CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
新潟出張 駅弁は八ヶ岳高原たまごサンドと燕三条
またまた新潟出張である。
仙台は白河の関を超えられず疎遠になったが、北陸は安宅関を超えたので、ときどき出かけるようになった。

MAXときは部分部分で見るとビルのようでもあり、群盲像をなでる。

IMG_8747.jpg

東京駅通路の駅弁屋祭で買ったのは八ヶ岳高原たまごサンド。丸政の駅弁である。朝から海鮮弁当など食べる元気なし。

IMG_8749.jpg

POPの写真に分厚い卵焼きがサンドされていたので、それに釣られて買ってしまった。

IMG_8750.jpg

しかし玉子焼きはやや固くて甘く、サンドイッチのカラシがかすかに味を引き締めていたが、ちょっと想像とは違った味だった。卵サンドの卵ってのがあるだろ〜。

田端当たりの在来線と並行している部分は、二階建てMAXときから上から目線で見ると模型のようだ。今度、全行程をビデオで撮影してみようか。

IMG_8752.jpg

幼いころ、母の郷里に帰省するときに、常磐線から田端付近を見た時を思い出す。
まだ東京だけれども、自宅付近とはまったく違った光景で別世界に来てしまったと思った。

IMG_8756.jpg

着いた新潟は土砂降り。

IMG_8769.jpg

迎えの車があったからよかったけれども、これでは駅の庇から出られなかった。
雨はほどなく止んだ。

IMG_8778.jpg

↑こんなところにも立ち寄って、耳寄りな情報をつかんだので燕三条駅で降りる。

IMG_8791.jpg

燕三条駅で降りるなんて、一生に一度だろう。

IMG_8810.jpg

ところで、燕三条市があると思っている人が多いようだが、燕市と三条市の中間に作られた上越新幹線の駅が燕三条駅。
埼玉県の蕨駅と川口駅の間にできた駅を蕨川口駅というようなものである。

燕市も三条市も金属加工産業で世界的に知られた街。
ここには、燕三条地場産業振興センターがある。

IMG_8798.jpg

金属加工産業で生まれた洋食器や刃物などが販売されているのだ。

IMG_8800.jpg

安っぽいドラえもんのスプーンから、高級なカトラリーまで豊富に展示販売されている。

IMG_8803.jpg

洋食器もある。

IMG_8804.jpg

銅製の鍋釜もある。

IMG_8805.jpg

私は爪切りと鑢を買ってしまった。

IMG_8807.jpg

残念なのは爪を切ったばかりで伸びていないこと。早く伸びないかな。
今使っている爪切りは35年前に新宿の職場近くの麻雀屋のノベルティでもらったもので、凱旋門という店名ロゴ入りのものだ。よく切れて、いまだ愛用している。
| 日記・つぶやき | 20:01 | comments(0) | - |


ゴルフ会員権を手放す
父の相続で2001年から持っていた栃木県の名門ゴルフクラブの会員権を手放した。

父と行ったこともあるし、友人たちとも行った。バブル絶頂のころは2000万円した会員権だが、相続したころは250万円くらいになっていた。今は推して知るべし、会員権屋の書き換え料のほうが高いのではないか。

しかし父との思い出もあるし、会員権がステイタスの時代は終わったが、いつか値が戻る時への期待もあって、持っていた。

Golf

最後にプレイしたのは2010年で、息子と行った。
しかしもともと運動は嫌いだし、ゴルフは何年やっても「初心者」だった。会社の先輩に新しいゴルフ用具を選んでもらったが、その先輩も亡くなった。

体調も悪いし、熱心にゴルフをする気は失せたし、「安い」会員権と「高い」年会費が心の負担にもなっていた。

P1030259.jpg

昨年から手放したい旨をクラブに伝えていたら、突然電話があって譲渡の話になった。
私にもクラブにもメリットがある話だったし、実はついおとといも「クラブに電話をして譲渡できないか、脱会できないか話そう。宇都宮は出張があるからその時に話してもいい」と考えていた矢先だったのだ。
予知能力があるのかもしれない。

貸金庫から会員権を出して裏書し、譲渡書類などと共に送り返す。
母も納得してくれた。父はゴルフくらいしか趣味がなくて、月に3回はこのクラブや別のクラブに通っていたのだ。



