CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
#半分青い 新キャストに有田哲平、小関裕太ら。鈴愛の"発明"とは?
7月から新章が始まって、まったく別のドラマのようになってきたNHK朝ドラ「半分、青い。」。昨日、さらに新しいキャストが発表され、今後の展開がますます見えなくなってきた。

まず、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の有田哲平が朝ドラ初出演することになった。しかも脚本の北川江吏子先生が、有田を想定して「アテ書き」したという。

0ajkx7s2.jpg

有田は岐阜県東美濃市梟町の、鈴愛(永野芽郁)の実家であるつくし食堂に、突然現れたうさんくさい男、津曲雅彦を演じる。津川雅彦ではない。津曲(つまがり)だ。
かつては大手広告代理店に勤めていたが、独立し、“ヒットエンドラン”という会社を立ち上げている。商品プランニング、マーケティング、コンサルティングと、さまざまな事業を展開しているというが、具体的に何をしているかは不明で、後に鈴愛の人生に大きな影響を与える……という役どころだ。
まるでオレみたい。

確かに「半分、青い。」が始まった当初、鈴愛は「発明をする」とアナウンスされており、その伏線か幼い鈴愛と律が糸電話やゾートロープ(アニメーション映画の原型の回転覗き絵)を作るシーンがあった。早稲田大学に進学した律(佐藤健)もロボットを発明したいとその道に進む。

小西真奈美は津曲の妹で主婦の加藤恵子役。

3dgam2js.jpg

小関裕太は、両親とも日本人だがアメリカ生まれでアメリカ育ち、ヘンな日本語を使うつくし食堂で見習いとして働く青年・健人(けんと)役。

gi5hsksh.jpg

鈴愛の部屋を自分の部屋として使う。それにしても人を雇う経費をつくし食堂が出せるのか。仙吉じいちゃん(中村雅俊)はご存命なのか。

鈴愛の幼馴染ブッチャー(矢本悠馬)の姉・西園寺麗子(さいおんじ・れいこ)役で山田真歩が出演し、「花子とアン」の宇田川満代先生以来の登場で、ファンもうれしいことだろう。ブッチャーの姉というタカビーな性格は宇田川先生のまんまである。

そして、鈴愛の発明の製品開発部分の原案協力をすることを、ユニークな家電で知られるバルミューダの寺尾玄社長が発表した。

vzm7g3rm.jpg

バルミューダは、世界で初めてDCモーターを搭載した扇風機「GreenFan」を2010年に発表し、扇風機に100年ぶりの革命を起こしたとも言われている。特許技術の羽根で自然界の心地よい風を再現し、運転音が静かな点も特徴だ。

2012年には循環気流を使った新コンセプトの空気清浄機「AirEngine」を発売。2015年にはキッチン家電分野に参入し、スチームを使った「BALMUDA The Toaster」は、高額にもかかわらず発売以来の大ヒットが続いている。

今回の原案協力では、寺尾社長がバルミューダを立ち上げてから経験した、ものづくりのエッセンスが劇中でどう描かれていくのかを注目ポイントとしている。

なんか、ますます楽しみになってきた。1粒で5度くらいおいしいのが「半分、青い。」だろうか。

  
| 映画・テレビ | 21:06 | comments(0) | - |


#半分青い 永野芽郁・間宮祥太朗 新展開で別のハナシに
NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」が7月で折り返し点にきて、まったく別の物語のように新章に突入した。
環境も登場人物も一新され、今後の展開が気になる。

岐阜で暮らす楡野鈴愛(永野芽郁)は漫画家の秋風羽織(豊川悦司)を頼って東京に出てきて、何冊かの単行本を出すまでの漫画家になる。しかし現実は厳しく、鈴愛の才能の翼は折れ、漫画家を引退。紆余曲折の末、100円ショップ大納言でアルバイトをしている。

IMG_5910.jpg

運動会の書き入れ時の臨時バイトとしてやってきた森山涼次(間宮祥太朗)と意気投合した鈴愛は出会って6日で結婚を決める。涼次は映画監督の元住吉祥平(斎藤工)の助監督で映画製作に携わるが、ITバブル崩壊でスポンサー筋からの資金提供が途絶え、とても不安定な状態にある。

