CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
新宮市のディナー:かつ田 寿司・てんぷら
新宮には17時4分に着くはずが19時になった。真っ暗だ。

DSC_4305.jpg

ホテルに荷物を置いて、すぐに食事に出る。田舎は8時には店じまいすることが多いからだ。
ホテルの前にも飲食店があったが、ちょっと歩いてみる。

和歌山県から三重県南部にかけてはめはり寿司が有名だ。めはり寿司を食べてみたい。するとローソンの先に「かつ田」という寿司店があった。

DSC_4298.jpg

カウンターの左右に酔っ払いが大声で話しているし煙草の煙があったのでイヤだったが、めはり寿司があるか聞いてみたら「ある」というので座った。

DSC_4301.jpg

めはり寿司は1個200円、混ぜご飯を高菜の葉でくるんだものだった。

予想通りやや味が濃いけれども、これは仕方ない。
さらにふぐのから揚げ750円も頼む。めはり寿司だけではさすがに物足りない。

DSC_4303.jpg

こちらもしょっぱいのは仕方ない。
揚げたてはおいしい。

めはり寿司1個ではおなかが空くので、もう1個頼んだ。

DSC_4304.jpg

これで1150円。お酒は飲まないことにしているので、左右の酔っ払いを置いてそそくさと店を出た。
ごちそうさま。
| グルメ | 21:32 | comments(0) | - |


鳥羽市のランチ:○八食堂 定食・どんぶり
時間はたっぷりあるが鳥羽の駅前はJRも近鉄も殺風景でコレといって入りたい店がない。入りたいというよりも、店そのものがない。

やむなく駅の二階の○八(まるはち)食堂に入る。

DSC_4244.jpg

表にはさしみ定食などの2000円近いメニューが並んでいるが、430円の伊勢うどんがあるのを見逃さなかった。

ひとりなのでカウンターに案内された。するとスマホの充電器があるではないか。



そもそもがケータイ国盗り合戦はGPSを使うので電池の消耗が激しい上に、旅程を組みなおして乗換案内を散々使ったのでいつも以上に電池が減っていたのだ。

お店にお願いして充電させてもらう。

「さしみ定食がお勧めです」と言われたが高いので伊勢うどんにした。充電しているのに申し訳ないが、出川哲朗のようなものであり、ブログで紹介いたしますのでお許しください。

伊勢うどんは太くてふにゃふにゃの麺と、そこに沈んだどんよりしたタレでおなじみ。

DSC_4242.jpg

「よくかき混ぜてから食べてください」と言われ、言われなくてもそうします。

DSC_4243.jpg

伊勢うどんはそうおいしいわけではないが、珍しいので食べる。
しかも充電しているのである程度時間をかけないと充電にならない。

1本1本名残惜しむように味わって食べた。
不通なら5分もかからない1杯を15分かけて食べたが、せっかちな私には苦行だった。
しかし電池容量は66%までに回復し、おかげで最後まで持った。
ありがとうございました。

でも、後から来た6人組も伊勢うどんを頼んでいたし、無理してさしみ定食を頼む必要なんてないのだ。
| グルメ | 21:15 | comments(0) | - |


名古屋のディナー:黒豚屋らむちぃ 味噌カツ・とんかつ
5時過ぎで真っ暗な名古屋市内。
ホテルにチェックインして6時過ぎだけれどおなかがペコリンなので早々に食事に出る。

おなかが空いてるなら味噌カツでしょう。

グーグルマップで近くの味噌カツを調べたら、矢場とんのほかに黒豚屋らむちぃがあったので、寒空の下を歩いて行ってみた。
看板が進行方向の反対側にしかなくて、通り過ぎてしまった。

DSC_4169.jpg

味噌カツ御膳、おろしかつ御膳、ロースカツ御膳、ひれかつ御膳…。やはり味噌カツでしょう。

DSC_4170.jpg
DSC_4172.jpg

店員が「ねぎがたくさん載っていますがよろしかったでしょうか」と聞くので「平気」と答え、しばし待つ。
するとなんということでしょう。とんでもないてんこもりのカツがきた。

