CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 宮古島のディナー:A&W宮古下里通り店 ハンバーガー | main | 博多のランチ:一蘭本社総本店 ラーメン >>
博多のディナー:俺の割烹 和食
宮古島から那覇経由で福岡に出た。
那覇からの機内では寝ていたのでジュースを飲み損ねた。九州島を縦断したが、博多の天気は良くて、新緑の美しい光景が望めた。

俺の割烹は地下鉄中洲川端駅からすぐ。

DSC_3175.jpg

3月に来た時に九州男児と行こうとしたら、あまりよい評価でなかったようで別の店に行ったので、今回はどんな味なのかを確かめるべく、行ってみた。

一人なので待ち時間なしでカウンター席に座れた。
獺祭があったので当然それを頼む。お通しはなんちゃらの卵和え。

DSC_3166.jpg

生うに伊勢海老ゼリーかけ。伊勢海老まるごとと思ったら、ダシがゼリーになっていたのだった。
おいしい。スプーンがついているのでそれで食べる。箸で掬えるものではない。

DSC_3167.jpg

初夏の三種盛り。左から南蛮漬け、サザエの旨煮、野菜の白和え。
どれも酒によく合う逸品ぞろいだ。

DSC_3168.jpg

ゴマサバ。薄く切っているのでもう少し厚い方が歯ごたえが強化されておいしいと思うが、これはこれでおいしい。

DSC_3170.jpg

ゴマサバは3月に独酌しずくでもいただいたが、切り方はしずくのほうが上。

フォアグラと牛フィレ春野菜で

DSC_3173.jpg

春野菜は筍や木の芽の葉の食感と香りがイケてる。
フォアグラも牛肉もよい味付けだ。
総じてしょっぱくないんもがよい。たいていはしょっぱくして酒をたくさん飲ませるのだが、あくまで割烹で料理そのものを楽しませてくれる。

そして、カウンターに座ったのが運のつき。となりの親父さんが宗像・沖ノ島と関連遺産群を世界遺産にするべく動いている人で延々その話を聞かされた。
さらに隣の三重県から来たという女性組まで巻き込まれ、日本人として当然の話で盛り上がった。

「中国や韓国は相手を貶めて自分の優位性を保とうとするけれど日本人はその考えはないよね」
「日本人同士は阿吽の呼吸でわかるけれど、外国人にはちゃんと言わないとダメよね」
「日本人はヒロシマやナガサキや東京大空襲のことを言わないよね」
「ポツダムやアウシュビッツにも行ったんですよぉ」
| グルメ | 22:13 | comments(0) | - |


コメント
コメントする