CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
鉄路彩々 助川康史写真展に行く 新宿ニコンギャラリー
鉄道写真家の助川康史氏が、ニコンD850、D500で撮影した鉄道写真の写真展、「鉄路彩々」を鑑賞してきた。ニコンプラザ新宿は新宿THE GALLERYと言うらしい。

IMG_5952.jpg

IMG_5946.jpg

うれしいことに写真撮影OK、SNSもOKだ。最近は撮影禁止にするよりもあえて撮影してもらって拡散したほうが効果が高いとわかってきたのだろう。書店も、立読みをさせたほうが売り上げがあがるらしい。

IMG_5953.jpg

鉄道写真の多くは望遠系で撮影されていると思いがちだが、意外と超広角を駆使して、風景に溶け込ませるような写真が多かった。最近のはやりかもしれない。

たとえば、この写真は実際にこの撮影場所に行ったら、望遠でSLを撮りたくなる。

IMG_5947.jpg

だがあえて超広角で風景の一部として鉄道を見せている。

IMG_5954.jpg

ニコンD850とD500、超広角ズームレンズが付いている。そして鉄道模型。

IMG_5951.jpg

もう一つの写真展があり、山田實氏の「きよら生まり島---おきなわ」。<きよらうまりしま>と読むそうだ。
山田氏は昨年亡くなったがこの写真展は生誕100年記念で、ということは99歳まで生きたのだ。
もともとは兵庫県の生まれだが、すぐに沖縄で暮らし始め、戦中戦後はシベリア抑留を経て、沖縄に戻ってきて、沖縄の人々を撮影し続けた。

IMG_5955.jpg

IMG_5956.jpg

沖縄のニッコールクラブ(ニコンのファン組織)の会長をして、ニコンSPで撮影をしていたようだ。

IMG_5957.jpg

写真は主に1950年代60年代で、戦後の沖縄の人々の元気な姿が活写されている。

IMG_5958.jpg

言い換えると、この写真に写っている大人の人々は沖縄戦を生き抜いた人たちだ。笑顔からは苦労はみじんも感じられない。

もともとは鉄道写真を鑑賞しに行ったのだが、二つの、まったくタイプが異なる写真展を観られたのは良かったと思う。

  
| 写真 | 18:20 | comments(0) | - |


CP+ シーピープラス2018に行く パシフィコ横浜
カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2018」に行ってきた。場所はパシフィコ横浜だ。4日まで。

入口の看板を撮ろうとしたら、一瞬のスキをとられて電話をするやつスマホを観て立ち止まるオヤジが前に立ちはだかってしまった。ちなみに帰りも看板の前で荷物を広げるヤツがいて、きれいに撮れませんでした。撮り鉄なら「ドケ!」と言うのだろう。私はありのままを撮ります。

IMG_3215.jpg

馬場浩士クンが愛用していたオリンパス。自動露出が合わなかったが、あの遺品のカメラはどうなっただろう。
ちなみに私が生まれて初めて父から買ってもらったカメラはオリンパスペンEESというハーフサイズカメラだった。

IMG_3218.jpg

このブログを書いているマウスコンピュータ。画像処理エンジンの高性能機をアピールしていた。

IMG_3223.jpg

ニコンD810のカメラバッグであるハクバ。写真用品機材の老舗だ。

IMG_3224.jpg

富士フイルムはブランディングが成功しており、特にレンジファインダータイプの高性能コンパクトデジカメはどれも欲しいものばかり。レンズとのラインナップも素晴らしい。
ちなみに14年ほど前は富士フイルムのファインピクス4700Zを使っていた。縦長のユニークな形をしたデジカメだった。

