CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
<< 下山事件 69年目の夏 下山定則国鉄総裁怪死事件 | main | ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか 国立新美術館 >>
イザベラ・バードを鉄道でゆく 新にっぽん奥地紀行 芦原伸
元「旅と鉄道」の統括編集長で、今も精力的に紀行を続ける芦原伸氏が「旅と鉄道」に連載していた<イザベラ・バードを鉄道でゆく 新にっぽん奥地紀行>が単行本になったので、連載中から愛読していたため購入した。

IMG_5776.jpg

まずイザベラ・バードについてだが、日本がやっと開国した明治11年(1878年)に日本を訪れ、東京から北海道までを旅して「日本奥地紀行」を書いてベストセラーとなったイギリス人女流紀行作家である。ちなみに彼女は李朝朝鮮も旅をしている。

私は北海道が好きだし、旅も好きなので、開国間もない明治のニッポンがどのような姿だったのか、そこに一人で旅行をした外国人女性はどういう人だったのか、興味があったからずいぶん前に「日本奥地紀行」を買って読んだ。

IMG_5777.jpg

なにしろ道路はあるだけいいほうで当然、未舗装。宿は雑魚寝で蚤シラミ馬が小便を垂らすような環境。幸いにも通訳兼ガイド兼下男のような伊藤鶴吉クンを雇い、荷台に荷物を載せて馬で曳いて旅をした。バードの紀行文はまさにタイムカプセルを開けたような140年前の日本に旅立たせてくれ、たいへん興味深かったが、芦原氏はバードの足跡を主に鉄道を使って旅をして、現代と過去を行き来したのだ。
いろいろな旅があるけれども、大昔の紀行文をなぞって当時はなかった鉄道で旅をするのは何とも粋だと思った。

IMG_5780.jpg

芦原氏は鉄道のみならず歴史への造詣も深く、バードの抽象的な文章以上に往時の状況をわかりやすく説明してくれている。これが種村直樹氏だったらそもそもこんな旅をしないだろうし、しても結局鉄道主体の文になるだろう。

IMG_5778.jpg

それにしても、イザベラ・バードの資金源はなんだったのだろう、そして極東の僻地のさらに僻地を目指した情熱はなんだったのだろうと思う。それだけにバードの紀行は今となっては大変貴重だし、だからこそそれをなぞらえる現代の旅があってもよいと思うのだ。

  
| 読書 | 19:09 | comments(0) | - |


コメント
コメントする