CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
タイ国際航空エコノミークラスで帰京
長かったバンコク出張から戻った。イベントは日曜日までやっているが土日は人に任せた。

ホテルで5時55分に起き上がり、NHKワールドプレミアムをつけて「ひよっこ」を日本時間で観る。時差2時間だから6時から始まるのだ。駐在員家族もコレで観ているのかな。最近はビデオのどこでも視聴ができるから、違うかな。

IMG_8647.jpg

目の前の、クイーンシリキットナショナルコンベンションセンターにつながる道路が5時から9時まで閉鎖され、マラソン大会になるとのこと。

IMG_8650.jpg

戻りはかなりまばらである。

IMG_8653.jpg

オリンピックなどで活躍するタイ人を知らないが、それでもスポーツ熱はあるようだ。横浜マラソンにだって出る選手がいたかもしれない。

その後、レストランで朝食。どうやら1回1600円くらいするらしい。
今日の卵料理はフツーの目玉焼きにしてもらった。

IMG_8654.jpg

またも食べすぎた。ただし今日は帰国するので食事が不規則になるから、食べられるときに食べておいたほうがいいと思う。

IMG_8655.jpg

地下鉄でペッチャプリー駅まで19バーツ、そこからマッカサン駅へと長い渡り廊下を歩く。

IMG_8658.jpg

エアポートレイルリンクARLに乗り換える。券売機はどの駅でも必ず1台は壊れている。窓口で切符(トークン)を売っている場合と、両替だけする場合とがあり、マッカサン駅では売っていたみたいだがいずれにしても長蛇の列であった。空港まで35バーツ。
合わせて54バーツで所持金6バーツになった(約20円)。予定通り。

IMG_8661.jpg

エアポートレイルリンクはシティラインとエクスプレスラインとがあったが、エクスプレスは長らく休止している。暑いシティラインホームで待つ。

IMG_8663.jpg

欧米系も多く、身体も荷物もでかいので、こういうのが飛行機の隣に来るとイヤだなと思う。

IMG_8665.jpg

電車はHISのドラえもんのラッピング広告のごく普通の電車で、要するに京急で羽田空港国際線に行くノリであった。

IMG_8666.jpg

空港に入るとすぐがタイ国際航空のエコノミークラスのチェックインカウンター。係員にスターアライアンスゴールドのカウンターを聞くと、一番端っこだった。
しかも手前はドメスティックで国際線は奥だった。

IMG_8670.jpg

カウンターでビジネスクラスにアップグレードできるか聞いたがダメでした。お盆で駐在員一家が帰国するのか、かなり混んでいました。

さらにすぐ目の前の搭乗ゲートは国内線で、やむなく中央に戻るようにして国際線ゲートに向かう。

IMG_8671.jpg

エコノミークラスに乗るのだから見栄を張らないでそのままエコノミーカウンターでチェックインすればよかった。しかし空港のレイアウトもよろしくない。上級席を入口すぐに配置するべきではないか?

タイ国際航空のラウンジを使わせてもらう。ロイヤルシルクラウンジだ。

IMG_8674.jpg

一通りの食べ物がそろっており、麺も調理してもらえるようだ。

IMG_8676.jpg

サンドイッチをもらった。具の味付けの違いもあり、日本のほうが口に合う。ケーキがことのほかおいしかった。

IMG_8677.jpg

広くてガラガラ。中国人のガキがゲームを音を立ててやっているので席を離れた。

IMG_8678.jpg

延々歩いて搭乗口は一番端っこ。まるでタイムトンネルですね。わかる人、いるかな。
実は搭乗が1時間遅れるのは昨日メールが来て知っていたが、さらに遅れた。

IMG_8679.jpg

機内食は、CAがチキンとんかつビーフカレーというので、とんかつにしたらチキンかつだった。それってとんかつとは言わないんだよ。

IMG_8682.jpg

日本そばが付いていたが、用心して食べないでおいた。

すごく遅れて羽田空港着。着陸の衝撃で天井の羽目板が外れたのはびっくりぽん。

IMG_8683.jpg

やっと日本に帰ったというのが実感です。帰宅は12時を過ぎていました。
いい年こいて1日12時間立ちっぱなしの海外展示会イベントなんてやるもんじゃないです。海外出張は好きだけど、そろそろ引退か。
| 旅行・鉄道 | 11:08 | comments(0) | - |


