CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
宗谷本線 乗り納め 稚内駅
旭川駅で食事ののち、名寄駅行の普通列車に乗る。もう1時間あとの特急サロベツ1号に名寄で乗れるので、どうせなら鈍行で車窓を楽しみたいと思ったのだ。あいにくの雨だが。

DSC_1266.jpg

1両の鈍行。客はそこそこ乗っており、ほとんどが地元客でまともだ。

DSC_1269.jpg

比布駅は建て替えられた。界隈では大きな駅だろう。

DSC_1273.jpg

列車はだんだんと登って行く。三浦綾子の小説「塩狩峠」で一躍有名となった塩狩峠、そして塩狩駅だ。

DSC_1275.jpg

塩狩駅はかつて息子と車で来たことがあり、三浦綾子の旧宅にも立ち寄った。今から思うと、すごい人だった。小説は氷点・続氷点しか読んでいない。ちょっと無理のある小説だけれど。特に「続」。

名寄駅に着いた。お世話になった司法書士の高井先生の故郷だ。亡くなったけれど。

DSC_1291.jpg

JR北海道は名寄以北を廃線または誰かに譲りたいと考えている。経営を放置したい気満々だ。
だって、こんなところばかり走る。ほとんど人跡未踏の携帯電話も圏外になる場所多数。

DSC_1325.jpg

半分、うとうとしてすっかり疲れた。稚内駅にやっと着いた。新築になってから車で来たことがある。バイクでも来たし、逆に列車で繰るのは本当に久しぶりだ。

DSC_1327.jpg

261系はカーブで速度を落とさずに曲がれる振り子列車だけれど、今は振り子を使っていない。それ以上にGPS電波を寄せ付けない構造だとわかった。GPSロガーはずっと圏外だったし(駅からは反応した)、ケータイ国盗り合戦は朱鞠内を示す誤動作をした。
飛行機のB787はその窓の材質からGPS電波を通さないが、261系もそうだとは。

DSC_1329.jpg

礼文島のハイキングなのだろうか、年寄団体がたむろしていた。日本はどこに行っても何をしても年寄だらけで、年寄に頼るしかない。

DSC_1333.jpg

終着駅の標識はガラス越しに。

DSC_1335.jpg

駅は道の駅も併設されており、鉄道の駅だかなんだかわからない。

DSC_1337.jpg

しかし、そんなことよりも寒い、寒い。半袖の上に普通の長そでシャツを羽織っているだけで、札幌はこれでもよかったけれども、稚内は震えるほど寒い。このままで大丈夫か。

ドーミーイン稚内に投宿。

DSC_1339.jpg

ツインのシングルユースで、いっとき1万円を超えていて高いと思っていたら、ある日9990円になったので、1万円超えをキャンセルして予約しなおした。

DSC_1343.jpg

天然温泉大浴場があるので、青と赤と二つスリッパがあったけど、女が選ぶと思える赤のスリッパをはいて大浴場に行ってみよう。女が来たかと欲情する人がいるかもね。

| 旅行・鉄道 | 20:03 | comments(0) | - |


札沼線(学園都市線)乗り納め 新十津川駅
5時半に起きてリッチモンドホテル札幌駅前を後にする。
雨が降った跡があったが止んでいた。

DSC_1114.jpg

6時21分発の札沼線(学園都市線)で、まず石狩当別駅まで行く。

DSC_1117.jpg

しかし札幌を出たら雨が降り出した。

DSC_1124.jpg

石狩当別駅ですぐに乗換え、若い子がかなり乗っていたら、次のあいの里教育大駅でみんな降りて三人になった。
JR北海道はあいの里教育大駅から先を廃止したいで、駅ももはやボロボロである。

DSC_1136.jpg

石狩月形駅で鉄ちゃんが一人降りて客は3人になった。
知来乙(ちらいおつ)駅という難読駅もあり、それなりに楽しい路線である。

DSC_1139.jpg

ベチョベチョの雨の豊ヶ岡駅で鉄ちゃんが一人降りた。雨でなければこういう駅で降りても楽しいのだが、以前、江差線が廃止になると乗りに行ったらこんな雨で難儀した経験があるのでやめておいた。

