CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
茨城県高萩市 穂積家住宅 高萩茶寮
茨城県高萩市の花貫渓谷で紅葉を愛でて3km以上を歩いたのでさすがにおなかが空いた。
市街地に出て、次の名所の穂積家住宅に行く。江戸時代の豪農の館らしい。

D8C_4612.jpg

茅葺屋根の立派な建物で、入口ロビーという言い方はふさわしくないが、土間である。
ここが季節限定の高萩茶寮というレストランになっている。

D8C_4636.jpg

券売機で食券を買う。ローストビーフ丼やローストビーフ蕎麦、ステーキ定食など、肉料理だ。
ローストビーフ丼にした。

D8C_4618.jpg

肉臭さはなく、とてもおいしい。レタスが多いが、肉も多い。レタスはもっと少ないほうが食感がいいと思う。
載っている卵の黄味も秀逸だ。半熟のようで全熟のようで、箸で割っても崩れず、しかしボロボロにもならず、絶妙の調理具合だ。この卵は初めてだ。

また、古い穂積家住宅がとても良い雰囲気を醸し出している。
昔の、平面でないガラス窓から観る庭園。

D8C_4620.jpg

庭園から観る住宅。

D8C_4628.jpg

どちらも素晴らしい。
そして茅葺屋根の何重にもなった造作。これはこれでとても美しい。

D8C_4634.jpg

こういう建物を残していくのはたいへんだが、活かしてこその建物だ。単なる展示・見学でなく、レストランにして使っていくのはよい方法だと思う。
| グルメ | 22:23 | comments(0) | - |


お茶の水のランチ:横浜ラーメン武蔵家 御茶ノ水店
久しぶりに明治大学方面に行ったら、武蔵家ができていたので並んで入ってみた。

IMG_0747.jpg

明治大学の前で場所が良く、学生風や若いサラリーマン、おっさんなどが次々と入っていく。食券を買って歩道のガードレール側で並んで待つ仕組みらしい。

IMG_0748.jpg

1階は厨房とその前のカウンターで、二階もあって二階に案内された。
ランチタイムはライスが無料で、学生などは茶碗にてんこ盛りにして、ラーメンにかけるゴマをかけている。

IMG_0749.jpg

私は謙虚に盛るが、ラーメン並650円が出てくるまで時間がかかるので、ごはんが渇いてしまい、席についてすぐに盛るのは素人だとわかった。

IMG_0750.jpg

出来上がったラーメンはリフトで一階から二階にあがるけれども、海苔は二階で添えているのに感心した。

IMG_0751.jpg

どのラーメン屋でも不思議なのは、ラーメンの海苔がふにゃふにゃになりにくいことだ。家でラーメンを作って海苔を載せるとすぐに溶けてしまう。ラーメン用の海苔があるのかと、川崎の市場の海苔屋に聞いたころがあるが、特にないとのことだった。しかし武蔵家の海苔は家のごはんのお供の海苔とは違って厚くて固いようだ。どうも特注のラーメン海苔があるのだと思っている。

横浜系はとろりとしたスープが特徴で、麺とよくからんでいないので、どんぶりの底からかきあげる。

IMG_0752.jpg

その海苔だが、スープに浸してそれをごはんに載せて食べるのがおいしい。

IMG_0753.jpg

麺なかばにおもむろにゴマをかけて残りを食べた。おいしかった。

真っ青な秋晴れの青空で、ナナカマドなのか、赤い実の街路樹が青空に映えていた。

IMG_0756.jpg

明日の東京は雨らしい。
| グルメ | 22:24 | comments(0) | - |


目黒のランチ:かつ壱 とんかつ
久しぶりに目黒に行き、元同僚Oクンも天王洲から目黒に戻ったので、これまた久しぶりに一緒にかつ壱に行った。
トンカツの名店は数あれど、かつ壱を超えるとんかつ屋はそうそう、ない。あったら教えてほしい。