IMG_3226.jpg

このブログ記事用の写真はもっぱらキヤノンIXY640で撮影している。

IMG_3228.jpg

キヤノンブースで待ち合わせをしている男女がいて、邪魔だった。卓上の説明ボードを作った業者とかで自慢された。そうとは知らなかった。素晴らしい出来である。

IMG_3231.jpg

SONYはブログ用にサイバーショットDWC-WX50を使っていた時期があった。

IMG_3237.jpg

今最も欲しいおもちゃはドローンである。DJIのMAVIC AIRは豆腐程度のサイズでとても軽い。スマホをモニターにできる。

IMG_3241.jpg

各ブースでは写真家による説明会イベントを随時開いていた。ニコンブースはおなじみ、鉄道写真家中井精也先生の講演が大盛況。
只見線で撮影した写真を披露してくれたが、

IMG_3249.jpg

天気が違うけれども私の撮影した写真とは雲泥の差である。

IMG_2897.jpg

解説を聞くと、レンズを変えたりマニュアル露出をしたり、ホワイトバランスを変えたり、アンダー気味で撮影したりと、いろいろ操作をしているのだが、よく瞬時にその判断ができて最高の写真が撮れるものだと感心する。さすがプロとしか言いようがないが、どうやってその判断やカメラ操作ができるのか、私にはわからない。たぶん永遠にわからない。

リコーはペンタックスを吸収した。リコー製のうすべったいマルチアングル液晶のカメラを使っていたことがあった。

IMG_3253.jpg

腕がしびれるほどカタログをもらってきた。普段、手にしないようなものを中心にいただいた。それを読むのか、ましてや買うのか。

IMG_3260.jpg

昔のようにホイホイとは買えなくなってしまってさびしい。
| 写真 | 19:13 | comments(0) | - |


ニコンD5300使い方講習会に行く
高校時代から一眼レフカメラはニコンを愛用している。
現在、気合を入れたフルサイズ一眼レフはニコンD810を、旅先で気軽に映すためのAPS-Cの小型一眼レフカメラはD5300を使っているが、もっぱらD5300の出番が多い。

写真の基礎やこのカメラの使い方は一通り理解しているつもりだが、ときどきボタン(機能)がわからなくなったり、思いもよらない機能を見つけたりで、一度基本的なことを学ぼうと、ニコンプラザ新宿ショールームで開催された、D5600/5500/5300使い方無料講習会に予約をして参加してきた。

IMG_2313.jpg

カメラ持参なので、すでに購入者が対象である。電池はフル充電、SDカードはフォーマット済みを持ってくるように言われた。

IMG_2311.jpg

プロはホワイトバランスピクチャーコントロールなどを自在に操り、独自の作風を出している。しかしどうしたら思うような表現になるのかわからない。
このボタンのEFFECTSやSCENEは存在は知っているもののほとんど使ったことがない。

IMG_2315.jpg

講習会の内容は、ごく初心者やカメラを買ったばかりの人向けであったが、参考になった。
参加者は50代以上の雰囲気で女性もいた。周りを見ていると、先生の説明にまったく初めて聞いたというような人も多く、インスタばやりで高級カメラも売れ行きがよいみたいで、すそ野を広げるためにもこういう講座は必要と思った。

エフェクトモードの、ミニチュア(ジオラマ)効果
DSC_5346.jpg

トイカメラ風。
DSC_5347.jpg

カラースケッチ。
DSC_5349.jpg

これ以上のレベルの講座は有料であり、いつか受講したいと思っている。

併設のギャラリーではWINGS翼のある風景 D850 D500企画展 中野耕志写真展を開催していた。写真撮影OK、SNSで拡散してねという時代に即した写真展だ。

DSC_5354.jpg

飛行機と鳥の写真で、ほんの一瞬の、あるかどうかわからない瞬間のためにカメラを構えている。

DSC_5355.jpg

しかもピントは鮮明、近くで見るとパイロットの顔や鳥の目まではっきりわかる。

DSC_5358.jpg

これはニコンカメラの性能ゆえと謙遜しているが、これだけ鮮明な写真が撮れるとは。

DSC_5357.jpg

もう半世紀もその気になって写真を撮っているが、まったく上達しない我が情けなくなった。

  
| 写真 | 18:30 | comments(0) | - |


ニコンD5300の日付が勝手にずれて、また戻る
勝手に日付がずれる場合、「GPSの設定で衛星による日時合わせをOFFにするとよい」とのコメントをいただきました。ありがとうございます。


