CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< お茶の水のランチ:ラーメン大至(だいし) | main | えきねっとで新幹線特急券を購入 >>
インフルエンサー 乃木坂46 影響力のある人
紅白歌合戦で乃木坂46が歌ったことでも知られるようになった「インフルエンサー」。
インフルエンサーとは「影響力がある人」の意味で、インフルエンサー・マーケティングというプロモーション手法がある。

IMG_1764.jpg

昔はキーマンと言った。「鍵となる人」だ。たとえば車を買うとき、パソコンを買うとき、相談する人はいないだろうか。やたら詳しい人だ。おそらくあなたの使徒や予算、好みに応じて適切な一台を推薦してくれるはずだ。
そういう人をキーマン、今ではインフルエンサーと呼ぶ。流感のインフルエンザと語源は一緒だ。



インフルエンサー・マーケティング手法の代表的なものがブロガー招請だ。広告でなく、口コミの延長で、第三者の視点で商品やサービスの良し悪しをSNSに書く。それが購買の動機づけとなる。

昨年2869万人を超えた訪日旅行者。彼らが訪日の際に何を参考にしたかアンケートを取ると、SNSがトップを占める。それで日本政府観光局や各自治体はインフルエンサー、つまり海外で何万いいね!を獲得しているパワーブロガーをあご足枕付きで日本に呼んで取材してもらい、その土地の良さを書いてもらうようになった。



旅費はまるまる出してくれるし通訳は付くし。
最初は喜んで訪日し、記事を書いた。ギャラも謝礼程度だった。
だが、日本政府観光局JNTOや各自治体、地方の小さな市まで始めた。



金額はかなり高騰している。もう行きたくないというブロガーまでいる。
プロ化してプロダクションに登録する者も出てきた。
いくつかの業者に声をかければ、同じ人でダブることもあるだろう。

歌にまで歌われてしまうようになった、インフルエンサー。
そろそろ自治体は考え方を改めないと、自分で自分の首を絞めることになる。少なくとも予算は考えているものより5割以上高くしないと効果は期待できない。

そしてステルスマーケティングと紙一重になってきた。
ステマは身分を隠して口コミサイトによい記事を書いてもらうことだ。あるいはその逆に競合商品に不利になる口コミをする。当然ギャラはもらっている。



ヤラセ記事とどこが違うのかという考えもある。
ブロガーそれぞれの意志で書いてもらうと必ずしも良いことだらけにならないし、サイト(自治体)によってはネガティブな記事をチェックして削除する場合もある。

ところで、マーケティング用語が歌に取り上げられるのはうれしくも思う。
そのうち、
「恋のSWOT分析」とか
♪あなたの弱みは私の強み
※SWOT分析は自社を強み、弱み、機会、脅威の4つに分析し、経営資源を生かしながら経営戦略を策定する。

「無理無理パレートの法則」とか
♪2割の私になりたいの
※パレートの法則は2割の顧客が8割の売り上げに貢献している説。

AIDMA(アイドマ)LOVE」とか
♪Attention,Attention、私はあなたにAttention!
AIDMAとは消費者が商品購入に至る過程を示しており、その段階ごとに最適なプロモーションを行う。
1.Attention(注意)
2.Interest(関心)
3.Desire(欲求)
4.Memory(記憶)
5.Action(行動)

恋なんてマーケティングだもんな。

  
| 経営・マーケティング | 23:10 | comments(0) | - |


コメント
コメントする