CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< カシオEXILIM EX-H20G口コミ GPSは速くて正確 | main | 京大・同志社・早大などで入試問題がネット流出 >>
FQUIZ クイズ&パズルフォーラム20周年オフ会
横浜市の神奈川県民ホールで開催されたFQUIZこと、クイズ&パズルフォーラムの20周年記念オフ会に参加してきた。クイズのオフ会は久しぶり。

CIMG0065.jpg

もともとはニフティーサーブ(Nifty-Serve)のフォーラムが発端だ。フォーラムとはmixiのコミュだと思えばいいでしょう。ユーザーが勝手に作ることはできず、ニフティ側の運営となっていた。

ぼくは1970年代後半から80年代にかけてクイズに夢中になっていた。しかし当時のクイズはテレビ局の「クイズ番組」に頼るしかない。けれども、街中に雀荘があるように、「毎日」「全国規模で」「誰とでもクイズが楽しめる」場がないか模索していた。

そこで目をつけたのが80年代の終りから普及し始めていたパソコン通信だ。インターネットの登場前、ニフティやPC-VANといった同一の集団内でのみのコミュニケーションがなされていた。インターネットのように誰もが同じ場を共有できず、いうなれば企業内だけのイントラネットのようなもの。今からでは信じられないけれど、電子メールも同じネット事業者内でしかやり取りできなかったのだ。つまりどこのネットワーク事業者と契約するかでコミュニケーションも違っていた。

ニフティは特にフォーラム運営に熱心だったから、ニフティに「クイズのフォーラムを作ってください」とメールをして出来たのが「クイズ&パズルフォーラム」だった。1991年2月のことで、それから20年が経ったのだ。

オフ会は年に数回開催され、早押し機も登場する本格的なクイズ大会が開催された。オンラインではチャット機能(リアルタイム会議=RT)を使って夜な夜なクイズが出題されていた。モデムを使って電話回線を占有してのネットワーク通信の時代。パソコンよりもワープロにモデムカードと通信ソフトを入れて利用する人のほうが多かった。
段々とパソコンが普及し、ついにインターネットの時代になって事業者の垣根は取り払われたが、ニフティは愚かにもフォーラム運営を2005年で終了させてしまったのだ。
そのまま続けていればmixiにもfacebookにも成れたのにと思う。

けれどもぼくたちは自主的に場をインターネットに移してオン/オフともにクイズを楽しんできた。

今回は若手の台頭が心強かった。
クイズも趣向を凝らしており、テレビでは決して使えないクイズもあった。
つぶやきクイズ」は有名人のツイッターのつぶやきを読みあげて、それが誰であるかを当てるもの。つぶやきの選択に妙があった。

ワードクイズは12の文字パネルからいくつかを選んでアナグラムをして単語を当てるもの。

たとえば「ある都市(都道府県+市名+市)」
1)東京都
2)大阪府
3)京都府
4)滋賀県
5)東
6)西
7)南
8)北
9)上
10)中
11)下
12)市

使わない文字もあるが、答えは何市かわかりますか。文字パネルはパソコンソフトを使って見えたり消えたりするので余計にわかりにくいが。

夜は中華街の天香楼で宴会。
CIMG0105.jpg

未だにぼくに会うのが神様のように思っている若い人たちがいて心強かった。
まだまだ行けるか、行かなければならない。

  
| 日記・つぶやき | 23:23 | comments(0) | - |


コメント
コメントする