CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
戦場の鳩たち 軍用伝書鳩の物語
子供のころ、近所にやたら鳩を買っている家があり、友達に聞いたら伝書鳩のレースをしている家と聞いた。
戦後しばらくまで、今のように通信手段が乏しかった時代、伝書鳩は貴重な通信手段として、新聞社やそれこそ軍用に使われた。鳩の帰巣本能を利用した通信システムである。

伝書鳩は、今どきの公園にいるような土鳩ではなく、飛ぶ力も距離も長い専用に開発されて訓練された鳩で、軍隊には鳩専門の兵隊がいたそうだ。

1988-09-34.jpg

かつて戦記雑誌に書かれた記事を読むと、修羅場の戦場でも鳩兵はどこかのどかな感じがする。

------

別冊1億人の昭和史 日本の戦史別巻 )萋新聞社 1979年発行より

日本陸軍史-1.jpg

鳩と暮らした三カ月 (神戸市 T.T)

 台湾の歩兵連隊に応召し、三力月の初年兵教育を修了した私は昭和十九年七月、東海岸にある花蓮港の新設の部隊に転属し、通信兵の特業教育を受けていた際、軍鳩班が編成されその要員となった。
 軍隊では一に通信、二にラッパ、三に炊事のつまみ食い----という楽な仕事の言い伝えがあったが、その通信のうちそのまた楽な鳩兵になり、毎日点呼がすむと鳩舎へいって班長や上等兵と鳩のお相手をした。八月上旬、軍鳩教育のため台北の教育隊に分遣を命ぜられ、出張した。

 教育の内容は鳩通信の全般を速成で受講し一教育隊の下士官候補者が猛訓練をしているのをよそに軍鳩教範の勉強、鳩の購入等きわめてのんびりと教育を受けていた。
 通信兵の綱領は「必通の信念」であり、特に近代戦の壮絶さは、有線も無線もほとんど役に立たないとされ、軍鳩と軍用犬が重視され始め、かくは私たちの教育となった次第である。

 硫黄島を失い、沖縄も攻略され、台湾が孤立したため、兵員の充足と戦闘序列の下令で私は敢兵団(六十六師団)歩兵三〇四連隊通信中隊の所属となった。
 九月上旬、教育途中で原隊復帰を命ぜられ花蓮港に帰ってきた鳩舎の拡充、鳩兵の教育、鳩の購入、演習が日々行われ、鳩班長、班付上等兵も着任し、私は上等兵と組んで鳩通信網構成のため近隣の町村から、初めて、片遺七十キロの範囲の放鳩訓練を始めた。
 鳩籠をさげて、町を行く姿はおよそ近代戦の兵士とは見えなかったが、どこへいっても大切にもてなしてくれた。
 列車に乗り、バスに乗っても鳩の世話はもっぱら私が行い、一泊訓練では旅館や駐在所にご厄介になって地方人の生活を思い出した。

 戦局はますます非となり、山間に洞穴を掘って陣地構築を始めた。三大隊の駐屯していたエカドサン村(高砂族の集落)に派遣され、ここに鳩哨を開設し、訓練を行った。
 同年十月のある日、朝から近くの飛行場にアメリカのグラマン機の奇襲を受けた。爆弾の破裂音と火炎がちょうど駐屯地の近くであり、住民の動揺、部隊の応戦準備として山麓への退避、洞穴陣地による抗戦と、あたりは修羅揚と化した。

 連隊本部との連絡に、鳩哨である分隊長と私に大隊長から呼び出しがあり、通信紙に書かれた状況報告が渡されたので、別の和紙に転写してこれを二羽の鳩の脚に結びつけ、本部から放鳩した。
 この報告は無事連隊長に届き、あとで中隊長を通じお誉めをいただいた
 台湾沖航空戦の余波の攻撃で、一時は(米軍の)上陸必至と覚悟していたが、そのこともなく済み、安堵した。その年の暮れに私は幹部候補生を志願して軍鳩班を去ったが、戦後の今でも鳩の相手をした三カ月余の生活を思い出し、平和のしるしとしてたたえられる鳩を見るのである。


