CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 秋葉原のランチ:麺屋はるか 台湾まぜそば | main | 仙台のランチ:司 牛タン焼き専門店 東口ダイワロイネットホテル店 >>
種村直樹著・北川宣浩イラスト 鉄道旅行術 40周年
レイルウェイ・ライター種村直樹氏の出世作「鉄道旅行術」が1977年5月20日に初版発行されて今日で40周年になった。おめでとうございます。

IMG_6181.jpg

初版を持っている人はもはや少ないと思うが、奥付はこうだ。

IMG_6183.jpg

「鉄道旅行術」はこれ1冊で鉄道旅行のすべてが楽しめるコンセプトで、交通公社のガイドシリーズより刊行された本である。「きしゃ・きっぷ・やど」の副題がついており、巻頭の「この本の特徴と使い方」には

 『鉄道旅行術』は、鉄道好きのヤングが、列車を利用して旅に出るとき、すぐに役立つよう、列車やきっぷ、駅、宿などの知識とチエを満載しています。計画の段階から、旅を終えたあとの整理の仕方まで、旅を進める順序に従って、体験をまじえながら、まとめました。
 列車ときっぷの話は、『国鉄監修 交通公社の時刻表』を用意して読んでください。時刻表に載っているデータなどは、参照箇所をしるして省略した部分もあります。列車ダイヤや運賃・料金は、1977年1月号を基本にしています。
 巻末に、くわしい索引がありますので、鉄道旅行のミニ事典としても使えます。旅に出るとき、ぜひバッグの片隅に入れておいてくださいね。


IMG_6178.jpg

まさにこの序文がすべてを現しており、私はこの本の計画段階から各ページのイラストまで担当させていただき、感謝に堪えない。

IMG_6179.jpg

鉄道旅行術の誕生秘話は、種村直樹氏が2014年11月に亡くなった直後に記事にした、「大切なことはすべて『鉄道旅行術』が教えてくれた」という文にまとめてある。

まさにこの本は鉄道旅行の楽しみ方のバイブルであり、今でも少年少女たちを対象にしたこういう本があればよいと思っている。

IMG_6180.jpg

表4の広告のピッカリコニカは、種村氏が愛用していたカメラで、この本を手に取った種村氏は「ほぅら」と、うれしげだった。それも40年前のできごとなのだ。

IMG_6182.jpg

もはや紙の束の本ではないというなら、旅先で調べられるアプリでもスマホ最適化のWEBページでもよいので、欲しい。そのほうが更新も楽だ。



扉に、種村氏のサインをもらって悦にいっていたが、デジタルならそれは叶わぬことか。



没後の価値は紙の束にあるようだ。
| 読書 | 21:26 | comments(0) | - |


コメント
コメントする