サイアムパラゴンと伊勢丹に行く
イベント会場の設営が15時からなので、それまで市内の商業施設を視察する。
商業施設だが、イベント会場にもなる大規模な施設だ。

クイーンシリキットナショナルコンベンションセンター駅から地下鉄で一駅のスクンビット駅へ。同じ駅と言ってよいアソーク駅へ構内で乗換え。川崎市は麻生区(あさおく)だ。

今度は高架鉄道BTSに乗ってサイアム駅に。そのつど切符(トークン・カード)を買い替えないとダメで面倒だが、Suicaみたいな共通電子カードができるとかまだできてないとか、ピッとやっている人がいたのでできたのかもしれない。
サイアム駅の目の前がサイアムパラゴンという高級デパートになる。

IMG_8302.jpg

ランボルギーニを久しぶりに見た。ベンツやBMW、マセラッティなどの、日本でも誰が乗るのかという車が展示販売されているのだ。

IMG_8304.jpg

5階のイベント会場の前では、これからトヨタ自動車のイベントが始まるところだった。どうも入場は招待制みたいで自由に入っている人がいないので敬遠した。

IMG_8311.jpg

伊勢丹には炎天下を歩いて10分。伊勢丹そのものはしょぼくてどうするんだという客の入り。しかし店の前の巨大サイネージは効果があると思う。

IMG_8322.jpg

サイネージの前が広場になっており、市場ができていたし、周囲に歩道橋が延々と続いていて、かなり注目されているのだ。

昼なのでランチはマクドナルドに。
海外に来ると一度は味試しで食べている。

IMG_8331.jpg

アンガスビーフの特別メニューがあって、それにした。コーラはリフィルで飲み放題だけれども、お代わりするのが面倒でした。

IMG_8333.jpg

いったんホテルに戻り、荷物をもってイベント会場の設営に向かった。

IMG_8373.jpg

滞りなく設営は終わりました。明日から本番です。
| 旅行・鉄道 | 23:33 | comments(1) | - |


モデナバイフレイザーバンコックは新しくて食事もおいしい
バンコク出張で泊まっているのホテルはモデナバイフレイザーバンコック(Modena by Fraser Bangkok)。イベント会場のクイーンシリキットナショナルコンベンションセンターの目の前で便利なうえに新しいホテルできれいだ。

IMG_8345.jpg

カーブを描くようなバブリーなデザイン。
しかしロビーは狭い。これでもレストランもジムもある。

IMG_8284.jpg

FYI CENTERというビジネスセンターもあり、同じデザインで統一されている。美しい建物だ。

IMG_8285.jpg

食事つきプランで泊まっており、朝、2階のレストランに行った。

IMG_8279.jpg

こじんまりしているがアイテム数も多く、卵料理はコックが任意に仕上げてくれる。ターンオーバーを頼むことにしている。コックは目玉焼きを作ってフライパンから浮かせてくるりと裏返した。上手だ。



どの料理もおいしく、チキンのしょうが炒めやチャーハンが特においしかったし、ポテトもこういう焼き方は珍しい。たいていは冷凍のフライドポテトなのだ。

デザートにフルーツとヨーグルトを食べたけれども、ハウスメイドらしいがこれまた甘さが適度でおいしかった。

IMG_8282.jpg

明日は何を食べようか、楽しみになる朝食だ。

IMG_8283.jpg

部屋は新しいのできれい。冷房は効きすぎるくらいなので寝るときは止めている。テレビは50インチくらいデカイ。窓からの眺めもいいことにしておく。冷蔵庫もヘアドライヤーもある。バスタブでなくてシャワーだけれどもかまわない。シャワートイレでないけれども、日本じゃないから仕方ないだろう。
難点は周囲にコレと言った食事処がないことか。10分以上歩かなければならない。
| 旅行・鉄道 | 22:19 | comments(0) | - |


タイ国際航空ビジネスクラスでバンコクへ
タイのバンコクに出張。だいたいはANAを使うのだが、夏休みのためかかなり高くて往復14万円してとてもじゃないけれど乗れない金額。そこでやむなく同じスターアライアンスのタイ国際航空を予約した。80520円。

IMG_8186.jpg

スタアラなのでANAのマイルは付くがラウンジは使えないだろうし、合計24kgするパンフレットをハンドキャリーすることになってしまったので、ANAならばANAスーパーフライヤーズカード会員のため荷物はもう1つ無料で持てるけれども、さすがにそれは無理だろうとがっかりしていたところ、