現在では通信技術が発達しているので戦地といえども鳩を使うことはない。
鳩は平和の象徴として、空を舞っている。

ところで、この鳩兵がいた師団の師団長は祖父であった。末尾に連隊長に褒められたと書いてあるが、師団長は連隊長よりも偉いので、この兵士が祖父とすれ違うことすらなかったと思う。
しかしもし鳩兵に出会ったら、祖父は鳩を見て「かわいいのう、しっかり働いて餌をたくさんもらうんだぞ」みたいな声をかけたと思う。

  

| 日記・つぶやき | 15:35 | comments(0) | - |


幻の飲み物「どりこの」と どりこの坂 大田区田園調布
亡くなった叔父の手記を久しぶりに読んでいたら、次の文章が目に留まった。

旅順にいた頃の飲み物は、ミツヤ(三矢)サイダーかドリコノであった。家でも飲んでいたのだが、裏の副官の大島さんの家で、おばさんにドリコノをもらって飲んだのを覚えている。とてもおいしかったが、西宮以降どこで探してもドリコノは見つからない。私にとって幻の飲み物である。

はて、 どりこの とは何だろう。

ドリコノポスター.jpg

前後の説明をすると、祖父が旅順陸軍要塞司令部の参謀として転勤し、当家は昭和10年(1935年)8月から日支事変が始まった昭和12年(1937年) 8月まで、当時の日本の租借地である旅順(りょじゅん)にいた。現在の中国大連市旅順口区である。
旅順は日露戦争の激戦地で、当時も今も戦跡巡りの地である。
戦争が色濃くなり、合わせて祖父の転勤で内地の西宮に移ったのだ。

叔父は昭和7年(1932)生まれでまだ幼く、サイダーやジュースを飲まされちやほやされていたのだろう。
ちなみに三ツ矢サイダーは私も幼いころから飲んでおり、水色の透き通ったガラス瓶に入っていた。飲むと炭酸でゲップが出た。
今ではアサヒ飲料からペットボトルに入って売っているので久しぶりに飲んでみた。

IMG_0843.jpg

だが、この「ドリコノ」が気になる。叔父が幻の飲み物と言い、私も知らないし、戦前生まれの母に聞いても知らないと言った。

そこで調べてみると、とんでもないことがわかった。

まず、ネット検索で「どりこの」とひらがなが正しいと知った。
Wikipediaにも項目があり、要旨を書く。

どりこのは昭和初期に大日夲雄辯會講談社(今の大手出版社である講談社)から発売されていた、滋養強壮を謳った清涼飲料水であった。当時の講談社は出版以外にも多角経営をしていた。
つまりどりこのは今のオロナミンCドリンクやリアルゴールドなどをはじめとするエナジードリンクの類だったのだろう。

IMG_0841.jpg

医学博士の盒狭太郎氏は疲労回復の研究を行っており、ブドウ糖の補給が最も効果的であるというドイツの高名な生理学者、アーノルド・ドーリック氏の論文にヒントを得て、5年の歳月をかけて含糖栄養剤を発明し、関与した人々のイニシャルから「どりこの」と名付けた。

特許公報『特許第七四八四三號 含糖榮養劑ノ製造法』
どりこの特許.jpg


色は琥珀色で、カルピスみたいに水で希釈して飲んだ。それでも非常に甘い飲み物で、当時は砂糖が貴重だったから評判が評判を呼び、三越資生堂パーラーで売られるようになった。

昭和4年(1929)、当時講談社の社長だった野間清治が盒凝,鯔れ試飲したところ気に入り、野間は高橋と販売契約を結んで「大日本雄弁会講談社商事部(当初は代理部)」から全国での販売が開始された。一ビン450cc入りで1円20銭と高価で、今なら数千円だろう。

