CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< ケータイ国盗り合戦山陰の巻 米子のディナー:笑家 鉄板焼き | main | ケータイ国盗り合戦山陰の巻 景色が開ける芸備線 >>
ケータイ国盗り合戦山陰の巻 スイッチバックの木次線
鳥取県米子市の米子タウンホテルで寝ていると、未明にスマホがビャービャー鳴って「地震です地震です」という。その後、揺れた。地震の前に警報が出るのは素晴らしい。
午前1時32分、島根県大田市で震度5弱の地震があったらしい。松江では揺れてから警報だったそうだが、鳥取はさほどの被害はなく、再び寝てしまった。震度3.5くらいだろう。

米子駅前でスーツ姿の若い男が紙を配っており、山陰中央新報の号外だった。

DSC_7170.jpg

駅では島根県西部で運休があると出ている。

DSC_7169.jpg

これはまずい。今日は米子から島根県広島県の山奥を通って山陽側に出る予定なのだ。

しかもほぼ乗りっぱなしのため、朝7時から空いている吾左衛門鮓の駅弁を買った。これまでの経験的に、山奥でまともな食事にはありつけないし、店で食べている時間もない。

DSC_7171.jpg

待合室のテレビはL字画面で地震速報を伝えている。

DSC_7173.jpg

だが杞憂で、定刻通り、木次線連絡の山陰本線がやってきた。

DSC_7177.jpg

今日から青春18きっぷを使う。2日分の残りがあるものをヤフオクで買っておいた。

DSC_7181.jpg

宍道駅で乗り換え。

DSC_7204.jpg

乗り換え時間があるので、駅前の閑散とした通りを歩くと宍道湖になった。
ちょうど出雲空港のあたりのようだ。

DSC_7212.jpg

天気がはっきりしないのが残念だ。

宍道駅から備後落合駅までの木次線は3時間以上かかる。まさに青春18きっぷの申し子のような列車だ。

DSC_7219.jpg

学生時代、出雲三成駅出身の男がいた。当時も鉄っちゃんだったが、そこがどこかわからなかった。

DSC_7232.jpg

12時半になり、吾左衛門鮓を開ける。大きめの寿司が5種類入っている。

DSC_7235.jpg

これは文句なくおいしい。醤油をかけないで食べたがそれでよい。

DSC_7236.jpg

ところでほとんどの客は鉄ちゃんだ。どうせ青春18きっぱーだろう。
多くはただ乗っているだけだが、PSPのナビゲーションを固定してい観ている人がいた。

DSC_7250.jpg

私は位置情報をGPSロガーに記録して、帰宅後に確認する。

DSC_7241.jpg

あとは3月17日から滋賀県の家を出ているおっさん。おばさん客を見つけては話しかける。おれの前に座っているけど俺は無視。

隠岐の島前と島後に3日ずついたとか、松江のホテルに荷物を預けているとか、三江線のお別れ乗車は3月29日だたっとか、おばさんはいま2つ理解していないのだけれど、聞いている。
青春18きっぷを持っていたが、2冊くらい使ったのではないか。

出雲三成でおばさんが降りると、別のおばさん鉄婆を捕まえては同じような話をしている。出雲横田駅の駅員にも三江線の廃線記念切符を見せていた。

出雲坂根駅では延命水が沸いている。

DSC_7255.jpg

手に掬って飲んだら冷たかった。

出雲坂根駅より3段式スイッチバックで山を登る。

DSC_7259.jpg

鉄道におけるショータイムだ。

時間や人出がかかるから、廃線にしてしまおうという議論もある。りっぱな道も通ってているしな。

DSC_7270.jpg

DSC_7286.jpg

備後落合駅は駅名看板すらない、寂れた駅になっていた。
駅前旅館のおばあさんが懐かしい。鉄っちゃんしか泊まらないような宿で、サイダーを出してくれた。
あとから泊まった後輩が、私の名前を宿帳で見たと言っていた。昔の宿帳はノートだった。

DSC_7298.jpg

DSC_7303.jpg

備後落合で芸備線に乗り換える。

| 旅行・鉄道 | 22:22 | comments(1) | - |


コメント
誤変換多過ぎです。あまりにらしくない文章ですね。
| F | 2018/04/09 11:08 PM |
コメントする