CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左
MOBILE
qrcode
<< 深沢のディナー:一房 お好み焼き・鉄板焼き | main | 「日本全国泊まっていい宿」ホームページをフルリニューアル >>
「安くて気軽な公共の宿」フルリニューアル完成
この1ヶ月、データの整備からホームページの制作まで格闘していた「安くて気軽な公共の宿」サイトのフルリニューアルが完成した。

pyado4.jpg

12年前の2006年にフルリニューアルしてから、干支一回りが過ぎていた。公共の宿は2200軒あったのが1600軒に減ってしまった。宿泊業の世界も、インターネットの世界も大きく変わった。

今回のリニューアルのポイントは、
1)公共の宿のリンクをすべて確認。旅行サイトは、るるぶトラベルJTBYahoo!トラベルじゃらんネット楽天トラベル、施設公式HPの6つに絞った。割愛したのは、近畿日本ツーリスト日本旅行ゆこゆこネットJ-yadoだ。これらはほとんどアクセスがなかった。ぐるなびトラベルは撤退していた。

pyado5.jpg

2)レスポンシブデザインに対応し、パソコン、タブレット、スマートフォンに対応した。まぁ、なんちゃってレスポンシブかもしれない。
CGIで更新・表示するページはいじれなかったので、パソコン向きということでバナー広告のタグだけ変えてそのまま置いてある。

タブレットの代表、iPadで閲覧すると、左右の余白(余青)が消えて左右が拡大される。

IMG_8471.jpg

さらにスマホになると、横二列だったのが一列になって、より見やすくなる。

IMG_8470.jpg

以前は、スマホ専用のサイトを作っており、更新はパソコン用が手一杯だったので放置していた。レスポンシブだと1つのファイルを更新すれば、どのデバイスでも同じファイルを表示するので更新の手間が省ける。

pyado3.jpg

3)サーバーに安全性とSEO(Googleの検索結果の上位に表示される仕組み)を高めるためSSLを導入したので、バナー広告などを一新した。以前のバナーはSSLだと表示されない不都合があった。



しかし、画面デザインや遷移のわかりやすさなどはまだまだ未熟で、レスポンシブデザインの本を読んで独学したものの、限界があるなぁ。2012年にホームページ制作の学校に通った時はスマホサイトが世に出てきたばかりで、レスポンシブデザインがなかったかもしれないころなので、本来はもう一度学びなおしたほうが近道と思う。
    .
点一つあるかないかで、表示されないのでそれに気づくだけに4時間くらいかかったこともある。

独学は時間がかかるが、スキルはあがるのがせめてもの救いだけれども、再度プチリニューアルをしたい。しかし公共の宿以外の、たとえばクイズの本のサイトもレスポンシブにしたいので、やはりそっちが先だと思う。
| パソコン・インターネット | 18:39 | comments(0) | - |


コメント
コメントする