CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< JCBザ・クラス TDLのクラブ33抽選に外れる | main | ゴルフ会員権を手放す >>
ゴールデンカムイ 第11巻発売 野田サトル
明治期の北海道を舞台とした、日露戦争の生き残りとアイヌの少女の冒険を描いた、野田サトルのマンガ「ゴールデンカムイ」の第11巻が発売された。

79d8fb73.jpg

これまでの10巻はすべてAmazonKindleの電子書籍で読んでいるので、11巻もKindleで読む。ただし発売は1か月遅れの9月18日なので、ちょっとお預けだ。

この漫画が素晴らしいのは、明治期のアイヌの姿が活写されていることだ。たいていの場合、アイヌは不幸の象徴として描かれるが、それが一切ない画期的なマンガ(というか小説も含めたコンテンツとして)。そしてアイヌの暮らしである狩猟や撮った動物や木の実などを使ったアイヌ料理がとてもおいしく描かれている。食べてみたいが現代では食材の調達がかなり難しい。ラッコ料理なんてないだろ。

一方で、物語はアイヌが隠した金塊を多くの人々が追い続けるので、どうしても殺人が多くなる。さすがに当時も警察は力があったと思う。

ところが、とてもTV化は無理と思っていたが、アニメ化が決定した。おめでとうございます。放送局などはまだ公表されていないので、OVAとか昔のU局やCSかもしれない。

しかし、半分、アニメや実写では見たくないのが本音だ。どうしてもマンガの迫力やテイストが薄まる気がする。グロいシーンが放送コードで薄まるのではないか。



刺青の皮膚をはがしたり熊に食われたりするので。

そして物語はいつ、どう終わるのだろう。ストーリーは、主人公たちが網走監獄までたどり着き、金塊の秘密を知る謎の人物に会いに行く直前だと思うけれども、さらに新しい人物が登場したりで、金塊のありかに至るまで当分続きそうだし、その金塊も一筋縄ではいかない気がする。
となると、アニメで先にネタバレするか、あるいはアニメは結末までいかないで第1部終わりになるか、中途半端な気がするが、当然そこまで考えて作っていると思うので、楽しみに待つしかありません。

  

| 読書 | 21:19 | comments(0) | - |


コメント
コメントする