IMG_8188.jpg

なんとANAラウンジが使えて荷物も50kgまで無料だった。ありがとうタイ国際航空!。
やっぱり無理してでもプラチナ会員になってスーパーフライヤーズカードをもってよかった。

IMG_8190.jpg

ラウンジではおいしいカレーやサンドイッチ、ちょっとしょっぱいマカロニサラダなどを食べまくり、おなかがいっぱい。

IMG_8199.jpg

ラウンジを後にして…

IMG_8200.jpg

搭乗ゲートに向かったら長蛇の列。しかしスターアライアンスゴールドメンバーのレーンがあって、スイスイで通れた。
けれどもチケットをバーコードリーダーに通したらアラームが鳴って入れない。
だがだが、脇に呼ばれてなんとビジネスクラスに無料アップグレードしてくれた。
こちらからそういう要求をしたわけではない。どうもありがとう、ANA地上係員&タイ国際航空!!

IMG_8206.jpg

椅子は電動リクライニング。ほぼフルフラットになって実に快適である。テレビモニターもでかい。

IMG_8212.jpg

シャンペンを飲んだりオレンジジュースとナッツを食べたりしてうとうとしていたら、いつの間にか飛んでいた。

IMG_8214.jpg

台風5号を新派したけれども、雲の切れ間に関空も見えて晴れてきた。

IMG_8217.jpg

5月にお遍路さんを結願して思い出深い徳島市上空は吉野川が茶色く濁って海にそそいでいたので、山のほうは台風の被害はどうだったのだろう。

IMG_8223.jpg

機内食はタイ飯、洋食、松花堂弁当から選べるので、洋食にしたらビーフがなくなっちゃってとか言い訳をする。ビジネスクラスはまばらなのでなくなるわけないだろと思ったけれども、松花堂弁当にした。たいしてうまくなし。タイで作って冷凍で積んでいるのか。

IMG_8220.jpg

だがデザートのアイスクリームは色とりどりのゼリーで装飾されていて、インスタ映えしていた。

IMG_8225.jpg

快適楽ちんでスワンナプーム国際空港に着きました。
どうもありがとうございました。

IMG_8229.jpg
| 旅行・鉄道 | 22:33 | comments(0) | - |


ANAスイートラウンジがテレビで公開 阿部祐二はダイヤモンドメンバー
28日金曜日のNTV「沸騰ワード10」は航空業界特集だった。
この中で、ANAのファーストクラス用のラウンジ「ANAスイートラウンジ」が紹介された。テレビでラウンジが紹介されるのは初めてではないか。しかも羽田空港のスイートラウンジは私も行ったことがない。

IMG_8018.jpg

ちなみに成田空港のスイートラウンジがコレ。2010年にファーストクラスでロンドンに行った時で、あまり記憶がありません。パリのドゴール空港のメシがサイテーにまずかったのを覚えているが。



番組ではまずはビジネスクラス用ラウンジ(普通のラウンジ)を愛用している高橋真麻35歳に密着し、ANAラウンジの紹介をした。
ANAラウンジは私もいつも愛用している。

真麻はビールサーバーの至近で外の見えるカウンターの右端が愛用。天候や飛行機の発着情報が見られ、下げ膳が隣と言うメリットがあるという。

最初にヌードルバーで山菜そば山菜多目を頼んでおき、そばができるまでの時間でチキンカレーを盛る。そばにはカレールーを載せてカレーそばとしても楽しむ。とかなんとかをエラソーに紹介。

そこに、ANAの最上級会員で、スイートラウンジの取材を申し込んでいる芸能人が到着。真麻がスイートラウンジ前に行くと、レポーターの阿部祐二がやってきた。

IMG_8028.jpg

阿部はダイヤモンドメンバー。暦年で10万プレミアムポイントを獲得しないと得られない。しかも毎年特典を受けるならば、毎年この条件をクリアしなければならない。

IMG_8019.jpg

真麻が、搭乗ゲートでカードをタッチした時の音が違うと紹介。ティロリロリ〜ンと鳴るらしい。

IMG_8023.jpg

スタジオの出川哲朗が「僕もダイヤモンドメンバー」とカミングアウト。

IMG_8025.jpg

実は、阿部祐二と出川哲朗はあれだけ海外取材が多いので、マイルが貯まりまくっているなと思っていた。なるほどな、あのくらい乗らないとダイヤモンドメンバーにはなれないんだ。修行もお金がかかりすぎて、私にはムリ。

