CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< ムスリム旅行者受入セミナー&フィールドワーク浅草に参加する | main | ムスリムの国マレーシアでとんかつを食べる >>
JALで「ラ・ラ・ランド」と「この世界の片隅で」を観る
今年最初の海外出張はクアラルンプール。毎年この時期に国際観光展が開催されるので、行くのは1年ぶりだ。
クアラルンプール便はANAは羽田空港から、JALは成田空港から毎日運航している。しかしANA便は時間が悪く、早朝にクアラルンプールに到着するので、駐在員のような家がある人ならともかく、旅行者はホテルに着いてもチェックインできないか前日からの予約をしてアーリーチェックインをするしかなく、比較すれば時間帯のよいJALにした。

11時5分発のため9時には成田空港に到着していたいので、7時10分新宿駅西口発のリムジンバスで向かった。幸いにもよい天気で旅行日和。

チェックインののちイミグレを通ってラウンジに向かった。
しかしパスポートを見ても日付印が押された形跡はない。散々探して、2014年ごろのちょっと空いているところに押していやがった。24ページ以降は白いのになんで押さないんだ。四国のお遍路さんの御朱印帳はお寺ごとに場所が決まっているが、パスポートはそうはいかないのか。



JALのラウンジは混んでおり、なんとか座れた。ANAもいつも混んでいる。ビジネスクラスに乗らないでも、JGCやSFCの上級会員に一度なり、クレジットカード会員にさえなれば、エコノミークラスに乗っても使えるので、およそ場違いな客がいて混んでいるのだと思う。私もその一人だが。

DSC_0431.jpg

予約時にほとんど満席で、四人掛けの真ん中しか空いていなかったけれど、チェックイン時に通路側が空いていたので席を変えていただいていた。しかしモニターが映らない。リセットしてもらっても映らない。今回は、「ラ・ラ・ランド」と「この世界の片隅で」を観ようと張り切っていたのにがっかりである。そこでCAに「ワイファイの無料券があればそれでいいけど」と交渉してみたけれども、そういうものはないという。プロモーション番号の入ったサービス券を機内に用意しておけばいいのに、収拾がつかなくなるのだろう。で、席替えをしてもらった。

四人掛けの真ん中の一番前の席で出入りがしやすいところが空いていた。
ラ・ラ・ランド」はいかにもアメリカ人がすきそうなミュージカル映画。これがヒットすれば「ウエストサイド物語」のリメイクもアリだなと思った。

IMG_0387.jpg

引き続き「この世界の片隅で」を観た。これはもうすごい映画。「君の名は。」が大ヒットしたけれども、絵の繊細さは「君の名は。」に匹敵する。すごい時代考証をして戦中の呉や広島、そして人々の暮らしを再現している。絵のタッチは違うけれども、繊細さは負けじ劣らじ。

IMG_0388.jpg

ヒロインのすずは18歳で嫁ぐけれども、当時はそれは普通。今の結婚年齢が遅れているだけのことだ。そして数名の子供を授かり、戦地に送ったのだから、昔の女性はすごかった。

うとうとしていたら、豪雨のクアラルンプール国際空港に到着した。
| 旅行・鉄道 | 22:58 | comments(0) | - |


コメント
コメントする