CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
日本橋のディナー:椿や 肉割烹と特選しゃぶしゃぶ 平成忘年会
今日は昼過ぎに「昭和大礼記録」「皇太子殿下御成婚記念切手」のあるところに寄って、明治、大正、昭和、平成を偲んだ。

IMG_0255.jpg
IMG_0266.jpg

その後、日本橋まで出て、クイズ仲間の"平成忘年会"になった。例年は1月末に開催しているのだが、そのころ東京にいないメンバーもいて今日になった。平成になって間もないころに知り合った仲間のため、平成を偲び、振り返る、「平成忘年会」にもなった。

IMG_0271.jpg

場所は日本橋の路地にある椿や八重洲日本橋店。3時間飲み放題で9品4480円のコースだ。

IMG_0272.jpg

【先 付】蒸し鶏と旬野菜の和え物、あっという間に出てきた。

IMG_0275.jpg

【旬 菜】朝摘み鎌倉野菜のグリーンサラダ

IMG_0277.jpg

3時間飲み放題である。

IMG_0276.jpg

飲み放題なら熱い緑茶なんてのがほしいが、そういう飲み放題メニューがある飲食店はあるのか。

IMG_0274.jpg

【造 里】焼津漁港・朝獲れ直送!! 旬鮮魚のお造り3点盛り合わせ
しかし2品しかなかった。

IMG_0279.jpg

【煮 物】季節の野菜炊き寄せ
これはぐるなびのメニューになく、私が適当に命名した料理だ。
ちなみに 【逸 品】・冷製合鴨ロースの燻製 ・自家製だし巻き卵はメニューにあるが出てこなかった。今気づいた。これに変わる料理だったのだろう。

IMG_0281.jpg

【焼 物】上州地鶏の岩塩焼き 〜 柚子胡椒を添えて

全体的にしょっぱいのは仕方がないとして、ここまでの料理はまぁまぁだったが、この岩塩焼きの鶏はボソボソとして固くていただけない。

IMG_0282.jpg

【揚 物】鎌倉野菜の天麩羅盛り合わせ
こちらはアツアツで塩が振られており、まぁ食べられた。

IMG_0283.jpg

平成を振り返って、@niftyで作ったクイズ&パズルフォーラムも面白くて楽しかったし、仕事も幅広くやったし、子供たちも成長した。
よかったというべきなのだろう。

IMG_0284.jpg

そしてメインのしゃぶしゃぶ鍋登場。ネギと豚肉である。

IMG_0288.jpg

【鍋 物】鹿児島県ブランド - 霧島黒豚 - 豚ネギしゃぶしゃぶ 
最初はしゃぶしゃぶ食べ放題がいいなと思ったが、かなりの量だ。

IMG_0289.jpg

久しぶりにしゃぶしゃぶを食べる。
だがこの肉はボソボソとしており、固くてかみ切れない。
肉割烹と謳っている店の割には肉質がよくない。

IMG_0291.jpg

【〆 物】うどん

IMG_0294.jpg

このうどんが長すぎて、箸で掬い上げてもまだ下のほうが鍋の中でお椀にとりにくい。
もうちょっと食べるときのことを考えて短くしてほしい。

IMG_0295.jpg

【甘 味】お口直しの甘味

IMG_0298.jpg

さらにぐるなびクーポンでケーキの追加があった。

IMG_0299.jpg

ただし追加のでかいケーキは人数の四等分されておらず、しかも冷凍が戻っていなくてフォークを突き刺してもなかなか割れないで往生した。

改めて、平成時代にお世話になったメンバーだった。ありがとうございます。
令和でもよろしくお願いします。
| グルメ | 22:27 | comments(0) | - |


神田のディナー:鳥勢 平成最後の飲み会?
長らく仙台勤務をしていた仲間が東京に戻ってきたので、"いつもの"神田の鳥勢で歓迎会。

IMG_0229.jpg

焼き鳥屋なのだけど、メンバーが揃うまでは適当なつまみでダラダラ。
ポテトサラダ、キムチ、もろきゅう、らっきょうと、どれもおいしい。

IMG_0230.jpg

19時を回って、いよいよ焼き物を頼む。
砂ぎも

IMG_0233.jpg

湯気にけぶるハツ

IMG_0234.jpg

平成最後の鳥勢などと言っているが、実際は昭和の話題が多い。
われわれは昭和、平成、令和と三世代を生きるはずで、こんなにも生きてきたのかと思う。死んだ仲間もいるが。