DSC_1142.jpg

札比内駅で地元のお客さんが降りて、客は私だけになった。
JR北海道が廃止にしたいのがよくわかる。廃止にしてもまったく問題ない。

浦臼駅で降りたのは私一人。駅舎は無人。まったく人が来ない。入れ替わりで戻った列車は誰も乗っていなかった。

DSC_1156.jpg

雨が止んでいたので街を巡ろうとしたけど、まったく人がいない。不気味でさえある。

DSC_1165.jpg

1時間ほど時間をつぶし、終点の新十津川駅行の始発列車がやってきた。この列車には12人ほどの<大人の休日倶楽部会員パス>の年寄客が乗っていた。どこかでみたような顔である。鉄ちゃんの顔って同じような顔つきなのか。知っている人が乗っていてもおかしくないが。

DSC_1195.jpg

「お客様の中で鉄道旅行術を読んだ方はいらっしゃいますか」
おそらく全員がそうだと思う。かつての鉄道少年は鉄道じじいとなり、奥さんからさげすまれながらも、安い切符がある、もうじき廃線になると言い訳を行って、家を出ているのであろう。ご苦労なことである。

DSC_1210.jpg

新十津川駅はこれが日常であるかのごとく、鉄道マニアを受け入れていた。

DSC_1197.jpg

犬駅長までいる。子供が、自筆の絵葉書を鉄っちゃんたちに配っていた。私はもらえなかったけど。

DSC_1204.jpg

そして終電が出てしまう。知っている人は知っているが、浦臼〜新十津川駅は1日1往復しかなく、来た列車が始発で、それが戻ると終電なのだ。

DSC_1198.jpg

DSC_1214.jpg

平日は近所の幼稚園の子供たちが見送ってくれるが、日曜日のためそれはなくて残念だ。

DSC_1216.jpg

だが、母親に連れられた一人の男の子の「さようなら〜、また来てね」の声に送られ、終電は去って行った。

DSC_1224.jpg

新十津川駅はちょっと賑やかに、余生を過ごすのだった。

DSC_1225.jpg

乗ってきた列車で戻った鉄っちゃんもいたが、効率を考えると滝川駅に出るとよい。

新十津川町役場からバスが出ているのをネットで発見し、それに乗ると決めていた。ガラガラと雨の中をスーツケースを転がして徒歩3分の役場に行ったらびっくりポン。すでに長蛇の列ができていた。

DSC_1228.jpg

なんで知っているんだ。常識か。考えることは皆同じか。

DSC_1231.jpg

実は今から40年近く前、最初に札沼線を訪れた時も同じようなルートをたどってバスで滝川駅に出たのだ。

DSC_1235.jpg

滝川駅から特急カムイ9号で旭川駅に出る。指定席にしてしまった。Uシートで、スーパー北斗よりも快適だった。大人の休日倶楽部会員パスは6枚まで指定席を予約できるので、これが6枚目となった。

DSC_1252.jpg

旭川駅併設のイオンでランチ。次は稚内に向けて北上します。
| 旅行・鉄道 | 19:39 | comments(0) | - |


大人の休日倶楽部会員パスで北海道へ
大人の休日倶楽部会員パスが発売されているので、東北新幹線・北海道新幹線・スーパー北斗を乗り継いで北海道・札幌までやってきた。

DSC_1032.jpg

もともとこの旅行は2016年11月に行う予定だった。留萌本線の増毛支線が12月5日で廃止されるので、お別れ乗車に馬場君と行く計画を立てていた。ちょうど大人の休日倶楽部会員パスが発売される時期でもあった。
しかし、度重なる中国出張の無理がたたり腰痛になり断念した。すでに切符やホテルは予約してあり、みなキャンセルした。
馬場君には一人で行ってもらう羽目になり申し訳なかった。しかも12月21日に馬場君は急死したので、馬場君とのお別れ乗車もできず、残念の三乗くらいになった。

次は今年4月だ。こちらも大人の休日倶楽部会員パスやホテル、帰りの飛行機の予約を済ませていた。しかしクイズの収録が入ってしまい、ほかの人の都合もあってクイズ王がそれをキャンセルするわけにはいかなくなり、北海道旅行をキャンセルした。クイズに優勝したのがせめてもの救いだ。帰りの飛行機はキャンセル料が1万円になり、やむなく1泊だけ札幌にスカイマークで行って帰りの航空券を無駄にしないで済んだが、どっちが無駄だったのか。

