CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
バトゥー洞窟とイスラム美術館:クアラルンプール
マレーシアはムスリムの国として知られているけれど、多民族国家のためほかの宗教も熱心な信者がいる。
クアラルンプール市街から電車で30分程度の終点「BATU CAVE」駅からすぐに、ヒンズー教の聖地、バトゥー洞窟がある。

DSC_0656.jpg

続々と主にインド系のヒンズー教徒が集まる。祈り方は立って手を合わせているので、仏教徒同じ棚と思った。しかも像に対して拝んでいる。

DSC_0664.jpg

洞窟は崖にあるので、建物の奥には崖がそびえている。

DSC_0648.jpg

そして名物はサルであり、襲われないように目を合わせないでおく。

DSC_0657.jpg

駅から前座の建物や参道の土産物屋を横目で見てまっすぐ歩くと、メインのバトゥー洞窟になる。金色の巨大な像の脇に、これでもかという階段がそびえる。

DSC_0676.jpg

お金を払って階段を上ると、ありがたーい洞窟があるらしいが、この階段を登る元気がないので、断念した。


電車で戻って、クアラルンプール駅に行って降りる。ここはクアラルンプール市の昔のメイン駅だが、今ではすっかりさびれて、そもそもどこが出口かわからない。工事の資材が散乱する出口らしきから出ると道路で、駅前にはマレーシア鉄道局が威厳をもって建っている。かつての、東京駅前の国鉄本社に相当する。

DSC_0710.jpg

車の途切れるのを待って鉄道局側に道路を渡り振り返ると、クアラルンプール駅がそびえる。こちらも見事な建物だ。

DSC_0714.jpg

しばらく歩くと、国立モスクが建っている。屋根が青いので、青いモスクとも呼ばれる。

DSC_0721.jpg

その向かいの黄色い建物はTV局のアルジャジーラだ。ムスリム圏の放送局として知られている。

DSC_0723.jpg

さらにその先の白いガラス張りの建物が、イスラム美術館だ。

DSC_0724.jpg

ありがたーい、コーランなどが展示されている。

DSC_0738.jpg

陶磁器や織物、昔の武具などが、秩序なく展示されている。彼らなりの秩序があるのかもしれないが。

DSC_0737.jpg

不思議なのは絵画や彫像がないことで、これは偶像崇拝を禁じているイスラム教ならではだろう。

建物の屋根にはドームがあり、ピンクドームと、

DSC_0740.jpg

ブルードームがあって、それぞれ美しい。

DSC_0745.jpg

クアラルンプールはいくつもの観光名所があるし、ショッピングやグルメにも満足できる施設が多い。
人々もやさしいので、ぜひ訪れてください。
| 旅行・鉄道 | 22:57 | comments(0) | - |


JALで「ラ・ラ・ランド」と「この世界の片隅で」を観る
今年最初の海外出張はクアラルンプール。毎年この時期に国際観光展が開催されるので、行くのは1年ぶりだ。
クアラルンプール便はANAは羽田空港から、JALは成田空港から毎日運航している。しかしANA便は時間が悪く、早朝にクアラルンプールに到着するので、駐在員のような家がある人ならともかく、旅行者はホテルに着いてもチェックインできないか前日からの予約をしてアーリーチェックインをするしかなく、比較すれば時間帯のよいJALにした。

11時5分発のため9時には成田空港に到着していたいので、7時10分新宿駅西口発のリムジンバスで向かった。幸いにもよい天気で旅行日和。

チェックインののちイミグレを通ってラウンジに向かった。
しかしパスポートを見ても日付印が押された形跡はない。散々探して、2014年ごろのちょっと空いているところに押していやがった。24ページ以降は白いのになんで押さないんだ。四国のお遍路さんの御朱印帳はお寺ごとに場所が決まっているが、パスポートはそうはいかないのか。