どりこの広告

野間は「高速度滋養料」というすごいコピーでどりこのを大々的に宣伝をする。自社媒体はもちろん、全国の新聞に全面広告を出した。女優、歌手や美人画、作家、医者や政治家、料理のレシピなど、ありとあらゆる方法でどりこのを宣伝した。
「個人の感想です」なんて書かなくてよい時代、飲んだ人から「医者から見放された瀕死の病人にどりこのを飲ませたら生き返った」などの投書をそのまま掲載する、「私も効きました」の効能広告も頻出した。
当時の日本は人口7500万人程度で、流通や交通、マスメディアも今ほど発達していなかったのに、年間220万本を売り上げるほどの大人気商品だったそうだ。

どりこの広告

巨大看板から高額景品まで用意したこれほどの飲料なので、叔父が外地の旅順で飲んで内地の西宮以降(その後の転勤先は浜田、金沢、東京)では飲んでいないと言い、茨城県にいた母も知らないというのは腑に落ちないが、それはそれでしょうがない。

どりこの広告

また、のちのチキンラーメンもそうであったように模倣品も続出したが、効き目がなかったりまずかったりで淘汰された。どりこのには疲労回復の確かな効能があったのだろう。

軍からも重用されていたどりこのだが、戦火は激しくなり、サトウキビが統制されて昭和19年(1944)、どりこのは原材料配給が滞って生産中止になった。

戦後、1954年(昭和29年)に、盒暁郢里蓮屬匹蠅海痢廚寮渋い鮑導したが、独占販売を結んだ講談社との関係は失効していた。そのためどこからか頼まれると受注生産していたが、1970年(昭和45年)盒暁郢里了爐砲茲蠕源挫羯澆箸覆辰拭1979年(昭和54年)には、三越百貨店で盒暁郢里留が製造した「どりこの」復刻版が発売されたが、4年ほどで販売終了した。
その甥も亡くなり、一子相伝で口伝のどりこのの製法は知る人がなくなり、本当に幻の飲料となってしまった。

だが、ないものねだりは人の常。そのどりこのを追い求めた人がいる。
ルポライターの宮島英紀氏は8年の歳月をかけて、当時まだ存命していた高橋博士の甥や講談社などに取材して、最初はブログで、そして角川書店からそれをまとめた「伝説の「どりこの」 一本の飲み物が日本人を熱狂させた」を出している。

どりこの本.jpg

宮島氏の活動については、こちらでも読める。
珍無類な言葉に取り憑かれ、8年もの歳月をかけて、「どりこの」の謎を追いつづけた『伝説の「どりこの」』の著者・宮島英紀氏

また、特許公報や論文などから製法に迫った人もいる。
幻の含糖栄養剤「どりこの」の製造法を探る
出る杭は打たれるのも常で、庄司吉宗氏のようなどりこのの効能に反論する人も出てきた。

宮島氏の取材と同じ2010年ごろにデイリーポータルZで榎並紀行氏がレポートしている。
幻の飲料「どりこの」を追う

北海道芦別市のみなみさわ菓子舗には「どりこの饅頭」が売っている。先代の発案で当初は本当にどりこのが練りこまれていたらしい。もちろん今は味を再現しているだけだ。2015年くらいの記事なので、まだ売っているだろうか。


そして、もう一つ、どりこのエピソードに花を添える情報があった。
東京都大田区田園調布に「どりこの坂」があるという。
東急多摩川駅の北にあり、多摩川園ラケットクラブの脇、田園調布一丁目26番と51番の間の坂道で、地図で赤く塗った西から東への狭い上り坂(一方通行)がどりこの坂だ。

どりこの坂地図

盒暁郢里住んでいた近くの坂道で、当初は「池山の坂」だったが、だれともなくどりこの坂と呼ぶようになったという。

坂の上から。
IMG_0809.jpg

坂の上の碑。

IMG_0806.jpg

"昭和の初めごろ、坂付近に「どりこの」という清涼飲料水を開発した医学博士が屋敷を構えたので、誰いうとなく「どりこの坂」と呼ぶようになったといわれている。それまでは、池山の坂といっていたという。"

