CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< JALで「ラ・ラ・ランド」と「この世界の片隅で」を観る | main | マレーシア国際観光展MATTA Fair 2017に行く >>
ムスリムの国マレーシアでとんかつを食べる
マレーシアの首都クアラルンプールにいます。最近、とみにニュースに登場する町です。

市内のホテル、グランドミレニアムクアラルンプールにチェックインして、すでに8時を過ぎているからそそくさと食事に出る。

ホテルの隣はパビリオンというショッピングセンターのため、そこで食べることとする。

DSC_0433.jpg

女子が目を輝かせるようなブランドショップも多数入っているが、目もくれないで5階に上がる。ここにとんかつ屋があるのは、去年来て見つけていた。

マレーシアは国民の8割以上がムスリムで、ムスリムは豚肉を忌避する。今、日本ではムスリム旅行者受入セミナーが盛んで、多くの受講生がいるけれども、ムスリムは豚肉を食べないとか1日5回礼拝をするなどの点ばかりが目立って、ムスリム受け入れを躊躇する人も多い。
個人個人の好みの問題ととらえないで、宇宙人でも来たような気持になってしまう。そしてこういう表現を書くと、またどこぞからクレームがつくのもムスリム旅行者受入を阻んでいる。

だが、そのマレーシアにもとんかつ屋やとんこつラーメン店もある。



Tonkatsu by WA Kichenは本格的なとんかつ店だ。
各テーブルにはすり鉢があり、ゴマが置いてある。

DSC_0445.jpg

まぁ、ビールを飲みますか。タイガービールは19リンギット約600円だ。
去年よりレートは優位になっている。

DSC_0447.jpg

ひれかつエビフライ膳36リンギット。

DSC_0448.jpg

ひれかつはやや肉がボソボソしてはいるが、十分においしい。日本のそこそこのとんかつ屋で出すものとそん色ない。ごはんは日本米でまったく問題ない。味噌汁は丼汁で、独特の味はするけれども、これも味噌汁の味の一種としておいしい。

DSC_0450.jpg

エビフライはタルタルソースがついていて、これもおいしいエビフライだ。

小鉢は、茄子の味噌和え。茄子が大きくて、これまたおいしかった。味噌は粗挽きで大豆の粒が残っているものを使う、凝りようだ。

DSC_0451.jpg

マレーシアの飲食店はほとんどがハラール対応ではあるけれども、あえて日本のとんかつを出す店もある。客はわかって食べるのだから、それでよい。
日本も、ここまではハラール対応、ここからはノンハラールと、わかるようにすればよい。

ただ、ハラールは食品の安全性にも通じる部分があるので、できればハラールを目指したほうが、仏教徒やキリスト教徒にも良いことだと思っている。キリスト教徒系はグルテンフリーベジタリアンに向かっているような気もして、そっちの勉強もしなければならないな。

| グルメ | 23:20 | comments(0) | - |


コメント
コメントする