そして今回の発売だ。香港出張と仙台出張が連続したそのあとだったが、決行した。来週はさらなる出張予定があったが、そっちを断った。こうして半年ぶりに実現した北海道旅行となった。

DSC_1034.jpg

ちなみにお題は「北海道廃線候補お別れ乗車の旅」だ。留萌本線や一部の駅が廃止になり、さらなる廃止候補がリストアップされている。一方の私も体力金力の限界を迎え、昔のようにきままに乗りつぶしができない状態だ。
双方のニーズが合致したようなもので、単なる乗りつぶしは今回が最後になると思う。

朝8時20分の<はやぶさ21号>は最速列車のため、発売日の15時に高性能券売機で予約したが窓側はすでに全部売り切れていた。10時の発売開始に大人の休日のじじいどもが買い占めたのだろう。しかたない。

朝食代わりの仙台牛タン麦ごはん。

DSC_1039.jpg

朝なので軽い食事で十分で、こぶりなこの弁当にしたが正解。麦ごはんで牛タンをサンドしたもので、おいしかった。

DSC_1040.jpg

はやぶさは全車指定で満席だが、デッキに座り込む乞食のような人たちがいた。切符が取れず、それでも行かなければならない人たちなのだろう。車掌はどういう切符を売りつけるのだろう。自由席がないのだから、自由席特急券を売るわけにもいかないし、席がないのに指定席券を売るわけにもいかないと思う。ましてや無賃や大宮で下すわけにもいかないだろうし。

関東から東北はどんより曇っていたが、青函トンネルを抜けると青空が広がった。
さわやかな良い天気だ。

DSC_1047.jpg

新函館北斗駅に着いて在来線に乗り換えるが、いつも混雑。いつもって、北海道新幹線の開業日と今日の2回ですが。

DSC_1052.jpg

昔の渡島大野駅だから、ホームも狭い。列車に乗り遅れるかと思った。

DSC_1056.jpg

なんとか乗り込み、新函館北斗駅のラッチ内キヨスクで買った北海道産和牛べこ辯を食べる。すきやき風とそぼろのミックスで、これもおいしい。しかしごはんがサンドみたいに硬くなっていた。どこか、ほかの駅弁にもこのパターンがあったが思い出せない。

DSC_1061.jpg

大沼と駒ケ岳が見えて、北海道に来た実感がする。しかし新幹線との比較だが、在来線特急は狭いですね。これで4時間座りっぱなしなのだから、よろしくない。

旅のお供にバニラアイスとアーモンドチョコも買い求めた。東海道新幹線のスジャータみたいにカチカチでなくてすぐに食べられた。

DSC_1072.jpg

そしてJR北海道の客室乗務員はニコニコして余裕をもって対応しており、JR東日本(NE=日本食堂エンタープライズ)のそっけない対応よりもはるかにいいです。JR北海道があんな状態だけれど、自信と誇りを持って車販をしています。客数が違うと言えばそれまでだけど、プロ意識が違うと思いました。

廃駅となった美々駅あとを通過。11月は降りる予定だったのだが。

DSC_1094.jpg

かっこいい女性ライダーが脇の道路を走ってたが、バイクで北海道はもはや体力的に無理だと悟った。

DSC_1099.jpg

今日は東京から札幌までの移動だけで乗りっぱなしだったけれども、明日からも乗り乗りです。

| 旅行・鉄道 | 20:39 | comments(1) | - |


香港からANAプレミアムエコノミーで減塩メニューを食べて帰国
6日間の香港出張を終えて帰国した。

ワーニーガンドンホテルには6泊した。灣仔駅から近く、イベント会場の香港会議展覧中心にも近くて便利だった。
しかしアメニティは海外のホテルと言えどもやや劣る。部屋も狭くてスーツケースを広げると横歩きをしないと向こうに行けなかった。

