CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
<< 楽天トラベルお客さまの声ランキング:埼玉県 | main | エヴァと戦国BASARAと坂の上の雲、共通点は? >>
目黒のランチ:蒙古タンメン中本 ラーメン
先日、侘しい納豆定食490円を食べたとき、同行した若くもない若いやつが「辛いの好きっすよ〜、蒙古タンメンで北極(辛さ10)平気っすよ〜」と言ったので、久しぶりに蒙古タンメン中本に行きたくなった。

とにかく辛いラーメンで有名である。JR目黒駅東口の奥の路地。真っ赤な看板が目印で、二階はホルモン稲田である。

若いのを誘ったら、「蒙古タンメン」の名前や場所は知っているけどひとりで入りあぐねていた由。ちょうどいい機会である。
雨上がりですいていると思ったら、中で並んでいた。

店に入る前から頭は汗をかき、のどが鳴る。まさにパブロフの犬(条件反射)状態。

2月の限定メニューで冷やしつけ味噌卵麺900円があったので食券を買う。辛さ9でこれまで食べた中では最高の辛さだ。
しばし並んで、はたして食べられるのか、若いやつの前で噎(む)せて恥をかかないかと気にする。

カウンター席が開いて席に着いたら、見計らったように出来上がった丼がやってきた。だからさほど待った気はしないし、後ろに並んだ一人の客が開いている席に先に案内される時も前に並んでいるわれわれに店員が一声かけて案内するので、憤りはまったくない。
辛いラーメンなので一気に食べられるわけがなく、多くの客はゆっくりで、しかも机の上のティッシュで洟をかんだり汗を拭いたりで、食べるのに時間がかかるのである。

蒙古タンメン中本

つけダレに相当するどんぶりは真っ赤で、しかも真っ赤に染まったもやし炒めが山のように盛り上げっている。
辛さ9
これを全部食べるのか、いや、無理なら食べられるところまで食べようと、緊張する。ちなみに若いやつは初めてなので定番の蒙古タンメンを頼んだ。こちらの辛さは5だ。明らかに色が違う。

最近の多くのつけ麺の通り、太い麺を箸ですくって真っ赤などんぶりにつける。もやしを絡めさせ口に運ぶ。
う、う、辛い。が、なんとか行けそうだ。

食べたことはないけれど日本そばのように麺をどっぷりつけないで麺の下の方だけタレにつけて食べる。

冷やし味噌卵麺

ときどき卵と一緒に食べると辛さが緩和されるか。

麺はとてもおいしく、ゆで加減、歯ごたえとも最高だ。麺だけでも食べられるおいしさだ。
そしてタレは辛いは辛いが、奥が深くおいしい。

もやしは真っ赤だがどうやら豚肉と一緒に炒めてあるようで、肉は高級品の意識が強いので、なるべく肉は残さぬよう、肉を選んで麺と一緒に食べる。

頭のてっぺんから汗が噴水のように流れおち、首筋を伝う。
そのうち、唇がしびれてきた。辛さにやられてきたようだ。喉もむせるような感じになってきた。しかし、ここで噎せるわけにはいかない。
麺とスープ、もやしを調整しながらゆっくりと食べ、なんとか麺は完食したが、つけダレは残さざるを得なかった。
もっとも、普通のつけ麺でもスープを全部飲むことはないので、これはこれでいいのだろう。

若いやつも「辛いけどおいしい」という正当な評価。
しかし口がヒリヒリで、帰りに東急ストアで<プリン>を買って口直しした。
でもまた行きたい。今度はごはんものを食べてみようか。


バカ辛伝説(首都圏版)
| グルメ | 21:47 | comments(0) | - |


コメント
コメントする