CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
楽天スーパーポイント⇒ANAマイル交換が改悪されていた
ANAとJALのマイルを溜めているが、ANAのマイルがちょっと足りなかったので、少しもあわてることなく、売るほどある楽天スーパーポイントからポイント交換しようとしたら、制度が改悪されていた。

楽天ANA.jpg

一回の交換は1000ポイントまで、月に合計20000ポイントまでしか交換できなくなっていた
どうやらアメリカのグランドサークルにマイルで行っていたころの2016年夏に改悪されていたようだ。気づくのが遅すぎる。
それまでまとめて何万ポイントも交換できたのに、これでは毎日1000ポイントずつ交換しても月に20000ポイント、つまり10000マイルしか交換できない。

楽天ANA-3.jpg

背景にはどうやらネットオークションで売ったり、海外からの不正アクセスもあったらしいが、どのみちセコくなったのは間違いない。そして楽天スーパーポイントは楽天経済圏で使ってほしいという、本来のポイントの意味もあるのだろう。

しかし、そもそもがポイントを活用しようなどという考えが間違っている。
もうマイルを溜めるためにつまらん買い物をしたり、ましてや修業をしたりはやめよう。
しかも、マイルの特典航空券は、特にANAは設定数が少なすぎて、国際線のビジネスクラス・ファーストクラスは発売日の355日前でないと早くも空席待ちになっている。

そんなものにわずかな期待をして旅程を考えるのはばからしいと、おまえ、ようやく悟ったか。

| 日記・つぶやき | 15:45 | comments(0) | - |


7月8日は質屋の日
今日7月8日は質屋の日だった。全国質屋組合連合会では都内で特殊詐欺撲滅キャンペーンを行った。

IMG_5833.jpg

そもそも質屋を利用した人がどれだけいるだろうか。
質屋のビジネスは大きく3つあって、
1)品物を預かって査定により金を貸し、利子をつけて返金されると品物を返す。
2)品物を買い取る。
3)買い取った品物や質流れ品を販売する。

特に、1の品物を預かって品物の査定額を貸すというのが質屋ならではのビジネスだ。
お金を返せば品物は戻ってくるし、お金を返さなければ取り立て屋が来ることなく、品物を返されないで質流れとなる。だから、精神的な負担は軽減される。

連合会では犬と蔵のキャラクターを使ってPRをしているが、質屋の仕組みを知らない人が増えている。

IMG_5830.jpg

私も朝ドラ「ゲゲゲの女房」で若き水木しげるが質屋通いをしていたのを観ているが、あれは預ける品物があるからいいのだし、原稿料が入ったら品物を引き出して、またそのものを質草として預けることもしていたに違いない。これがサラ金だと、借りた金に利子をつけて返すまで、たいへんだ。

販売はブランドバッグに貴金属系が多い。

IMG_5828.jpg

今ではヤフオクや楽天市場を利用する店もある。

ただし、最大の課題は質屋を知らない世代が増えており、最初に入店してもらうきっかけ作りだという。
金を借りるというニーズ、預けるための品物、そして質屋の仕組むと場所を知らないと質屋を訪れる人はいない。

いかに存在を知っていただくかが、スタートだろう。
| 日記・つぶやき | 23:59 | comments(0) | - |


ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか 国立新美術館
国立新美術館で開催されているルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたかを鑑賞してきた。観覧料大人1600円。

IMG_5799.jpg

アニメ映画「君の名は。」にも出てきたレストラン。ここは5年前に食べたけれど、態度がでかくてまずかったが、今はどうなのだろう。

IMG_5800.jpg

この美術展はルーヴル美術館が収蔵している作品の中から肖像芸術にテーマを絞り、彫刻と絵画が展示されている。
さらに、テーマ設定がされており、「マスク-肖像の起源」「記憶のための肖像」「権力の顔」「コードとモード」「アンチボルド-肖像の遊びと変容」の5つに分かれている。

IMG_5801.jpg

それぞれのテーマの中で、古代エジプトのマスクがあれば16世紀のフランスの絵画もあり、時代がものすごく飛ぶのだけれど、流れがつかめておもしろかった。

それにしても美術館のこういう企画は誰が立てて、だれが交渉しているのだろうか。かなりの芸術への知見がないと企画すらたてられない。そしていろいろなルートがあるのだろうが、ルーヴル側と交渉して、一定期間の絵画の貸し出しなどできない。

