CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 朝の倉敷美観地区を散策 | main | 下北沢のランチ:かつ良 とんかつ >>
瀬戸大橋、大鳴門橋、明石海峡大橋を通って四国経由で帰京
どうやって帰ろうかと迷ったが、まっすぐ帰らず瀬戸大橋、大鳴門橋、明石海峡大橋を通って帰ることにした。つまり、四国や淡路島を経由して帰るのだ。

倉敷ICから倉敷ジャンクションを右に折れて、まずは瀬戸大橋。JRでは何度かわたっているが、車では初めて。

DSC_2897.jpg

与島SAで降りてみる。橋は大きくJRが時折走る。

DSC_2900.jpg

5月の連休に四国88カ所札所めぐり、つまりお遍路さんをして結願したので、もう二度と四国に来ることはないのではと思ったが、早くも来てしまった。そういうことはよくある。津田の松原SAと、鳴門西PAでうどんのランチで休憩したが、鳴門西は椅子もない、トイレと自販機だけのとんでもない施設。アメリカには多いのだが、仕事のメールを打つので椅子くらい欲しかった。やむなく、棚にノートパソコンを置いて、スマホテザリングでアクセスした。

徳島県鳴門市の大鳴門橋は、お遍路が一段落したあと、よく上の歩道橋から眺めていた。



下から観潮船から大鳴門橋を眺めたこともある。



渦潮を眺める人間用の通路も歩いたことがあるが、車で走るのは二度目。一度目は高速バスだった。

1465E074-35B1-40DD-B910-39B6E2FE40F3.jpg

DSC_2921.jpg

淡路ハイウェイオアシスはなかなかよくて、名産品の玉ねぎなどを物色。
そして明石海峡大橋の展望台があり、すごい迫力だった。

DSC_2951.jpg

明石海峡大橋は長いスパンで人工物からの雄大な眺めに感動した。

DSC_2962.jpg

そして神戸。

DSC_2967.jpg

この辺りは阪神高速や神明道路、第二神明道路が入り乱れており、カーナビの言うがままにしたが、ETCの料金計算が分断された。

新名神高速で夜になり、御在所SAで休憩した時はすでに真っ暗。

DSC_2973.jpg


刈谷ハイウェイオアシスで夕食の親子丼を食べる。

DSC_2977.jpg

浜松SA駿河湾沼津SAで休憩をして安全第一で帰途に就く。

DSC_2989.jpg

帰宅した時は0時を回っていた。
四国経由を選んだ時点でそれはわかっていたのだが、さすがに疲れた。

マイカーで祖父の郷里まで走る念願の夢は実現した。高速道路や橋の恩恵に授かった。しかし、旅に出るたびに疲労が増加する。もう旅はできない。そう思いつつも、また次のことを考えてしまう自分がいる。

残念なのはもう一つあり、GPSロガーで走行軌跡を取得していたが最終日しか記録されていなかった。安芸灘とびしま海道を走った軌跡を見たかったのに、もう一度行くわけにもいかず、どうしてだろう。



GPSも半分壊れているようだ。
| 旅行・鉄道 | 22:24 | comments(0) | - |


コメント
コメントする