CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左















MOBILE
qrcode
広島県大崎下島の大長(おおちょう)みかんをいただく
広島県に属する瀬戸内海の孤島、大崎下島は祖父の郷里だ。祖父は少年時代に長兄を頼って上京したため、東京で生まれた父は島にまったく縁がないが、たまたま戦友が大崎下島出身で意気投合し、戦後の長きに亘ってお付き合いがあった。しかもまだご存命とのことで、父亡き後、母宛に地元のみかんを送っていただいた。ありがとうございます。

IMG_8240.jpg

あまくておいしく、袋まで食べられる。

DSC_2486.jpg

祖父はこの島の江戸時代からの町並が残る、石灯籠が有名な御手洗(みたらい)の出身だが、大長(おおちょう)という集落もあり、ここがみかんのブランドになっている。大長みかんはほとんどの人は知らないけれども、瀬戸内海沿岸の広島県、愛媛県はかんきつ類の産地であり、最近は広島レモンも有名になりつつある。

本土の竹原市などと航路があり、島の港にはみかんの作り物があるほどだ。

DSC_2401.jpg

港に面して青果倉庫があって、多くはみかんの仕分けをしている。

2004-07-1-25.jpg

この写真は1960年(昭和35年)に祖母が父の弟たちを連れて島に訪問したときのものだ。写真の左のおばあさんは祖父の姉の富さんで、祖父亡き後も時折東京の拙宅に訪問してくれた。幼い私は向こうに(遠くに)住んでいるおばあちゃんだから「向こうばあちゃん」と呼んで親しんでいたし、大伯母はかわいがってくれた。

1960-11-039.jpg

この一連のネガに青果工場が写っており、まさにみかんの仕分けをしている。カビだらけの写真をフォトショップでデジタルリマスターした写真だ。

1960-11-037.jpg

こんな昔から(実際はもっともっと昔から)瀬戸内海のみかんはあったんだ。

アニメ映画「ももへの手紙」は大崎下島が舞台で、みかん畑の運搬用ケーブルカーが登場する。東京の商店に流通しているのは希だと思うが、できれば選んで買いたいみかんだ。

  

| グルメ | 15:44 | comments(0) | - |


下北沢のランチ:黒川食堂 定食・カフェ
東京都世田谷区の下北沢はサブカルチャー発祥の地として、安い食料品店や飲食店がひしめき合っていた地として好きだったが、小田急線の地下化を契機に狭隘な道路などが整備されてしまい、以前の混沌とした魅力が薄れてしまった。防災面もあるので仕方ないと思うが、やはり残念である。

小田急線の昔の南口から程近い雑居ビルの二階に黒川食堂がある。

IMG_7844.jpg

人気店らしく階段まで人がいたが、さほど待たないで中に入れた。お一人様でもいいように、小学校の机みたいな小さな席が用意されていた。

IMG_7835.jpg

農家の息子が経営しているという。山梨県より野菜が直送されているらしい。

そのため、サラダバーがあって、新鮮な野菜類が広々と並べられていた。

IMG_7838.jpg

頼んだのはチキン南蛮定食。長らく食べていなかった。チキン南蛮は好きだ。

IMG_7836.jpg

漬物と味噌汁はセルフで、謙虚に漬物を取ってきた。

IMG_7842.jpg

ごはんは白米と雑穀米を選べ、白米はどこでも食べられるので雑穀米にした。

IMG_7841.jpg

チキン南蛮定食はボリュームたっぷり。

IMG_7839.jpg

タルタルソースもたっぷりかかっていて、ピクルスのにおいや酢の鼻を突くにおいも少なくて、おいしい。

IMG_7840.jpg

チキンはカリカリに揚がっていて、甘酢を通してジュワッとジューシーだった。

IMG_7843.jpg

店は女子率が高く、夜もはやっているらしい。
なんとなく、昔の下北沢もがんばっているみたいな雰囲気だった。

| グルメ | 20:26 | comments(1) | - |


強羅のランチ:田むら銀かつ亭 とんかつ
昨日の強羅旅行の続き。

ランチは強羅駅東口の田むら銀かつ亭で食べようと決めていた。おいしいとんかつの店との評判だから。

D8C_5767.jpg

強羅駅に12時すぎに着いて、すぐに銀かつ亭に行くと長蛇の列。うわさどおりの人気店だ。
整理券発行機で予約をすると、79番。しかし案内されているのは39番だったので、まずは箱根強羅公園に散策に行った。