そこが感想の着地点とはいかがなものかと思うけれども、それぞれ蛇の道は蛇で、やりようがあるのだろうな。

東京では9月3日まで。その後、大阪で開催されるらしい。
| 日記・つぶやき | 17:09 | comments(0) | - |


霞が関ビルと浜松町世界貿易センタービル
久しぶりに青空が広がる、梅雨の幕間(まくあい)になった。

まずは午前中に霞ヶ関ビルディングへ。「超高層のあけぼの」と言われた、36階建ての我が国最初の超高層ビルだ。ここで遠方よりお出ましいただいた方と大事な打ち合わせとブツの受け渡し。

IMG_5555.jpg

ランチミーティングはチャーハン王で。

IMG_5561.jpg

この店は知らなかったが、こんなビルに入っているのだからチェーン店だ。

IMG_5556.jpg

ランチのチャーハンと鶏スープで980円は高いと思うが、これは味からしたら安いと思うくらいおいしい。

IMG_5557.jpg

炒飯は良い意味で下賤な食べ物で、冷や飯と有り合わせの具材を油でかき混ぜて炒めた料理だ。味付けはしょっぱいに決まっている。ところが、この店はしょっぱくなく、うまみを出すために具材の仕込みに3日もかけているそうだ。「チャーハンの常識を変えます」のキャッチフレーズに偽りはなかった。

秘伝のタレやラー油をかけるとますます旨みが増す。

IMG_5559.jpg

鶏スープも際立つ味でコクがありおいしく、もっと飲みたい気分だった。

そして戻って午後は仙川の陶器店<うつわ>で開かれている陶芸家古荘美紀さんの作品展に。今回は個展でなく、何人かの作家との合同展だ。

IMG_5562.jpg

路地の店だが、次々とおばさまが入ってきて、売れる作品は少ないのだが、意外と盛況で驚いた。

IMG_5563.jpg

どの作品も個性が光っており、置き場所があれば買ってもよいのだが…。

再び戻って企画書を2時間で仕上げて、夜は我が国二番目の超高層ビル、浜松町世界貿易センタービルディングへ。

IMG_5579.jpg

取り壊す噂を前から耳にしているが、依然とそびえたっている。
ここではあちこちに店舗のある居酒屋チェーンの「いろはにほへと」でお嬢様と会食。

IMG_5578.jpg

昨夜の有名天ぷら店と味を比べようもないが、タッチパネルで注文をするので店員がしつこく追加を聞きに来ないのがよかった。

IMG_5573.jpg

ポテトはハンバーガーチェーンの味がデフォルトで舌に染みついているとみえて、取り立てての評価なし。

IMG_5574.jpg


今日は新しい仕事も舞い込んできたし、まったく無縁だった業界の起死回生策を考えなければいけなくなったし、「働き方改革」をしながら仕事を楽しんでいけたらよいなと思っています。
| 日記・つぶやき | 23:18 | comments(0) | - |


梅雨にけぶる東京タワーへ
出張者のおみやげか、卓上にお菓子が3つ。

IMG_5431.jpg

外は雨模様で外出が面倒なので、ランチはこの3つを食べてしのぐ。福島銘菓2つに京都銘菓1つ。ありがとうございます。

午後から東京タワーにご挨拶。
梅雨にけぶっていたが、最上部のアンテナは見えている。

IMG_5433.jpg

大展望台、メインデッキは60周年を迎えて大改装中だ。今は中に入れない。
すでに特別展望台、トップデッキは改装が終わってこちらは中から展望できる。

IMG_5434.jpg

植込みにも60周年の文字が花で作られていた。

IMG_5443.jpg

1年ぶりに増上寺まで行って、本堂とタワーのコラボレーションを眺める。

IMG_5447.jpg

七夕を迎えるので短冊が1枚100円で頒布されており、高い笹の木に結び付けられていた。笹を寝かせないと短冊が結わけないのだ。

IMG_5446.jpg

「なんとか大学合格」「○○さんと知り合えてよかった」というような他愛もないものの中に、「ママの癌が治りますように」と、切実な願いもある。まぁ、人の願い事を観るのは楽しいな。自分は欲望の塊なので短冊がいくつあっても足りない。