これで肩の荷が下りた。そして今は1万円もかからないでビジターとしてこのゴルフクラブでプレイができるのだ。たぶん、もうすることはないと思うけれど。
| 日記・つぶやき | 19:07 | comments(2) | - |


JCBザ・クラス TDLのクラブ33抽選に外れる
JCBのブラックカードザ・クラスは様々な特典があり、年に1回、ザ・クラス メンバーズ・セレクションという25000円相当のプレゼントがもらえる。

カタログギフトブックが届いてその中から選ぶのだが、最も人気があるのは「東京ディズニーランド ペアランチお食事券とパークチケットセットペア」である。そしてこのランチはクラブ33という東京ディズニーランド内にある秘密のレストランで食べられるのだ。

JCBザ・クラスのカード会員になったのはクラブ33に行ってみたいがためでもある。

ところが大人気でいつからか抽選になった。そこでもっとも客が空いているだろう1月の平日で申し込んだ。
その抽選結果がやってきた。

IMG_8722.jpg

てっきり当たっていると期待していたが、落選した。

IMG_8724.jpg

どうして外れたのか。
もともとJCBザ・クラスの割り当て席数が少ないのか。1日何席を用意しているのだろう。
考えることは皆同じで空いていると思われる日に集中したのか。

しかしもっとも考えられるのは、私が使っている金額が少ないからではないか。
特典目当てにブラックカードホルダーになっているようなものだから、今年まだ65000円しか使っていない。念のために書いておくと、メインのANAJCBスーパーフライヤーズカードは100万円である。こちらはANAマイルの増え方が多いので、どうしてもANAJCBカードをメインで使ってしまう。JCBの総利用額としては上を見ればキリがないが、悪いほうではないと思う(笑いたい人は笑ってください)。

でも特典目当てでザ・クラスを持っている人も多いだろう。
だから、単純にクラブ33の確保数より申し込みが多く、抽選で外れたのではないか。

来年を待つしかないが、高い年会費をそのために払い続けなければならない。
なお、外れた人は別のギフトを再選択できる。何にしようかな。

  
| 日記・つぶやき | 19:12 | comments(0) | - |


タイ国際観光展TITFでのイベントあれこれ
バンコクで開催中のタイ国際観光展TITF。原則はブースにおける展示やパンフレット配布、地元の旅行会社の商品販売ですが、今日は体験イベント系の出し物を紹介しましょう。

まずはホテルの朝食でおなか一杯。卵料理はターンオーバーにしたが、黄身が割れてしまった。おとといはうまくいったがコックの顔は同じか違うかわからない。

IMG_8513.jpg

北海道の星野リゾートトマムはVR。トマムの風景を360度で再現してくれている。崖のヘリはおっかない。コンパニオンの女の子はかわいい。

IMG_8567.jpg

鳥取県はAR。水木しげるキャラの中に自分が入り込める。



沖縄県はミスオキナワの説明と、民謡と踊り。

IMG_8599.jpg

実際にアーティストを連れてきているし、ブースの規模がハンパじゃない。ミスオキナワは滑舌もよく、いつも笑顔で自信をもって沖縄を説明していた。横浜観光親善大使だったこのくらいできると思っている。9月末にバンコクでジャパンFITフェアが開催されて横浜市も出展するけど、どういう内容になるんだろう。



東京都はクイズ。タイ語なのでわからん。簡単だけれどもまったくできない。



台湾は飴細工。飴がよく割れて難しいというかヘタというか。廃棄率25%でこれは問題である。

IMG_8611.jpg

北陸新幹線には取材が入り、4県が後ろでPR。しかしiPhoneで中継する時代になった。

IMG_8628.jpg

そんなわけであとはよろしく。朝9時から夜9時の12時間は疲れました。過去形。
| 日記・つぶやき | 22:50 | comments(0) | - |


タイ国際観光展TITF#21始まる
年に2回、タイのバンコクにあるクイーンシリキットナショナルコンベンションセンターで開催されるタイ国際観光展TITFが始まった。21回目である由。
まずはホテルの朝食で、オムレツを作ってもらった。コックは上手に卵をまとめた。どのアイテムもおいしい。

