CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< イギリスEU離脱へ リーマンショックの再来? | main | 御茶ノ水のランチ:ワールドテーブル イタリアン&コンチネンタル料理 >>
航空科学博物館と成田市さくらの山で飛行機の撮影
成田国際空港まで運転手。
その後、空港の南、芝山町にある航空科学博物館に行った。

D8C_3156.jpg

博物館は10時オープンで1時間以上も前についてしまったが、すぐ脇が着陸する飛行機の導入部になっており、すごい迫力だ。

D8C_3172.jpg

撮り鉄ならぬ撮り空というのかなんていうのか知らないが、すでに航空機撮影マニアが超望遠レンズで飛行機を狙っていた。こちらもニコンD810に28〜300mmズームレンズをつけて飛行機の撮影を試みる。

D8C_3152.jpg

これまで羽田空港の展望台からは撮影したことがあるが、沿道からの撮影は初めてだ。

D8C_3163.jpg

飛行機が近づくと300mmではすでに画面からはみ出すほどの迫力。
撮り空の「先輩」たちはふだんは車の中で待機。航空無線とフライトレーダー24あたりを使って、飛行機が近づくとおもむろに車から出て、パシャパシャと撮影してまた車に戻る。

D8C_3173.jpg

あるいはお目当ての飛行機があるらしく、会話を聞いていると「今日は珍しくDHLのなんとかが来るのでそれを撮影する」とか、電話で仲間と会話をして「あ、今日は西武なの」と、撮り鉄兼務の人もいるらしい。

D8C_3178.jpg

だいたい数分おきにやってくるので、待っていればなにかしら撮影はできる。
滑走路に着陸態勢をしてから車輪を出すのであった。上空で出すのではない。

ちなみに4Kビデオでも撮影してみたが、至近で飛行機を追うのは難しいですね。鐵道と比べ物にならない、かなりの速度だ。

D8C_3186.jpg

航空科学博物館に展示されているレーダーもちょいと加えて写してみました。

D8C_3189.jpg

10時になってようやく開いたので500円の入館料を払って入る。ちなみにJAFの会員証を見せると割引になるらしいが、いっつも車に忘れてしまい、今回も取りに行くのをあきらめたので500円で入る。

D8C_3204.jpg

5階に展望スペースがあり、そのスジのおっさんたちがあの飛行機はなんだかんだとうるさくしゃべりながら撮影していた。

これはANAの団子3兄弟。

D8C_3201.jpg

10時半になったのでそそくさと降りて、車で逆の北側にある成田市さくらの山に向かう。
南の、航空科学博物館側は着陸するシーンばかりで、飛び立つ飛行機を撮影する魂胆だ。ここから4kmほど離れている。

D8C_3236.jpg

こちらも家族連れや飛行機マニアでにぎわっていた。プロ並み機材で狙うおじさんたちも多数いた。スチールカメラは少なくとも400mm以上でないと迫力ある撮影はできないと気づいた。1000mmくらいのレンズを持っている人たちもザラにいて、鉄道写真や航空写真はカメラメーカーを助けていますな。

D8C_3244.jpg

いよいよNH010便、ニューヨーク行きだ。11時発なので11時15分くらいにさくらの山上空を飛んで行った。

D8C_3282.jpg

これです。

D8C_3285.jpg

道の駅ならぬ空の駅さくら館が併設されており、地元の農産物などを売っている。

D8C_3302.jpg

全国の地サイダーを各種売っていたので、面白がって何本かおみやげに買って帰った。

鉄道の写真も面白いが、飛行機の写真撮影も面白かった。もうちょっと勉強して本格的にできたらいいな。

  
| 写真 | 14:04 | comments(2) | - |


コメント
軍用機撮りもいかしますぜ!
| odezo | 2016/07/11 9:12 PM |
odezoさま
入間基地の航空祭なんて、いいですね。
| Admin | 2016/07/11 10:00 PM |
コメントする