IMG_0810.jpg
IMG_0822.jpg

坂の下にも小さい碑がある。

IMG_0814.jpg

坂の途中は狭くて曲がっている。

IMG_0821.jpg

登りきる直前、右側に坂上の碑がある。

IMG_0803.jpg

坂の上は豪邸がそびえていたが、一つ脇の家の表札に「盒供廚箸△辰燭里如△△△修Δ覆里なと思った。

IMG_0827.jpg


| 日記・つぶやき | 17:16 | comments(0) | - |


萬画家石ノ森章太郎展 世田谷文学館 に行く
世田谷文学館はよく漫画をテーマにした企画展を行う。手塚治虫、浦沢直樹、そして今回は石森章太郎の展覧会だ。
萬画家石ノ森章太郎展」は6月30日まで。

IMG_0740.jpg

石ノ森章太郎というか、私の中では石森章太郎なのだが、小学生のころもっとも影響を受けた漫画家だ。手塚治虫が漫画の神様なら、石森章太郎は漫画の天才だった。
なぜなら繊細で美しい絵、ストーリー漫画からギャグマンガ、そして抒情的な実験漫画、まんが日本経済入門など、実に多様で多彩な漫画を300作品以上発表した。
映画を意識したであろう、大胆なコマ割が特徴だった。
60歳で亡くなっており、手塚同様短命だったが、これだけの業績は普通の人なら120歳まで生きても残せない。

IMG_0728.jpg

私は少年サンデー、マガジン、キング、ジャンプ、チャンピオンなどの漫画雑誌は買ってもらえなかったので、文房具屋の木原君ちで毎週読ませてもらっていた。ありがたいことだ。

中でもサイボーグ009は9人の世界各国の人造人間たちが死の商人と戦う壮大な漫画で、何度も似顔絵を描いて、自分の中で妄想していた。

石森章太郎は宮城県の出身で、石巻市には石ノ森萬画館

IMG_0727.jpg

生地の登米市には石ノ森章太郎ふるさと記念館がある。

IMG_0726.jpg

役所の縄張りかもしれないが、記念館が2つもある作家は珍しい。
特に石ノ森漫画館は川の中洲にあって、東日本大震災で津波をモロにかぶって大変だったが、復興した。
どちらも訪れていないので、仙台出張でもあれば行ってみるのだが。

今回の展示は原画や複製原画が多数使われており、サイボーグ009の
「きみはどこに落ちたい?」
「能力は加速装置だけではないだろう」「あとは…勇気だ」
などの名セリフの原画も展示されており、学芸員の能力が高いのが分かる。

館内では009のスタンプラリーが行われており、全員分をコレクションしました。メルカリに出ているかな。
009は最後にまで出てきて石ノ森先生も持て余して結局絶筆になったのだが、創作ノートや息子への口述で、なんとか完結した。

IMG_0767.jpg

一方で、仮面ライダーは今もって大人気だが、私の年齢はすでにカバーしきれておらず、初回のストーリーを始めて読んだ。

ちなみに、1階奥のコレクション展では仁木悦子の肖像を開催している。仁木悦子は世田谷区のごく近所に住んでおり、「猫は知っていた」で第3回江戸川乱歩賞を受賞した。
4歳の時に胸椎カリエスになり寝たきり生活で学校にも行っていない彼女は、兄による家庭教師で童話作家(筆名:大井三重子)として、そして推理作家として活躍した。なんと素晴らしいことか。
墓所は川崎市生田の春秋苑である。

これまで世田谷文学館にはバイクで行っていたが、バイクを手放したのでプリウスで行った。地下に運転手ごと乗ってエレベーターで降りる駐車場があり、無料だった。ありがたや。

IMG_0748.jpg

夏のような陽気で、入り口のアヤメが咲いて、鯉が泳いでのどかだった。

IMG_0747.jpg

気分がリフレッシュできて、戻ってから仕事もはかどった。

  
| 日記・つぶやき | 19:11 | comments(0) | - |


鉛筆ホルダーを買う 短い鉛筆の補助軸
筆記具に鉛筆を愛用している。30年前からパソコン(ワープロ)を使って字を書いているが、アナログなところを残している。
鉛筆だから使えば使うほど短くなる。本来、捨ててよいのだろうが、まだ芯が根元まであるし、捨てる気にならない。貧乏性である。
しかし短くなると持ちにくくなり、きれいに書けなくなる。
そこで、朝ドラに出てくる貧しい子供のように鉛筆ホルダーがないか、Can★Doで探したら、筆記具コーナーにあった。108円。

