CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< ケータイ国盗り合戦山陰の巻 隠岐西郷のランチ:カフェブラン | main | ケータイ国盗り合戦山陰の巻 スイッチバックの木次線 >>
ケータイ国盗り合戦山陰の巻 米子のディナー:笑家 鉄板焼き
真っ暗になった米子駅に戻って、食事をしてからホテルに入ろう。
駅前通りを歩くが、日曜日のためやってない店もあるし、昨日の土曜日とは変わって人通りも少ない。

海鮮丼は昨夜学生たちがたむろっていた店にもあった。
しかしそろそろ肉を食べたい。

笑家(THE SHOYA)の店先のメニューに大山(だいせん)地鶏の料理がいくつかあり、チキン南蛮があったのでそれを食べよう。鳥取県は大山がシンボルだから。
東京の目黒に「大山地鶏」の看板の店があって、これは鳥取県の大山(だいせん)か、神奈川県の大山(おおやま)か、わからなかった。

DSC_7154.jpg

7時半で客は誰もおらず、一人なのでカウンターに案内された。

DSC_7157.jpg

シェフは愛想がないが鶏肉を切るところから始める。丁寧な調理だ。
まずはサラダが出てきて、かなり待って甘酢に絡めたチキン南蛮が出てきた。ごはんは大盛りだろう。

DSC_7158.jpg

甘酢はかなり甘い部類だがおいしい。タルタルソースも卵だけでなく、野菜も交じっている。

DSC_7159.jpg

サラダドレッシングが特においしい。自家製だろうか。

DSC_7160.jpg

大山地鶏はコシがあり、だからと言って固くなく、味わい深いおいしい鶏肉だ。

DSC_7161.jpg

そのうち家族連れがやってきてステーキを頼んだ。

DSC_7162.jpg

ステーキもいいですね。
おいしい店でした。

| グルメ | 21:12 | comments(0) | - |


コメント
コメントする