さらに阿部は「ミリオンマイラー」だと言う。生涯で50万マイル以上獲得している人で、スイートラウンジが生涯無料で使えるのだ(200万マイル以上)。

IMG_8026.jpg

50万、100万、200万、300万マイルごとに豪華なネームタグがもらえる。これは普通のANAラウンジに展示してあるが、私ですら、神領域で無理である。



IMG_8027.jpg

阿部は年間100回以上スイートラウンジを使うらしい。それほど飛行機に乗っているのか。ちなみに、国内線にもあります。

IMG_8029.jpg

阿部の紹介でスイートラウンジを見るが、かなり広い。普通のラウンジと入口が対面しているけれども、内部はゆったりとしている。

IMG_8031.jpg

すると、シートは個室タイプでマッサージチェア。テレビも1台ずつ付いている。

IMG_8035.jpg

1杯1400円はするシャンパンが無料でふるまわれ、

IMG_8036.jpg

シャワールームのアメニティは持ち帰りOK、

IMG_8038.jpg

そして肝心のビュッフェコーナーではハーゲンダッツアイスクリーム3種類が食べ放題。

IMG_8039.jpg

そしてチキンカレーの薬味は4種類で、しかもパックに入っていない。

IMG_8040.jpg

唐辛子もスイートラウンジは長野県善光寺製である。

IMG_8041.jpg

レストランコーナーもあり、フルコースメニューが無料で食べられる。

IMG_8042.jpg

ちなみにダイヤモンド会員になれば、エコノミークラスに乗っても、このサービスが受けられる。ビジネスクラスやファーストクラスは機内でもそれなりの食事が食べられるから、ラウンジでフルコースを食べては、機内で食べられないだろう。

IMG_8044.jpg

私はプラチナメンバー(5万プレミアムポイント)を得るために、出張と通常の旅行に加え100万円をかけて修行をしたが、さらにその倍の10万プレミアムポイントを得ないとダイヤモンドメンバーになれず、生涯スイートラウンジが使えるようになるなら、生涯の累計で50万マイルを得なければならず(今20万マイルくらい)、これはムリである。
だれがなるのかと思っていたが、やはり海外取材の多い芸能人や、表に出ないがそのディレクターなどが多いだろう。

あるいは、海外17拠点に営業網を持つ会社の社長とか。

| 旅行・鉄道 | 12:25 | comments(0) | - |


佐渡を観光バスで巡る 佐渡金山は世界遺産に相当する
一夜明けて、「夕日と湖の宿あおきや」の朝食は、アジの開きを自分であぶって食べる。

IMG_7683.jpg

「身のほうを下に」と仲居さんに教えられ、そうして焼く。

IMG_7685.jpg

加減がわからなかったが、おいしくいただけた。あまり焼かないほうがおいしいと思う。
あおきやは老朽化は否めないが、サービスも食事もよく、悪くなかった。しかし今後の経営は厳しいだろう。

送迎バスで両津港まで送っていただき、新潟交通佐渡の観光バスのゴールデンロードBコースに乗る。



まずは佐渡奉行所跡へ。
佐渡は金が取れることから徳川幕府の天領になり、奉行所が置かれた。建物はすべて失ったが再建・復元されたのがこの施設で、なかなか見事だ。

IMG_7706.jpg
IMG_7704.jpg

奉行様が会議をする部屋。一番豪華なつくりだ。
ちなみに下級役人は廊下は板の間しか歩けず、畳敷きは上級役人と奉行様だったらしい。派遣社員はエレベーターを使うなというブラック企業があるらしいが、江戸時代かよ。

IMG_7691.jpg

裁判所であるお白洲。奉行は最後の判決文を読み上げるだけで、審議そのものは役人がしていたらしい。

IMG_7694.jpg

このお白洲に座ってみたが、玉砂利で足裏のツボが刺激されて痛い。

そして金の勝場(せりば)。1粒たりとも逃さない執念が感じられる。金の採掘は昭和になってから飛躍的に伸びた。これはダイナマイトを使ったことと製錬技術が揚がったからだろう。