もう一つ、東京プリンスホテルとのコラボレーション。

IMG_5448.jpg

お寺の本堂と違って、四角いビルとはミスマッチだと思う。

東京タワーには大変お世話になりました。これからも東京の、そして日本のシンボルとして、燦然とそびえ続けてください。

| 日記・つぶやき | 21:29 | comments(0) | - |


あざみ野ガーデンズに買い出し
ベチョベチョの雨だったが、食料の買い出しに新規開拓のあざみ野ガーデンズまで行ってきた。

IMG_5414.jpg

マルシェと呼ばれる食品スーパーと、飲食店、ホームセンター(ユニディ)、ゴルフの討ちっぱなしなどのスポーツ施設からなる東急が開発した複合施設。

IMG_5405.jpg

マルシェは特に野菜が充実しており、地元神奈川県の生産者や、多かったのが群馬県の農家と組んでの豊富な品ぞろえだ。これはそこらの物産館にヒケをとらない。テナントはファームドゥで、各地に農産物の直売所を経営しており、農協とは違った農業の発展形で、これは注目だ。

IMG_5409.jpg

魚は魚力、精肉は横浜野本で、キヤノン本社や中堅印刷会社セザックスのある下丸子にもマルシェがあるようだ。もうじき閉店らしいが。

IMG_5411.jpg

ちょうど昼時で、どこの店に入ろうか悩んだが、最近寿司を食べてないからスシローに行った。

IMG_5413.jpg
IMG_5415.jpg

だいたい1皿100円だ。

IMG_5416.jpg

黒い皿は形の違いで180円と280円がある。だいたいが三貫盛りみたいなセットとなる。

IMG_5417.jpg

しかしまぁ100円の寿司なんて所詮100円であり、雨で気分が沈んでいるのも手伝って、食が進まなかった。

最後にパン屋のベルベで菓子パンを買い求め、500円以上はコーヒーが1杯無料で飲めるらしいが、買ったパンは460円ほどにしかならず追加のパンを買うのはやめて退出した。

IMG_5418.jpg

途中、川崎北部市場を通ったから、こことセットで訪店すれば、かなり強力な食品購入行脚ができるはずだ。

| 日記・つぶやき | 19:37 | comments(0) | - |


制県レベル 188
SNSで「制県レベル」という遊びがはやっている。
47都道府県のそれぞれの関与度を得点化したもので、

住居(住んだ)  5
宿泊(泊まった) 4
訪問(歩いた)  3
接地(降り立った)2
通過(通過した) 1
未踏(未訪問)  0
の各レベルで算出して合計する。

アプリを使わないでエクセルで集計して白地図ぬりぬりで作ってみた。あれだけ旅行をしているから、かなりのレベルになると思っていたのだ。

結果、制県レベル188と、あんなに旅行をしておきながら情けない結果になってしまった。

制県レベル.jpg

理由は、東京都しか住んでいないからだ。生まれも育ちも東京で、転勤族でないし学校もすべて都内だった。だから住居レベルが5しかなく、これが低さの理由だ。

そして、泊まったかどうか、はっきりしない県があった。

宮城県:仙台に泊まらないわけがないと思ったが記憶がなく、記憶を絞り出して、2015年に出張ついでに自腹で一泊し、三陸の鉄道を巡ったのを思い出した。大銀行の支店次長様のご配慮により、美女とも飲んだのに、泊まった記憶がなかった。宿のユニゾイン仙台の写真も出てきた。

群馬県:尾瀬に行ったが東電小屋は新潟県。草津は通過しただけだし…。子供がまだベビーバギーに乗るころ、榛名湖に行ったことがある。国民宿舎の食事があまりにまずくて近くの洋食店で食べた記憶がある。宿泊はしただろう。だがその写真がない。すべての写真はスキャンしているはずだし、その時期はアルバム作りを熱心にしていたが、アルバムにも写真がない。写真を撮っていないはずがないのだが、ない。
しかしその昔、自転車部と称して馬場ちゃんたちと館林サイクリングターミナルに泊まったのを思い出した。この宿は閉館したらしい。しかもこちらも写真がない。2回の群馬旅行のどちらも写真がないとはどうしたことだろう。
群馬県には良いところが多いから、改めて泊りに行きたい。

