CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 映画「ハドソン川の奇跡」を鑑賞 トム・ハンクス | main | 中高年から始めるバイクツーリング、最後のツーレポをアップ >>
ニコンD5300のホワイトバランスとピクチャーコントロール
旅行で気合を入れた写真を撮るときはニコンD5300を使う。

DSCN1182.jpg

主に風景や駅舎を撮影しているが、出来上がった写真はどこかのっぺりとしておりメリハリが感じられなかった。

今回、アメリカ旅行に行ってアンテロープキャニオンのガイドが、日本語モードのカメラをなんだかいじって、それは見事な写真を撮ってくれた。モードを変更して撮影してくれたのだ。

これまでほとんどプログラムオートで撮影していただけで、
ホワイトバランスもAUTO、
ピクチャーコントロールもノーマル、
撮影モードも、風景やポートレートなどいくつかあるのだが、ノーマルのままにしていた。

IMG_1558.jpg

だが、今回、D5300の修理ついでに新宿ニコンサロンでセミプロの写真も観てきたが、どうやらオートモードでの撮影はあまりしないようだ。
ましてや、露出は絞り優先やマニュアルも使っている。

そこで、少しでも良い写真を撮りたいと、モードを変更した。
ホワイトバランスはいまのところAUTOだが、撮影時の光線の具合に応じて、適宜変更したい。

IMG_1559.jpg

ピクチャーコントロールは、風景写真や人物はビビッドのほうがメリハリがつく。通常はビビッドにしておこう。

IMG_1560.jpg

これらの判断やカメラへの操作は撮影時に瞬時に決めないとシャッターチャンスを逃がす。
写真はたくさん撮っているが、そういう訓練はしたことがないので、今後は考えながら撮影しようと思う。
| 写真 | 12:42 | comments(0) | - |


コメント
コメントする