CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< ケータイ国盗り合戦山陰の巻 徳山から下関経由仙崎へ | main | ケータイ国盗り合戦山陰の巻 GPS軌跡で振り返る >>
ケータイ国盗り合戦山陰の巻 元乃隅稲成神社と角島大橋
ケータイ国盗り合戦は山口県の仙崎駅で山陰の巻が終わりになり595か国となった。あと5か国だ。

だがせっかくここまで来たのだから、インスタ映えする元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)に行ってみたい。さんざん調べたが、公共交通機関で行けるような場所ではなく、レンタカーを借りることにした。

しかし下関から車で走っては青春18きっぷの意義がなくなるし、お金がかかる。
さんざん調べたら、仙崎にカースタレンタカーという聞いたこともないレンタカー屋の店があった。

DSC_7398.jpg

どうもガソリンスタンドなどをフランチャイジーにしているようだ。
仙崎にレンタカー屋があるだけでありがたかったが、とても安いのだ。ネットで申し込んだら4時間1900円だった。

ポルテを借りて、元乃隅稲成神社へ向かう。ガソリンスタンドのおねいさんは「元乃隅稲成神社ではカーナビが検索できないので"竜宮の潮吹き"で検索してください」というので、それにしたがってカーナビをセット。

20kmくらいあったが、問題は駐車場だ。いつも満車らしく拡張工事をしており、駐車場ははるかかなた800mくらい先にあった。そのため、工事中の駐車場の道路脇に止めるけしからん車も多く、それが入場待ちと勘違いして後ろに着いてずっと待っている車が多数。それ、人は乗っていないんだよ。
たぶんゴールデンウィークまでに完成させるのだろう。

DSC_7409.jpg

なんども写真で見ていたが、青い海に赤い鳥居はとてもよく似合う。
そういえば、今日が初めて晴れた。雪が舞った日もあった今回の旅だった。

DSC_7423.jpg

CNNが世界に誇るべき絶景とたたえた絶景である。

DSC_7431.jpg

竜宮の潮吹きはどこがそれかわからず、つまり潮を吹くシーンは観られなかった。

DSC_7439.jpg

鳥居が行列しているのは伏見稲荷など各所にあるが、ドミノ倒しみたいだ。

DSC_7443.jpg

次いで車をさらに西へと走らせ角島(つのしま)に向かう。
ここは角島というよりも角島大橋を入れた写真が有名だ。

DSC_7448.jpg

橋を渡った展望台から臨む。
沖縄県の伊良部大橋のほうが長いけれども、これはこれできれいな橋だと思う。

DSC_7451.jpg

16時27分の列車に乗らないといけないので時間を気にしつつ、戻る。
そして仙崎のすぐ北にある青海島(おうみしま)にも渡ってみる。

DSC_7461.jpg

青海島だからか橋の欄干が青く塗られていた。
島から観る仙崎の町並み。

DSC_7464.jpg

16時27分の列車に乗るため、16時ちょうどにレンタカー屋に戻った。さすがの時間配分だ。
カースタレンタカー仙崎店はガソリンスタンドがやっているので、ここで満タンにして返したが約90km走り、6.24リットル867円だった。

仙崎は詩人の金子みすゞの出身地で、駅は無人だけれど彼女のモザイク画があった。

DSC_7470.jpg

今度は美祢線で一気に南下して厚狭(あさ)駅に。
この駅も難読だな。新幹線駅であるけれど、読める人は少ないだろう。

DSC_7488.jpg

そして乗り換えて宇部線の草江(くさえ)駅に出た。

DSC_7501.jpg

歩いてすぐに山口宇部空港があるのだ。

DSC_7512.jpg

2004年に来た時もこの駅を利用した。女満別空港の西女満別駅のようなものだ。公式には最寄駅とされていない最寄駅。

ANA機と思ったらスターフライヤーのコードシェア便だった。Wi-Fiが使えず残念だった。
東京ディズニーランドの夜景を見て帰宅した。

DSC_7533.jpg

しかし、普通の旅行の三倍は動き回っており、疲れた。
残るは九州の離島だが、隠岐航路でも揺れてイヤだったのに、壱岐対馬薩南諸島奄美大島とある。
どうしよう。
| 旅行・鉄道 | 23:57 | comments(0) | - |


コメント
コメントする