CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 台北で一番古い寺、龍山寺 | main | 台湾旅行のGPS軌跡 >>
台北の新しい街づくり 富錦街(フージンジェ)
龍山寺から大安駅もよりのパークタイペイホテルに戻り、預けていたスーツケースを受け取ってMRTで松山機場駅に出た。

飛行機にすぐには乗らないで、徒歩14分程度の富錦街(フージンジェ)に出る。

DSC_7714.jpg

ここは並木が生い茂る、かつての表参道を彷彿させる通りで、元は米軍の基地関係者が住んでいた建物らしいが、とある企業がデベロッパーとして再開発して、表参道ヒルズができる前の同潤会アパートのように、デザイナー事務所やカフェ、セレクトショップなどが入る、おしゃれな街へと変身した。

DSC_7728.jpg

まだ若い青年社長に呼ばれてこの街にスーツケースをガラガラとひきづってたどり着いたのだが、これまでの台北のイメージを一新する素敵な町。

さっそく経営しているFujin Tree 353 Cafe by simple kaffaでくつろいだ。

DSC_7721.jpg

コーヒー豆にもこだわっているそうで、スタバとは一味違う。

DSC_7722.jpg

昼時のため、カフェの軽食のサンドイッチをいただいたが、これがまたおいしい。サラミとチーズがトーストに挟まれているが、パンの上から胡椒が降りかかっており、これは東京でも味わったことがない。

DSC_7726.jpg

サラダには一部の店で使われている、オレンジの味がほのかにするドレッシングがかかっている。台湾でも調達できるんだ。

DSC_7727.jpg

奥に長い店だけれども、昼が違づくにつれて満席に。それっぽい服装の人たちが打ち合わせをしており、まさにひところの表参道、代官山だ。

DSC_7731.jpg

むろんターゲットは台湾人であり、日本の最先端のおしゃれな店を体感してもらうもの。つまり日本からすればインバウンドになっている。

DSC_7732.jpg

松山機場からすぐという利便性があるが、逆に台湾人からすれば行きにくい通り。
わざわざここに来るだけの魅力は今のところ十分にあるが、それを維持するのは大変だと思う。

DSC_7745.jpg

でも日本から持ち込んだガイドブックには早くも紹介されているので、たいしたものだった。

DSC_7759.jpg

通りを一巡して社長に挨拶をして、松山機場に向かった。

DSC_7708.jpg



午後のJALで帰京したら東京は雨。明日からしばらくは天気が悪いらしく、先が思いやられる。
| 旅行・鉄道 | 22:39 | comments(0) | - |


コメント
コメントする