公園から戻ると60番台まで進んでいたが、さらに待って結局1時間50分後に店内に入れた。しかし客さばきは見事である。

D8C_5771.jpg

てきぱきと注文を受け、ひれカツ御膳を頼んだ。2720円。

D8C_5783.jpg

金額もそれなりだが、内容も充実している。小鉢が二つあり、ひとつは舞茸にとろろをかけたものだが、

D8C_5791.jpg

もうひとつは熱いひりょうずで、おいしかった。

D8C_5789.jpg

さらには出し巻き卵までついている。

D8C_5790.jpg

ひれかつは50gのものが3個。食べ易いように二つや三つに切ってある。

D8C_5787.jpg

まずは一かけらを食べてみると、見た目以上にジューシーでおいしい。繊維の一つ一つまでやわらかくて、それでいて歯ごたえがあり存在感がある。

とてもおいしいカツで、長蛇の列が納得できた。
しかしランチでこの値段は都会のとんかつ専門店でもあまりない。副菜の数を減らして、もう少し安くできないものか。

名物の豆腐かつ煮御膳はこちら。

D8C_5779.jpg

近所の銀豆腐という店から豆腐を仕入れているそうだ。豆腐にジューシーな国産豚ひき肉を挟んで揚げた後、土鍋で煮込んだもので、卓上コンロでさらに暖める。

おなかいっぱいになり、夜は自宅で軽く済ませた。

| グルメ | 22:14 | comments(0) | - |


御茶ノ水のランチ:田幸 居酒屋・定食屋
4ヶ月ぶりに御茶ノ水へ。
久々の御茶ノ水のランチなら田幸でしょう。

12時を回っていたのでどうかなぁと思ったら、案の定満席で並んでいたが、奥の桟敷が開いて意外と早く座れた。

IMG_7850.jpg

うれしいことに、今日のランチは
牛ばらの焼肉、カニグラタンコロッケ、ジャンボ焼売、小松菜のナムルと生酢添え、なめこと豆腐の味噌汁
で、豪華盛りだくさん。これで900円は安い。お変わりは三杯までOK。

今週は肉系メニューが多いみたいで、御茶ノ水にいるなら毎日通ってしまいそうだ。

IMG_7851.jpg

おかずは三品あるようなもの。
牛バラの焼肉は牛丼みたいにご飯にそのまま全部のっけてもおいしそうだ。

IMG_7852.jpg

シュウマイはジャンボというくらい、本当にデカイ。

IMG_7853.jpg

コロッケもあつあつ揚げたてでおいしい。

ご飯はおかわりをしたが半分にしてもらった。つまり1.5杯ということです。

大変満足した。
しかもお店の人たちは私のことを覚えていてくれて、あいさつをしてくれて、どうもありがとうございました。メールでは食べることはできないから、ときどき行くようにします。

IMG_7849.jpg

湯島聖堂の銀杏並木は紅葉のなりはじめ。黄色く染まるのはあと3週間後だな。
| グルメ | 21:47 | comments(0) | - |


品川のランチ:グランドセントラルオイスターバー 品川店 牡蠣料理
打ち合わせで品川駅まで。
グランドセントラルオイスターバーは港南口のアトレ品川の4階にある。何回か利用している。

IMG_7733.jpg

ランチメニューからフライドオイスター ハーフ&ハーフスタイルを頼んだ。

IMG_7734.jpg

しかし同じ1300円で牡蠣フライ御膳もある。
どう違うのだろうか。

まずはどちらにもクラムチャウダーとドリンクがつく。
クラムチャウダーはしょっぱくなかった。

IMG_7736.jpg

これがフライドオイスター。クラムチャウダーつき。

IMG_7739.jpg

そしてこれが牡蠣フライ御膳。クラムチャウダーつき。

IMG_7737.jpg

フライドオイスターはあくまで洋風でパンがついている。ハーフ&ハーフは二種類の牡蠣が使われているのだ。パン粉は牡蠣フライほど使われていない気がした。二種類の牡蠣のうち大きいほうが味が濃厚でおいしいと思った。
そして付け合せはフライドポテトで、これもフライドだ。

牡蠣フライ御膳は大振りな牡蠣の一種類のみ。ごはんがついている。しかし洋皿に載っており、コレだけを見るとフライドオイスターと言われてもそう思う。

時節柄、どこもハローウィンの装飾だ。

IMG_7740.jpg

ハローウィンでの消費額はバレンタインデーを抜いているらしいが、自分の若いころは何もなかったので特に印象がなく、仮装してバカ騒ぎをするのはいかがなものかと思う。

| グルメ | 18:20 | comments(0) | - |


二子玉川のランチ:ビストロタマ オムライス
おとといからの静嘉堂文庫美術館の話の続きである。

静嘉堂文庫美術館
旧小坂家住宅と世田谷区南部の名所を堪能した後、昼もだいぶ過ぎたのでどこかで食事となったが、車を止められるところとなると二子玉川駅周辺の玉川高島屋か二子玉川ライズくらいしか脳裏に浮かばない。

ライズはいくつものビルが建っており、かつて二子玉川園という遊園地があったことを知っている住人もほとんどいなくなったのではないか。

ドッグウッドプラザという商業施設に以前も行ったことがあり、そこのビストロタマがインスタ映えするオムライスで有名とのことで、それならばと行ってみた。ドッグウッドプラザの床面積はあまり広くない。数店の飲食店があって、前回はインドカレー屋に入った。

D8C_5368.jpg

そろそろ三時近くのラストオーダーギリギリで店に入った。店の前はラウンジみたいになっており、無料で座れる椅子とテーブルに地元のばあさまが腰掛けて延々と飲まず食わずで話しをしていた。