IMG_8391.jpg

ホテルから荷物をもってとぼとぼと会場に。
セッティングを終えていよいよ開幕と思いきや、ダラダラといつの間にか始まって、10時開店なのに9時50分ごろから早くもお客さんがやってきた。

ジャパンブースの見どころを紹介しましょう。
いつも競うように大きな独立ブースを作っている東京観光財団TCVBと沖縄県観光コンベンションビューロー。

IMG_8416.jpg

IMG_8479.jpg

東京は香港ITEと同じ業者がブース運営を落札しており、四本の柱を活かしたデザイン。香港は上部の梁が電光掲示板だったが、こちらは単なる電飾。立派なデザインだ。
沖縄県はカウンターと商談スペースをわけてある。ちょっと無駄に広い使い方だと思うが、沖縄県の観光予算は尋常ではないので、このくらい太っ腹でよいのだろう。

埼玉県は3つの観光地、川越、秩父、長瀞の人気投票。最終的に今日は川越が1位だったが、用意した赤いシールが早くも初日半分でなくなり、後半は白いシールを貼ってもらっていたけれども、貼り付けスペースも半分埋まって明日からどうするんだろう。
コーナーをあえて三角に切ったデザインもよい。

IMG_8469.jpg

ジャパンブースで最大の3コマを取っているのが北陸新幹線ブース。バックパネルは参画している沿線の埼玉県、群馬県、石川県、福井県の観光写真をひし形を活かして上手に配している。4県+北陸信越運輸局が並ぶのは壮観だ。

IMG_8500.jpg

あまりなじみのない業者も、最近はどんどん出展している。
貸衣装なのかコスプレで写真撮影は相変わらず人気だ。

IMG_8445.jpg

ランチは、入って注文を取りに来るまで10分、注文が来るまで15分、食べるのに5分、会計伝票を持ってくるのに10分、釣銭を持ってくるのに10分である。

IMG_8454.jpg

細かい出展後半はサツドラ。札幌ドラッグが出ている。今や飛ぶ鳥を落とす勢いで薬屋以外にもすすきのの観覧車のあるノルベサに北海道くらし百貨店を作っている。

IMG_8497.jpg

何を考えているんだか、北海道新聞社。コンサドーレにタイ人選手が入っているのが大きいが、道内観光地を紹介している。

IMG_8496.jpg

一方で北海道観光振興機構は出展していない。
道新のブースに日本人はおらず、かわいいタイ人の通訳の女の子がいたけれども、彼女は「道新」と略すのを知らなかったので教えてあげたが、教えてあげた。このくらい運営側が教えてあげないのか。まともな日本人客は来ないので教える必要もないか。

IMG_8491.jpg

平日なのにかなり混んでいた。これが日曜日まで続く。しかも夜9時までは運営側は立ちっぱなしなのでキツイ。
がんばってください。
| 日記・つぶやき | 22:51 | comments(0) | - |


年に一度の誕生日 祖父なら余命8か月
63歳の誕生日を迎えられた。
ありがとうございます。

IMG_8166.jpg

今年もどうなるかと思ったけど、それでも誕生日を迎えられたのはみなさんのおかげです。
今年の夏はややこしい仕事や金欠やいろんなことがあって、落ち着いて旅行の計画も立てていません。そういえば去年は家族でアメリカのグランドサークルをドライブしていたんだと、遠い目になっています。

リクエストしたウォークマンを家族から早めにプレゼントしてもらい、いつも聞いています。
音がいいです。



母からもいまだにお祝いをいただき、熨斗袋に「色々チャレンジして楽しんでください」と書いてあったので、母はなんでもお見通しなんだなぁと感心しました。



ケーキは近所のおいしいお店のもので、せっかくなのでホール状のものを頼みました。カットのものよりも誕生日感があるでしょ。切るのは誰の場合でもお父さんの役目ですが、今日はちょっと斜めになってしまった。

IMG_8169.jpg

ところで63歳は祖父が亡くなった年齢です。もうそういう歳になってしまいました。祖父は満で63歳8か月で亡くなったので、私が祖父なら来年の4月になるかならないかに死亡します。



