CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< お茶の水のランチ:竹や うどん | main | 大家さんと僕 カラテカ矢部太郎著 手塚治虫文化賞短編賞受賞 >>
お茶の水のランチ:やまだ 中華料理
関東地方の梅雨が明けました。観測史上最も早い梅雨明けだそうです。
暑い暑い。

お茶の水のランチシリーズ最終章はどこにしようか迷ったが、どこの町にも汚くて狭いけれども人々に愛され、安くておいしいと評判の、場末の中華料理屋がある。場末は悪いイメージだが、町はずれ程度の意味だ。
しかしお茶の水は駅前にある。それが<やまだ>だ。

IMG_5685.jpg

食品サンプルの蝋細工から逝ってしまった昭和感アリアリだ。
ところで、やまだでは定食ばかり食べていた気がする。たいていは餃子定食で、もう一つはレバニラ炒め定食、A定食はなんだかわからないけど670円と安かった。マーボ豆腐定食も食べたと思う。しょっぱかった。

IMG_5690.jpg

しかし麺類を食べた明確な記憶がないので、今日は麺類を食べることにした。
肉そば700円が目に入ったのでそれにしたがあとでうまにそばがあるのに気付いた。ここは前払い食券方式で、その食券もカラフルなプラスティック片なので、いまさら変えようがない。

IMG_5686.jpg

筍とたぶん豚肉の細切りの肉そば。スープは醤油ベースで、どうしてもしょっぱい。もう少し塩分が少ないとおいしいと思うが、このしょっぱさが場末の中華料理屋たる由縁だ。

IMG_5687.jpg

しょっぱいのは仕方ないので、もくもくと食べる。麺は普通の太さで、歯ごたえも味も良い。スープはちょっととろみがついており、具との相性もいいけど、しょっぱい。

IMG_5688.jpg

全部食べられるだろうか。周囲では残していく人も多かった。しかし一方で大盛りを頼む人もいる。人それぞれだが、残すのは後ろめたい。

IMG_5689.jpg

結局、麺と具は完食した。
ごちそうさまでした。これが御茶ノ水の味ですね。

IMG_5709.jpg

梅雨明けの御茶ノ水駅聖橋口は真っ青な青空に映えていた。駅の工事が始まって久しいが、いつになったらできるのかわからない。明治大学に近い新宿寄りの御茶ノ水橋口のほうが先に竣工とのうわさを聞いた。
新しい駅舎を私が観る日は来るのだろうか。
| グルメ | 19:17 | comments(0) | - |


コメント
コメントする