CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 用賀のランチ:ピッツェリア マルデナポリ世田谷本店 | main | 私鉄系スーパーのPBカップ麺がおいしい >>
JR北海道 維持困難線区13を発表
11月18日に、JR北海道が「当社単独では維持することが困難な線区について」という<声明>を発表した。すでに中央でも具体的な路線名を含めて報道されていたので、やっと出したか、と思った。



大きく3つのカテゴリーに分かれており、

1)輸送密度200人未満(片道100人未満)の線区




札沼線(北海道医療大学〜新十津川)
根室線(富良野〜新得)
留萌線(深川〜留萌)

※輸送密度とは、1日1km当たりの平均輸送量のこと。多いほどよい。

これらは廃線にしてバス転換などにしてほしいとのお願いだ。現に、留萌線の留萌〜増毛間は12月5日に廃線になる。大人の休日倶楽部会員パスの第2回分が12月6日まで使えるので、12月4日(日)はこのパスを使ったおっさんたちで満員のはずである。
私としては根室線(富良野〜新得)がこれほど悪いとは思っていなかった。石勝線に特急列車がすべて移ってしまい、地元民しか乗らなくなった。間に狩勝峠があり、国鉄時代は「日本三大車窓」の一つに数えられていたが、逆に人や物資の往来が昔から少なかったのかもしれない。かつては夜行列車も走っていた区間だ。

2)輸送密度が200人以上2000人未満の線区



宗谷線(名寄〜稚内)
根室線(釧路〜根室)
根室線(滝川〜富良野)
室蘭線(沼ノ端〜岩見沢)
釧網線(東釧路〜網走)
日高線(苫小牧〜鵡川)
石北線(新旭川〜網走)
富良野線(富良野〜旭川)


これらは「廃線にしたいけど上下分離なら列車を運行してもよいよ」のサインである。
国鉄時代であれば特定地方交通線に指定され、廃線になっていた可能性が高い路線である。しかし、貨物も特急列車も走り、観光客も乗る路線が名を連ねていて驚きもある。石北本線は貨物輸送も頻繁だし(北見のたまねぎなど)、釧網本線、富良野線みたいな観光路線もある。にわかに廃線にはできない。
ただし、「維持困難」は輸送密度だけの問題ではなく、橋梁やトンネルなどの老朽化や雪害もあり、それらへの安全投資もままならないという、鉄道ならではの課題も含まれている。
このカテゴリーは、線路・路盤などは地元が、列車の運行はJRという、上下分離式をJRは希望しているようだが、複数の市町村にまたがる線区もあり、そもそもが全道的な問題になってしまっているから、市町村だけよりも北海道(道庁)が出てくるべきだという声もある。

3)すでに「持続可能な交通体系のあり方」等について話し合いを始めている線区



石勝線(新夕張〜夕張)
日高線(鵡川〜様似)


こちらはもう廃止である。夕張支線は地元が廃止していいけれど見返りをくださいと言うきわめて現実的な判断だし、日高線の先端部分は災害もあって現在も運休中、復旧する気がもはやない。

北海道新聞によると、地元の市町村はいずれも困惑し、憤慨している。JR北海道の地元への説明時期が、東京で開催されていた「全国市町村会議」と重なり、首長が不在だったことも、JRが狙ったのかたまたまだったのかは知らないけれども、十分な説明がなされていないと言い返されている。

そもそもが、地元は負担するような財源はない。そこに負担してくれと言われてもない袖は振れないから結局は廃止に進む。地元民が乗っていれば多少なりとも違ったかもしれないが、もはや乗らないのだから仕方ない。乗らないくせして廃線だと言われると困るとは、いささか虫が良すぎる。
昔から「我田引鉄」とまで揶揄された政治家と鉄道の問題であり、政治家は地元に線路を引っ張ってくることしか考えなかった。鉄道の維持に金を払う考えなどサラサラないのである。

だが、民間企業であるJR北海道は、これら線区は単独では維持できない。廃止を言う前に地元も考えて欲しいと頼んでいる。SOSを出しているのだから、なんとか助ける方法を地元や、もっと言えば国民ともども考えて欲しい。

たとえば、この区間の運賃値上げ(たいていは悪循環になる)や橋梁の補修などは道か国が負担するとか。ただし北海道運輸局もつれないとのこと。

いまさらだが、JR民営化の時からいつかこうなることは分かっていた。単に延命していただけに過ぎない。北海道のような広くて人口が札幌だけに集中している地域では民営化は無理だった。強いて言えば最初からJR東日本に組み込んでおけば、まだなんとかなった。ポートフォリオマネジメントで、山手線などで生まれる利益を少しでも回せたのだ。

最後に、JR北海道だけで維持可能路線が出ている。



線区がこれだけになったと仮定して、JR北海道はやっていけるのだろうか
人員も大幅に減らすのだろう。あの労働組合が騒ぐに決まっている。北海道経済への悪影響も計り知れない。訪日外国人客が激増しているインバウンドビジネスにも影響が出る。第一、代替のバスは、車両や運転士の確保はどうするつもりだ。

深い闇に足を踏み入れてしまったJR北海道はこのあとどうなるのだろう。

  
| ニュース | 16:47 | comments(1) | - |


コメント
JR北海道単独で維持可能な線だけ残るとすると、北海道の鉄道は明治の開拓時代に逆戻りしてしまう感じですね。
本物の先生がお元気だったら、どの様に苦言を呈されるのだろう?とふと考えました。
| タネ@偽者 | 2016/11/19 8:58 PM |
コメントする