CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 目黒のランチ:かつ壱 とんかつ | main | 青春18きっぷ検索ができるジョルダン乗換案内 >>
夫婦善哉 NHKでドラマ化 森山未來・尾野真千子
大阪出身の奔放な作家、織田作之助の生誕100周年を記念して「夫婦善哉(めおとぜんざい)」がNHK大阪放送局でテレビドラマ化される。
維康柳吉(これやす・りゅうきち)に森山未來、蝶子に尾野真千子が扮する。
明日24日、毎週土曜日夜9時からNHK総合で連続4話。

DSC08742.jpg

大正から昭和へ、大阪が日本一華やかだった時代。
その街の片隅で、居場所を失い、
自らが招いたのか何一つ報われない男と女―――柳吉と蝶子
あほな二人が繰り広げる究極のラブストーリー。

DSC08743.jpg

貧しい一銭天麩羅屋の種吉(火野正平)とお辰(根岸季衣)の娘・蝶子(尾野真千子)は、親の反対を押し切り、北新地のお茶屋に女中奉公に入り、同僚・金八(佐藤江梨子)とともに、つらい下積み生活を乗り越え人気芸妓となる。憧れの芸妓となったのも束の間、化粧品問屋・維康商店の妻子あるぼんぼん・柳吉(森山未來)と出会い、二人は恋に落ちる。

DSC08744.jpg

柳吉は、日頃の放蕩ぶりから番頭(平田満)からも蔑まれ、兄思いの妹・藤子(田畑智子)にも呆れられ、父・半兵衛(岸部一徳)から「勘当」を言い渡される。父の怒りが解けるまでと、柳吉は蝶子を誘い駆け落ちする。

芸妓の道を捨て、柳吉との恋に生きようと覚悟する蝶子だが、二人は向かった温泉宿で、関東大震災に遭遇。逃げるように大阪に帰ってくる。

帰る場所もない大阪だが、二人は周囲にうとまれそして助けられ、蝶子は幸せに生きていく…。


JOBK放送開始60周年記念番組。主役の森山は兵庫県、オノマチは奈良県出身で、撮影も京都太秦撮影所をはじめ関西周辺で行われた。オノマチのNHK出演は2011年の「カーネーション」以来久しぶりで、「カーネーション」も「時は大正岸和田にぃ、生まれた一人の女の子ぉ」だったが、今回は同じ大正でもちょっと違ったテイストの物語になる。

●余計なひとことふたこと
BKが力を入れているのはわかるが、大阪の大正時代の「あほなぼんぼん」が関東にどれだけ受け入れられるかはっきり言って疑問。あほ役は藤山寛美のはまり役だったが、彼の芝居をもう一度観たいと思う関東人の私であった。

その寛美の娘、藤山直美は出ておらず、彼女でもいいと思う役柄は山村紅葉が演じる。この二人はなんとなくイメージが似てます。

森山未來にがんばってもらうしかないが、キモい役ならうまいがアホ役はどれだけ演じられるか。

そういや、尾野真千子はツイッターを全部削除してつぶやいていない。アカウントは残っているけど。

火野正平さんは自転車(こころ旅)に乗っていないときはこういうことをしているんだ。映画「終戦のエンペラー」では東条英機を演じていたが、それは髪型から?

夫婦善哉の原作は青空文庫で読めます。

  

| 映画・テレビ | 18:53 | comments(0) | - |


コメント
コメントする