D8C_5369.jpg

メニューには「モンサンミッシェル」というオムライスのシリーズがあり、あのメレンゲのようにして作るのだろうか。ハンバーグオムライスのセットを頼んだ。

まずはサラダとコーンクリームスープ。
サラダのドレッシングが甘い柑橘系でおいしかった。

D8C_5372.jpg

そしてオムライス。フライパンが熱い。よくテーブルまで運んでこられるものだ。何度もやけどをしたのではないか。熱いと感じても手を離すわけにはいかないから、どうするのだろう。

D8C_5374.jpg

真ん中にはハンバーグが鎮座しており、周囲にご飯とメレンゲ状の卵を載せてオーブンで焼き、デミグラスソースをかけるのだろう。

D8C_5375.jpg

このオムライスは2010年にモンサンミッシェルで食べたものよりもおいしく、狭いながらも店の雰囲気もサービスもよくて正解だった。

D8C_5370.jpg

さらにデザートに小さなバウムクーヘンがつく。コレもこの店の名物らしい。

D8C_5376.jpg

クリームは甘くなく、バウムクーヘンは適度に甘くて両者のバランスが取れていた。

紅茶も素敵なカップに入ってきた。

D8C_5377.jpg

どれもおいしくて、よい<ミニ観光>になった。
二子玉川ライズの駐車場は最新式で、地下のエレベーター式。ベルトの上に乗せるとベルトごとゴンドラの中に入る。どういう仕掛けなのだろうか。

| グルメ | 19:29 | comments(0) | - |


上野のディナー:韻松亭(いんしょうてい) 和食・日本料理
叔母の法事が上野の韻松亭(いんしょうてい)であった。上野公園内にある木造の老舗の料亭だ。

IMG_7615.jpg

もはやきょうだいでの生存者は少なく、その子供たち、つまりわれわれ従弟たちの集まりになった。

IMG_7617.jpg

うちには祖母がいて、すなわち父の兄弟たちからすれば実家であったから、叔父たちはしばらく同居していた。従弟たちとは小学校まで同居していたので兄弟のように暮らしていた。だから最近のことは知らなくても昔のことは昨日のように思い出す。

IMG_7621.jpg

驚いたのは従弟Aの娘が「これ、なんですか?」と聞いたのはぐい飲み。

IMG_7623.jpg

20歳を過ぎているけれども日本酒は飲んだことがなく、徳利って知ってるかと聞いたらとっくりも知らないらしい。それは若者の日本酒離れか親の教育の問題か。しかしそのあとで福寿をおいしそうに飲んでいたから、教育の問題かな。いや、酒は教育ではないか。

別の従弟Bが「じゃ、チロリって知ってる?」と聞くのでチロリは知らなかった。日本酒を燗にするときの入れ物で、たしかにうちにもあったけれども、あれってチロリって言うのか。
とりあえずネットから拾ってきた。
徳利やお猪口の絵を描いて、その娘に見せてあげた。



チロリは酒タンポとも言うらしい。アルミ製で熱伝導がよくてすぐに燗ができた。今では燗をするのは電子レンジだろうけれど、古い居酒屋ではチロリのまま、徳利にも移さずに日本酒を出す店がまだあるそうだ。

IMG_7624.jpg

全体的に味が濃いと思うが、これはいつものパターン。うちが薄味すぎるので、かなり薄味に慣れてきている。

IMG_7625.jpg

従弟Aは平塚に住んでいて、この刺身がまずいという。たしかにおいしいとまでは言えないが、まずくもないよくある刺身だが。魚力の刺身特売のほうがおいしいのは事実だ。
和風の、この店構えで、刺身がまずいと言われては元も子もないだろう。

IMG_7626.jpg

たこポン酢も、言われてみれば取り立てておいしくもなかった。タコが薄すぎるのかもしれない。味が濃いと言ったりタコが薄いといったり、うるさい客だ。

IMG_7627.jpg

さわらの杉板焼き。この料理は初めてだ。杉の香りがほんのりと…、しなかったけれどもさわら自体はおいしかった。

IMG_7628.jpg

別の従弟Cが小学生のときに私がウルトラクイズで優勝して、小学校の同級生に「優勝したのは親戚なんだ」と言ってもまったく信用されず、なんとか証明する方法はないかと母親に聞いたら年賀状を出してきて、そこに名前があったのでそれを見せてようやく信用された話しをしていたが、それって40年前のことだよな。

小蕪の煮物。厚揚げ、小芋、水菜、菊花あんかけ。

IMG_7629.jpg

〆の焼鮭ご飯は土鍋で出てきた。かなりの量があって、おみやげに詰めてくれた。

IMG_7636.jpg

デザートは抹茶のムースとわらび餅。お茶の濃い味がした。

IMG_7638.jpg

まぁ、なんだかんだでおもしろかった。


  
| グルメ | 22:13 | comments(0) | - |


| 1/303PAGES | >>