
彼の死の前日、12月20日に重篤な病いを宣告された人がほかにいて、それを知った馬場ちゃんはその人の代わりに死んだ…。彼の墓との別れ際に、死の真相が胸にこみ上げてきた。

そして神道の馬場ちゃんは亡くなって仏ならぬ神になった。

神様仏様馬場様。
困ったときの馬場頼み。


これからは馬場ちゃんに助けてもらうことにする。
どうもありがとう。ずっと見守っていてください。
| 日記・つぶやき | 18:48 | comments(0) | - |


小金井公園の花見2017
恒例の仲間内の花見を、都立小金井公園で開催した。
このところ訃報があいついで、久しぶりの開催由。

IMG_5222.jpg

武蔵小金井駅前には桜祭りの看板が掲げられていた。
駅前のバス乗り場から小金井公園西口まで乗るが、長蛇のバス停には超有名企業の役員様が二人並んでいる。相乗りタクシーで行けば割り勘でバス代よりも安く行けると思うが、律儀に公共交通機関を使おうとしているのか。

IMG_5237.jpg

公園では朝7時から中央官庁事務局長と一流銀行行員が場所取りをしていてくれたという。桜は三分咲きだ。
昨日は冷たい雨だったので、今年の開花は早かったけれども育成が遅れている。
そもそも、開花の測定につかわれる靖国神社の桜の木は老木で、ぼけ老人が朝早くに目が覚めるのに似ている。

石川県より輸送されたこの時期ならではの発泡酒。

IMG_5224.jpg

甘酒のようでおいしい。
酒蔵の先代が亡くなり、息子が初めて仕込んだ酒らしいが、十分跡取りになっておりますぞ。

IMG_5231.jpg

地元の中華料理店で調理したつまみ類が豪華でおいしいし、まだ温かい。

IMG_5230.jpg

青椒肉絲焼きそばもおいしい。

IMG_5232.jpg

出る話題は10年ひと昔の、懐かし話ばかり。
「急行○○で乗り付けた」とか「まだハワイに行ったことがない」とか。

しかも床に長時間座ると膝が痛くなる、腰が痛くなるとのボヤキ続出で、座布団持参の者もいる。次回は椅子が必要だろう。

IMG_5235.jpg

さらにはこの春から大学4年生のお嬢様には役員面接講習までしてあげるサービス。
単に女子大生と話したいだけとの説もあり(本人談)。
近頃の学生さんは情報が過多な分だけ大変だと思う。



中華スープはシャトルシェフに入れてアツアツでいただいた。

IMG_5239.jpg

桜は昼の日差しでだんだんと開花が早まったと思う。
来年は寝たきり花見だとか、来られるかわからないとか言いつつ、お開きになりました。

IMG_5251.jpg

ところで、中央線快速でウォークマンを聞きながらスマホをいじっていたら、…shi-Koganeiのデジタルサイネージが見えたのであわてて降りたら、Higashi-Koganeiだった。紛らわしい。Musashi-Koganeiは次だったよ。

IMG_5221.jpg

そろそろ要介護認定が必要みたいです。

| 日記・つぶやき | 19:06 | comments(0) | - |


そばアレルギーが治ったのでそばを食べた
私は小学生のころからそばアレルギーだった。両親も祖父母も子供たちもそばアレルギーではなく、私だけの特異な体質のようだった。
旅行が好きで日本全土に赴いたが、その土地土地に名物のそばがあり「加計(広島)発・森(北海道)ゆき そばづくし汽車の旅」をする人をうらやましく思っていた。

しかし先日、アレルギー検査をしたところ、なんとそばアレルギーの反応が陰性だったのだ。



実は今年の正月、旅行の目標を失っていた。バイクは失うし一緒に旅行に行っていた小室さんや馬場ちゃんは先に旅立つし、今年はどこで何をしようか考えあぐねていたが、そばが好きな人たちがそばめぐりをしていたのに気付いた。そばの食べ歩きは、したくてもできない旅だったのだ。

だから今年はそばアレルギーを克服して、そばの食べ歩きをすることにした。
そばアレルギーの克服はどうすればよいのだろうか。簡単に言うと「毒を以て毒を制す」である。よい子がマネをするといけないので詳しくは書かないが、何かを失うが何かを得る、経済学の原理のようなものである。

そこでさきほどコンビニでそばを買ってきて食べた。

IMG_5206.jpg

コンビニのそばの弁当箱には何から何までそろっている。麺に袋の水をかけてほぐし、刻み海苔とわさびを開けて、麺つゆを器に開けた。

IMG_5208.jpg

いきなりたくさん食べるのは気が引ける。少し食べてみる。

IMG_5216.jpg

実はそばは何回か食べたことあり、そのつど唇がかゆくなったり、胃腸が苦しくなったりした。そばの味は知っている。30年ぶりくらいのそばである。

IMG_5220.jpg

あ〜ん、ま、あまりおいしくないな。好きな食感じゃない。

IMG_5214.jpg

うどんは好きで、讃岐のうどんめぐりをしたこともある。
アナフィラキシーショックのリスクを抱えながら食べるほどではないと悟った4月1日であった。

| 日記・つぶやき | 13:36 | comments(5) | - |


| 1/94PAGES | >>