ニコンD5300を主に旅行用のカメラとして愛用している。日本中、そして世界各国を巡った、うらやましいカメラだ。



ところが、昨年暮れに関西方面にケータイ国盗り合戦ツアーをした際、日付が勝手にずれる謎の事象が発生した。

IMG_1891.jpg

これは12月17日の撮影分で、DSC_4441.JPGは17日の9:00の撮影だが、次のDSC_4443.JPGは16日の9:01と、24時間戻ってしまっている。もちろん、カメラの日付操作や時差の補正、サマータイム設定など一切をしていない。jpgファイルの日付だけでなく、Exif情報も同じくズレている。

DSC_4441.JPG
JR奈良駅前から奈良交通バスで近鉄奈良駅前に到着したところ。

DSC_4441.jpg

DSC_4443.JPG
バス停から近鉄奈良駅を望んだところ。時間差わずか1分なのに前日の16日になっている。

DSC_4443.jpg

これに日付のズレに気づかずに奈良から大阪、そして姫路に出た。撮影中に日付のズレに気づくなんてありえない。
姫路城の前で日付が正しく17日に戻った。

IMG_1892.jpg

DSC_4497.JPG
姫路城前。16日12:07。

DSC_4497.jpg

ほんのちょっと歩いたところ。
DSC_4498.JPG 17日12:07の、正しい時刻に戻った。

DSC_4498.jpg

電池交換も日付合わせも何もしていない。そのまま連続して撮影している。それなのに日付が丸一日戻って、再び正常に戻る。これはいったいどういうことか。

ニコン新宿サービスセンターに持って行ったが、このような事象は初耳とのこと。確かにネット検索しても出てこなかった。

修理は基盤交換になるが、2万円以上かかるらしい。このD5300は連番モードにしてもフォルダが変わると一部のファイルネームがダブってしまう事象があって、2016年10月に修理をしてもらっているのだ。その時の21060円の証書を持っていったら、今回も修理をするとそのくらいかかり、見積もりに1080円、見積もってもらって修理を断念するとキャンセル料で1080円、合計2160円が何もしなくてもかかってしまうと言う。
そしてこの事象は再現性が保証されていないので(必ずあるときに日付がずれると言う確証がない)、修理をしても直らない可能性もある。



標準ズームレンズ込みで65000円程度だったカメラにすでに2万円の修理費をかけており、またも2万円かけると10万円のカメラになってしまう。

その場で考えたが修理を断念して、ニコンD5700が出るのを待つことにした。
ちなみに、日付のずれに気が付けば、パソコン側のソフトで修正は可能だ。でも気持ち悪いし面倒。そもそも、10年以上に亘ってあらゆるデジカメを使ってきたけど、こんなの初めて。
レンズを拭いている場合じゃない。

  
| 写真 | 19:39 | comments(2) | - |


シルボン紙 レンズクリーニングペーパー カメラのメンテナンス
インスタグラムの普及でそこそこ高いカメラを手にする人が増えてきたという。スマホやケータイならともかく、ある程度のカメラを持っているならメンテナンスは不可欠で、特にレンズ交換式の一眼カメラなら、レンズや撮像子などの清掃は欠かせない。

富士フイルムレンズクリニーニングリキッドクリーニングペーパーを高校生時代から愛用していたが、ペーパーがなくなった。いや、高校時代のがなくなったわけでない。何度も買い足していたペーパーを使い果たしたのだ。

そこで新しいクリーニングペーパーを買うこととしたが、シルボン紙がよいらしい。ニコンのシルボン紙がAmazonで2束1550円で売っており、量も多いし値段も高いなと二の足を踏んでいた。