IMG_0731.jpg

12時前なので並ばずに入れたが、席をアレンジするのにちょっと待った。相変わらずの盛況ぶりでうれしくなった。

IMG_0732.jpg

ヒレカツランチ、ロースかつランチとも1100円。カツカレーは950円で、味とボリュームからすればとてもリーズナブルだ。

ヒレカツランチを頼んでみる。

IMG_0733.jpg

しげしげと眺めたが、色合いといい、香りといい、キャベツの盛りといい、変わらない。
ソースをかけて、一切れをいただく。

柔らかさ、味、これこそが究極のカツだ。

IMG_0734.jpg

Oクン相手に久々に堰を切ったように周囲を気にしないで話をする。いつもは卑屈になっており、思うことや実力の2割も使っていないのが残念だ。
Oクンは一緒に仕事をしたいらしく、それはこちらも同感である。

かつ壱はポテトサラダが一つまみついている。

IMG_0735.jpg

名残を惜しむように、少しずつ食べた。

目黒に行くのはあと数えるほどだ。世の中はどんどん変わっている。
| グルメ | 20:14 | comments(0) | - |


仙川のランチ:とんかつ仙川
調布市の東のはずれの仙川は世田谷区上祖師谷と接しており、両方の住民が利用している。京王電鉄の駅がリニューアルされて駅前から島忠ホームセンターに至るまで、安藤忠雄通りを含めてかなりきれいに整備された。

最近は月に0.5〜1回くらい行っており、入ってみたい店がちらほらあるので、駅前ロータリーに面した「とんかつ仙川」に行ってみた。

IMG_0546.jpg

入ってすぐ長いカウンター席と右側の厨房が目に入るが、奥には小上がりもあるようだ。
ロースかつなど2000円を超えるメニューもあるが、ランチメニューは1000円ちょっとだったので1050円のかつ定食を頼む。

IMG_0547.jpg

最初にお茶と漬物、そしておしぼりが出てきた。漬物はかなりのボリュームで、千切りキャベツときゅうりの浅漬けのようだ。

IMG_0548.jpg

しばし待ってかつ定とごはんに豆腐とネギの味噌汁が登場した。

IMG_0549.jpg

かつはどちらかというと小ぶりだ。1000円を超えて場所が都会ではないことからすれば、もう少しボリュームがあってもいいと思う。衣の色も少々黒い。

もう一つ、アスパラと紫蘇巻かつ定食。

IMG_0550.jpg

かつ定食は衣はサクサクで、小ぶりながらも食べられた。

IMG_0551.jpg

ソースは甘口のとんかつソースと、辛口のウスターソース。左右で使い分けてみる。

IMG_0552.jpg

やはりドロリとしたとんかつソースのほうが合うか。最近は塩で食べる人もいるようだが、塩はおいていなかった。

IMG_0553.jpg

ちなみに店は50周年を迎えたそうで、これはお見事だ。おそらく田園地帯が広がり、仙川が流れるのどかな風景の中を短い編成の茶色い京王帝都電鉄の電車がトコトコ走る時代からだったろうに、よく続いたものだ。

IMG_0554.jpg

食後に小さなカップのコーヒーが出た。これは知らなかったのでうれしかった。

なお、仙川にはカフェがやたらと増えたらしい。

こんな店や、
IMG_0555.jpg

右が星乃珈琲、左が猿田彦、
IMG_0556.jpg

スタバも当然あり、
alt="IMG_0557.jpg" class="pict" />

カルディは物販とカフェが一体となっている。
IMG_0558.jpg

路地にはおいしいドーナツ屋さんもあるが、
IMG_0560.jpg

もったいないことにシャッター通りも発生している。
IMG_0561.jpg

T字交差点の付け根の店がシャッターだったので、チェーン店にでも貸せばよいと思うが、そうならないのが商売人のサガなのだろう。
| グルメ | 19:47 | comments(1) | - |


有楽町のランチ:シャックシェイク ハンバーガー
最近、高級ハンバーガー店が続々とできている。ハンバーガーと言えばマクドナルドと思っている日本人からすれば新鮮だ。高いのはこれまでのファーストフードのイメージに反するし、そもそも出来上がりまで待たせる。しかし、確かにマクドナルドやロッテリアとは一線を画している。

シャックシェイクは首都圏に数店あり、東京国際フォーラム店は中庭に面している。

IMG_0541.jpg

電子マネーは交通系しか使えず、アップルペイは使えない。
シャックシェイクバーガーのシングルは680円なので、それとコーラを頼んだ。
注文窓口には列ができており、12時前だけど数分の順番待ちが生じていた。

