CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左















MOBILE
qrcode
<< 第69回NHK紅白歌合戦 曲目決まる | main | 目黒のディナー:En(えん) 鉄板ステーキ&ワイン  目黒セントラルスクエア店 >>
ホームページにSSLを導入する 暗号化通信
SSLはわかりやすく言えば、ホームページのURLが
http://
で始まるのでなく、
https://
で始まる。

secure sockets layer(セキュア・ソケッツ・レイヤー)の頭文字で、具体的にはホームページを閲覧するブラウザと、ネットワークの先にあるウェブサーバーとの間の通信を暗号化して行う仕組みだ。クレジットカード番号などの個人情報が漏洩することを防ぐ。
これまでは銀行や通信販売、旅行などの予約サイトに導入されていたが、最近はGoogleが一般サイトでもSSL導入を重視するようになって、この7月からホームページを見ると、アドレスバーに「保護されている/されていない」が表示されるようになってしまった。

ssl-1.jpg

SSLが重要になるのは前々から知っていたのだけれど、SEO対策(検索したときに上位に表示される施策)からもSSLを導入するべきだとわかっていた。しかしドメインごとに料金がかかり、私の場合はサブドメインも多数使っているので、

http://kitagawa.tv/
http://travelinfo.jp/
http://pyado.travelinfo.jp/
http://eyado.travelinfo.jp/
http://think-inc.co.jp/

と、それぞれにお金がかかって、やりきれないなぁ、どれかに絞るかなぁと逡巡していた。

しかし、私が借りているGMOクラウドiCLUSTA+(アイクラスタプラス)というプランが、アルファSSLを無料で導入できるサービスを始めていた。6月にGMOに質問した時はサブドメインごとに費用がかかりますとの返事だったが、7月から無料オプションになっていたのだ。教えてくれよぅ。
年間6000円くらいかかるのが、このサーバーを使っている限りレンタル料にSSLが含まれていることになる。すばらしい!

さっそく申し込んだらすぐに開通した。ネット検索ではまだ前のhttpのままだけれど。

https://kitagawa.tv/
https://travelinfo.jp/
https://pyado.travelinfo.jp/
https://eyado.travelinfo.jp/
https://think-inc.co.jp/

なお、このブログはGMOが運営しているJUGEMのレンタルブログですが、SSLは導入されていません。

ssl-2.jpg

わかる範囲で自分のサイト内のリンクは修正した。
これによって安全なサーバーを使っているホームページということで、SEO対策上も好ましいことになると思う。

ファイアフォックスの画面。

ssl-5.jpg

GoogleChromeの画面。お問い合わせフォームもSSLになりました。

ssl-6.jpg

ただし、Flashを使っていたり、バナー広告やiframeで別画面を呼び出したりしているので、その場合は「この接続は完全には保護されていません」とのメッセージが出ることもある。また、バナー広告などが表示されないこともあって、GoogleChromeでGoogleの広告が表示されないのは矛盾だ。

散々調べたら、2012年ごろに作ったHTMLのGoogleやバリューコマースのバナー広告のコードにhttp://で記述されているものがあり、これがhttps://とバッティングするからみたいだった。今の新しいコードは//から書かれており、httpでもhttpsでも対応している。ホームページ上の広告バナーを差し替える必要がある。
さらにGoogle Analyticsのコードは/bodyの直前に記述していたが、今の非同期コードはheadの最初の要素として記述するそうだ。

この数年のブランクはインターネットの世界を激変していた。しかもまったくスルーだったのが情けない。

安くて気軽な公共の宿」の改修も佳境なので、年内には新サイトを公開したい。

  
| パソコン・インターネット | 17:53 | comments(0) | - |


コメント
コメントする