うずらの卵

IMG_0235.jpg

いわゆる、焼き鳥。ネギがおいしい。

IMG_0236.jpg

鳥勢はおいしい焼き鳥屋だけれど、目黒の鳥しきのようにミシュランに載るほどの焼き鳥屋はいかがなものなのだろうか。予約の電話すら通じないで、やっと通じたら1か月分が埋まっている。

レバー

IMG_0237.jpg

つくね。骨までつぶしているようで、コリコリしている。

IMG_0238.jpg

ここの酒は両関である。秋田県湯沢市の酒だけれど、鳥勢は山形県をひいきにしているはずで、どういう酒のめぐりあわせなのだろうか。両関はちょっと甘めの酒だ。冷で飲むとおいしい。

IMG_0239.jpg

鳥勢の焼き鳥の中でもっともおいしいと思う、手羽。いや、鳥勢のみならず、これまでいろんな焼き鳥屋で食べてきた手羽の中でもっともおいしい。
レモンが1個ずつ付いている。以前は串が打ってあったが、今回は串がなかった。食べやすいように抜いたのだろうか。

IMG_0240.jpg

遅れてきたメンバーが、これまでの一式セットを頼む。

IMG_0241.jpg

そして最後になるのが、ししとう。本来9本頼みたいところ、5本しかなかった。

IMG_0242.jpg

昭和は遠くなりにけり、と思うが、我々の頭の中はどうも昭和で止まっているみたいで、平成はなんだったのだろう。
と思いつつ、まだ1週間あるので、"平成忘年会"があるかもしれぬ。

| グルメ | 23:45 | comments(0) | - |


田町のランチ:三士(さんじ) さつま料理・鹿児島ラーメン
田町の三田NNビルの地下にいくつかの飲食店があって、その一つの鹿児島ラーメンの店、三士(さんじ)に入った。そういえばラーメンを食べていないなと、鹿児島ラーメンと大きく出ていたので入ったのだ。

IMG_0142.jpg

鹿児島ラーメンの種類は豊富だが、夜はさつま料理の店になるようで、つまりは居酒屋だ。カウンターには白波や魔王などの焼酎の瓶が並んでいた。
しかし今はラーメンである。餃子とのセットもあったけれど、昨日大連で餃子を食べたので、今日は三士Wスープ&W焼豚醤油ラーメンの半ライスセットにした。850円。ちなみに半味玉でも同じである。あとで聞いたら味玉がおいしかったそうで、それにすればよかったか。

IMG_0148.jpg

あまり待たないでトレイに乗ってラーメンがやってきた。

IMG_0144.jpg

大きなチャーシューが2枚、海苔も2枚、野菜はもやしと炒めたオニオンが乗っている。

麺は中太麺で、つるつると切れることなくのど越しがいい。

IMG_0145.jpg

スープは醤油というが、どう見てもとんこつの白だ。九州ラーメンは白いスープだけれど、これは醤油ラーメンでも白いのか。

IMG_0146.jpg

だが、スープはおいしくてしょっぱくなく、なにより焼豚がとろとろに溶けるようでおいしかった。
この店は夜もおもしろそうである。

ということで、田町のランチシリーズはおいしかったし楽しかった。
今日は夜10時まで田町にいた。働き方改革なのだろうか、オフィスビルはいったん全部が消灯される。
しかし仕事もとてもおもしろかったし楽しかった。
昔なじみの美女たち何人もから声をかけられるし、きれいなおねいさんたちは多いし、仕事自体はなんら遜色なくこなせたはずだ。

よい機会をいただいて、グラッツェ。
やっぱりHOMEなんだなと実感した。

| グルメ | 23:55 | comments(0) | - |


田町のランチ:大連 中国家庭料理
先日、路地を歩いていたら「大連」という文字を発見した。
大連は中国の都市名で、かつて日本の租借地であり、幼い父が暮らした町である。「中国家庭料理」というのも気になって、今日行ってきた。

