CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 江戸川橋のランチ:酒菜膳 いちりづか とんかつ・和食  | main | 第67回NHK紅白歌合戦 曲順決まる 嵐が大トリ >>
訃報:馬場浩士クン死去 同僚Bクン/まつど観光大使
このブログに同僚Bクン、最近は元同僚Bクンとしてもっとも多く登場していた、まつど観光大使の馬場浩士君が12月21日に心臓麻痺で急死した。18日に50歳の誕生日を迎えたばかりだった。まったく信じられず、これから私は誰と遊べばいいのか。

20101106-090.jpg

22日に知人と待ち合わせしていたのに現れず、茂原市の実家のほうに連絡があって妹さんと警察が松戸市の自宅を訪ねたところ、一人で冷たくなっていたそうだ。彼は独身だった。20日23時過ぎに母上と電話をしているので、21日に日付が変わってこと切れていたとの見立てである。21日は母上が電話をしているが出なかったそうだ。

これは彼のフェイスブック最後の投稿で、20日14時40分だ。その後、コメントへの返信もしており、少なくとも20日16時8分まではリアクションしている。



馬場君は2003年に脳梗塞を患っており、定期的に通院して今ではまったくなんともないようだったが、循環器系が気づかないうちに弱っていたのかもしれない。下の写真は退院直前の時だ。

2003-01-1-012.jpg

馬場君は私が1988年に入社した広告会社に新卒で入ってきた後輩だった。のちになって聞くと、「北川さんはとにかく怖かった」と言う。よくついてきてくれたと思う。そして今も。

その広告会社では、主に川崎市のショッピングセンターをクライアントに、彼は営業、僕はマーケティング担当として、一緒に仕事をしていた。さらに馬場君とは仕事だけでなく、自転車部と称してほかのメンバーとともに近郊をサイクリングしたり、時には車に乗って、あるいは飛行機に乗って、二人旅をしていた。

1997-05B-01.jpg

今年はオーストラリアで写真展を開催するので、現地で会ってきた。冬には北海道の増毛廃線のお別れ乗車をしようと計画していたけれども、僕の腰痛で馬場君にだけ行ってもらい、申し訳ないことをしていた。



互いにその会社を辞めてからも付き合いは続いて、彼は日本大学芸術学部写真学科を出ていたため、最近はカメラマンとして仕事を頼んでいた。そして来年4月から、松戸市観光協会が法人化するのを機に、協会職員として雇用される話が進んでいた。それに先だって3月には松戸をテーマとした2度目の写真の個展を市内で開催する話が進んでおり、写真を選ぶのがたいへんだと漏らしていた。松戸を愛し、松戸のために尽くしていたのに、松戸市としても痛手だ。

IMG_1880.jpg

それにしても気の毒なのはお母さんだ。3年前、馬場君の父上はクリスマスの日に交通事故で急死している。それ以来、お母さんを助けてきたのは馬場君だった。12月3日に3年祭を執り行って一段落し、お母さんの具合もようやくよくなったと聞いていたが、なんという不幸だろう。

馬場君はいつも汗だくで、そしてニコニコしており、誰からも好かれていた。我が家にも何度も訪れ、家族からも「馬場ちゃん、うちに来ないかなぁ」と待たれていたのだ。そして家族と会って「北川さんは幸せですね」と言ってくれた。
僕が最後に会ったのは11月22日、電話をしたのは12月7日だ。

馬場君の遺影.jpg
↑最後に会った浅草の寿司屋。

馬場君、これまでどうもありがとう。君は僕のバカ話をじっと我慢して聞いてくれて、精神的負担を軽減してくれていた。逆に君には負担をかけていたのかもしれない。そうならば申し訳ないが、僕はこれから誰を相手にすればいいのか、どうやって残りの人生を楽しめばいいのか、答えが見つからない。


心臓麻痺で死ぬのは僕のほうなのに、きっと身代わりで死んでくれたのだ。
だから僕は君のためにも、まだがんばって生きていかなければならないと思う。

合掌。

| 日記・つぶやき | 12:58 | comments(1) | - |


コメント
初めまして。 馬場君の日芸同期の北谷と申します。
このたびは突然のことで・・・
本日友人から聞いたのですが、やはり本当のことだったんですね。
もし今後のことについて何かご存じであれば、不躾とはおもいますが、ぜひ教えて頂きたいと存じます。 何卒よろしくお願いいたします。
北谷拝
| 北谷幸一 | 2016/12/25 12:29 AM |
コメントする