IMG_0718.jpg

PENCIL HOLDER ゴム付補助軸とある。
ゴムは消しゴムになるのだろうか。

胴体部分がネジになっており、緩めて鉛筆を差し込み、締めると固定されて持ちやすくなる。

IMG_0720.jpg

だが、金属表面がつるつるしているので、滑って持ちやすいというものでなかった。これはザラザラさせるとか、工夫が必要だろう。それだけ加工賃がかかるが、何とかしてほしい。いや、短い鉛筆を使い続ける人はそんな贅沢を言っていられないか。
滑り止めの太さ調節を兼ねて輪ゴムを巻く人もいるようだ。
Amazonを見たらステッドラー(ドイツの製図器具メーカー)の鉛筆ホルダーは1200円以上した。これは使いやすいと思う。

鉛筆が短くなるのは鉛筆を削るからだ。かつては電動式鉛筆削り器を使っていたが、置き場所をとるので、手動式に変えた。

IMG_0719.jpg

これは文具店で買った300円くらいしたものだが、ラチェット機能が付いているので、鉛筆を一定方向にぐるぐる回さないで、時計反時計時計反時計…と回せば削れる優れものだ。しかも鉛筆を差し込む穴にフタがあって、転がしても削りカスが出てこない。

どこまで鉛筆を短く使えるか、チャンレンジするか。

  
| 日記・つぶやき | 20:15 | comments(2) | - |


トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美 国立新美術館
国立新美術館で開催されている「トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」に行ってきた。東京は5月20日までだが、空いていた。

IMG_0703.jpg

オスマン帝国全盛期の至宝170点が東京と京都で公開される。京都国立近代美術館は6月14日からだ。
トルコは大変な親日国として知られる。そしてムスリムの国でもある。代々木上原のわが国最大のモスクである東京ジャーミィはトルコ政府によって建てられた。

私はトルコに行ったことがないが、できれば一度行きたかった。トプカプ宮殿美術館、アヤソフィア寺院、カッパドキア…、世界遺産を含めて日本人好みの施設が多く、トルコ料理は世界三大料理に数えられている。

IMG_0706.jpg

宝飾品はトルコは東西文化の十字路と言われるように、中国や中近東、そしてヨーロッパの文化も汲んでおり、どこかで見たような、そして新鮮な感動に襲われる。

特にチューリップはトルコを象徴する花として、各所にモチーフとして使われているし、東京ジャーミィのタイル装飾にも使われている。

IMG_0707.jpg

しかし王様に仕える女奴隷たちは寵愛を受けようと日々美しさに磨きをかけていたという。
つまり王様は、今日はこの子、明日はあの子と、エロDVDを選ぶように好みの女の子を選んではあんなこともそんなことも毎日のようにしていたわけで(個人の妄想です)、うらやましい。

王様の服も展示してあったが、ものすごく大きくてよほどの体格だったのか、そう見せようとしていたのか。

その後は二子玉川まで行って、頭の痛くなる手続きをしてきた。
王様の暮らしとは無縁であった。

それはそうと、6月4日までラマダーンなんですね。それと、東京ジャーミィにハラールマーケットという店ができたんですね。すっかり疎遠になって申し訳ありませんです。
| 日記・つぶやき | 18:47 | comments(0) | - |


タイフェスティバルに行く 代々木公園
東京都渋谷区の代々木公園で開催されているタイフェスティバルに行ってきた。
タイはお気に入りの国の一つ。
人は優しいし、
食べ物はおいしいし、
物価は安いし、
地下鉄もあってそれなりに発展しているし、
古いお寺などの見どころもあるし、
いい国だ。
新しい国王様はもう60歳でどこかの国と似たようなものだが、政情はどうなっているのだろう。