IMG_0121.jpg

店の前にメニューがあり、店内にもあって、何を頼むか迷う。

IMG_0122.jpg

店内に入ると、赤いテーブルがあちこちにあって、たばこの臭いがした。いまどきタバコが吸える店があるのだ。たしかに食後の一服をしているオヤジがいる。昭和というか、治外法権というか…。
単品料理もあるが、とにかくこの店は安い。田町(三田、芝)の相場が1000円なのに、780円程度で単品は480円なんてのもある。

IMG_0123.jpg

メニューに迷って、B:豚肉と木くらげの卵料理定食にした。ようするにムースーロウだ。
ムースーロウ(木須肉)はかつて新宿の職場の同僚だった世古君が好きな料理だった。紀伊國屋書店近くの路地裏の中華料理店「石の家」でよく頼んでいた。石の家は南口に越した。世古もよくタバコを吸っていた。

思い出に浸っていると、卵料理定食登場。

IMG_0124.jpg

すげーボリュームだ。Fカップくらいある。これで780円は安い。

卵の量もハンパじゃない。そして、この手の中華料理店にありがちな、しょっぱさだけの味でなく、ちゃんと中華料理っぽいダシの味がする。

IMG_0125.jpg

つまり、安くておいしい、場末の中華料理店なのだ。これは正解。

しかも食べたかった餃子が3つ付いている。食べログでは餃子がお勧めのように書いてあったし、この羽根つきはそそる。

IMG_0126.jpg

だが作り置きのようでぬるくて、パリパリ感がなく、べちょっとした味で、これは残念だった。
焼きたてでも味はしっくりこなかったのではないか。

IMG_0127.jpg

そしてレモンが添えられていて、卵料理に絞ってかけるのか、それにしてもとんかつ屋よりでかいなと思ったら、デザートのグレープフルーツだった。情けなや。

だが、総じておいしく、安くてボリュームもたっぷりで、文句はない。
おいしかった。

中国の大連は行きそびれたが、この店に来られてよかった。

| グルメ | 21:21 | comments(0) | - |


田町のランチ:お田しま 焼き魚・和食
今日は美女からお誘いがあり、超久々の美女とのランチになった。
そういえば、昔は目黒でそういう機会がよくあったなぁ。彼女とは恵比寿駅に近いレストランヒロミチへ行ったことがある。それほどのレベルの子だよ。

「パスタかお魚ですけど」と候補があったので、このところ肉ばかり食べているので、お魚にした。
そして連れて行かれたのが、クラシックな建物のお田しま(おだしま)だ。これはそそる建物だ。田だけ漢字になっている。

IMG_0027.jpg

表にメニューが出ていて、基本は焼き魚でネギトロ丼が生魚と言えば生。

IMG_0033.jpg

入ると、右が厨房を囲んでL字カウンター、右側が三卓のテーブルになっていた。この店はすぐに満席になるとのことで、美女は早めに行くか、ワンクール終わって遅めに行くかどちらかだと言う。現に早めに出て12時前に着いたのに半分席は埋まっていた。
で、カウンターに並んで座る。

IMG_0034.jpg

頼んだのは銀鮭西京焼きだ。
オヤジさんがロースターで次々に魚を焼いている。さばの塩焼き、ヒラマサの西京焼き、サーモンハラミ焼き…。おかみさんがホールであちこちから注文をとり、あるいはお茶を出し、どちらもてんてこ舞いだ。

最初にお盆が運ばれ、お茶とお絞りが出て、銀鮭の西京焼きが先に出てきた。

IMG_0035.jpg

そのあとからごはんと味噌汁が運ばれた。

IMG_0037.jpg

こういうとき、味噌汁はおかみさんが入れる店もあるけれど、全部オヤジさんがしている。味噌汁をじゃぶじゃぶ注ぐのにも妥協がないのだろう。
小鉢は豆腐で、おいしい白菜の漬物が付いた。

レモンをふりかけて、大根おろしをちょっと乗せて銀鮭をほおばる。
そういえばひところ米津玄師のLemonをリピートして聞いていた時期があったなぁ。

IMG_0038.jpg

焼き方を見ていて、かなり神経質に微妙な火加減やロースターとの距離感をおいて焼いていたので、味が楽しみだったが、ふっくらと焼きあがっている。

さすがにこれはおいしい焼き魚だ。
ごはんもふっくらと炊き上がっていた。

IMG_0039.jpg

帰りは満席になっていた。女子率が高い店と聞いていたけど、おっさん率も高かった。

お値段は1050円と田町はだいたい1000円が平均価格帯みたいだ。目黒や御茶ノ水と比べてちょっと高い。住所で言えば港区の三田とか芝とか芝公園になるので仕方ないだろう。

