CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 広州のディナー:蜀九香 火鍋 | main | 御茶ノ水のランチ:睡蓮 つけ麺 麻辣つけめん >>
車いすでANAに乗り、広州から帰京
広州・深圳出張から帰国しました。
今日は午前中に支店に寄って残務整理。なんと広州東駅を見下ろす、鉄ちゃんにはたまらないロケーションだった。

IMG_3359.jpg

一度ホテルに戻って、日本とのメールのやり取りで原稿を書いたり指示を出したり。便利な世の中だ。
ちなみに中国はGmailなどGoogle系のアプリが使えないが、VPN(ヴァーチャルプライベートネットワーク=仮想私的通信網)を使って、別のネットワークに入って使えるようにしている。面倒だ。

そして昼過ぎにチェックアウトし、広州白雲国際空港まで送っていただく。
どうもありがとうございました。

ANAカウンターでチェックインすると、行きと同様に車いすの予約が通っていた。歩けるのだが、長い距離や長い時間だと腰が痛くなる。なので広い空港はこのサービスがあるなら車いすのお世話になったほうが負担が少ない。

カウンターの中国人係員は日本語が喋れるが「フゥーチェ」と繰り返すのでなんだと思ったら「wheelchair=ホィールチェア=車椅子」のことだった。wheelchairは英語だから日本語の「車いす」を教えたほうがいい。

搭乗口に行く前に、依頼されているジャスミン茶を買いたいと言ったら売店を問い合わせてくれて、なんとおねいさんが一緒に付いてきてくれた。そして空港係員のIDカードを売店で見せてくれて社割の1割引にしてくれた。日本人みたいに親切だなあ。

IMG_3362.jpg

その後、カウンターに戻って車いすで制限区域へ。

GOPR0686.JPG

イミグレも<特殊通導>のレーンでスイスイ。ありがたやありがたや。
ラウンジまで送ってもらい、何が入っているかわからないようなサンドイッチの昼食。

しばらくしたら、なんと先ほどの車いすを押してくれたおねいさんがラウンジの中まで車いすを持ってきてくれて私を見つけて搭乗口まで送ってくれた。よくラウンジの中でわしがわかったと思うが、中近東系が多い中の東アジア系だったからだな。

ANAの搭乗口は一番端っこなので車いすで送っていただいて助かった。

IMG_3367.jpg

飛行機はガラガラ。
12月になって、機内のビデオからシン・ゴジラが終わっていた。君の名は。はまだやっていたが、オーディオをずっと聞いていました。

15時5分の出発で、15時50分には夕食を出している。寝ていたのでスルーされて助かった。免税品を売るなどのほかの都合もあるだろうが、いくらなんでも夕食時間が早すぎる。
目覚めたころにCAが「お食事が用意できておりますが」と来たので「日本時間の6時ごろ(広州時間の5時)にお願いします」と頼んだら、その通りの時間にハンバーグディナーを持ってきてくれました。

IMG_3369.jpg

実はハンバーグがずっと食べたかったんだよね。うどんもついていてラッキー。これがそばなら憤慨したけれども。

羽田空港国際線ターミナルでは飛行機を降りたところに車いすがお迎えに来ており、イミグレは乗務員ゲートでスイスイ。ロビーには妻が車で迎えに来てくれていて、ありがたやありがたや。

これまた食べたかった吉野家(空港にある)で牛丼をダメ押しの夜食ということで食べて、帰宅しました。

IMG_3372.jpg

これで今年の海外出張はたぶん終わり。国内旅行も予定がない。というか腰を治さないと。
来年は身の振り方を変えないと、身体が持ちません。
| 旅行・鉄道 | 23:42 | comments(0) | - |


コメント
コメントする