CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 御茶ノ水のランチ:聖橋亭 仏蘭西料理 | main | 深圳のランチ红砖房乡村餐厅とディナー焼肉風雅 >>
ANAで車椅子で案内され広州へ
おそらく今年最後の海外出張。今年はプライベート含めて10回渡航した。国は8か国(インドネシア、タイ、香港、マカオ、マレーシア、オーストラリア、中国広州、アメリカ、中国上海、中国深圳)。1年間の海外旅行の記録を更新した。
かつては、こういう世界をまたにかける仕事をしたかったけれど、いざしてみると、疲れる。もういい、という感じだ。

ANAのラウンジでおいしいカレーメインの朝食をいただく。

IMG_2916.jpg

ラウンジは二か所あり、イミグレを入って右は混んでいるが、左は意外とすいている。

IMG_2918.jpg

さて、毎回ムスリムミールやヒンズーミールなどの特別食を頼んでいるとんでもない面倒な客であるが、今回は食事はフツーで特別なリクエストはしなかったけれど、車椅子を頼んだ。
2週間前の上海出張で、前から具合の悪かった腰をいよいよ痛めてしまい、刺すような痛みが腰全体を覆ってしまった。鍼灸のおかげでだいぶ良くなったが、まだまともに歩けない。しかも予約した時は出張できるかの瀬戸際だったため、「歩行困難なお客様」として、車椅子をリクエストした。
いろいろ試したがる客だ。

ラウンジに8時半に迎えに来てくれるというので、外に出たりして待っていたが来ない。8時38分におねいさんがやってきた。

IMG_2920.jpg

そして尾根遺産に車椅子を押してもらい、搭乗口に。ここからはバスなのでタラップをよたよたと登った。

IMG_2924.jpg

食事はカルビ弁当かパエリア。カルビ弁当にした。

IMG_2928.jpg

でも9時25分に飛び立って、食事は10時20分の、まだ大阪上空で出た。広州時間なら9時20分だ。思わず「これってランチ?」と聞いてしまったほどだ。
片付けの都合があるだろうが、これは自社の論理でのみのサービスだ。客の腹減り具合を考えるなら、せめて九州を通過してからにしてほしい。全部食べましたが。

広州まではモニターで「君の名は。」をまたまた見てしまい、ストーリーの裏がだいぶわかるようになってきた。これ、ブルーレイが出たらシン・ゴジラともども買ってしまいそう。あとは「後妻業の女」。

そして広州白雲空港に着き、ほかの客が全員降りてからヨタヨタと案内され、またも車椅子に。おかげでファストパス状態でイミグレもスイスイで通過し、荷物のターンテーブルからも中国の小姐がスーツケースを引き上げてくれて、楽ちんだった。
空港の建物内に待合の椅子はなく、表のバス乗り場の椅子で待機。気温は温かいが風があって寒かった。

IMG_2930.jpg

そして支店からのお出迎えの車でホテルへ。ありがとうございました。

IMG_2934.jpg

バスローブもスリッパもミネラルウォーターもあって快適です。
明日から、腰痛再発に注意しつつ頑張ります。
| 旅行・鉄道 | 17:50 | comments(0) | - |


コメント
コメントする