CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< オーストラリア グレートオーシャンロードの絶景 その2 | main | メルボルンのメトロでボックスビルから戻る >>
馬場浩士写真展 オーストラリアのホワイトホース市で開催
元同僚Bクンこと、馬場浩士君は現在<まつど観光大使>として活動しているが、美しい松戸市の四季を映した彼の写真展がオーストラリアメルボルン市郊外のホワイトホース市で開催されたので行ってきた。今回の豪州旅行はこれが目的だった。

DSC_2629.jpg

ホワイトホース市ではジャパンフェスティバルが開催されており、松戸市と同市は姉妹都市提携45周年で、シティホールの一角を借りての個展となった。

DSC_2464.jpg

本郷谷健次松戸市長が市民代表団にご挨拶、それを取材する馬場君(左端)。

DSC_2494.jpg

昨14日、私がグレートオーシャンロードに観光に行っている時に、馬場君は写真の展示作業をしていた。

DSC_2501.jpg

もはや立派な国際カメラマンである。

DSC_2526.jpg

ステージでは両市長はじめ、偉い人のあいさつや鏡開きが。なんで枡は四角いのかと本郷谷市長は質問され、答えに窮する面もあった。

DSC_2542.jpg

さらにステージでは両市で芸を披露しあう。

DSC_2557.jpg

日本人学校の生徒たちはよさこいソーランを上手に踊った。現地豪州人生徒たちの日本語の歌も上手だった。
外国にいれば外国文化に触れるのは当然だが、日本文化も伝える役目を担っており、日本文化にも詳しくなる。日本にいるとバカな日教組が日本文化を崩壊するような反日教育を施しているようだが、外国にいたほうが日本文化に詳しくなるのは皮肉だ。

DSC_2578.jpg

小さい子供たちのズンバダンスは、先生だけがノリノリで子供たちはわれ関せず。うちの子供たちの小さいころをほうふつさせ、ほほえましかった。

DSC_2595.jpg

別の会場では弓道や書道の日本文化の紹介や、日本製品の即売も行われていた。ホワイトホースなど聞いたこともない街だけれど、ちゃんと日本人の暮らしや活動があるのだ。

DSC_2609.jpg

模擬店でいろいろな料理が即売されており、ランチに焼きそば8$をいただいた。マヨネーズがかかっており、おいしかった。

DSC_2635.jpg

イベントはまだまだ続くが、馬場君の出番はここまでなので、二人でメルボルンに戻ることとする。
馬場君は今後ますます国際カメラマンとして活躍するように祈るや切。

| 日記・つぶやき | 18:44 | comments(0) | - |


コメント
コメントする