IMG_0676.jpg

入口はタイ国際航空ブース。一度、行きのビジネスクラスに乗ったことがある。食事はタイ料理にしたかったのだが売り切れで和食になり、がっかりした。

IMG_0677.jpg

タイの寺院を模した観光案内所。

IMG_0678.jpg

人々は花見状態でシートを敷いて談笑している。在日タイ人や留学生にとってもお祭りなのだろう。

IMG_0679.jpg

しかし何といっても都内のタイ料理店各店が腕を競うタイ料理の屋台がお勧めだ。

IMG_0680.jpg
IMG_0681.jpg

私は大のお気に入りのチェンマイカレーラーメンであるカオソーイを頼んだ。500円。都内の店だと900円はする。

IMG_0683.jpg

チキンのレッグが一つ入っているのだが、パクチーで隠れていますね。
作り置きで冷たかったのが残念だが、味はまあまあでスープにご飯を投入してもおいしいはずだ。

IMG_0684.jpg

さらにマンゴースムージー400円。
長蛇の列で店のおばさんが驚くほど。

IMG_0685.jpg
IMG_0687.jpg

冷たくて甘くて、カオソーイの辛さが緩和された。

ガパオも食べたかったな。
人が食べているのは見ていると皆おいしそうだ。

IMG_0686.jpg

メインステージではタイの踊りや歌手が歌を披露。

IMG_0689.jpg

そしてタイの美少女とも久しぶりに会えました。
また一緒に仕事ができるといいな。

IMG_0693.jpg

代々木公園に行くこと自体が久しぶりで、迷った。行けども行けどもタイフェスティバルにたどり着かず、雪原で迷うのはこういうことかと思った。

代々木公園-1.jpg

明日12日もやっています。

| 日記・つぶやき | 16:34 | comments(0) | - |


令和元年の皇居前広場は平和
10連休も最終日。物事に終了はつきものです。
しかし休み明けを待たずして仕事。南からの人を待ち受ける。
待ち合わせ場所といえば東京駅の銀の鈴

IMG_0561.jpg

一時間少々打ち合わせののち、別れてから東京駅丸の内口に出る。
今日はこどもの日の振替休日だからか、国旗が掲揚されていた。
そうだ、せっかくなので皇居まで行ってみよう。

IMG_0563.jpg

行幸通りは4日の一般参賀ではたいへんな人出だったが、今日は人も少なく、平常に戻ったようだ。
外国人が写真を撮っている。

IMG_0565.jpg

すると、マリオカートがやってきた。乗員は全員ガイジンだ。先頭の男はリーダーで、マリオカートの評判が悪いからか、指導しているようである。

IMG_0567.jpg

さらには結婚式の前撮りか後撮りか、これもガイジンさんが写真を撮られている。

IMG_0570.jpg

延々歩いて二重橋前にやってきた。人が少なく一般参賀に14万人も集まったとはにわかに信じがたい。

IMG_0574.jpg

今日の、というか普段の二重橋はのどかなものだ。

IMG_0573.jpg

だが昭和20年8月15日は悲惨だった。

皇居前広場.jpg

この写真のバックの建物は二重橋を渡った先の正門だろう。

IMG_0581.jpg

今では中国人が写真を撮ってはしゃいでいる。

IMG_0577.jpg

戦争に負けて天皇陛下に詫びる臣下たち。

皇居前広場-1.jpg

令和元年は平和なのかアホなのか、わからん。

IMG_0586.jpg

一般参賀に参加すると、この二重橋(正門石橋)を渡って皇居内に入れたので、一度は二重橋を渡ってみたいものだ。

帰りは再び東京駅方面に戻った。
三菱一号館美術館が静かにたたずんでいた。

IMG_0589.jpg

ここはいろいろあって入りたいのだけど、入るのは辞めた。
| 日記・つぶやき | 18:50 | comments(0) | - |


| 1/119PAGES | >>