CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< シルボン紙 レンズクリーニングペーパー カメラのメンテナンス | main | 種村直樹氏の墓参 >>
ニコンD5300の日付が勝手にずれて、また戻る
ニコンD5300を主に旅行用のカメラとして愛用している。日本中、そして世界各国を巡った、うらやましいカメラだ。



ところが、昨年暮れに関西方面にケータイ国盗り合戦ツアーをした際、日付が勝手にずれる謎の事象が発生した。

IMG_1891.jpg

これは12月17日の撮影分で、DSC_4441.JPGは17日の9:00の撮影だが、次のDSC_4443.JPGは16日の9:01と、24時間戻ってしまっている。もちろん、カメラの日付操作や時差の補正、サマータイム設定など一切をしていない。jpgファイルの日付だけでなく、Exif情報も同じくズレている。

DSC_4441.JPG
JR奈良駅前から奈良交通バスで近鉄奈良駅前に到着したところ。

DSC_4441.jpg

DSC_4443.JPG
バス停から近鉄奈良駅を望んだところ。時間差わずか1分なのに前日の16日になっている。

DSC_4443.jpg

これに日付のズレに気づかずに奈良から大阪、そして姫路に出た。撮影中に日付のズレに気づくなんてありえない。
姫路城の前で日付が正しく17日に戻った。

IMG_1892.jpg

DSC_4497.JPG
姫路城前。16日12:07。

DSC_4497.jpg

ほんのちょっと歩いたところ。
DSC_4498.JPG 17日12:07の、正しい時刻に戻った。

DSC_4498.jpg

電池交換も日付合わせも何もしていない。そのまま連続して撮影している。それなのに日付が丸一日戻って、再び正常に戻る。これはいったいどういうことか。

ニコン新宿サービスセンターに持って行ったが、このような事象は初耳とのこと。確かにネット検索しても出てこなかった。

修理は基盤交換になるが、2万円以上かかるらしい。このD5300は連番モードにしてもフォルダが変わると一部のファイルネームがダブってしまう事象があって、2016年10月に修理をしてもらっているのだ。その時の21060円の証書を持っていったら、今回も修理をするとそのくらいかかり、見積もりに1080円、見積もってもらって修理を断念するとキャンセル料で1080円、合計2160円が何もしなくてもかかってしまうと言う。
そしてこの事象は再現性が保証されていないので(必ずあるときに日付がずれると言う確証がない)、修理をしても直らない可能性もある。



標準ズームレンズ込みで65000円程度だったカメラにすでに2万円の修理費をかけており、またも2万円かけると10万円のカメラになってしまう。

その場で考えたが修理を断念して、ニコンD5700が出るのを待つことにした。
ちなみに、日付のずれに気が付けば、パソコン側のソフトで修正は可能だ。でも気持ち悪いし面倒。そもそも、10年以上に亘ってあらゆるデジカメを使ってきたけど、こんなの初めて。
レンズを拭いている場合じゃない。

  
| 写真 | 19:39 | comments(0) | - |


コメント
コメントする