朝食付きで、これを6回食べた。

IMG_7152.jpg

野菜炒め、焼きそば、チャーハン、ベーコン、ソーセージ、スクランブルエッグ、豆は変わらないメニューだった。
点心は海老シューマイだったり南瓜饅頭だったり、多少のバリエーションがあった。いずれもとてもおいしいとは言い難く、「食べられる」というレベルだった。
おかゆはおいしかったし、中身のないまんじゅうもおいしかった。フルーツはすいかが甘い時と甘くない時があったけれども、ざっくりと切ってあり食べごたえがあった。

IMG_7154.jpg

別件の企画書を書いて、ホテルを出ると雨。香港駅からエアポートエクスプレスで空港へ。
プライオリティパスのラウンジは行列ができていた。

IMG_7156.jpg

ANAはユナイテッドラウンジを使うようになっていたが、上の階、下の階と店を見ていたので、結局ラウンジはどこも使わなかった。

IMG_7157.jpg

そしてANAの乗り場に行くとアナウンスで呼び出された。チェックインのとき、スーパーフライヤーズカードを見せてプレミアムエコノミー席が空いていれば無料アップグレードするようにお願いしていたのだ。

IMG_7158.jpg

中央3列の真ん中が空いているとのことで、そこに座ることとした。

IMG_7160.jpg

しかし機内に入ってキョロキョロすると、もっと出入りしやすい席が2席空いていた。まぁ、仕方ないが納得しない。予約してあるかはわかっているから、あとから有料で座る人のために「いい席」は空けておいたのだろう。

IMG_7165.jpg

席に着いてシートベルトまでしたら、悪天候のため出発が少なくとも25分遅れるとのアナウンス。

食事は行きと同じく減塩メニュー。チャーハンと白身魚、じゃがいもとベーコン。レモン絞りのサラダとフルーツで、小皿もう1つは水だった。ほかの人はうどんやマヨネーズで和えたサラダだったみたい。

IMG_7162.jpg

とびきりおいしいわけではないが、まぁ食えた。

飛行機は50分遅れで羽田空港に着いた。長い出張でしかも立ちっぱなしで、それなりの緊張もあったし、疲れた。足が痛い。しかもよく見ると右ひざをどこかにぶつけている。まったく記憶にないが。

香港に次回来ることがあるのか、いろいろな事情で微妙だ。
それに、いつまでこんな体力を使う仕事ができるかわからない。でも、死なない程度に頑張ります。
| 旅行・鉄道 | 23:15 | comments(0) | - |


香港ディズニーランドに行く
機会を活かして香港ディズニーランドに行ってきた。

IMG_7034.jpg

日本の観光情報を香港人に伝え、日本に何度も来ていただくインバウンドの仕事をしているが、逆に香港の観光情報も知って、香港人の考えや魅力を得るポイントを知るのも大事だと思う。

都心部から地下鉄で28.5ドル。
乗換駅からは専用車両。日本のモノレール、ディズニーリゾートラインの雰囲気。

IMG_7028.jpg

中に入る前にディズニーランドホテルに行き、ディズニーキャラクターの飲茶をいただく。とびきりおいしいわけではないが、よく作ってある。中身の具は全部違った。



入場券は大人589ドル、約8900円で日本より高い。

IMG_7077.jpg

メインストリートから眠れる森の美女の城を観たら、あれれ、小さい、チンケだ。向こうの山と比較しても低く、がっかり。

IMG_7084.jpg

香港人が何度も日本のディズニーリゾートに来るのがわかった気がした。

冒険の国はかなりスターウォーズ仕様。ステージは子供たちとの寸劇。ダースベーダーが出てきて、最後はやられるのであろう。

IMG_7104.jpg

R2D2やチューバッカと写真を撮れるサービス。本当に動くのである。

IMG_7106.jpg

しかし3時過ぎから雨が降ってきた。一時は近来まれにみる日焼けするほどの日照だったのだが、よくわからない天気だ。

IMG_7119.jpg

おとぎの国のイッツアスモールワールドは、コンセプトや歌は同じだけれども中の出し物は違う。キャラクターも登場していた。日本はリニューアル中だから、今度はキャラが出るのかもしれない。