JALのラウンジは混んでおり、なんとか座れた。ANAもいつも混んでいる。ビジネスクラスに乗らないでも、JGCやSFCの上級会員に一度なり、クレジットカード会員にさえなれば、エコノミークラスに乗っても使えるので、およそ場違いな客がいて混んでいるのだと思う。私もその一人だが。

DSC_0431.jpg

予約時にほとんど満席で、四人掛けの真ん中しか空いていなかったけれど、チェックイン時に通路側が空いていたので席を変えていただいていた。しかしモニターが映らない。リセットしてもらっても映らない。今回は、「ラ・ラ・ランド」と「この世界の片隅で」を観ようと張り切っていたのにがっかりである。そこでCAに「ワイファイの無料券があればそれでいいけど」と交渉してみたけれども、そういうものはないという。プロモーション番号の入ったサービス券を機内に用意しておけばいいのに、収拾がつかなくなるのだろう。で、席替えをしてもらった。

四人掛けの真ん中の一番前の席で出入りがしやすいところが空いていた。
ラ・ラ・ランド」はいかにもアメリカ人がすきそうなミュージカル映画。これがヒットすれば「ウエストサイド物語」のリメイクもアリだなと思った。

IMG_0387.jpg

引き続き「この世界の片隅で」を観た。これはもうすごい映画。「君の名は。」が大ヒットしたけれども、絵の繊細さは「君の名は。」に匹敵する。すごい時代考証をして戦中の呉や広島、そして人々の暮らしを再現している。絵のタッチは違うけれども、繊細さは負けじ劣らじ。

IMG_0388.jpg

ヒロインのすずは18歳で嫁ぐけれども、当時はそれは普通。今の結婚年齢が遅れているだけのことだ。そして数名の子供を授かり、戦地に送ったのだから、昔の女性はすごかった。

うとうとしていたら、豪雨のクアラルンプール国際空港に到着した。
| 旅行・鉄道 | 22:58 | comments(0) | - |


フルムーン夢の日本一周一筆書きの旅5日間 読売旅行
新聞の折り込み広告に、読売旅行の初売りチラシが入っていた。国内外さまざまなツアーが細かく掲載されていたが、ひときわ目立ったのが、フルムーン夢の日本一周一筆書きの旅5日間だった。

IMG_3780.jpg

日本一周へGO!! 北海道・北陸・九州・東海道 各地の新幹線で行く! 
日本最北端の駅・稚内駅から日本最南端のJR駅・西大山駅まで
(1.2)札幌市内連泊 (3)金沢市内 (4)九州・指宿温泉 

人気のご当地駅弁と人気の車窓これぞまさに鉄道の旅ならではの醍醐味!
あなたの街の最寄りJR駅よりご出発でおふたりで20.44万円〜29.6万円
しかもうれしい12食付き!ご夫婦合わせて10種類のこだわりのご当地名物駅弁に舌鼓


北海道・東北新幹線、北陸新幹線、九州新幹線、山陽新幹線・東海道新幹線を乗り継いでの5日間の旅だ。
ただし、いくつか突っ込みたい点がある。

IMG_3779.jpg

フルムーン夫婦グリーンパスを利用するため、その注釈が書いてある。

◆フルムーン夫婦グリーンパス利用のコースです。お二人の年齢を合わせて88歳以上のご夫婦がご参加いただけます。
◆ご夫婦のいずれかが70歳以上の場合はお二人で5000円引きになります。※当日年齢を確認できる身分証明書をご持参ください。
※特に表記がない列車は普通車指定席の利用となります。


まず、一筆書きとあるが、一筆書きは同じ駅・線路を通らないで移動する旅程を言う。東北新幹線なんて行って帰るんだからダブるのも甚だしい。一筆書きではない。

IMG_3778.jpg

次に、せっかくフルムーン夫婦グリーンパスを使うのに大部分が普通車で、帰りの新大阪から東京までのひかり号だけグリーン車とはもったいない。おそらくグリーン車の仕入れができないからだろうけれど、それなら個人的に行ったほうがグリーン車を予約できてよいのではないか。