今日はランチ時に小雨がぱらつく天気だったが、午後から晴れて夕日が二つ出ていた。

IMG_0058.jpg

今日は金曜日で帰りの電車も混んでおり、明日は土曜日でほっとする気分を久々に味わえた。
どうもありがとうございました。
| グルメ | 21:26 | comments(0) | - |


田町のランチ:五韓満足 韓国料理・焼肉
昨日で雨は終わったが、風が強くてゴミ出しのゴミが散乱し、駐車場のパイロンが重石があるのに飛んでいた。

ランチは若いもんに美女も加えて、韓国料理店へ。
五韓満足という店で、そこそこ広い床面積だ。

IMG_0025.jpg

入り口の上に「山形牛」と出ているが、これは店名でなくて肉のブランドのことだし、すべての牛肉が山形牛でもあるまい。

石焼ビビンバの種類も多くて何を食べようか迷ったが、しばらくジュージューあぶる焼肉を食べていなかったので、若姫牛焼肉セット150gにした。

IMG_0019.jpg

ほとんどのテーブルが埋まっていた。炭火焼肉の店なので、コンロが運ばれた。
焼肉のトレイは早く出てきた。肉を何にするかだけでいいからだろう。現に、石焼ビビンパは出てくるのが遅かった。
種類が多くて、トッピングの組み合わせが多様なのだろう。



若姫牛を検索したら、メキシコ産らしい。漢字の名前なら日本産、入り口に「山形牛」とあるなら山形産と思うではないか。

IMG_0022.jpg

ランチだからかもしれないが、あまりおいしそうな肉ではない。冷凍されたものが切り出された雰囲気だ。

IMG_0024.jpg

1000円を超えるランチだが、目黒の貴味苑のほうが肉らしい肉だった。

というか、この店は石焼ビビンバを食べるべきだったと思う。タレを服に垂らさないようにエプロンを掛けて注意しながら食べた苦労が報われなかった。

| グルメ | 23:14 | comments(0) | - |


田町のランチ:RAMON(ラモン) ワイン&グリル
ベチョベチョの、平成最後で最寒の寒波が来たらしい。
そんな中、傘をさして若いもん4人に引き連れられて、3月にできたばっかりのビルに案内された。上から下までビル全体が飲食店で、入り口には待ち時間表示のサイネージまである。
RAMON(ラモン)は5階にあった。

IMG_0016.jpg

入り口の胡蝶蘭はまだ散らずに残っていた。

ランチメニューはどれも7000円である。な、七千円!? いや、よく見たらどれも1000円だった。1の書き方が7に似ていて、ガイジンさんの数字の書き方みたいだ。

IMG_0012.jpg

パスタが多くてイタリアンの店かな、とも思ったが、グリルと店のサブタイトルにもあるので、
B:ポークグリルランチ タルタルソース
にした。みな、めいめいに好きなものを頼み、パスタのハーフ&ハーフは+200円である由。
コーヒーはセルフで飲み放題。

まずはサラダが出てきた。赤味噌のドッレシングは珍しく、そしておいしくて、洋風の店なのにゴマドレでもない和風でユニークだった。蕪もシャリシャリしてよかった。

IMG_0013.jpg

ポークグリルランチがほどなくやってきたが、分厚くてタルタルソースというかオーロラソースというか、たっぷりかかっている。

IMG_0014.jpg

付け合せはにんじんで、ライスがドーム状に盛られている。
ライスはわざとだろうが、固めに調理されていた。

IMG_0015.jpg

ナイフで豚肉を切る。硬めだけれども、食べてみればそんなことはなく、タルタルソースがなかったとしてもおいしい肉だ。
タルタルソースは卵が刻まれていて、それもアクセントになっている。

縦に、横に切って、ポークグリルを楽しんだ。
大勢の若いもんと話が出来て、有意義でした。ありがとうございます。
| グルメ | 21:21 | comments(0) | - |


| 1/307PAGES | >>