DSC_4173.jpg

いや、てんこもりはキャベツだ。その上に味噌カツが乗り、その上にネギが乗っている。
ご飯も東京ドームか名古屋ドームか。盛っている。

DSC_4174.jpg

ネギを除けて味噌カツを穿り出した。

DSC_4175.jpg

インスタ映えを狙ったのかもしれないが、そんなのとは無関係においしい味噌カツだ。味噌は少々甘めでこれがいい具合。カツもジューシーではないが、食べやすいかつだ。

途中経過を報告します。

DSC_4176.jpg

散々格闘したが、結局すんなり食べられた。

選べるデザートはゆずシャーベットにした。
さっぱりして、よい後味だった。

DSC_4177.jpg

眠いけど、まだ寝てはいけない。
| グルメ | 20:48 | comments(0) | - |


お茶の水のランチ:ホンカトリー カレー
職場の若くもない若いモンから「ホントカレーってのがあっておいしいですよ」と言われたので、清水坂の上のほうらしいが、行ったことがないので行ってみた。5月からやっているようだ。

しかし行けどもホントカレーなんてない。ググったら、ホンカトリーだった。何言ってんだか。

IMG_1423.jpg

店はL字カウンターのみの9席。入口から奥までの通路があり、テーブルが置いてあるがパンフレット類で食事はできない。そうしようと思っていないのだろう。
カウンターの奥には初老の店主が一人で、いらっしゃいませも聞こえないくらいのおとなしい人だ。先客3人のカレーをもくもくと作っていた。

IMG_1424.jpg

メニューは2種類で黒板にあるのみのようだ。鰯ロールが珍しいので頼んでみた。どちらも1000円。

調味料はらっきょうや福神漬けの類はなく、ニョクマムや島とうがらしなど。能書きを見るとかなりこだわっているようだ。

IMG_1425.jpg

まずはライスが出たが、タイ米を茹でているようだ。
野菜やコーンフレーク、そして謎のコロッケが載っており、インスタ映えのつかみはばっちり。

IMG_1426.jpg

しばらく待ってカレーが出た。

IMG_1427.jpg

かなり神経質に丁寧に、鍋から椀に移していた。

IMG_1428.jpg

カレーを木製スプーンで掬ってタイ米に載せて食べてみる。さほど辛くはない。しかしそれは辛さでごまかそう、カレーだぞうと言っているのではない。

鰯ロールを椀の底から掬ってご飯に転がす。

IMG_1430.jpg

鰯は独特の臭みがあって苦手な人もいるが、私は平気。むしろ好物。
柔らかく茹でられており、カレーにもあっている。

ニョクマムなどをかけて味の変化を楽しむが、素のままでも十分においしい。

IMG_1431.jpg

スプーンでちまちま掬っているのが面倒になって、ドカッとごはんに全部かけた。
最初はごはんが足りないかと思っていたが、ちゃんとバランスが取れた。

最後に店主は小さい声で何度も「ありがとうございます」と言った。
1000円の価値は十分にあるおいしいカレーだった。ごちそうさま。
しかし、サッカー協会の近くだけれども、こんな路地でひっそりとやっていて大丈夫かなとも思う。
| グルメ | 20:30 | comments(0) | - |


神田のランチ:伊勢 親子丼
かつて職場のあった懐かしい神田に行った。さてランチはどこで食べようかな。もう10年も前のことなので、よく行った店の多くは無くなっている。

すると高架下の伊勢が目に留まった。高架下の狭い店で、JRの高架工事の時は一時移転をしていた店だが、戻ってきたんだ。さっそく入り、奥の開いている席に座った。

IMG_1414.jpg

メニューはシンプルで親子丼の並と大、そして鶏そぼろ丼だ。
親子丼を頼む。680円と思ったが税込なら730円だ。

IMG_1415.jpg

カウンターから厨房は丸見えで、てきぱきと親子丼を作っていく。鶏肉はあらかじめ茹でられており、熱したダシに数個を入れて、大きなボウルで荒く溶いた卵を流し込む。

IMG_1416.jpg

ふわとろの親子丼だ。
しかし依然食べたときほどの感動はない。

IMG_1417.jpg

こちらが年を取って味覚がズレてきたのかもしれないが、鶏肉はボソボソとしており、卵のふわとろ感も今一つだ。
スープは今の私からすれば濃い。

IMG_1418.jpg

まぁ、久しぶりに会った彼女も年を取っているわけで、いつまでも昔のままのピチピチではない。

IMG_1419.jpg

それとこれとは違うが、懐かしくてうれしいけれども、皺が増えておっぱいがしぼんだ彼女に逢ってしまったようながっかり感を得ながら、店を後にしたのである。
| グルメ | 20:12 | comments(0) | - |