埼玉県:東京に近いので泊まる理由がない。蕨市の小室周也さんちに雑魚寝をしてクイズ大会をしたかと思ったがはっきりせず、埼玉県は訪問だけにした。
ちなみに近県の神奈川県は逗子市に親せきがいて何泊もしたし、箱根にも泊まった。千葉県もサイクリングで館山や、ゴルフで上総一ノ宮に泊まっている。

福井県:出張で福井県庁に行ったけれど宿泊の記憶がなかったが、大昔に東尋坊や永平寺には行った記憶がある。そこで「鈍行列車の旅」を紐解いた。著者の種村直樹氏と行ったような気がしたのだ。

IMG_5334.jpg

すると、昭和51年、1976年に私と京福電鉄三国駅近くのユースホステルに泊まった記述があった。

IMG_5331.jpg

種村氏はそのユースホステルに良い評価をしておらず、次のように書いている。

当たりはずれのあるYH体験
 いよいよYH宿泊初体験となるわけで、福井から京福電鉄の三国港ゆきに乗る。めざすYHは、終点のちょっと手前の三国駅下車、徒歩15分の由だが、せっかく三国芦原線に乗ったのだし、いったん終点まで行って引き返す。
 その駅からは、北川クンが案内人をつとめることになり、薄暗くなりかけた北陸の町を歩いたのだけれど、ユースホステルの所在は判然としない。分からなければ、適当な人をつかまえて、どんどん聞けばいいのに、自分で見当をつけようとするから、まどろっこしい。北川クンにかぎらず、ヤングと一緒に行動していて、いつも気になるのは、道をたずねないこと。そのくせ、こっちでいいんでしょうねなどと、時々情けなそうな声を出す。そんなひまがあれば、地元の人にたよることだ。

IMG_5332.jpg

 だんだん腹がたってきたころ、ようやく着いた所は、雰囲気もなにもない、ずんべらぼうとした建物。ぺアレントというのかどうか知らないが、なんとも無愛想なおっさんが顔を出し、所要の手続き。夕食までには時間があるとのことで、割当てられたベッドにすわっていても仕方なく、そうかといって廊下くらいしか居場所がない。風呂をのぞきに行った北川クンが、小さいうえに湯が少なく順番待ちの超満員で、はいれたものではないという。
 なんとも大変な所へ来たものだと、わびしくなってくるうち、「メシだ、メシだ」の声。どやどや食堂へ駆けつけると,「早くご飯食べないとなくなります」と北川クンがひとこと。そして彼は脇目もふらずに4杯ほどかきこんだ。その間に、こちらも黙々と2杯。たちまち、おひつは空になり、だれかがお代わりを取りに行ったら、もうないとの情報。少し遅れて来た人もあり、一瞬騒然としかけたが、もう一度炊くということで落ち着いたらしい。あまりの殺伐さに食器を洗うのも悲しく、北川クンにのせられたことを悔やんだ。
 食後も、なんとなく食堂にたむろすることになったものの、話に聞くミーテイングはなし。YH側の人間は全く顔を出さなかったようで、そのうちユースホステル慣れしているような学生が、知性のかけらもない大声で女の子をからかいながら、トランプ遊びを始めた。それをまた矯声をあげて喜ぶ娘も娘で、ただアホラシ、アホラシ。案内役であるはずの北川クンも、ぶすっとしたまま、やたらにテレビのチャンネルを回し、「まだいますか。もう寝ましょう」。ただ眠るだけなら、福井駅前のビジネスホテルあたりに泊まった方が気がきいており、スリーピングシーツの間にはさまれて、我が身の不運を嘆いたのである。


このように、YHで経験したことを正直に書いており、配慮したのか施設名は書いていない。

このYHはすべてのYHが掲載されているユースホステルハンドブックによれば「東尋坊YH」と思え、たしか東尋坊あたりに泊まったような記憶がないでもない。

IMG_5333.jpg

翌日は東尋坊と永平寺に行ったとみえてその写真があった。



これで福井県にも宿泊していたと判明し、制県レベルは合計188になった。逆に言うと、42年前の宿泊が市販の書物から判明したのだから、ある意味すごいことだろう。

今後、埼玉県に泊まれば制県レベルは189になる。まぁ、そんなことはしないと思うが。
負け惜しみだが、食べログの食レポ記事は47全都道府県、書いている。
| 日記・つぶやき | 22:57 | comments(0) | - |


| 1/110PAGES | >>