2012年に、フルムーン夫婦グリーンパスをで文字通りの日本一周をしたことがある。JR6社をすべて回る5日間だった。
かつては北斗星やトワイライトエクスプレスなどの夜行列車がまだ走っており、これらを組み合わせることで5日間が有効に使えた。しかしほとんどの夜行列車がなくなってしまった今、5日間で多少の観光を含めながらの日本一周は難しくなった。

けれどもチラシを観ていたら再びフルムーン夫婦グリーンパスでの旅行をしたくなった。東京在住の私にとって行きにくい・なじみがうすい、山陰や紀州を廻る旅にしてみたい。いつの日になることやら。
| 旅行・鉄道 | 20:55 | comments(0) | - |


2016年は海外旅行10回、国内合わせ68泊
今年は本当にたくさんの仕事をしたし、その結果、国内外への出張も尋常ではなかった。
記録を整理したら
海外旅行10回
 (出張8回、プライベート2回)、
  インドネシア、バンコク、マレーシア、香港、オーストラリア、マカオ、中国広州、アメリカ、中国上海、中国深圳。
国内旅行6回
 (出張2回、プライベート4回)
  北海道、愛媛県、徳島県・高知県、青森県、高知県・愛媛県

だった。国内は日帰り旅行・出張もあった。
こんなにたくさん出かけた一年は、もう二度とないだろうし、いかに旅行が好きだとは言え、たいへんだった。

2月は、ジャカルタから夜行便で羽田空港に着き、朝、妻に喪服を持ってきてもらって羽田空港の多機能トイレで着替え、神戸空港に飛んで恩人の葬儀に出て新幹線で帰京し、翌朝バンコクに飛んだことさえあった。
9月は30日のうち日本にいたのは5日しかなかった。

どこに泊まったか、Googleマップにプロットした。
まず、宿泊地のリストをエクセルで作る。日付、ホテル名、住所、電話番号、泊数とした。

2016stay-4.jpg

そしてCSV形式に変換してこちらの方法でGoogleマップのマイマップに取り込んだ。

これが世界地図。ピンが宿泊地で、濃い青は複数泊した土地だ。


↑クリックで拡大

日本を起点として、東アジア、東南アジア、豪州、そしてアメリカ西海岸と、TPPってやっぱり経済的に関係が深いんだなと思わす布陣である。逆に欧州はご無沙汰だし、南米・アフリカはまだ行ったことがない。

アメリカ西海岸のグランドサークルとよばれる奇岩地帯を家族で回った。また行きたいとの声も聞こえる。


↑クリックで拡大

日本は、四国でお遍路さんをしたので、四国に集中している。今年は九州・沖縄には行かなかった。北海道の札幌にも泊まっていない。


↑クリックで拡大

利用航空機はANAを主体とした。しかしプレミアムポイントは28,939ポイントと3万にすらならず、ブロンズステイタスにすらなれなかった。11月に予定されていたホーチミンに行けば、いや札幌往復すればなんとか獲得できると思うが、それ以上の特典があるスーパーフライヤーズクラブに入っているから、今からする気もない。



昨年、ANAマイルを吐き出して9月のアメリカ旅行のビジネスクラスに充当したものの、1年ちょっとで8万マイルを超えているのはたいしたものである。JALのマイルは5月の豪州旅行で吐き出したが、すでに1万マイルを超えている。そしてスカイチームにも加入した。

来年は仕事をセーブしてもっとのんびりしたい。とか言っている口も乾かないうちに、あそこへ行きたい、こっちに行きたいと妄想を始めている自分がいる。

| 旅行・鉄道 | 21:15 | comments(0) | - |


車いすでANAに乗り、広州から帰京
広州・深圳出張から帰国しました。
今日は午前中に支店に寄って残務整理。なんと広州東駅を見下ろす、鉄ちゃんにはたまらないロケーションだった。