IMG_0536.jpg

ポケベルを渡され、できるまで数分待たされる。店は広くて店内店外で食べられる。

IMG_0537.jpg

食べやすいように紙の袋に入って出てきた。口は開いたままだ。

IMG_0538.jpg

割とシンプルで味付けもさほど濃くない印象だ。

IMG_0539.jpg

かじると牛肉のうまみが広がった。予想通り、さほど味付けは濃くない。
トランプ大統領をまねて、ケチャップを垂らしてみる。このケチャップはカゴメではないようで、香辛料が豊富でケチャップ自体がおいしい。

IMG_0540.jpg

どうやら、こうして食べるのがおすすめのようだ。

ただし、並んでまで食べるハンバーガーというと、そうでもない。カールスジュニアのほうがおいしいし、ほかにも上を行くバーガーがあるだろう。できるなら、別の商品も味わって、判定したいものだ。
| グルメ | 19:20 | comments(0) | - |


新潟のランチ:エルドラド 洋食 ラマダホテル新潟2F
会津から帰って日曜日だけ東京にいて、すぐに新潟出張。
駅前のラマダホテル新潟で商談会の仕切りをするので、このホテルに泊まる。
朝食付き5100円と安かった。

IMG_0119.jpg

台風一過の東京を過ぎて大清水トンネルを超えたころは寝ていたが、目を覚ますと車窓の紅葉がぼやけている。やはり雨が降っていた。
運よく新潟駅では雨は止んでおり、ラマダホテル新潟へ。ひとしきり仕事をしてランチになり、このホテル2階のエル・ドラドに入った。いつまた雨になるかわからない天気だった。

IMG_0133.jpg

カウンターから窓の外を見たら、豪雨になっていたのでよい判断だった。

IMG_0131.jpg

ランチメニューはABCDとあり、Dが鮭のムニエル1300円だったのでこれを頼む。

IMG_0125.jpg

セミバイキング方式で、サラダやデザートの類はご自由にお取りください。

IMG_0132.jpg

すると、グラタンなどのちょっとしたおかず系もあって、これはなかなかリーズナブル。

IMG_0127.jpg

鮭のムニエルは想像よりも小ぶりだったが、バイキングなのでこのくらいでちょうどよかった。ライスかパンはライスにしたけど、さすがコメどころなのでおいしい。間違いない。

IMG_0128.jpg

デザートにケーキまで食べてしまい、体重増加は必至であった。

IMG_0130.jpg
| グルメ | 21:17 | comments(0) | - |


お茶の水のランチ:GOZZO カフェ APAホテル
このところ雨ばかりだったが、今日は晴れた。今日だけらしい。
そこで上着を着ないで外に出てみたらちょっと寒かった。秋は忍び寄っている。

APAホテル1階のGOZZOに行ったら、すっかり人気を得たと見えて同じ職場の人が多数来ていた。満席の日すらある。

IMG_0020.jpg

卑屈に会釈をして食べる。

卵かけ御膳550円は魅力だが、たまには違うものを食べよう。魚はホッケ、肉は豚肉と茄子の炒め物でいずれも850円。そこで肉にした。

料理が出てくるまで、バイキング状態のサラダとフルーツを取る。
フルーツをあとから取りに行く人もいるが、面倒なので一緒に取ってしまう。

IMG_0016.jpg

料理は1つずつ丁寧に作っているので、アツアツ。

IMG_0017.jpg

炒めたばかりでやけどをするほど熱い。味噌がやや濃いけれども、外食なので仕方ないだろう。おいしい豚肉と茄子の炒め物だ。

IMG_0018.jpg

小鉢が2つあって日替わりだ。
今日はスパゲッティと茄子のラタトゥユだった。ナスが重なるのはいかがなものか。

IMG_0019.jpg

ごはんはお代わりしないで済むように調整した。
スタンプノートができて、集客に一役買っているのかもしれない。
5つ貯まれば半額というから、850円が425円ということか。
| グルメ | 22:25 | comments(0) | - |


| 1/285PAGES | >>