IMG_7122.jpg

東武ワールドスクエアみたいな、ディズニー作品に登場する城の数々のミニチュアランド。

IMG_7134.jpg

そしてトイストーリーランドは雨でほとんどのアトラクションが運休中だった。

IMG_7135.jpg

ジャングルクルーズは英語解説船に乗ったけれども、おもしろかった。洪水になりかけたり、火山が噴火したり、アトラクションも日本より進化していた。

IMG_7136.jpg

船から降りた園内には、イエローストーン国立公園をほうふつさせる間欠泉があったりもした。

IMG_7138.jpg

ホーンテッドマンションらしき屋敷もよくできていた。

IMG_7140.jpg

最初はチンケと思ったし、雨のハンデがあったけれども、面白く楽しかった。ちょうどよいサイズなのである。
日本やアメリカのようにいくつものランドがあったり、長蛇の列があるわけでない。どのアトラクションもとぐろの待合スペースが無駄なほどすいていたので、乗りたいアトラクションにはみな乗れた。

スタッフのホスピタリティも香港にしては上出来だろう。そもそも日本のレベルを求めるべきでない。

しかし、それでも香港人は日本に来て東京ディズニーリゾートに行く。やはり日本はすごいと思うし、身の程を知った展開が大事だと思った。
| 旅行・鉄道 | 23:16 | comments(0) | - |


ANA減塩メニューを食べながら香港へ
3月のマレーシア以来の海外出張。去年は毎月のように海外に行っており、今年はペースが遅いが、このくらいでないとやってられない。

朝5時過ぎに起きて、朝6時半新宿発のリムジンバスに乗ればほぼ満席。こんな時間からガイジンさん多し。

IMG_6606.jpg

香港へ行くのに羽田でなく成田なのは、VIP対応のため。
香港に行くのは当分ないと思い、珍しいことをしてみようと、いつもはキライで使わない自動チェックイン機を使ってみました。

IMG_6608.jpg

ANAカードをかざしてパスポートスキャンをして、ベロベロ〜と荷物タグが出てきた。

IMG_6616.jpg

しかし、荷物は結局は人のいるカウンターに持っていく。ここでプレミアムエコノミーへのアップグレードを頼んでみたら、予想していた通りこの飛行機にはプレミアムエコノミーがなく、プライオリティ(優先)のオレンジ色の札を付けてもらった。

IMG_6618.jpg

どのみち、人のいるカウンターに行ってごちゃごちゃ話をするんだよね。
あまり時短になっていないと思う。係員の数を減らせているのかも疑問。
そして、顧客満足度は明らかに低下している。

エコノミーだけれどSFCなのでファーストクラスやビジネスクラスのゲートから入る。荷物チェックはスイスイ。

IMG_6619.jpg

さらに、写真は撮れないけれども、自動化ゲートでパスポートの出国審査をした。スタンプを押してもらえなかった。なんかさびしいが、シドニー空港も自動化だったし、そういう空港が増えている。

ANAのラウンジでカレーライスときつねうどん、サンドイッチとサラダを食べる。食べすぎだろう。
カレーは羽田空港が、きつねうどんは成田空港のほうがおいしいと思う。

IMG_6623.jpg

搭乗口はビジネスクラスが一番長蛇。これはSFCの功罪だろう。そのうちSFCが締め出されるのかと、みな不安に思っている。

IMG_6626.jpg

そして優先搭乗で香港へ。

IMG_6627.jpg

たいてい、右側の窓側に座り、地形を確かめるのが趣味。
東京は小雨模様だったが、静岡あたりからよく晴れていた。南アルプスの谷間。

IMG_6628.jpg

セントレア、中部国際空港

IMG_6633.jpg

関西国際空港と、向こうに見えるのは明石海峡大橋と淡路島。

IMG_6637.jpg

大鳴門橋と右は淡路島、左は徳島県鳴門市。

IMG_6642.jpg

5月に飛び立った徳島空港と徳島市の街並み。
徳島市は川が多いと聞いていたが、上から見るとまさにその通りだ。
また行くことができるのか、複雑な気持ちだ。

IMG_6643.jpg

10時に出発して11時過ぎに早くも減塩メニューが。普通の食事はこのあとまとめて配膳する。しかし9時にカレーだきつねうどんだとたらふく食べて、もうチキンのランチとは早すぎる。

IMG_6652.jpg

そこそこおいしかった。
機内では読書をしようと重たい本をバッグに入れてきたが、眠くて本もつまらなくてほとんど読まず。
機内映画で「美女と野獣」を観たが、これもつまらず、うとうとしていた。