IMG_5907.jpg

だが、人柄でパートナーを選んだ鈴愛。もっとも鈴愛も鈴愛で漫画家と言う夢がかなったけれども、長続きはしないで挫折を味わっている。

結婚式のビデオには秋風先生、菱本、ユーコ・ボクテ、中野方、奈生、ブッチャー、貴美香先生などの懐かしい前章の人々が祝福の言葉を寄せており、これは台本にない、役柄になりきってのアドリブだったらしい。

IMG_5913.jpg

でも、一番知らせたい、来てほしかった幼馴染の萩尾律(佐藤健)の姿はなかった。家族ぐるみの付き合いだった、律の親たちもおそらく出席していなかったのだろう。

そして涼次と住む新居は涼次の三人の叔母たちの家の離れ。トタン屋根の粗末な、もともとは物置として使っていた部屋だ。涼次は長姉の息子だったが、三歳の時に事故で両親が亡くなり、以後、叔母たちに育てられた。

IMG_5915.jpg

しかも涼次は鈴愛からの結婚資金やおばたちからの祝いの金をどうやら映画製作に使ってしまったらしい。

それにしても、どうしてこんなロクでもない夢を追うだけの将来性のない男と結婚させたのだろう。こうなっちゃダメですよ、という戒め(いましめ)なのだと思う。

  
| 映画・テレビ | 08:58 | comments(0) | - |


この世界の片隅に TBSテレビ 松本穂香・松坂桃李
こうの史代原作の漫画で、アニメ映画が大ヒットした「この世界の片隅に」が、TBSテレビでドラマ化された。
毎週日曜日夜9時から。

kk-3.jpg

昭和18年(1943年)、広島市に住む浦野すず(松本穂香)は、嫁にしたいという人が現れ、呉市に嫁ぐ。北條周作(松坂桃李)とその両親らと過ごし始めたすずは、戦時下の厳しい統制の中でもつつましく幸せを感じながら暮らす。

IMG_5901.jpg

失敗を重ねながらもたくましく明るく生きるすず。その生き方に多くの人が感動した。

ドラマはアニメとそもそもの尺数(放送時間)が数倍異なるので、より細やかに描かれる。アニメではさらりと流された遊郭の女白木りん(二階堂ふみ)との関係も深く描かれるはずだ。

そしてTBSドラマの特徴として現代のシーンがあり、近江佳代(榮倉奈々)と江口浩輔(古舘佑太郎)が登場し、過去と現代をつないでいく。

IMG_5903.jpg

それにしても、キャストの多くがNHKの朝ドラ出身者というのに改めて驚いた。

IMG_5904.jpg

北條(浦野)すず … 松本穂香(ひよっこ)
北條周作 … 松坂桃李(梅ちゃん先生)

水原 哲 … 村上虹郎
刈谷幸子 … 伊藤沙莉(ひよっこ)
堂本志野 … 土村 芳(ごちそうさん)
浦野十郎 … ドロンズ石本
浦野すみ … 久保田紗友(べっぴんさん)
浦野すず(幼少期) … 新井美羽(わろてんか)
黒村晴美 … 稲垣来泉(とと姉ちゃん)
白木リン … 二階堂ふみ

近江佳代 <現代篇> … 榮倉奈々(瞳)
江口浩輔 <現代篇> … 古舘佑太郎(ひよっこ)

黒村径子 … 尾野真千子(カーネーション)
刈谷タキ … 木野 花(あまちゃん)
堂本安次郎 … 塩見三省(あまちゃん)
北條円太郎 … 田口トモロヲ
浦野キセノ … 仙道敦子(おしん)
北條サン … 伊藤 蘭(こころ)
森田イト … 宮本信子(あまちゃん)

↓クリックで拡大↓


なお北川景子主演日本テレビでも2時間ドラマ化されている。これはアニメ化より前だ。

  
| 映画・テレビ | 16:22 | comments(0) | - |


タイムレス AXN 盗まれたタイムマシンと歴史を守る3人
タイムトラベル、タイムスリップものが好きだ。
それは誰もが持つ、過去への後悔。「あのときああしていれば」そう思うことは誰にでもあるし、だからこそ世界中にタイムトラベル物語が氾濫しているのだけれど、私もまた後悔しかない人生だった。

ケーブルテレビのAXNでタイムレスが再び放送されているので、今回は録画して観ている。

tl-1.jpg

秘密裏に開発されたタイムマシンが、元諜報員のフリンに盗まれた。
男が向かった先、そこでは“現代”に重大な影響を及ぼした出来事が起きていた!
この緊急事態に集められたのは不揃いな3人組:

歴史学教授のルーシー、
tl-4.jpg

軍人のワイアット、
tl-5.jpg

タイムマシンに精通する黒人のルーファス。ルーファスは差別のある過去には行きたくないが、タイムマシンのパイロットなのだ。
tl-6.jpg

歴史を変えさせないため、彼らはタイムマシンの試作機に乗り、フリンを追いかける!
果たして、3人は歴史を守ることが出来るのか…!?そして、フリンの目的とは…!?

tl-3.jpg

フリンは何らかの目的があり、アメリカの歴史を変えようとしている。そして試作機でフリンを追う三人は歴史を守ろうとする。つまりリンカーン暗殺は阻止してならないし、ヒンデンブルグ号は爆発させなければならない。

tl-7.jpg

だが、3人が現代に戻ると現代は変わっている。
病気で瀕死の母は元気でいるし、妹は存在していない。自分は婚約しており、自分の生い立ちがわからなくなる。

tl-8.jpg

過去の大事件の現場にタイムトラベルをするドラマは、かつて「タイムトンネル」があった。日本ではNHKが1967年に放送し、白黒のボケボケテレビで必死になって観た。
タイム・トンネルに入り込んだトニーとダグの二人組が、毎週、歴史上の重要ポイントで騒動を繰り広げる。初回はタイタニック号だった。
プラモデルがあって、組み立てた。

タイムレスも歴史の重要ポイントに旅をするが、50年前とはSFXが格段に進歩しているし、リッテンハウスという謎の団体や、なぜフリンが歴史を壊そうとしているのかと言った謎が随所に散りばめられており、単なるSFもの以上に楽しめる。

シーズン1は16話だが、シーズン2の製作も決まっており、楽しみだ。
また、往年の名作タイムトンネルのDVDメモリアルBOXも8月に発売されるようで、これも楽しみ。

  


| 映画・テレビ | 18:34 | comments(0) | - |


映画「空飛ぶタイヤ」を鑑賞 長瀬智也・深田恭子・高橋一生
池井戸潤原作、長瀬智也主演の映画「空飛ぶタイヤ」を鑑賞してきた。



原作は三菱自動車のタイヤ脱輪による死亡事故、そしてリコール隠しをモデルにした経済小説である。

父親から経営を引き継いだ赤松運送の赤松徳郎(長瀬智也)は、自社のトラックのタイヤが突然脱輪し、空を飛んだタイヤが主婦に当たり死亡させてしまう事故に遭遇する。トラックメーカーのホープ自動車は整備不良と結論付けた報告書を国土交通省に提出した。
一度は金髪の整備士門田駿一をクビにした赤松だが、門田は見かけによらず法定点検以上にキチンと整備していた。赤松は門田を呼び戻し、整備不良に納得ができずホープ自動車を疑いだす。
そこで中小企業VS大企業の戦いが始まる。

まったく取り合わないホープ自動車カスタマー戦略課長の沢田悠太(ディーン・フジオカ)は社内の極秘会議の存在を知り、赤松の話に耳を傾け始める。

そしてホープ銀行の融資担当者井崎一亮(高橋一生)は、ホープ自動車のずさんな事業計画に、系列と言えどもすぐに融資の決裁を出さない。

IMG_5795.jpg

赤松は倒産の危機を乗り越え、汚名を晴らすことができるのか…。
まぁ、できるんだけど、赤松の苦闘がかなりの長い時間描かれており、実話はこれ以上に厳しかったのだろうなと思う。顧客からは取引停止になり、子供はいじめられ、遺族は会ってもくれず、銀行は融資を引き揚げると言い…。

赤松の救いはいつも明るく前向きで夫を信じている妻の史絵(深田恭子)の存在だろう。普通なら離婚して実家に帰ってもいいくらいなのに、赤松を常に励まし、子供のケアをする。
そういえば池井戸の描く主人公の妻はみんなこうだと気づいた。「半沢直樹(ドラマでは上戸彩)」「陸王(ドラマでは檀ふみ)」とも理想の妻と言える。
「夫を支える」と言うとセクハラパワハラと言われる昨今だから、そうではなくて良きパートナーとして互いに認め合い、相手を信じ、自分のできる最大限のことでパートナーの負担を軽くする、と言えばよいのだろうか。