三軒茶屋のディナー:川善 とんかつ
先日行ったら臨時休業だった、三軒茶屋の肉屋がやっている「とんかつ川善」に行ってきた。界隈では一番おいしいと言われる。

IMG_1359.jpg

肉屋がやっているからか、評判の割には安い。

IMG_1358.jpg

上ロースかつ定食1500円を頼む。

IMG_1361.jpg

店は狭くて汚い。しかし厨房を覗いたらホール掛を含めて5人も働いていた。

IMG_1362.jpg

上ロースは大きかった。厚みも十分だ。

右から3つ目の断面を見たら、かなり脂が多い。上ロースで端はともかく中央にも脂身がある。

IMG_1363.jpg

ともかく、とんかつソースとドレッシングをかける。

IMG_1364.jpg

ところが、評判通りなかなかおいしい。脂身があるが、これが味になっている。臭みとかしつこさがないのだ。
あまり具のない味噌汁と、いちおう豆腐となめことネギが入っているけど。漬物はニンジン、きゅうり、大根、葉であっさりとしていておいしい。

満席になる日も多いらしいが、今日は空いていた。
| グルメ | 20:32 | comments(1) | - |


神田のディナー:鳥勢 焼き鳥
毎年恒例の仲間内の忘年会。場所は恒例の神田駅北口の鳥勢(とりせい)。
小雨が降り出した寒い夜、仕事を切り上げて定期券で神田まで行く。二階は貸し切りだ。

まずはビールとたたきで乾杯。たたきも恒例だ。

IMG_1336.jpg

あらかじめ待ち構えていた刺身盛り合わせ。5種類ある。一人2切れずつ食べられる。

IMG_1337.jpg

そしてなんといきなり鍋
普通は焼き物を頼んで、1時間くらいしてからなのだが、明らかに私より年上の、老店員が鍋を持ってきたので許す。着火。

IMG_1340.jpg

そして焼き物がないよ〜と、右から10種類、焼き鳥からシシトウまでを一気に人数分頼んだ。
そんなに仕込んでいるのかぁ?

IMG_1341.jpg

「新天皇が即位したら10連休になるらしい」
「え、いついつ?」
「4月29日が昭和の日で、30日がみどりの日、5月1日が即位日で特別に国民の祝日に、すると2日は3日の憲法記念日に挟まれて国民の祝日、4日も国民の祝日、5日がこどもの日、翌6日月曜日は振替休日、4月27、28日の土日合わせて10連休らしい」
「システム改修がたいへんだな」

IMG_1342.jpg

「天皇と上皇と、どっちが偉いんだ」
「会社でいうと社長と会長だからな、会長のほうが上席に座る」
「ということはオリンピックで天皇と上皇が観戦するなら上皇が上席か」
「いや、上皇は自宅でテレビ観戦だろう」

IMG_1344.jpg

鍋がそろそろできる。

IMG_1343.jpg

「即位の前に天皇が崩御することもあるだろう、どうするの」
「それは仕方ない、というかそれが普通」

鍋、いけます。

IMG_1345.jpg

「大正までは昭の字はほとんど使われなかったんだよ、昭和になってから、昭(あきら)とか、昭二(しょうじ)とか、人名に非常に多く使われるようになった」
「それ以前は、盛田昭夫、足利義昭、小磯國昭などくらいで、ほとんどいなかったんだよ」

IMG_1346.jpg

「(日本ハムの)清宮はオヤジはそこそこイケ面だけど、本人はなぁ」
「大谷君はイケメンでCMにも出て人気があったけど、清宮はどうなるかな」

IMG_1347.jpg

鍋があらかた終り、うどん投入。そんなに食えるのかな、食うんだな、これが。
年寄りばかりになったのに、食べる。

IMG_1348.jpg

なぜか今ごろしいたけ焼き。これがおいしい。

IMG_1349.jpg

ししとうの登場を待たずして帰宅した。
来年も元気で逢いましょう。よいお年を。
| グルメ | 22:52 | comments(0) | - |


| 1/287PAGES | >>