CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< ケータイ国盗り合戦山陰の巻 元乃隅稲成神社と角島大橋 | main | お茶の水のランチ:馬子禄(マーズルー)牛肉麺 蘭州ラーメン >>
ケータイ国盗り合戦山陰の巻 GPS軌跡で振り返る
4月6日から10日にかけて山陰地方のケータイ国盗り合戦をしてきた。

まずは全体像。東京から西へ西へと向かっており、軌跡は日付で色分けされている。

名称未設定-1.jpg

まずは4月6日。東海道新幹線で京都まで行き、特急きのさき5号に乗り換えて、綾部駅から西舞鶴へ。小雨の天橋立を観光して鳥取駅に出て泊まった。

名称未設定-2.jpg

4月7日はレンタカーで鳥取県岡山県島根県の中国山地を横断した。
雪が舞う寒い日でノーマルタイヤ車の運転は慎重にならざるを得ないし、気分も滅入ったが、足立美術館を鑑賞して時間通りに車を返却できた。

名称未設定-3.jpg

4月8日はフェリーで隠岐に行った。船内でバンコクの友人と偶然すぎる偶然で会った。
隠岐の西郷港はランチの店すらなく、どこが観光立国だよと嘆いた。

名称未設定-4.jpg

4月9日10日は青春18きっぷを使い、中国山地を縦断し、徳山に泊まって山陰本線の西側を抜けた。
これで今回のノルマである国盗りは完了した。

名称未設定-5.jpg

ではコースごとのハイライト部分を観てみる。
4月7日はかつて日本でもウランが採れた人形峠に行った。

名称未設定-6.jpg

「新見」国を盗るので根雨駅(上部)からトンネルを越えて新見に出たら雪が舞っており、道路にもうっすらと積もっていた。

名称未設定-7.jpg

出雲横田駅は神殿のような建物で、7日にクルマで行ってランチができず(店がすべて閉まっていた)、9日に鉄道に乗って再び訪れた。

名称未設定-8.jpg

宍道湖の脇のまるで湖の上を走るような狭い道路を抜けて、べた踏みとして知られる江島大橋を通って境港から米子市に出て泊まった。

名称未設定-9.jpg

8日の隠岐のフェリー。島前(どうぜん=西南の島々)は3つの港に寄港して「空」を盗った。
島後(どうご)の西郷港まで行き、帰った。

名称未設定-10.jpg

9日からは鉄道の旅。木次線の出雲坂根駅は三段式のスイッチバックだ。

名称未設定-11.jpg

広島県の可部線で、安芸長束駅まで出て引き返したのは「安佐南」国を盗るため。事前に地図と時刻表を調べての行動だ。

名称未設定-12.jpg

10日はようやく晴れて、長門市仙崎でレンタカーを借りて、元乃隅稲成神社角島を巡った。こちらも時間ぴったりに返却した。

名称未設定-13.jpg

そしてJR宇部線草江駅から歩いて山口宇部空港に行き、東京まで戻った。

名称未設定-14.jpg

GPSロガーの調子が悪くて軌跡が採れているか気になっていたが、飛行している間の軌跡はともかく、大部分が採れていたのでよかった。
こうして帰宅後も旅の思い出に浸れる。
写真に位置データを書き込んだのがこちら。

名称未設定-15.jpg

しかしこんな旅は疲れる。いや、旅行自体が面倒になってきた。マイルはかなり貯まっているが特典ビジネスは発売の355日前にほとんど埋まってしまうし、マイルを貯めるうまみも薄れている。
なんかほかに面白いことはないかなぁ。
| 旅行・鉄道 | 21:53 | comments(0) | - |


コメント
コメントする