CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 広島県福山市鞆の浦 レトロな風情ある町並み | main | 備中国分寺の夕日 岡山県総社市 >>
笠岡市井笠鉄道記念館 北川駅と北川集落
広島県福山市の鞆の浦をそそくさと出て、岡山県方面に向かう。
笠岡市に入り、カーナビの誘導で北上する。めざすは井笠鉄道の痕跡だ。

井笠鉄道は岡山県の笠岡市と井原市を結んでいたローカル私鉄で1971年に本線が廃止された。
かつて新山駅があった場所が笠岡市井笠鉄道記念館になっている。

DSC_2721.jpg

新山駅の駅舎をそのまま利用していると思える。裏手に狭い路地があったので、ここが線路だったのかと思ったが、昔の写真を見ると、ここまで走ってきた道路が線路だったようだ。

DSC_2722.jpg

すぐ脇には小さなコッペル型蒸気機関車と木製の車両がつながれている。とてもかわいい。

DSC_2726.jpg

記念館というか、元駅舎の中には駅の写真があり、その中に北川駅がある。

DSC_2723.jpg

つまり、北川という地名があり、要するにそこを観に行くのである。

DSC_2729.jpg

記念館で北川の切符を2枚1000円で買って、さらに北上。

ありました、北川保育所

DSC_2731.jpg

笠岡市立北川小学校

DSC_2734.jpg

北川簡易郵便局

DSC_2739.jpg

そして北川駐在所

DSC_2741.jpg

北川駅があった場所はまったくわからず、1999年に開業した井原鉄道の高架を見ながら、車はさらに東へと走ります。

DSC_2745.jpg

まだ日没までには多少時間があります。

| 旅行・鉄道 | 23:10 | comments(0) | - |


コメント
コメントする