カメラの修理にニコン新宿ショールームに行ったら、なんと2束1080円で売っているではないか。

IMG_1897.jpg

さっそく買い求めた。

IMG_1900.jpg

レンズクリーニングリキッドはまだ残っているので、それをシルボン紙にしみ込ませてレンズを拭いてみよう。

IMG_1901.jpg

まず、レンズに砂ぼこりなどが付いていたらそれでレンズをこすることになるので、ブロアブラシでフコフコと吹き飛ばす。



しかしこのシルボン紙は扱いにくいな。毛羽立っておりフワフワしている。そのため1枚ずつ取りにくい。

IMG_1902.jpg

包んである紙をはがして、シルボン紙を出してみたが、じじいの手だから1枚1枚めくれない。

IMG_1903.jpg

ようやく1枚をはがすようにして、二つに折り、これで優しくレンズを拭く。リキッド(たぶん薄めたアルコール)を1滴垂らす。

IMG_1904.jpg

円を描くようにして拭く。リキッドのおかげで指紋などがとれるが、一方でリキッドのあとが付いてしまう。乾いても跡が付いています。

IMG_1905.jpg

仕上げに、もう1枚の乾いたシルボン紙でリキッドを拭きとるようにする。

IMG_1906.jpg

思ったよりきれいにならなかった。
思い切って強めに拭いたら、汚れが取れた。見た目、レンズにキズはついていない。
そしてケチケチしないで、1回の清掃に数枚使ってしまったほうが良いだろう。これだけの枚数だから、死ぬまでに使い切れないかもしれない。

しかも、このシルボン紙はどうやって保管する?。だんだんなくなるけど、そのうち包んでいる紙が崩れてバラバラにならないか?

レンズの拭き方はこの動画で勉強するように。
私の上記のやり方は間違っているようです;;;



カメラの外装のクリーニングはこの動画で。



  
| 写真 | 18:31 | comments(0) | - |


GPS位置情報をデジカメ写真のExifに書きこむ
移動した位置情報(緯度経度)を記録するGPSロガーのGT-730FLは安価で感度もよく、扱いもしやすい。



しかし付属のCanwayというソフトが貧弱で、このソフトを使っていては移動軌跡を描くことも写真に撮影した位置情報を書きこむこともまともにできないので、別の無料ソフトを使って写真に位置情報を書きこんでいる。

大前提として、写真ファイルの撮影日時と、GPSデータの日時を照合させて、その時間の位置情報を書きこむので、カメラの日時は秒単位で合わせておかなければならない。

写真ファイル(jpg)に撮影日時やカメラ名、レンズの種類、フラッシュの有無などの方法を書きこむ領域はExif(イクジフ)と呼ばれ、これは写真ファイルを右クリックしてプロパティを見ると、書きこまれているデータを見ることができる。

まずCanwayを使ってGT-730FLからログデータを抜き出す。

gps-7.jpg

次に、[ファイル]⇒[エクスポート]⇒[GPX]で、位置情報の記録フォーマットの一つ、GPXで書きだす。

gps-f.jpg

次いで、ニコンのフォトビューワー・現像ソフトのViewNX2で位置情報を書き込みたい写真を選ぶ。普通は旅行や結婚式などのイベントなど、写真のテーマごとにフォルダを切り分けていると思うので、そのフォルダの中から写真を選ぶ。
なお、ニコン製でなくても、どのメーカーのカメラで撮影したデジカメ写真(jpg)でも利用できるのでご安心を。

