CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左















MOBILE
qrcode
<< 豊洲のランチ:フォルクス ステーキ・ハンバーグ | main | 4代目プリウスを買う >>
なつかしのPHS、PALDiO 611Sと331S 5色揃い
PHSは簡易携帯電話とも呼ばれ、20年ほど前は学生や女性のユーザーが多くてそれなりに利用されていたが、今ではワイモバイルの新規受付も終わり、絶滅危惧種である。

ちなみにPHSは携帯電話と比較して基地局との距離が短く、電波が届く距離が100〜300m程度だったので、基地局(アンテナ)は主に街中の電柱に立てられた。その代わり電話機は小さく、建設費は安く電話代も安かった。そしてデータ通信は携帯電話よりも速かった。そのため携帯電話と一時期すみわけしていたが、だんだんと差がなくなってきて、もはや利用者は少ない。

私は物好きで金もあったので、NTTパーソナルや、のちに事業を引き継いだNTTDoCoMoのPHSをまとめて持っていた。

IMG_7358.jpg

上の写真の一番左はデータ通信も可能な機種のPALDiO 611Sという機種だ。
折りたたみ式で、

IMG_7359.jpg

パカッと広げると通話ができる。そして最大の特徴はノートパソコンのカードスロットに差し込んで、インターネットに接続できたのだ。

IMG_7350.jpg

速度は64Kbps、いまのギガ単位の速度から比べるとダラダラの遅さだが、それでも携帯電話でのデータ通信はもっと遅かったので、PHSの生きる道でもあった。
もっとも、ノートパソコン側にもカードスロットなんてとっくの昔になくなっている。いかにICT技術の進歩が早く、あっという間に陳腐化してしまうのかと、がっかりするくらいだ。

そして小型のかわいい5色のPHS、PALDiO 331S-
面白がって全色そろえた。

IMG_7357.jpg

ホームステーション902−USを経由すると内線電話機としても使えるようになるので、PHS各色を大邸宅の各部屋に置いた。



また、PHSの基地局は電柱だったので、大邸宅の奥まった部屋まで電波が届きにくく、そのために自営中継装置のP-link stationも買った。窓際に置いておき、電柱の基地局から拾った電波を室内に届ける中継器だ。



充電器も残っているので充電してみたら、電池が果ててしまったようで充電できなかった。そして充電できても使い道はない。
なんかむなしいなぁ。

| 家電・AV | 20:43 | comments(0) | - |


コメント
コメントする