CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 安曇野出張 北アルプスと謎のガイジン | main | 東京観光情報センターに行く 東京都庁第一本庁舎1階 >>
目黒のディナー:鳥かど 焼き鳥
目黒の鳥しきと言えばミシュラン1つ星の焼鳥屋。予約が取れないどころか、予約電話がつながらない。しかしその鳥しきに分店と言うべき鳥かどができた。こちらも予約電話がつながらないが、有能な秘書に頼んで予約が取れた。「開いている日」と謙虚に頼んだところ、今日になった。

目星を付けた場所は良く知っている場所のため気楽に言ったら店が見つからない。どこにも鳥かどなぞ出ておらず、焦る。まるで徘徊老人。もしやと思い、イタリアンのバッシーノの地下を覗いてみたら、鳥かどの看板が出ていた。

IMG_5936.jpg

だったら表のバッシーノの看板くらい外しなさい。

IMG_5967.jpg

何はともあれ飲み物はビールですな。すっかり夏の陽気になっている。

IMG_5939.jpg

きめ細かい泡です。

IMG_5943.jpg

店はコの字型に白木のカウンター。これが瞬く間に満席になった。

IMG_5940.jpg

厨房側はのれんがかかっており、鳥しきの文字もある。

IMG_5942.jpg

突出しは漬物と野菜の酢漬け。肉みそでちびちびやる。

IMG_5944.jpg

いよいよ出てきました、焼き鳥が。まずはささみ。肉厚でジューシー。しかも焼き加減がビミョーで、中はピンク色だ。

IMG_5945.jpg

箸休めの大根おろし。甘みがあり、ダシ醤油をちょっとだけかけて食べる。

IMG_5946.jpg

焼鳥の味付けは塩分控えめでお願いしたら、まさにその通りに焼いていただいた。職人の人的サービスや接遇は極めてよい。

小肉。

IMG_5947.jpg

皮。厚手で脂のノリが違う。

IMG_5948.jpg

砂肝。コリコリ感がたまらない。臭みはまったくない。

IMG_5949.jpg

温かいポテトサラダ。下に鳥のひき肉が味付けされており、ポテト部分と混ぜて食べるとちょうどよい味加減だ。

IMG_5951.jpg

ししとう。やや苦みが強いが、ししとうとはこういうものだろう。

IMG_5954.jpg

ところで、鳥かどは高級焼鳥屋のはずだが、客が悪い。ガード下の焼鳥屋と聞き間違うような大声で怒鳴るように話している客がいる。

特に向こうの角の3人組の真ん中、村上さんがうるさい。声が響いて4mは離れているけれども、隣で話しかけられているように内容が鮮明に聞こえてくる。

「高校の先生が芥川龍之介ばかり読ませた。芥川はあれはひきこもりだね」
「北朝鮮は人口2000万しかいない。拉致の問題があるけれども、何をしようと相手にしなければいい」
「ピカソがバカのアンリ・ルソーの絵を評価してしまったのでルソーが売れた」
「(中1の)娘が、パパって何の仕事をしているのって聞く。医者だったらわかりやすいんだけどな」
(よくわからない仕事ってコンサルとか臨床検査技師とかそんなのか)
「パパってママ以外に子供がいるの?って聞かれるんだ」
「食べログって首をひねるね。二度と行かない池袋の鰻屋だって一年待ちの予約だそうだ。オヤジの薀蓄はいらないから自由に食わせろってんだ」
「この頃の店は食べログ受けするような内容だな」
「子供たちと軽井沢に行くとラフティングをするんだ。どこがいいかインストラクターに聞いたら阿寺渓谷って言われた。とにかく水がきれい」

ウズラの卵。茹で方からして違う。つるんとしている。

IMG_5955.jpg

よだれ鳥。タレがそこらと違う。

IMG_5956.jpg

つくね。卵を絡めるつくねではないんだね。

IMG_5957.jpg

しかし中はまだピンク色で焼き方が絶妙。

IMG_5959.jpg

ハツ。一つ一つが大きくてしっとりしている。

IMG_5961.jpg

手羽先。アツアツで肉たっぷりだった。

IMG_5962.jpg

量はお任せでもういいと言うときに言っていただければそこまでになる。んで、おなかいっぱいなのでここでおしまい。
ちなみに、ちょうちんを食べたかったのだが、鳥しきの親方が「夏ごろまでに出せるようになるか」と、まだ早いと言っているらしい。何事も修行だな。

〆の親子丼。卵からして違うし、肉もプリプリだった。

IMG_5965.jpg

路地で最後まで見送っていただいた。人的サービスも味も極めてよい。悪いのは客で、やはりしょせんは焼鳥屋か。しかし客が満足してくれればよいという考えもある。村上さんも自身の高説をのたまってよかったのではないか。

ちなみにつぶれた布味家を覗いてみた。

IMG_5932.jpg

つぶれたままだった。栄枯盛衰極まり。
| グルメ | 22:57 | comments(1) | - |


コメント
フレンチやイタリアンは待てば必ず行けますが、
人気和食屋はそもそも繋がらない。
で、やっと繋がって行けたら、
周りに常連風声の大きなバブリーな客、
やれやれ、です。
何はともあれ、実食できてよかったですね。
| mamezou | 2017/05/16 10:44 AM |
コメントする