なおWOWOWでも仲村トオル主演でドラマ化されており、Blu-Rayディスクに全話録画しているが観ていない。観ることとする。

  
| 映画・テレビ | 21:38 | comments(0) | - |


金田一耕助、シャーロック・ホームズ、網走番外地などをコンプリート
私の趣味はコレクションで、映画やドラマのシリーズものを全部そろえたいという意識を持っている。
CS放送では過去のドラマなどを全話連続で放送してくれるので、気に入った作品は全部録画してBlu-Rayディスクに保管している。
観ることはめったにない。集めて録画して保存して、「持っている」という満足感のみである。



昔はDVDラベル製作にも凝っていたが、量が多いのでディスクにダビングするのが精いっぱいだ。
リストを作るに当たりWikipediaを参照した。


横溝正史シリーズI(数話で完結の連続もの)
犬神家の一族
本陣殺人事件
三つ首塔
悪魔が来りて笛を吹く
獄門島
悪魔の手毬唄


横溝正史リーズII(数話で完結の連続もの)
八つ墓村
真珠郎
仮面舞踏会
不死蝶
夜歩く
女王蜂
黒猫亭事件
仮面劇場
迷路荘の惨劇


名探偵・金田一耕助シリーズ(1話完結もの)
本陣殺人事件
ミイラの花嫁
獄門岩の首
霧の山荘
死仮面
香水心中
不死蝶
殺人鬼
死神の矢
薔薇王
悪魔の手毬唄
魔女の旋律
八つ墓村
悪魔が来りて笛を吹く
女怪
病院坂の首縊りの家
三つ首塔
迷路の花嫁
女王蜂
悪魔の唇
悪魔の花嫁
呪われた湖
黒い羽根の呪い
幽霊座
獄門島
悪魔の仮面
悪霊島
トランプ台上の首
水神村伝説殺人事件
人面瘡
白蝋の死美人
神隠し真珠郎

ジェレミー・ブレッドのシャーロック・ホームズの冒険
第1シリーズ/The Adventures of Sherlock Holmes
第1話 ボヘミアの醜聞/A Scandal In Bohemia
第2話 踊る人形/The Dancing Men
第3話 海軍条約事件/The Naval Treaty
第4話 美しき自転車乗り/The Solitary Cyclist
第5話 まがった男/The Crooked Man
第6話 まだらの紐/The Speckled Band
第7話 青い紅玉/The Blue Carbuncle

第2シリーズ/The Adventures of Sherlock Holmes
第8話 ぶなの木屋敷の怪/The Copper Beeches
第9話 ギリシャ語通訳/The Greek Interpreter
第10話 ノーウッドの建築業者/The Norwood Builder
第11話 入院患者/The Resident Patient
第12話 赤髪同盟/The Red-Headed League
第13話 最後の事件/The Final Problem

第3シリーズ/The Return of Sherlock Holmes
第14話 空き家の怪事件/The Empty House
第15(18)話 修道院屋敷/The Abbey Grange
第16(17)話 マスグレーブ家の儀式書/The Musgrave Ritual
第17(16)話 第二の血痕/The Second Stain
第18(19)話 もう一つの顔/The Man with the Twisted Lip
第19(15)話 プライオリ・スクール/The Priory School
第20話 六つのナポレオン/The Six Napoleons

第4シリーズ/The Return of Sherlock Holmes
第21(23)話 悪魔の足/The Devil's Foot
第22話 銀星号事件/Silver Blaze
第23(24)話 ウィステリア荘/Wisteria Lodge
第24(25)話 ブルース・パーティントン設計書/The Bruce-Partington Plans
第25(21)話 四人の署名/The Sign of Four
第26話 バスカビル家の犬/The Hound of the Baskervilles

第5シリーズ/The Casebook of Sherlock Holmes
第27話 レディ・フランシスの失踪/The Disappearance of Lady Frances Carfax
第28(29)話 ソア橋のなぞ/The Problem of Thor Bridge
第29(28)話 ボスコム渓谷の惨劇/The Boscombe Valley Mystery
第30(31)話 高名の依頼人/The Illustrious Client
第31(30)話 ショスコム荘/Shoscombe Old Place
第32話 這う人/The Creeping Man
第33(34)話 犯人は二人/The Master Blackmailer
第34(33)話 サセックスの吸血鬼/The Last Vampyre
第35話 未婚の貴族/The Eligible Bachelor

