CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左















MOBILE
qrcode
<< 「安くて気軽な公共の宿」フルリニューアル完成 | main | 「旅行情報-Travelinfo-」ホームページをフルリニューアル >>
「日本全国泊まっていい宿」ホームページをフルリニューアル
私はパソコンやインターネットをいじるのが好きで、20年ほど前から趣味でホームページらしきものを作ってきた。
昨日は公共の宿をリスト化した予約情報サイトの「安くて気軽な公共の宿」を1ヶ月かけてフルリニューアルしたが、今日は一般の宿泊施設2万軒の予約サイトである「日本全国泊まっていい宿」をフルリニューアルした。

eyado-5.jpg

ぶっちゃけ、HTML5&CSS3デザインブックのサンプルHTMLをベースにしたレスポンシブデザインです。ありがとうございます。
そのかわり、今日1日で出来た。タブレットでもスマホでも表示されます。細かい調整はできていないけれど。



これが「設計図」です。



実はこのサイトは公共の宿サイト以上に放置していた。2011年3月7日に完成して志賀高原にスキーに行ったのだが、直後の11日に起きた東日本大震災の影響で旅行業界はたいへんな混乱になった。私としてはこのページだけですべての旅行が完結するようにしたかった。しかし2万軒の宿を管理するだけで大変で、これは太陽に挑んで墜落したイカロスのような無謀であった。

eyado-3.jpg

テレビ東京の紀行番組を見るのが好きで、そこで紹介された宿を毎週調べてアップしていた。
皇室の方々が泊まった宿を紹介するページも作った。図書館にまで行って宿を調べた。

アップルやGoogleがフラッシュを排除したり、SSLの導入の必要性などから、このままのホームページでは表示すら厳しくなってきて、2万軒の管理も厳しいことから、よほど閉鎖しようと思っていた。
とりあえず、フラッシュ地図はGoogle Chromeでは表示されないので、jpgのクリッカブルマップに代えた。

eyado-2.jpg

宿泊施設ごとに1ファイルずつページを作っており、それだけで23000ファイルあってアップロードだけで大変だったのだが、全部を改修するのはとてもムリなので、表紙だけを作り変えて、個別のページは削除した。
なにしろ、ぐるなびトラベルは撤退したし、国内宿泊旅行商品を近畿日本ツーリストもEクーポンというネーミングだったし、日本旅行は「宿ぷらざ」と称していた。そしてANA札幌全日空ホテルはANAクラウンプラザホテル札幌に改名している。
ここまで放置するのは、全体の信頼性にかかわる。



その代わり、スマホでの閲覧は厳しいけれど、CGIで更新が比較的楽な一覧ページを残して、表紙からここにエリアごとにリンクを貼った。そのデータベースも大部分を作り直した。2万軒との格闘である。

eyado-4.jpg

拡大するとこんなカンジ。複数の宿泊予約サイトへのリンクを貼る作業がものすごくたいへんで、<>というデータベースソフトを活用している。



大手旅行サイトは、
るるぶトラベル
JTB
Yahoo!トラベル
じゃらんネット
楽天トラベル
近畿日本ツーリスト
日本旅行
ゆこゆこネット
一休
J-yado

にリンクしている。さらに宿泊施設の地図へのリンクや、周辺観光情報はるるぶ.comにそれぞれの地域ごとにリンクしており、施設ごとの「お客様の声」もわかるようになっている。

この一覧はスマホでは小さいがパソコンとタブレットなら、ちゃんと操作できる。

こうしてみると、事業継続というのはとても大変なことがわかる。また、自身のWEBデザイン技術の稚拙さにもあきれる。だが、ベースを作った2011年は会社勤めをしながら、子供とスキーに行ったし、同僚とアメリカにも行ったし、地震で旅行業界はたいへんになったし、それでもこの煩雑な作業をしていた自分はエライと思う。つまり経営者のやる気の問題なのではないか。

悪あがきかもしれないが、継続するべきものと撤退するものとを見極めて、負担がかからないレベルでチマチマとやっていくのがよいのだと思った。

  

| パソコン・インターネット | 21:36 | comments(0) | - |


コメント
コメントする