CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< ニコンD850をニコンD810オーナーが見る | main | Panasonic DIGAの録画済番組をiPhoneにコピーして持ち出す >>
ケネディ大統領暗殺 謎の目撃者
TVドラマ「11.22.63」はタイムトラベルをして1963年11月22日のダラスに行き、ケネディ大統領暗殺を阻止する物語だった。ケネディ大統領暗殺はいまだに真犯人や事件の背景がはっきりしないことから、アメリカ人に今もって非常にショッキングな出来事として語られ、多くの書籍、映画、ドラマが登場している。

1963年11月22日、テキサス州ダラスを訪れたケネディ大統領夫妻は空港からオープンカーに乗って演説会場へと向かった。そしてテキサス教科書倉庫ビル前のエルム通りで狙撃され命を落とす。沿道には多くの人々が大統領夫妻を観に訪れていたので、暗殺の瞬間を目撃した人は多数いる。そしてアマチュアカメラマンの何人かは8ミリムービー(ビデオではなく8ミリ幅の映画フィルム)で撮影をしていた。

たまたま狙撃の瞬間を撮ったムービーは何本か存在しているが、その中で最も有名なのは婦人服商のエイブラハム・ザプルーダー(Abraham Zapruder)氏が撮影した、俗にザプルーダー・フィルムと言われる一連の動画である。

今ではYoutubeで容易に観られる。


高解像度スロー


この動画は血しぶきが飛ぶ暗殺の瞬間をとらえた映像であり、アマチュアカメラマンが偶然撮った映像としては世界で最も有名であり、研究し尽くされている。そしていくつもの興味深い点が明らかになっている。

交通標識の陰にオープンカーが一瞬隠れて再び車が見えると、大統領がのどを抑えているのがわかる。

PDVD_108.jpg

さらにその後、正面に血しぶきが飛び、側頭部が破壊されてジャックリーン夫人がオープンカーの後ろに飛び散った骨片を拾う姿が映り、後ろの車からシークレットサービスのクリント・ヒル氏が飛び移る。

この動画は雑誌LIFEが高額で買い取り、誌面に分解写真で掲載された。そして1975年まで公開されることはなかった。

TVドラマ「11.22.63」では大統領の車列を待つザプルーダー氏の姿が映っている(もちろん俳優によるもの)。脇には助手役を務めた会社の女の子もいる。

PDVD_096.jpg

映画「JFK」では撮影しているシーンも登場する(もちろん俳優によるもの)。

PDVD_115.jpg


さて、このシーンで奇妙なものがドラマに登場する。それは黒い雨傘をさす男だ。俗にThe Umbrella manと呼ばれる。「11.22.63」も「JFK」でも再現されている。

11.22.63
PDVD_094.jpg

JFK
PDVD_114.jpg

実際にザプルーダー・フィルムにも映っている。それは交通標識の陰だ。黒い傘が見える(写真左下)。

ke-2.jpg

そしてほかの人の当時の現場写真にも写っている。大きく傘を広げて、高く上げているようにも見える。
ドラマや映画で傘男は忠実に再現されているのだ。

別角度からの実写。一番左側で傘を掲げている。
ke-5.jpg

良く晴れた11月の日、雨傘をさす必要などなく、事実この男のみさしている。日傘の習慣は今もアメリカにはない。
この人物は1978年に名乗り出た。ルイス・スティーブン・ウィット氏だ。黒い傘は抗議の象徴と証言したが、他を含めて彼の話に整合性は取れない。そして傘男は暗殺グループの一員で狙撃の合図をしたとか、傘に仕込まれた銃で大統領を撃ったという説を唱える者もいる。

もう一人、バブーシュカ・レディー (The Babushka Lady) と呼ばれる女性も謎だ。彼女のザプルーダーフィルム実写はこちらで、手前に男性がいるがその後ろで、狙撃場所のきわめて至近にいてカメラを構えているように見える。

ke-1.jpg

別角度からの実写
ke-4.jpg

バブーシュカとはロシア語で「おばあさん」の意味で、ロシアの老婆がかぶるようなスカーフをして映っていることからその名がついた。ドラマでも再現されている。
彼女の身元は特定できなかった。1970年になって名乗り出たが、オズワルドを殺したジャック・ルビーのナイトクラブで働いている女性だった。しかし彼女が使ったカメラは当時なかった機種で、しかもフィルムはFBIに渡して戻ってこなかったという。

11.22.63
PDVD_100.jpg

当時、何人かの目撃者が名乗り出なかった理由として、事件に巻き込まれるのを嫌がったとも考えられる。事実、目撃者の多くが「謎の死」を遂げているのだ。
そのため、ケネディ暗殺はCIAの陰謀説を唱える者もいる。映画「JFK」はその説に沿っている。ケネディはベトナム戦争の早期撤退を考えていたが、それが米国を支える軍需産業の反感を買った。そのために組織ぐるみで殺されたという。
暗殺犯は3人はいて、いくつかの方向から狙ったと唱える。実際、ケネディに致命傷を与えたという血しぶきが飛ぶシーンは、右側面から撃たれているように見える。オズワルドがいたという教科書ビルは背後なのだ。

しかし、関与者が増えれば増えるほど、秘密は明らかになっていく。私は陰謀説には賛同できないのだが。

いっぽうで、大事件が起きると、自分が犯人だと名乗り出る人が必ずいる。日本では三億円事件の犯人と数人名乗り出ている。が、病んだ人はアメリカのほうが多いと思う。

なお、これ以外にも忠実に再現されているシーンを紹介する。

道路の向こう側の、赤と青のコートの女性(実写)


11.22.63の再現
PDVD_101.jpg

道路の向こう側の、赤いスカートをはいた少女(実写)
PDVD_113.jpg

JFKの再現
PDVD_107.jpg

ザプルーダーフィルム以外の実写動画

Robert Hughes Film



Mark Bell Film



The Orville Nix Film



Marie Muchmore Film


もし、これが現代ならばその瞬間を撮影したビデオは100本を下らないだろう。そして、そもそも要人がオープンカーで通過する際に、ビルの窓を開けさせるような警護はしない。

  

  
| ニュース | 19:02 | comments(0) | - |


コメント
コメントする