第6シリーズ/The Memoirs of Sherlock Holmes
第36話 三破風館/The Three Gables
第37話 瀕死の探偵/The Dying Detective
第38(40)話 金縁の鼻眼鏡/The Golden Pince-Nez
第39(38)話 赤い輪/The Red Circle
第40(41)話 マザランの宝石/The Mazarin Stone (with The Three Garridebs)
第41(39)話 ボール箱/The Cardboard Box
※コナン・ドイルの原作は短編56、長編4の合計60作品だが、ブレッドが死去したため41作で終わった。残念である。


高倉健の網走番外地シリーズ(石井輝男監督)
網走番外地
続 網走番外地 (1965年)
網走番外地 望郷篇 (1965年)
網走番外地 北海篇 (1965年)
網走番外地 荒野の対決 (1966年)
網走番外地 南国の対決 (1966年)
網走番外地 大雪原の対決 (1966年)
網走番外地 決斗零下30度 (1967)
網走番外地 悪への挑戦 (1967)
網走番外地 吹雪の斗争 (1967)


このほか、
スティーブン・セガールの沈黙シリーズ
実際は「沈黙の戦艦」「暴走特急」のみだが、その後セガール作品はみんな「沈黙の○○」というタイトルになった。

●山口百恵の文芸映画シリーズ

●エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY

●デスパレートな妻たち

●武田鉄矢の刑事物語シリーズ


などはコンプリートです。しかしほとんど見ていません。

  
| 映画・テレビ | 18:23 | comments(0) | - |


心に吹く風 大人の純愛ストーリー 眞島秀和・真田麻垂美
6月からケーブルテレビの衛星劇場HDを契約した。オプションチャンネルで追加料金がかかる。松竹の運営で、「男はつらいよ」シリーズはじめ、歌舞伎や松竹映画のコンテンツが多い。

番組表で北海道が舞台の「心に吹く風」という映画があったので録画して観た。
「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督作品だが、キャストもスタッフもほとんど日本人だ。

kokoro-6.jpg

ビデオアーティストの日高リョウスケ(眞島秀和)は富良野で撮影中、友人イケノ(長谷川朝晴)から借りた車が故障してしまい、電話を借りに民家に立ち寄った。玄関から出てきた主婦春香(真田麻垂美)は、なんと20年前に別れた元カノだった。

翌日、新栄の丘駐車場で待ち合わせた二人は、修理されたリョウスケの車でドライブをする。

kokoro-4.jpg

小さな花を摘んだ。懐かしい高校時代のエピソードでも小さな花を摘んでいた。過去とのフラッシュバックの演出が続く。

kokoro-3.jpg

春香の年の離れた夫は台湾に出張しており、娘は大学1年生で札幌で一人暮らし。今の春香は義母と二人のため、夕食までに帰らなければならなかった。
翌日も会おうと誘うリョウスケ。明日で撮影が終わり帰京してしまうのだ。

kokoro-1.jpg

しかし春香はボランティア活動を口実に逢うのを断る。連絡先も聞かないほうがいいという。
思いが募るリョウスケは「この場所で待っている」と伝える。

翌日、駐車場で待つリョウスケの元に、ためらいつつも春香がやってくる。

kokoro-5.jpg

大人の純愛ストーリーを追いかけるユン・ソクホ監督が、基本は「男は元カノを忘れられない」であり、女は(結婚していることもあり)ためらいながらも、惹かれずにはいられなかったという心の葛藤を、美しい富良野や美瑛の風景を活かしながら、1か月の長期ロケを敢行して作り上げた作品だ。
ロケ地マップはこちら

旭川空港にリョウスケを送りに行った春香は、旭川に帰ってきた夫と偶然会ってしまい、リョウスケに別れの言葉もかけられないまま行くしかなかった。てっきり自分を迎えに来てくれたと思った夫は車ですぐに寝てしまったので、春香は夫を置いて駐車場からターミナルに戻る。
しかしリョウスケの姿はもうなかった。

しばらくしてリョウスケの写真展が開催され、案内状が春香に届く。
鑑賞に行った春香は、リョウスケの経歴書を見て驚く。

「スコットランドで急逝」

イケノによれば、身体の具合が悪いのをおして働いていたという。
死を前にして、元カノに逢えたのは神のおぼしめしか、いたずらか。
おれも会いたいけど。


  
| 映画・テレビ | 18:54 | comments(0) | - |


| 1/77PAGES | >>