CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
<< 第69回NHK紅白歌合戦(2018) 広瀬すずの存在感のなさ | main | 録画番組をBlu-Rayディスクに保管するのは無駄なのか >>
カスタムイヤホン 耳型 が欲しいけれど
紅白歌合戦に限らず、歌手がステージで歌うときに耳にぴったりとしたイヤホンをつけているのをよく目にする。
紅白では福山雅治、星野源、桑田佳祐らがしていた。紅白にでないけど浜崎あゆみはキラキラにスワロフスキーかダイヤをちりばめていた。

IMG_8591.jpg

おそらく各自に合わせた特注の、耳にぴったりして外れにくく周囲の雑音も聞こえにくいイヤホンで、曲や時には歌詞のプロンプターも務めているのではないか。桑田さんが耳からはずしてインタビューに答えているシーンで、普通のイヤホンとは違う、でこぼこした耳の形をしているのがわかった。

IMG_8590.jpg

私は耳の形がヘンなのか、ウォークマンのイヤホンがよく外れてしまう。そこで特注のイヤホンがあるのか、素人でも作ってもらえるのか調べてみた。

カスタム・イン・イヤー・モニター、略してカスタムIEMというらしい。秋葉原にはイヤホン専門の店があり、通販でも特注が可能だ。注文して代金を払えば耳の形をとるジェルを送ってきて、耳に流して象り(かたどり)をして送り返せば、1ヶ月程度で作ってくれるそうだ。
イヤホン本体も20社くらいの中から選べる。

ear-2.jpg

金額は安くて4万円程度から、10万円台が売れ筋で、高いものは30万円を超えるらしい。耳の形のみならず、聞こえ方や音質までも調整してくれるそうで、さすがにそれは高くなりそうだ。

私はSONYウォークマンを使っているので、電車や飛行機内でノイズキャンセラー機能が働いて雑音がほとんど聞こえなくなる。そうしたらSONYもJust earというテーラーメイドのイヤホンを出していた。

ear-1.jpg


耳の象りと音質調整、出来上がってからも音質を調整して、金額も30万円程度と高い。そもそもが、ウォークマンの最高機種NW-WM1Z用に作られているイヤホンで、NW-WM1Zも30万円程度する。



音が出ていれば100円のイヤホンでもいいと思う私には宝の持ち腐れにすぎない。
むしろ補聴器が必要でないか。イヤホンの象りは補聴器店がやってくれるらしい。補聴器があっても人の話は聞かないから、補聴器も不要かもしれない。

しかし電車でウォークマンを聞いていて降りすごしたことが何度もある。耳にぴったりしたイヤホンなら、終点まで乗ってしまいそうだ。

  
| 家電・AV | 15:39 | comments(0) | - |


コメント
コメントする