実は祖父も8月生まれなので、この写真は1955年8月6日撮影でちょうど私の1歳の誕生日、祖父が63歳になるかならないかの、今の私と同じ歳でした。同じ年齢でも祖父のほうがよほど貫禄がありますね。
この写真の祖父は自分があと1年も生きられないなどとツユほども思っておらず、私といつまでも遊ぶつもりだったのだと思います。
晩婚化なのか、今の私にまだ孫はいませんが、孫を抱く日がくるのかわかりませんし、それは強要はできません。

孫はともかく、普通のおっさんよりも密度を濃く生きているつもりで、たとえば昭和の偉人、石原裕次郎、美空ひばり、手塚治虫は短命でしたが、常人が三回生まれ変わってもできない業績を残しました。なので、まもなく死んでもまぁいいのかなと、思ったりしています。

いや、平凡でも長生きをしたほうがいいと言われます。平凡はたいくつだし、自分らしくないけれども、生きていたほうがトクなのはわかっています。
仲よく遊んでいた小室周也さんや馬場浩士クンが亡くなったので、やはり生きているべきなのでしょう。

これからも健康に留意して、というと留意しているみたいだけれどもあまりしてませんが、死なない程度に頑張りたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。
| 日記・つぶやき | 21:31 | comments(0) | - |


新しいSuica定期券にする FeliCaポケット対応 ペンギンが前向き
Suica定期券の有効期限が近付いており、カード券面そのものが書き換え書き換えでボケボケになったので、Suicaそのものを交換して継続発券してもらった。Suicaの機能もバージョンアップしている。

IMG_8131.jpg

Suicaは2001年からJR東日本で実用化されており、おそらく発売当初から購入して利用していたのだと思う。

IMG_8128.jpg

その後、定期券にもなるので通勤に利用していた。特に定期券の範囲外まで飛び出して乗車しても精算機が不要で自動引き落としになる機能は便利だった。さらに首都圏民鉄用のICカード乗車券Pasmoとの共用(2007年)、全国のICカード乗車券との相互利用(2013年)とますます便利になり、電子マネーとしてもJR東日本のキヨスクや全国のコンビニなどでも幅広く利用できるようになっている(2004年)。駅弁を買うのはもっぱらSuicaだ。

ところで新旧のSuicaを比べると、大きく3つの違いがある。一つは新しいSuica(写真上)はペンギンがこちらを向いている。旧カードは左を向いた横顔だ。
楕円のSuicaマークの位置が違い、右下に新カードは●●と丸が二つ付いている。
そして写真は私の指でよくわからないが、右側の切り込みの形が違っており、新カードのほうがシンプルだ。

IMG_8129.jpg
↑旧カード裏面

これは機能の違いを判別するためのもので、ペンギンが横を向いている昔のSuicaは、FeliCaポケットがないもの。正面を向いているSuicaは、FeliCaポケットが搭載されているとのこと。
FeliCaポケットとは、ポイントやクーポン、スタンプラリーなど5種類の機能を最大20個まで1枚のFeliCaカードにまとめることができるアプリケーション。ソニーが開発・運営をしている。変更前の横向きのペンギンではこのFeliCaポケットが搭載されていないため、見た目で機能の違いが分かるようにデザインを変更したらしい。

IMG_8132.jpg
↑新カード裏面

この違いも知っていたので、この機会に窓口を訪ねて作り変えてもらった。FeliCaポケットを利用するかどうかはわからないが。
なお、交換手数料は無料だ。チャージしてある金額もまるまるコピーされた。

ところで、Suica定期券の継続購入はVIEW 大人の休日倶楽部ミドルカードのクレジットカード機能を使った。
前日、有効期限が伸びた新カードがセキュリティ便で届いたばかりなのだ。

IMG_8133.jpg

50歳以上が持てる、JR東日本の乗車券が5%引きになるなどの特典があるカードだ。誕生月が更新月になっているということは、おそらく50歳になってすぐに申し込んだのだろう。
一方で65歳以上は国鉄時代からのジパング倶楽部の会員カードになり、30%引きと大盤振る舞いになる。
新しく届いたこのカードは2022年が有効期限なので、私は生きていればそれ以前に65歳になっている。

たぶんジパングカードに切り替えるような案内がくるのだろうな。それはそれで楽しみであるが。

  
| 日記・つぶやき | 07:12 | comments(0) | - |


| 1/99PAGES | >>