CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左
MOBILE
qrcode
<< 第69回NHK紅白歌合戦 出場歌手決まる Amazonリンク付 | main | 豪徳寺(世田谷区)の紅葉はもう一息 >>
日本国紀 百田尚樹著 を読了 素晴らしい日本人とそれを貶める日本人
人気作家の百田尚樹氏によるわが国の通史である「日本国紀」を読んだ。

IMG_7895.jpg

私は理系だったが受験科目に「社会」があり、地理・世界史・日本史の中から日本史を選んでそれなりに勉強をした。ほとんど忘れたが。
私たちは何者なのか」というコピーがついているが、むしろ、これまでの日本通史は誰が何のために教えてきたのか、を改めて考えさせられる一冊だった。

この本を書くきっかけは、アメリカの弁護士であるケント・ギルバード氏から「アメリカの子供たちはアメリカの歴史を学ぶとアメリカが好きになる」という話を聞かされ、今の日本はまったく逆だけれど、本質的に日本人はすばらしいのだから、だったら自分で歴史書を書こうと思ったからだそうだ。

発売前からツイッターなどで話題になっており、今でもAmazonで「本」の中のベストセラー1位を獲得している。あの、愛国心の強い百田氏だからこれまでの日本史では語られてこなかったことまで語られているなと思ったが、まさしくそうだった。

彼が、こんにちの日本史教育、ひいては日本の社会構造を決定付ける要因を二つ揚げている。
それは「言霊(ことだま)主義」と「WGIP(War Guilt Infomation Program=戦後の占領軍がおこなった戦争への罪悪感を日本人に植えつける施策)」であるという。
それがため、日本人は日本や日本人を悪く思うのだと。

こんにちのわが国の歴史観や特に外交的な施策は、「事なかれ主義」「中韓におもねる」「馬鹿な善人」であると私は思っている。
まず言霊主義とは「(悪いことが)起こらなければいいと、それを口にしない、考えない」ことである。「(悪いことを言えば・思えば)たたられる」という表現があるがまさにそれである。
たとえば「戦争には負けない」「原発は事故を起こさない」との前提で、空母が沈められたり戦争に負けたり、原発事故が起きたりの最悪のケースを想定してこなかった。そのため、その最悪のケースがおきると何もできなかった。
映画「シン・ゴジラ」の中でも悪いことを避けてきた軍部の比喩が出てくる。

WGIPは日本人が二度とアメリカに楯突かないように、「いかに自分たち日本人はおろかで悪事ばかりしてきたのか」という罪悪感を植えつける施策である。最大のものは極東軍事裁判で、罪刑法定主義なのにもかかわらず、戦争当時になかった罪を作り上げて戦犯たちを処分した。一般庶民に対しては、戦後間もないころのラジオ番組「真相はかうだ」で、日本政府が戦時中にしてきたことをときに捏造まで含めて広報活動をしたり、戦時中は反日分子として日の目の当たらなかった共産主義者を起用して、東大をはじめとする学界に君臨させた。
さまざまな面でGHQにさからうと大変なことになると思い知らせ、さからえないようにした。

といういようなことは習ってこなかったし、そもそもの教師側が日教組で共産党だから、反日教育を盛んにしたわけだ。反日教育の洗礼を浴びた団塊世代が60年代から70年代の学生運動を起こし、団塊ジュニアたちは朝日新聞の反日報道を利用し始めた中国や韓国に対して罪悪感を持つようになったし、団塊孫たちもそれに倣っているのだろう。

しかし、百田先生はアジアの中韓以外の国は日本を尊敬しているし(私も現地に行ってそう思う)、いにしえから礼儀正しく勤勉で、奇跡のような復興を何度も遂げてきたのだから、占領軍の自虐的歴史観を捨てるべきだろうと訴える。
百田先生が本当に書きたかったのは明治維新後、あるいは大東亜戦争後の部分ではないかとさえ思う。むろん、南京大虐殺や朝鮮人従軍慰安婦はなかったし、どちらも朝日新聞のプロパガンダを中韓が対日政策として利用しているのだ。

ともあれ、これまで教えてもらえなかった日本史を知れるし、多くの人に読んで欲しい書だ。

  
| 読書 | 18:10 | comments(0) | - |


コメント
コメントする