やっと着いた香港国際空港。ワイファイの電源を入れて、LINEやらメールチェックやら。

入国審査のゲートに並び、自分の番が来る直前に顔面蒼白になった。
パスポートがないのである。あれ、機内で入国カードに記入した時は確かにあったのに、そのカードごとない。
ショルダーバッグの荷物を全部出してみたけれども、ナイ。
全部確認したけれどもナイ。

やむなく係員に「パスポートを機内に忘れた」というとインフォメーションに行けという。インフォメーションはE1カウンターのJARDINEに行けと、ポストイットにメモしてくれた。しかしその手書き文字がよく読めず、頭の2文字を解読して乗継案内のJAPAN AIRLINEの窓口に行くと当然ながら用を得ず。というより、今から思うと向かいに行けと言ったんだよね。
しかし向かいにANAはない。ここはANAカウンターに行くべきだろう。

ANAカウンターはW1と、500mくらい離れた空港の反対側。そこに行ったらANAのカウンターは閉まっていた。こうなるとは思わなかった。
再び500mを戻る。ヘタをするとVIPがついてしまう。それよりも自分は外に出られるのか。パスポートは、おそらく乗ってきた飛行機の席付近に落としたのだろうが、その飛行機が日本に戻ってしまったら面倒だ。

イミグレに戻り、べつの係員に聞いたらあっちと指差すがそこにJARDINEはない。さらにその近くの別の係員に聞いてもあっちと指差すがそこにもない。そして指差す付近の係員に聞いたら、一番はしのカウンターだった。

IMG_6656.jpg

でもそこにはJARDINEって書いてない。ジャーディン・マシソンのことか。安全旅遊としか、出ていないぞ。
HELPDESKと書いたほうが良いと思うし、最初のインフォメが「安全旅遊」と示せばよかったんだろ。

で、JARDINEで話すとどこぞに電話をして、10分待てという。7分くらい待ったら、男女の係員がやってきた。
なんと、手に私のパスポートが。
ありがと〜〜、ちゃんと拾ってくれていたんだ。ありがたやありがたや。サンキュー、謝謝、多謝。

しかも、荷物はグルグルから出てしまっている。係員の一人がそこまでついて来てくれて、無事、保護されていた荷物を受け取れた。

IMG_6658.jpg

VIPとも無事遭遇し、今日の仕事は順調に終わった。

それにしても、パスポートを一時的でも紛失するとはなにごとぞ。さらにエラソーにそれを書くとは末期症状である。
| 旅行・鉄道 | 22:04 | comments(0) | - |


那須塩原に出張
世間から観ればなんでこれが出張かよと言うような仕事が時々舞い込む。
しかしやってるほうは至って真剣で、かなり高度な知見を駆使してやっている。

毎度の東北新幹線で北へ。
東京駅の駅弁屋祭で何を食べようかと物色するのが楽しみだが、今回は福井駅の焼き鯖寿司にした。

D8C_4129.jpg

滋賀県の長浜では焼き鯖素麺があり、焼き鯖は魚の保存方法として西のほうではメジャーなのだろうか。

D8C_4131.jpg

一口サイズに切られており、中にかんぴょうと漬物が仕込まれていた。
醤油を書けないでも十分な味付けだ。

D8C_4134.jpg

小山〜宇都宮間で食べ終え、那須の山並みと青々とした田圃が迫ってくる。

D8C_4137.jpg

那須塩原駅で下車。こんな駅で降りる人はいるのかと、自由席にしたがごそっと降りたのでびっくりした。

D8C_4141.jpg

温泉や軽登山のレジャー客以外にも、ビジネス客っぽいのが大勢降りた。

お出迎えの車で那須へ。
途中、恋人たちの聖地という、日本中にある観光名所に行ったら、それは素晴らしい眺めだった。

D8C_4159.jpg

桂由美女史がプロデュースしているみたいだが、ここは恋人たちだけの聖地にしておくのはもったいない。

D8C_4156.jpg

今日がいい天気だから聖地に見えるだけであって、昨日は台風みたいな天気だったらしいので、観光は何事も天気次第である。
| 旅行・鉄道 | 21:17 | comments(0) | - |


| 1/122PAGES | >>