IMG_3359.jpg

一度ホテルに戻って、日本とのメールのやり取りで原稿を書いたり指示を出したり。便利な世の中だ。
ちなみに中国はGmailなどGoogle系のアプリが使えないが、VPN(ヴァーチャルプライベートネットワーク=仮想私的通信網)を使って、別のネットワークに入って使えるようにしている。面倒だ。

そして昼過ぎにチェックアウトし、広州白雲国際空港まで送っていただく。
どうもありがとうございました。

ANAカウンターでチェックインすると、行きと同様に車いすの予約が通っていた。歩けるのだが、長い距離や長い時間だと腰が痛くなる。なので広い空港はこのサービスがあるなら車いすのお世話になったほうが負担が少ない。

カウンターの中国人係員は日本語が喋れるが「フゥーチェ」と繰り返すのでなんだと思ったら「wheelchair=ホィールチェア=車椅子」のことだった。wheelchairは英語だから日本語の「車いす」を教えたほうがいい。

搭乗口に行く前に、依頼されているジャスミン茶を買いたいと言ったら売店を問い合わせてくれて、なんとおねいさんが一緒に付いてきてくれた。そして空港係員のIDカードを売店で見せてくれて社割の1割引にしてくれた。日本人みたいに親切だなあ。

IMG_3362.jpg

その後、カウンターに戻って車いすで制限区域へ。

GOPR0686.JPG

イミグレも<特殊通導>のレーンでスイスイ。ありがたやありがたや。
ラウンジまで送ってもらい、何が入っているかわからないようなサンドイッチの昼食。

しばらくしたら、なんと先ほどの車いすを押してくれたおねいさんがラウンジの中まで車いすを持ってきてくれて私を見つけて搭乗口まで送ってくれた。よくラウンジの中でわしがわかったと思うが、中近東系が多い中の東アジア系だったからだな。

ANAの搭乗口は一番端っこなので車いすで送っていただいて助かった。

IMG_3367.jpg

飛行機はガラガラ。
12月になって、機内のビデオからシン・ゴジラが終わっていた。君の名は。はまだやっていたが、オーディオをずっと聞いていました。

15時5分の出発で、15時50分には夕食を出している。寝ていたのでスルーされて助かった。免税品を売るなどのほかの都合もあるだろうが、いくらなんでも夕食時間が早すぎる。
目覚めたころにCAが「お食事が用意できておりますが」と来たので「日本時間の6時ごろ(広州時間の5時)にお願いします」と頼んだら、その通りの時間にハンバーグディナーを持ってきてくれました。

IMG_3369.jpg

実はハンバーグがずっと食べたかったんだよね。うどんもついていてラッキー。これがそばなら憤慨したけれども。

羽田空港国際線ターミナルでは飛行機を降りたところに車いすがお迎えに来ており、イミグレは乗務員ゲートでスイスイ。ロビーには妻が車で迎えに来てくれていて、ありがたやありがたや。

これまた食べたかった吉野家(空港にある)で牛丼をダメ押しの夜食ということで食べて、帰宅しました。

IMG_3372.jpg

これで今年の海外出張はたぶん終わり。国内旅行も予定がない。というか腰を治さないと。
来年は身の振り方を変えないと、身体が持ちません。
| 旅行・鉄道 | 23:42 | comments(0) | - |


ANAで車椅子で案内され広州へ
おそらく今年最後の海外出張。今年はプライベート含めて10回渡航した。国は8か国(インドネシア、タイ、香港、マカオ、マレーシア、オーストラリア、中国広州、アメリカ、中国上海、中国深圳)。1年間の海外旅行の記録を更新した。
かつては、こういう世界をまたにかける仕事をしたかったけれど、いざしてみると、疲れる。もういい、という感じだ。

