CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< お茶の水のランチ:日乃屋 カレー・ラーメン | main | ケータイ国盗り合戦九州離島の巻 壱岐で遺棄 >>
ケータイ国盗り合戦九州離島の巻 壱岐に行きます
ケータイ国盗り合戦も12月に紀伊半島と関西、4月に山陰を制覇し、残るのは九州の離島となった。

実は2年前のまだ金のあるとき、九州の離島を制覇しようと計画したことがある。しかし時間と金がかかるので断念した。「そこまで投資しなくても、ケータイ国盗り合戦なんて、テキトーでいいや」と考えていたのである。

しかしANAとJALの上級会員への修行も達成したし、四国のお遍路さんも結願したし、することがなくなって、やはり国盗りを制覇しようかと考えるにいたった。

そしてついに九州離島、つまり、壱岐、対馬、薩南諸島(種子島など)、奄美大島の4島が残ってしまった。五島列島は以前に盗ってある。

だが、金と時間がかかるので4日間にかなり詰め込んだ。それもいやいやながら行くのである。旅行に行くときは観光であれ出張であれ、大いなる期待感を持って、楽しみにするものだが、今回はイヤイヤである。だから、計画自体はかなり前から旅程を考えていたが、実際の予約作業は1か月ほど前で、計画時は開いていた宿も、すでに取られたりしていた。
しかも、このところ続けざまに気持ちが滅入ることが次々と起きて、ますます気分はテンション下げMAX。

昼過ぎのJALで福岡に飛び、時間をつぶして壱岐行のフェリー乗り場、博多埠頭第2ターミナルまで博多駅前からバスで出た。

DSC_8089.jpg

ところが乗船券売り場は出港1時間前でないと開かない。

DSC_8098.jpg

先に夕食と考えたが、手前にあるショッピングセンターのベイサイドプレイスは6時半なのに海鮮料理屋が閉まっており、外の、ちょっと歩いた先のラーメン屋は営業しておらず、やむなく弁当を買って食べるかと戻ったら、それも片づけられて、やっと九州海鷹という店が開いていた。

DSC_8100.jpg

開いていたというよりも、客が一人もおらず閉まっていると思っていたが、声をかけたら厨房から親父が「やってますよ」と言うので、とんこつラーメン600円を頼んだ。

DSC_8103.jpg

ランチは飛行機の中のパン1個だったので、腹ペコリン。ご飯ものを食べればよかったか。
そういえば、4月の山陰も食事処があまりなかった。ケータイ国盗り合戦で残ってしまった国って、こういう秘境なんだ。
もう、テンション下げ下げMAXである。おうちに帰りたい(泣)。

出港1時間前の7時35分になったので乗船券売り場に行ったら、1階はフェリーの車両用窓口で、人間の切符は2階とのこと。階段を登って二階に行ったら、かなり広くて食堂も開いていた。はじめてとはいえ(二度と来ないが)、旅慣れた私が迷うのだから、もっと案内をちゃんとしてほしい。外国人、特に韓国人も多く、どうしているのだろう。ハングルの表示はほとんどない。

DSC_8121.jpg

乗船券は乗船名簿を書いて、購入するのだった。青函連絡船もそうだったな。大人二等1980円。


| 旅行・鉄道 | 20:07 | comments(0) | - |


コメント
コメントする