CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左















MOBILE
qrcode
<< #半分青い 新キャストに有田哲平、小関裕太ら。鈴愛の"発明"とは? | main | 酷暑のさいたま市でツイッターセミナー講師 >>
西日本豪雨災害 芸備線・福塩線の復旧は1年以上
7月上旬の西日本豪雨は死者200人以上を数え、家屋は崩壊し、各所の交通は寸断され、しかもその後の猛暑で被災者の心労疲労はいかほどかと心配する。

特にこの1、2年、西日本を中心に旅行をしてきたので、「あそこがああなったのか」と、余計に親近感が湧いて、気になってしまう。
お見舞い申し上げます。

JR西日本の被害も甚大で、7月18日の社長会見で復旧状況が見えてきた。


↑クリックで拡大

芸備線狩留家(かるが)〜備後落合間は、運行再開まで少なくとも1年以上を要するという見通しが示されており、不通区間の中ではもっとも深刻な状況となっている。
白木山駅—狩留家駅間では鉄橋の橋桁が流失した(写真は時事通信社より)。



そのため、三次(みよし)駅から狩留家駅が不通になっている。

DSC_7319.jpg

備後落合駅は山間(やまあい)の木次線と芸備線の乗換駅で、観光名所もないことから鉄ちゃんでないと訪れることはないだろう。

DSC_7303.jpg

その木次(きすき)線はスイッチバックが有名で鉄ちゃん推薦の路線だが、出雲横田駅から備後落合駅にかけて不通になっている。出雲横田駅は大社造りの立派な駅舎だ。

DSC_6865.jpg

幹線の山陽本線も寸断されており、三原〜白市間が11月中、白市〜瀬野間が10月中、瀬野〜海田市間が8月中旬、柳井〜下松間が9月末、下松〜徳山間が8月1日に運行再開の見込みとされ、11月中に全線復旧する見込みとなっている。JR貨物も山陰本線に迂回するなどの処置をしているようだ。

徳山には4月に泊まった。

DSC_7355.jpg

いっぽうで、岡山県の倉敷市真備町は小田川の氾濫で大きな被害が出たが、観光で有名な倉敷美観地区とは離れている。美観地区では観光客のキャンセルが相次いでいるらしいが、市町村合併で倉敷市に併合されてしまった弊害の風評被害と言えよう。しかし、いかに美観地区が無事であっても、旅行に行く気分にはならないだろう。

DSC_2818.jpg

おそらく、観光関連業者への補助金事業(クーポンなど)が行われると思える。これまでも被災地域によく適用されている。

山陽本線の支線で、三原駅(広島県三原市)と海田市駅(広島県海田町)を結ぶ呉線は三原〜広間が2019年1月中、岩国駅(山口県岩国市)と櫛ケ浜駅(山口県周南市)を結ぶ岩徳(がんとく)線は10月中の再開予定とされており、呉線の被災が深刻であることを物語っている。

途中にある竹原は、ニッカウヰスキーの創業者で朝ドラにもなった「マッサン」のふるさとで、レトロな町並みで知られるが、夏の観光客は激減だ。

20150207SANYO-381.jpg

そして呉駅最寄りの大和ミュージアムも営業時間を短縮している。

DSC_2255.jpg

瀬戸内海の孤島で、古い街並の御手洗で知られる大崎下島は無事だそうだ。昨年夏に家から車で訪れたので観光協会に電話をしてしまった。

DSC_2408.jpg

呉市からかかる橋も無事だが、蒲刈島で一部迂回になるそうだ。

それにしても気になるのは芸備線福塩線の復旧に1年以上かかるという点だ。すでにかんさんとしており乗降客は少なく、三江線が3月に廃線になったように、災害での復旧をあきらめて、そのまま廃線にならないかと勘繰ってしまう。

住民の生活の安寧が第一だけれども、人やモノの交流に鉄道や道路は欠かせないから、キチンと復興してほしい。

  
| ニュース | 11:30 | comments(0) | - |


コメント
コメントする