ANAのラウンジでおいしいカレーメインの朝食をいただく。

IMG_2916.jpg

ラウンジは二か所あり、イミグレを入って右は混んでいるが、左は意外とすいている。

IMG_2918.jpg

さて、毎回ムスリムミールやヒンズーミールなどの特別食を頼んでいるとんでもない面倒な客であるが、今回は食事はフツーで特別なリクエストはしなかったけれど、車椅子を頼んだ。
2週間前の上海出張で、前から具合の悪かった腰をいよいよ痛めてしまい、刺すような痛みが腰全体を覆ってしまった。鍼灸のおかげでだいぶ良くなったが、まだまともに歩けない。しかも予約した時は出張できるかの瀬戸際だったため、「歩行困難なお客様」として、車椅子をリクエストした。
いろいろ試したがる客だ。

ラウンジに8時半に迎えに来てくれるというので、外に出たりして待っていたが来ない。8時38分におねいさんがやってきた。

IMG_2920.jpg

そして尾根遺産に車椅子を押してもらい、搭乗口に。ここからはバスなのでタラップをよたよたと登った。

IMG_2924.jpg

食事はカルビ弁当かパエリア。カルビ弁当にした。

IMG_2928.jpg

でも9時25分に飛び立って、食事は10時20分の、まだ大阪上空で出た。広州時間なら9時20分だ。思わず「これってランチ?」と聞いてしまったほどだ。
片付けの都合があるだろうが、これは自社の論理でのみのサービスだ。客の腹減り具合を考えるなら、せめて九州を通過してからにしてほしい。全部食べましたが。

広州まではモニターで「君の名は。」をまたまた見てしまい、ストーリーの裏がだいぶわかるようになってきた。これ、ブルーレイが出たらシン・ゴジラともども買ってしまいそう。あとは「後妻業の女」。

そして広州白雲空港に着き、ほかの客が全員降りてからヨタヨタと案内され、またも車椅子に。おかげでファストパス状態でイミグレもスイスイで通過し、荷物のターンテーブルからも中国の小姐がスーツケースを引き上げてくれて、楽ちんだった。
空港の建物内に待合の椅子はなく、表のバス乗り場の椅子で待機。気温は温かいが風があって寒かった。

IMG_2930.jpg

そして支店からのお出迎えの車でホテルへ。ありがとうございました。

IMG_2934.jpg

バスローブもスリッパもミネラルウォーターもあって快適です。
明日から、腰痛再発に注意しつつ頑張ります。
| 旅行・鉄道 | 17:50 | comments(0) | - |


ANAでヒンズーミールを食べながら上海へ
日曜日に徳島県から帰って今日から上海に出張だ。
毎回、ANAの特別食を食べるのを楽しみにしており、今回はヒンズーミールにした。インドに多いヒンズー教徒に適した料理を出してくれる。

機材は混んでおり、B787のプレミアムエコノミー席への席替えもできなかった。
ラウンジも混んでおり、上級会員を増やすのも考え物だろう。年間12万プレミアムポイントを獲得しなければなれないダイヤモンド会員やファーストクラス客には別のラウンジを用意しているけれども、座る席を探すのも苦労だし、トイレ大も長蛇の列だ。

搭乗ゲートを観たらびっくりしたのが、ダイヤモンド会員が長蛇の列になっていることだ。
こんなに年間10万プレミアムポイントを獲得している人が多いのか。相当搭乗していないと無理だけれど。



ヒンズーミールは待たされた。これまで特別食は先に出してくれたのだが、今回は後回しになった。



中身はチキンカレーとコーンカレーのあいがけだった。周囲はカレーのにおいが充満したことだろう。申し訳なし。



味はまあまあか。飛行機でカレーが食べられるとは思わなかったが、やればできるんだな。



サラダはさつまいものサラダ。総じて味の評価はまあまあだった。



泊まるホテルはホリデイイン上海錦繍。交通不便で地下鉄駅まで徒歩10分はかかる。



しかし部屋の広さや設備はとてもよく、快適だ。中にはバスタブに浸かると体中が腐りそうなバスタブホテルがあるが、こちらはきれいで湯潅してもらってもいい。



| 旅行・鉄道 | 23:36 | comments(2) | - |


| 1/120PAGES | >>