選ぶ写真の一番最初をクリックし、最後の写真をシフトキーを押しながらクリックすると、その間の写真すべてが選択される。

そして[編集]⇒[Log Matching]⇒[Log Matching]をクリックするか、上部のアイコン<Log matching>をクリックして、GPXファイルを書きこむモードにする。

gps-i.jpg

gps-j.jpg

右側に写真ファイル名、左側はGPXファイルを選んで追加する窓だ。

gps-l.jpg

設定ボタンを押すと、時差の修正などができる。

gps-k.jpg

写真の撮影時間と、GPS位置情報の時間データが照合されて、写真ファイルのExif領域に撮影位置(緯度経度)と高度がマッチングされる。


↑クリックで拡大

[保存]ボタンを押すと、写真データに位置情報が書きこまれる。
ViewNX2で撮影位置がグーグルマップ上にピンが立って表示される。



gps-b.jpg

ところで、位置情報を写真ファイルに書き込んだため、ファイルのタイムスタンプは撮影した時間でなくて書き込み作業をした時間に更新されてしまう。そうすると、ファイルを見ただけでは撮影日がいつかわからなくなる。
そこで、Exif情報には撮影日時が記録されているから、この日時でファイルの日時も復元してやる。

それにはF6 Exifという無料ソフトを使う。



[ツール]⇒[ファイル日付復元]で、日付を撮影時に復元したいフォルダを指定して[更新]すると撮影した日付に復元してくれる。これで写真ファイルの整理が楽になる。



Canwayで位置情報を写真に書き込めるような説明があるのだが、やってみると全くできないのでこういう面倒な方法をとっているが、ニコンのViewNX2はいろんな機能があってけっこう便利に使っている。

いずれも無料で、ありがとうございます。
| 写真 | 21:07 | comments(0) | - |


鉄道写真と「邪魔な人」を活かす
鉄道旅行が好きだが、乗り鉄なので撮り鉄というほどではなく、自分の旅の記録を写真に撮っているだけだ。それでもどうせ撮るならいい写真が撮りたい。芸術性というよりは、記録として良い写真であり、たとえばこのブログで皆さんにお見せしてもいいような写真を撮りたいと思っている。

ところで1980年の冬、北海道の今は亡き紅葉山駅(もみじやま・えき)で撮影した写真がある。

1980-03-02.jpg

乗り換え時間がないため、当時のフィルムカメラで急いで撮影したのだろう。それでも空を多目に入れて、荒涼感を出したのではないかと思う。

この写真に同じ列車から降りた老婆が映っている。歩行速度が遅いのか、私がホーム端に来て撮影しようとしたときに向こうからきてしまったのだ。

この荷物を持った老婆は邪魔だろうか。
少なくともほぼ40年後の今からすれば、この老婆が映っているからこそ、この寒々としたローカル駅の写真が活きているのだと思う。
ちなみに、フォトショップで老婆を消してみた。

1980-03-03.jpg

何の変哲もない写真になってしまった。

撮り鉄の中には、不用意に人や車が映ってしまうことを極端に嫌い罵声を浴びせる人がいるが、本来の鉄道利用者なのだから、それを忌避する権限はない。

同じく紅葉山駅の、駅前の写真。送迎なのだろうか、車が駅前正面に止まっていて、邪魔である。
しかしやはりほぼ40年後からすると、車のデザインがまったく異なるので、月日が経ったことの証明にもなっている。

1980-03-04.jpg

こういう、本来はないほうが良いと思った被写体であっても、撮りようによっては写真全体が活きてくるのだと思っている。むしろ、入れるべきだろう。どう活かせるかが腕のみせどころだ。

駅前でバスを待っているのだろうか、若者グループ。
観るとギターケースがある。今、ギターをする若者はどれだけいるか、「フォークギター」「若者」とも死語に近いのではないか。

1980-03-17.jpg

ギターを持って旅に出て、ユースホステルなどでみんなと歌うのが旅の一形態だったのだ。
これも今となっては、であるが、当時としても若者の生態を伝える写真になったと思う。欲を言えばもっと近づいて、テーマを明快にしたほうが良い写真だけれど。

ちなみに紅葉山駅は石勝線の開業で新夕張駅になった。高架駅の現在の姿。

DSC_2095.jpg

味もへったくれもないが、2055年ごろに見れば味のある、時代性を感じさせる写真になるのだろうか。

  
| 写真 | 12:17 | comments(0) | - |


| 1/20PAGES | >>