CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 東京ディズニーシーに行く2017 | main | 種村直樹著・北川宣浩イラスト 鉄道旅行術 40周年 >>
秋葉原のランチ:麺屋はるか 台湾まぜそば
今日は金曜日なので田幸がハンバーグかと思って行ったら、五目ちらし寿司とおでんだったので店に入るのは辞めて、秋葉原方面まで歩いた。
小太りのヲタク向けの飲食店が立ち並ぶ中、麺屋はるかがあったので地下に降りてみた。

IMG_6174.jpg

まぜそば、油そばは最近あちこちにできており、1ジャンルを形成している。そばと言ってもラーメンである。
ギトギトしてあまり好きではないが、たまには食べてみようと、たまになのか毎度なのかはともかく、一番安い台湾混ぜそば850円を券売機で買った。

IMG_6167.jpg

店内はカウンターのみで、席待ちの席もあってほんのちょっとそこで待っていたら、席にありつけた。

IMG_6165.jpg

カウンターには混ぜそばの食べ方と、追い飯を食べるようにとのPOPがある。

IMG_6164.jpg

ほどなく、台湾混ぜそば着丼。

IMG_6168.jpg

ニンニクの有無を聞かれたので有にしておいたら、かなりの量が左に載っていた。
麺が見えないほどの具なので、麺をほじりだす。太麺だ。

IMG_6169.jpg

ネギは京都の九条ネギを指定農家から仕入れているらしい。普通のネギとのコラボだ。ネギてんこもりのメニューもある。

IMG_6170.jpg

POPの言われるがままにまずはそばを底から掬って混ぜる。卵を壊すのは忍びないが、卵も絡めるようにせよとのことなので、壊してよく混ぜる。

IMG_6171.jpg

この店は想像以上においしい混ぜそばの店。ひき肉や魚粉もたっぷり入っており、それらを混ぜ合わせると、唐辛子の作用で辛いけれどもかなりおいしい混ぜそばになった。

いくつかの混ぜそば、油そばを食べているけれども、その中でもおいしいほうだろう。好きな人なら通うと思う。ただし、唐辛子以上の味の濃さが気になって、途中から早くもごはんが欲しくなった。

全部食べ終わり、底に残った具を食べつくすために追い飯をいただく。追い飯とはしゃもじに半分くらいのごはんを無料で投入してくれるサービスだ。

IMG_6173.jpg

小ライスを最初から頼んでもよかったほどだが、これはこれでおいしく、残った具すべてを食べつくした。

外に出たら夏の天気。もはやクールビズである。

IMG_6175.jpg
| グルメ | 23:40 | comments(0) | - |


コメント
コメントする