IMG_7702.jpg

内部もきれいに復元されていた。

IMG_7701.jpg

その後バスは佐渡金山へ。道遊の割戸(どうゆうのわりと)と呼ばれる、露天掘りで山が二つに割れた場所がすごい。

IMG_7707.jpg

坑道の内部は二つに分かれており、

IMG_7722.jpg

宗太夫坑と呼ばれる江戸時代の坑道に入ってみる。もう一つは明治の坑道だそう。

IMG_7710.jpg

写真で見ていたが、内部はリアルな人形で当時の鉱夫たちの様子が再現されている。

IMG_7714.jpg

劣悪な労働環境で、みな短命だったらしい。すべて人力のため、体力の消耗も激しかっただろう。江戸時代に生まれなくてよかった。

金のインゴットを持ち上げて穴から出す遊びがあり、やってみたがまったく持ち上がらない。しかし30秒以内で取り出した人が2172人もいるらしく、どういう手をしてるんだ。

IMG_7720.jpg

佐渡金銀山は今月末に開かれる文化庁の審査で世界遺産登録を目指すらしい。それなりの価値はあると思う。

さらにバスは大佐渡スカイラインという狭くて急な山道を登る。

IMG_7736.jpg

白雲台という展望台に着いたら眺めの良いこと。佐渡の地形がよくわかる。加茂湖方面に白い滑走路が見えるが、現在では使われていない佐渡空港だ。

IMG_7731.jpg

自衛隊のレーダードーム。通称ガメラドーム。
ここへの道路は一般車通行止めである。

IMG_7734.jpg

下って、佐渡の味いちばというドライブインで海鮮丼の昼食である。

IMG_7740.jpg

味噌汁が鉄鍋で、これはなかなか期待ができる。

IMG_7737.jpg

しかし海鮮丼はまずかった。こんなもの、まずく作るほうが難しいと思う。ごはんがまずい。ネタもよくない。

IMG_7738.jpg

隣のスーパーのアイスで口直しをした。

そしてバスは両津港へ。楽しかったし佐渡金山は素晴らしかったけれども、トキは見られなかった。だからと言って、再び来ることはあるまい。

ジェットフォイルで新潟港に出て、バスで新潟駅へ。海鮮丼の口直しに駅にあった健康寿司海鮮家で寿司をつまむ。ここは安くておいしかった。

IMG_7742.jpg

新幹線ホームに上がると現美新幹線が来ていた。実物を見るのは初めて。

IMG_7744.jpg

そして各駅停車のMAXときでヘロヘロになって帰京した。
| 旅行・鉄道 | 21:44 | comments(0) | - |


佐渡へ初上陸 国盗りは533か国へ
佐渡汽船のジェットフォイルで佐渡の両津港に上陸した。所用は65分でとても速いと言えよう。

IMG_7664.jpg

佐渡に上陸するのは初めて。そして最後ではないか。

IMG_7668.jpg

佐渡汽船のパックツアーで、船と宿と観光がセットになっている「ジェットフォイルで行く佐渡体験パック」があり、それで申し込んだ。かなり割り引かれているらしい。

宿は「夕日と湖の宿あおきや」にした。ずいぶんと古い宿で、老朽化は否めないが、かといって建て直すこともできないだろう。現に、隣の宿はつぶれていた。

IMG_7687.jpg

部屋の窓から加茂湖がきれいに見えた。汽水湖で、筏は養殖の牡蠣だそう。

IMG_7677.jpg

夕食は付いておらず、外で食べようと思っていたけれども、グーグルストリートビューで観たら周囲には何もないところなので、急きょつけていただいた。3240円。

IMG_7678.jpg

牡蠣が陶板焼きで登場した。おいしかった。

IMG_7679.jpg

さらにカニもついており、格闘した。足の身は少々スカスカだったが、ミソはおいしかった。

IMG_7681.jpg

とても蒸し暑い天気だったので温泉が気持ちよく、部屋のエアコンをガンガンにかけて仕事のメールの処理をした。佐渡で東京やタイ・マレーシアとやり取りしているって、すごいと思うけど当たり前になっている。

ところで、佐渡に渡ったのはケータイ国盗り合戦で離島がどうしても未獲得になってしまっているので、それをクリアする意味もある。



今回で佐渡をゲット。533か国になり、北陸道も100%クリアとなった。



しかし西日本がかなり残っており、先は長い。
| 旅行・鉄道 | 21:06 | comments(0) | - |


| 1/124PAGES | >>